ニートが東京で利用できる就職支援機関をご紹介!

ニートが東京で利用できる就職支援機関をご紹介!の画像

この記事のまとめ

  • ニートは無気力と思われがちだが、働きたくても働けない人も多い
  • ニートから就職を目指すなら、ハローワークやサポステなどの就職支援機関を活用しよう
  • サポステでは悩みや不安を抱えている方が働けるようになるための支援を行っている
  • 脱ニートして就職を目指すなら、できる限り早めの行動を心がけよう

病気や怪我、過去の体験など、さまざまな事情から働きたくても働けない状態になっているニートの方もいるでしょう。そのような場合でも、就職支援サービスを利用すれば就職することは十分可能です。このコラムでは、東京都内での就活にオススメの就職支援サービスをご紹介します。ニート期間が長くて就職できるか不安に思っている方は、ぜひご一読ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

ニートとは

ニートとは、元々イギリスの労働政策で使われる用語で、「Not in Education, Employment or Training」の略です。
「学生や主婦を除いた15歳から34歳までの求職活動を行っていない者」を意味しますが、日本では「働く意志のない無気力な若者」を指す言葉として認識されています。
アルバイトやパートで不安定ながらも生計を立てているフリーターや、就職活動を行っている失業者とは違い、ニートは働こうとせず、仕事を探そうともせず、無職の状態を継続していることが多いです。
時には「引きこもり」や「オタク」といったニュアンスも含めて使われていることもありますが、中には働きたくても働けない、働く自信が持てない、働く場所がない、といった理由からニートになってしまった方もいます。
理由としては「病気や怪我のためやむを得ず」という場合が多く、回復さえすれば就職活動に取り組めるでしょう。働いていなかった期間についてきちんと説明すれば、採用も難しくはないはずです。
しかし、コミュニケーションが苦手だったり、自分の知識や能力に自信がなかったりすると、働く自信が持てず、就活しても内定をもらえないのでは?という不安から行動に移せない方がいます。
コミュニケーションが苦手という意識は多くのニートに共通し、いじめ、不登校、引きこもり、人間関係のトラブルといった体験に繋がっているので、そのような方が一人で就職活動を行うのは難しいでしょう。
また、就職先が見つからなかった、希望する仕事がありそうになかったという理由から働いていない方も多いです。
次の項目から、ニートから正社員就職を目指すために利用できる、東京都の就職支援機関をご紹介します。
支援サービスが充実した就職支援施設を利用すれば、自分に合った求人を紹介してもらえるので、就職の可能性を高めることができるでしょう。

ニートの東京での就職については、「東京で脱ニート!成功させるためにやるべきこととは?」もあわせて参考にしてください。

ハローワーク

ハローワークは国によって運営され、主に人材を探している企業に求職者を紹介しており、就職困難者を支援するセーフティーネットとしての役割を担っています。
ハローワークは近年、若年層の就職率向上に力を入れており、「新卒応援ハローワーク」と「わかものハローワーク」という、ニート期間があっても就職をしっかりサポートする専門のハローワークを展開しています。
この2つの違いは、年齢で利用できるサービスが異なること。既卒3年以内であれば「新卒応援ハローワーク」、既卒3年以上なら「わかものハローワーク」を利用することが可能です。
どちらも無料で就職相談ができ、応募書類添削、面接対策、全国の求人検索、各種セミナーへの参加などもできます。
特に「新卒応援ハローワーク」は、大学院、大学、短大、高専、専修学校などの学生や卒業した方を対象に就活支援を行っており、新卒枠の求人を紹介してくれるのが最大の特徴です。

ハローワークの利用を検討したい方は、「ハローワークの利用方法とは?初めて使うときはどうすれば良い?」をご覧ください。ハローワークの利用方法を、状況別に紹介しています。

サポステ

サポステとは、地域若者サポートステーションの略称で、働くことに悩みや不安を抱えている15歳から39歳までの方の就職活動を支援しています。
過去に不登校や引きこもりなどの経験があり、なかなか外に出ることができず、働くことに不安や恐怖を感じている方のサポートを行っているのが特徴です。
東京都内に8ヶ所支援施設を展開しており、厚生労働省から委託を受けたNPO団体や株式会社が運営。就職活動に踏み出したい若者たちとじっくり向き合い、キャリアコンサルタントによる相談やコミュニケーションスキルを向上させるためのトレーニング、ビジネスマナー講座などの各種支援を行っています。
また、ハローワークやジョブカフェなどの就労支援機関をはじめ、教育機関、保健・福祉機関などの協力機関と連携することで、さまざまな職場体験ができるように取り組んでいます。
ただし、求人情報の紹介や斡旋は行っておらず、あくまで働く力を引き出し、職場定着するまでをバックアップしてくれる支援施設です。

東京都の代表的な7つのサポステ

東京都にある代表的なサポステを7つ紹介していきます。近くに住んでいる方は、利用を検討してみてください。

1.あだち若者サポートステーション

「あだち若者サポートステーション」は、15歳から49歳までの人が無料で相談利用ができる窓口となっており、働くための一歩が踏み出せない人をサポートしている施設です。「人とのコミュニケーションが怖い」「仕事ができる自信が持てない」「何から始めれば良いのか分からない」など、どのような相談にも対応しています。相談対応以外にも、就職の準備に役立つセミナーも開催しているので、不安なことや苦手なことがある方は参加してみると良いでしょう。ボランティアや職場見学などを通じて、仕事とはどんなものなのか感じる機会も設けているので、就職について焦らずじっくりと考えていけます。

参照元
あだち若者サポートステーション
あだち若者サポートステーション

2.たちかわ若者サポートステーション

「たちかわ若者サポートステーション」も、あだち若者サポートステーションと同様に15歳から49歳までの方が無料で利用できます。パソコンの無料講座や、コミュニケーションスキル向上のための講座など、講座内容が充実しているのが特徴です。また、清掃業のプチ仕事体験のように、実際に働く体験もできます。

参照元
たちかわ若者サポートステーション - 「働く」に不安を感じたら、たちかわ若者サポートステーションへ
たちかわ若者サポートステーション

3.むさしの地域若者サポートステーション

「むさしの地域若者サポートステーション」は、利用者の状況に応じて経験や生活ができる場となっており、15歳から49歳までが無料で利用できる施設です。勉強やランチ、遊びなど、余暇時間を過ごせるフリースペースもあるので、人と交流を持つ場としても活用できます。「いきなり就職活動や準備を始めるのは不安」「段階を踏んで社会に出る準備がしたい」など、まずは社会との接点を作って少しずつ進んでいきたい方におすすめです。

参照元
むさしの地域若者サポートステーション
むさしの地域若者サポートステーション

4.しんじゅく若者サポートステーション

「しんじゅく若者サポートセンター」は、生きることや働くこと、それらに関する悩みを一緒に考えてくれる場所です。15歳から49歳までの方と、その保護者の方が対象となります。引きこもりがちな方や、人との関わりを持てていない方を対象に、外に出ることをスタート地点とした就職支援を行っている場所です。清掃の職場体験やボランティア体験、セミナーなどを実施してしています。家族への支援も行っており、本人と同行または家族のみで相談することも可能です。

参照元
しんじゅく若者サポートステーション
しんじゅく若者サポートステーション

5.せたがや若者サポートステーション

「せたがや若者サポートステーション」は、働くことに悩む15〜49歳の方とその保護者が利用対象です。まずは面談で現状の把握と今後の方針、目標などの確認を行います。対面だけでなく、オンライン面談も対応しているので、状況に合わせて選択が可能です。週に1回行われる畑作業体験や、筋トレでの体づくり、詩吟など、楽しみながら就職に向けた準備ができるプログラムが豊富に用意されています。
また、協賛企業で実務体験ができる「せたがや式若者チャレンジ就労」や、短期間で社会人として必要なスキルを身につけられる「20日の集中訓練」など、独自の取り組みを行っているのも特徴です。

参照元
せたがや若者サポートステーション
せたがや若者サポートステーション

6.いたばし若者サポートステーション

「いたばし若者サポートステーション」は、「ジョブトレ」という取り組みを行っているのが特徴の施設です。自然食品の実店舗や熱帯環境植物園、高齢者福祉施設など、理解ある施設やお店で就労体験ができます。
また、コミュニケーション講座やビジネスマナー講座、就活メイク講座など、就職に役立つプログラムも豊富です。

参照元
いたばし若者サポートステーション
いたばし若者サポートステーション

7.多摩若者サポートステーション

「多摩若者サポートステーション」は、簡単な封入作業や箱折を行う「多摩サポワーク」を週1回実施しているのが特徴です。
またオプション事業として、月額6万円でNPO法人青少年自立援助センター内に6ヶ月間宿泊する「宿泊型集中訓練プログラム」も実施しています。宿泊型集中訓練プログラムでは、生活習慣改善や就労、自立支援プログラムを受けることが可能です。仲間と共に切磋琢磨しながら過ごすことで、学ぶ意欲や成長への姿勢を養うことができます。

参照元
多摩若者サポートステーション
多摩若者サポートステーション

サポステについて詳しく知りたい方は、「サポステとは?支援サービスの内容や利用方法を解説」もあわせてご一読ください。

東京しごとセンター

東京しごとセンターは、仕事に関するワンストップサービスセンターとして、キャリアカウンセリングや就職セミナー、職場体験など、就職に関する一貫したサービスを提供しています。都内で仕事を探している方であれば、都民以外でも利用できるのが特徴です。
34歳以下の方を対象とするヤングコーナー、30歳から55歳までの方を対象とするミドルコーナー、55歳以上の方を対象とするシニアコーナーの3つの年齢別コーナーが設置されています。さらに家庭と両立しながら働きたい方を対象とした女性しごと応援テラスの窓口も設けており、年齢や状況に応じた支援を受けることが可能です。
また、東京しごとセンターはハローワーク飯田橋と同じビルに施設を構えているため、ハローワークが保有する全国版の求人探索機を利用することもできます。

東京しごとセンターの概要や利用条件など、詳しくは「東京しごとセンターの若者向け就職支援サービスとは?」でも解説しているので、参考にしてみてください。

ニートからの就職は早めの行動が大切

ニートから正社員就職を目指すなら、早めの行動が大切です。何故ならニート期間は長くなればなるほど再就職が不利になり、歳を重ねるごとに就職するのが難しくなるから。年齢が若いほうが圧倒的に求人数が多く、手厚い就職支援が受けられます。
何より若年層の就職には「29歳の壁」と「34歳の壁」というものがあります。就職支援サイトなどの求人情報を見てみると、その年齢で求人数が大幅に減ったり、求人内容の条件が厳しくなったり、条件付きの雇用をよく見るようになるのです。
しかし、34歳以上でも転職できないわけではありません。上記で述べたように、ハローワークや東京しごとセンターでは年齢が高めの方も手厚く支援しています。しかし、34歳以上になると即戦力性を求められるので、面接などの際に経験、スキル、実績を深く探られ、年齢相応の能力や社会人としての経験年数がないと採用は難しいでしょう。ポテンシャル採用にしても、若いほうが将来的な成長を見込むことができるので、企業からのニーズが高いです。
そのため、本気でニートから脱出し、就職を目指すのならできる限り早く行動しましょう。
まずは、最寄りのハローワーク、サポステ、東京しごとセンターに行ってみるのがおすすめです。

また、上記の就職支援機関以外では、エージェントを活用するのも良いでしょう。
エージェントとは、民間企業が運営している就職支援サービスのことで、ハローワークや東京しごとセンターにはないマッチングサービスがあります。
エージェントにはほかの求人サイトには載っていない求人案件を取り扱っていたり、応募書類の添削、面接対策などをしてもらえたりと、就職活動に慣れていない方も安心して就職活動が行えるよう支援しています。
オススメのエージェントはハタラクティブです。ハタラクティブは20代に特化し、東京を中心とした関東圏で就職活動を続ける方のサポートをしています。
登録するとキャリアカウンセリングによる相談やアドバイス、応募書類の添削、面接対策などのサービスがすべて無料で利用可能。
登録したからといって強引に就職を勧めたりしないので、就職について誰かに相談に乗って欲しいと思っている方は、ぜひご利用ください!

東京で就職したいニートの方向けのお悩みQ&A

ニートから正社員になりたいと思っているものの、なかなか一歩が踏み出せないという方もいるでしょう。そのような場合は、就職支援を受けるのがおすすめです。ここでは、ニートの方へ向けて、就職支援に関する疑問をQ&A方式で解決していきます。

ニートから正社員就職はできますか?

ニートから正社員就職は目指せます。ただし、年齢が上がるにつれて採用ハードルが上がるほか、応募できる求人が減少する傾向があるため、できるだけ早く行動することが成功につながるでしょう。就活する際は、「未経験者歓迎求人」を探すのがポイント。未経験から始めやすい業界については、「ニート歴10年でも就職できる!就活のポイントを知ろう」内の「未経験でも就職しやすい業界」をご覧ください。

就職支援はニートも利用できますか?

ニートやフリーターの方向けの就職支援を利用可能です。ニートの方が利用できる就職支援には、ハローワーク、若者サポートステーション、民間の就職エージェントなどがあります。就職支援サービスは無料で提供されている場合が多いので、気軽に問い合わせてみることをおすすめします。詳しい就職支援の種類については、「ニート向けの就職支援サービスとは?おすすめの支援機関や就活のコツを紹介」をご確認ください。

東京で受けられる就職支援はありますか?

東京で受けられる就職支援は、「ハローワーク」「地域若者サポートステーション」「東京しごとセンター」「民間の就職エージェント」などがあります。就職支援サービスは、東京だけでも多数存在しているため、まずは最寄りで利用可能なものを探してみるのがおすすめです。就職支援サービスの詳しい特徴が知りたい方は、「ニートが使える就労支援機関は?ひきこもりから社会復帰する仕方を解説」を参考にしてみてください。

ニートが正社員就職を成功させるには?

まずは、就職後の生活サイクルを意識することから始めましょう。ニートの方がいきなり就活するのは、ハードルが高いと感じる可能性があります。規則正しい生活を送り、心身ともに就職に向けた準備をするのが第一歩です。生活に慣れたらアルバイトをしてみるのもおすすめ。アルバイトを勧める詳しい理由については、「ニートが就職するには?現状から脱出する方法まとめ!」をご覧ください。就活を始める際は、ハタラクティブで就職サポートが受けられます。

この記事に関連するタグ