ニートから住み込みの仕事はできる?メリット・デメリットも解説

ニートから住み込みの仕事はできる?メリット・デメリットも解説の画像

この記事のまとめ

  • ニートから住み込みで仕事を始めることは可能
  • ニートから住み込みで仕事を始めるなら、「工場」「ホテル」「レストラン」などがある
  • 住み込みで働くメリットは、生活費を抑えられるためお金が貯まりやすい点
  • 住み込みで働くデメリットは、規則が厳しかったり辞めにくさを感じたりすること
  • ニートから住み込みの仕事を始める前に、アルバイトをして働き慣れるのも良い方法

「ニートから住み込みで仕事をするのは可能?」と疑問をお持ちの方はいるでしょう。ニートから住み込みで仕事を始めることは可能です。住まいを提供してくれる仕事を見つけることで、家賃を抑えて生活できる場合も。このコラムでは、ニートから住み込みで働く際のおすすめの仕事や、住み込みのメリット・デメリットについてまとめました。現在の住まいから離れて就職先をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

ニートから住み込みの仕事はできる?

ニートから住み込みの仕事をすることは可能です。住み込みは社員向けに寮や社宅などが準備されているため、自分で探して部屋を借りるよりも低コストで新生活を始められます。なかには賄いを提供していたり社員食堂を完備していたりする仕事も。これから一人暮らしをする方にも、おすすめの働き方といえるでしょう。
住み込みの仕事については、「住み込みの仕事はきつい?メリット・デメリットや選ぶときのポイントを解説」のコラムもぜひご覧ください。

未経験OK多数!求人を見てみる

ニートから住み込みの仕事を始めるなら

先述したように、住み込みの仕事はこれから新生活を始めようとお考えのニートの方におすすめの働き方です。「住み込み」「入寮OK」などのキーワードをインターネットで検索すると住み込みの求人を探せるでしょう。以下で、住み込みの求人が多い仕事を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

【工場】

住み込みの仕事には、自動車製造関連の工場が多い傾向にあります。企業によっては、家具家電・Wi-Fi完備の部屋を提供してくれたり、面接日の往復の交通費や引っ越し代を支給してくれたりするところも。お祝い金が出る企業では、初期費用をあまり掛けずに好きなエリアで働くこともできるでしょう。仕事内容は、部品の組み立てや加工、目視検査など、特別な資格や経験がなくてもチャレンジしやすいものが多いようです。

【ホテル・旅館】

ホテル・旅館での仕事も、住み込みの求人が多くあります。職種はフロントスタッフやレストランスタッフ、仲居さん、客室清掃など多岐にわたりますが、未経験者OKの求人が多いため、職歴なしからチャレンジしやすいはずです。賄い付きの職場を選べば、食費を抑えて生活できることも。また、山や海など自然に囲まれた環境の職場であれば、休日にマリンスポーツやウィンタースポーツなどを楽しめるでしょう。

【レストラン】

ゴルフ場やスキー場、リゾートホテルなどに併設されているレストランでの仕事も、住み込みの求人が多い傾向にあります。主な募集は、キッチンまたはホールです。レストランスタッフの場合、賄い付きであることが多いでしょう。

【医療・福祉施設】

住み込みの仕事には、薬剤師や看護師などのほか、介護スタッフの募集も数多くあります。介護スタッフは、特別な資格がなくても始めやすいのが魅力。日本の高齢化にともない人員が不足しているなかで、将来性の高い職業です。雇用も安定している傾向があるため、職を失う心配もないでしょう。

【事務】

工場やホテルに比べ数は少ない傾向にありますが、事務などのオフィスワークにも住み込み制度を設ける企業があります。生活を送る場所として、寮や社宅が用意されていることが多いようです。仕事内容は、事務やコールセンターの仕事などが挙げられるでしょう。

【販売】

住み込みの求人の一つに、販売職も挙げられます。主に家電量販店やショッピングモールでのスマホやタブレットの販売が多いようです。教育制度を整え、未経験者を歓迎する会社もあります。接客経験がない状態から安心して仕事をスタートしやすい環境でしょう。

ニートから住み込みで仕事をするメリット

住み込みの仕事には、以下のようなメリットがあります。

・家賃が格安、または無料なので貯金しやすい
・生活コストをカットできる
・生活用品や家具家電付きの部屋もある
・職場のほかに、寮での新しい出会いがある
・仕事と同時に生活拠点も変えられ、心機一転できる
・カップルや家族で入寮できるところもある
・ペット同伴できるところもある
・通勤時間を短縮できる

住み込みは、お金を貯めやすい環境にあるのが大きな魅力でしょう。収入がない状態では金銭的不安もありますが、住み込みの仕事を始めれば自由に使えるお金は増えます。また、職種も幅広くあるため、自分の得意・不得意に合った仕事を選ぶことでストレスなく働けるでしょう。
就職後の貯金についてより詳しく知りたい方は、「貯蓄とは?貯金や預金との違いを理解しよう」のコラムもあわせてご覧ください。

ニートから住み込みで仕事をするデメリット

住み込みの仕事は、メリットばかりではありません。就職を目指すにあたって事前に認識しておきたいポイントもいくつかあります。入社後に「住み込み自体が合わなかった」とミスマッチを起こさないためにも、以下のデメリットの例をチェックしてみてください。

・フルタイム勤務でが多いので、短時間だけ働きたい場合は向かない可能性がある
・住み込み先によっては門限や規則が厳しい場合がある
・相部屋の場合はプライバシー面でストレスが生まれやすい
・契約期間が定められている場合、万が一仕事が合わない場合も辞めにくい
・リゾート施設で働く場合、近所にコンビニやスーパーがないこともある
・仕事とプライベートのオンオフが曖昧になる可能性がある

以上のようなことがデメリットとして考えられます。住み込みで仕事を始めるときは、メリットやデメリットを考慮して自分に合う職場環境を見つけるようにしましょう。自分に合った働き方について詳しく知りたい方は、「自分の適性に合った仕事の探し方」のコラムもチェックしてみてください。

ニートからの仕事は住み込み以外にアルバイトもおすすめ

「住み込みの求人応募になかなか踏み切れない…」という場合は、まず実家から通える範囲でアルバイトやパートなどからチャレンジするのも方法の一つ。アルバイトであれば、短時間・短期間から働き始めやすいため、働くことや周囲とのコミュニケーションに少しずつ慣れることが可能です。住み込みと違ってすべての環境を変えるわけではないので、精神的なストレスも軽減できるでしょう。以下では、ニート生活の脱却を目指す際におすすめのアルバイトをご紹介します。

【在宅ワーク】

データ入力やライター、書き起こしなど、自宅でできる仕事の場合、人の目を気にすることなく自分のペースで働くことが可能です。人間関係で悩む心配が少なく、24時間いつでも好きな時間に仕事を進められます。コミュニケーションや外で仕事することに不安がある場合は、まずは働くこと自体に慣れるのを目標にするのも良いでしょう。

【警備員】

警備員は業務開始前に法定研修を受けられ、経験や資格不問で活躍できるため、比較的チャレンジしやすい仕事の一つです。警備員と一口に言っても、施設警備や雑踏警備、輸送警備などさまざま。施設警備は、マンションやショッピングセンター、工場などを対象に建物や人を守る仕事です。雑踏警備は、お祭りやイベント、工事現場などで、人や車が安全に行き来できるよう警備します。警備する対象や求められる業務は警備の種類によって異なるので、自身の性格に合うものを選ぶと良いでしょう。

【清掃員】

マンションやショッピングモール、病院、オフィスといった場所の清掃を行うアルバイトもあります。事前に清掃が必要な箇所を指定され、用意された掃除器具を用いて作業を進めるのが主な仕事。特別な資格は不要で、一度手順を覚えてしまえば黙々と作業できます。基本的には一人で業務を行うことが多いので、人間関係によるトラブルも少ないでしょう。

ご紹介したとおり、ニートから仕事に慣れるには、未経験者OKの求人や業務内容が自分に合っている仕事を選ぶのがポイントです。最初からハードルを高く設定すると、すぐに挫折してしまう可能性があります。また、最終的に正社員を目指すのであれば、単発や短期のバイトを検討してみましょう。就活の状況によって、臨機応変に働き方を変えやすい環境に身を置くのがおすすめです。

「住み込みの仕事を探している」「正社員を目指したいけど自分に合う仕事が分からない」という場合は、就職エージェントに頼るのが良いでしょう。就職エージェントのハタラクティブでは、20代の求職者に特化した就職支援を行っています。キャリアアドバイザーによるマンツーマンのカウンセリングをとおして、求人紹介や面接対策など、あなたの悩みに応じたサポートが可能です。就職に関する相談やサービスはすべて無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

ニートから始める住み込みの仕事に関するQ&A

ここでは、ニートから始める住み込みの仕事に関する疑問をまとめました。引越しや住み込みの仕事の厳しさについて解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

生活環境を変えて働きたいけど、引越しの資金がなくて悩んでいます

引越しをして働きたい場合は、寮や社宅を用意している企業を検討してみると良いでしょう。企業によっては、内定者にお祝い金として引越し代を支給してくれることもあります。自分が行きたい企業を見つける方法は「転職先の効率的な探し方5選!自分に合う仕事を見つけるコツを解説」のコラムで解説しているので、ぜひご一読ください。

住み込みの仕事は厳しいものが多いイメージです

「厳しい」と感じる職場環境や基準は人によってさまざま。自分に合った職場に就職するには、自分の適性や性格を深く知ると良いでしょう。若年層向け就職エージェントのハタラクティブでは、自己分析の深掘りや適性の見極めも行えます。プロの客観的視点を交えて就職を進めれば、前向きに働ける企業に出会える可能性が高まるでしょう。

この記事に関連するタグ