1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニートと家事手伝いは同じ?履歴書の書き方と就職方法

ニートと家事手伝いは同じ?履歴書の書き方と就職方法

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・家事手伝いとは、「炊事や洗濯などの家庭生活に必要な仕事を手伝うこと」を指し、一般的に未婚で実家に住んでいる女性を指すことが多い
    ・親の仕事や介護といった理由で本当に家事を手伝っている人もいれば、特になにもしていないニート状態の人もいる
    ・家事手伝いは職歴にならないため、履歴書上では空白期間として扱われる
    ・企業は空白期間のある人に対してネガティブな印象を抱きやすいので、正当な理由があれば明確に説明しよう
    ・再就職に対して不安がある人は、アルバイトや在宅ワーク、派遣などから始めるのがおすすめ

ニート生活を送る人の中でも、特に女性は自分のことを「家事手伝い」と呼ぶケースがあるようです。
家事手伝いは古くから言われている言葉ですが、どのような人を指すか知っていますか?
当コラムでは、家事手伝いの定義や履歴書への記載方法などを紹介しています。
就職を検討している人に向けたアドバイスも記載しているので、参考にしてください。

◆家事手伝いとは

ニート生活を送る方の中には男性もいれば女性もいますが、女性ニートが自分の肩書を紹介するときに「家事手伝い」と言うことがあります。
この「家事手伝い」とは、どのような意味を持っているのでしょうか。

家事手伝いとは、明確な定義はないものの「炊事や洗濯、掃除などの家庭生活に必要な仕事を手伝うことや、それを行う人」といった意味を持っています。
家事を行う人といえば主婦、といったイメージがありますが、既婚者を主婦や専業主婦と呼ぶのに対して、家事手伝いは未婚者が対象。
さらに、母親などメインで家事を行う人を手伝うという意味から、「未婚で、実家に住んでいる人」を家事手伝いと呼ぶのが一般的と言えるでしょう。

女性があまり社会進出していなかった時代は、「家事手伝い」というと「お嬢様」「花嫁修業中の人」といったイメージが強くありました。しかし、働く女性が増えた近年では「ニート」「働く意志のない人」といった印象が強くなりつつあるようです。

◆家事手伝いや介護で離職期間が長くなる人も

近年では「家事手伝い」というとニートや無職といったイメージを抱く人が多いですが、本当に家事を手伝っていたという人もいるでしょう。

例えば、母親を早くに亡くしたので代わりに家事を行っていた、親が祖父母の介護を行っていたのでそれをサポートしていた、仕事で忙しい親に代わって家のことをしていた、というケースが考えられます。

本当に家事を手伝っていて困るのは、状況が代わって働けるようになったとき。
上記のような場合はニートとは違って家事を行っていた実績がありますが、職歴として扱うことはできないため、結婚せずに実家にいた場合は「家事手伝い」と名乗るほかありません。

そのため、特に長期間に渡って家事手伝いをしていた場合、空白期間の長さから就職に対して不安を感じる、という人は多いようです。

◆履歴書では空白期間について詳しく書くべき?

どのような過ごし方であれ、家事手伝いの期間がある人が就職を考えたときには、履歴書にどう書くか悩むと思います。
前項で触れたように、家事手伝いは職歴にならないため、この期間は「空白期間」として扱われます。
では、企業はこの「空白期間」に対してどのような印象を持っているのでしょうか。

空白期間は仕事をしていない期間として捉えられるため、企業側は「なぜ働いていなかったのか」「なにか問題のある人なのか」「なにもせずにニートだったのか」などネガティブな印象を抱くケースが多いと言われています。

空白期間が長ければ長いほど上記のような印象を抱かれやすいので、イメージを払拭するには無職期間を正直に説明することが大切。
そのため、家事手伝いの経歴も履歴書の職歴欄に記載すると良いでしょう。

履歴書に書く場合は、「◯◯株式会社 一身上の都合により退職 退職後は祖母の介護を手伝う」のように明確な理由とともに記載するのがポイント。
ただ「家事手伝い」と書くだけでは、「ニート状態を良く見せようとしている」と捉えられる可能性が高いので注意します。
さらに、家事手伝いの場合は時間に余裕があると予想できるため、資格取得の勉強や介護など、なにかを同時に行っていたことをアピールするのも良いでしょう。

また、空白期間がある人に対して「長く仕事が続くか」「すぐに退職しないか」を気にする企業は多いため、家族の介護が理由なら「他の家族が対応できるようになった」「施設に入居した」など、自身の傷病が理由なら「完治した」「担当医から許可が出た」のように、退職したり仕事を休んだりしないことを伝えるのが大切です。

◆再就職への不安が強い人は

家事手伝いの期間が数カ月~数年という人もいるでしょう。
仕事から離れている期間が長ければ長いほど、再就職に対する不安が強くなることも。
仕事に対する不安が強い人は、以下のような方法から始めてみてはいかがでしょうか。

【アルバイトから始める】

いきなり正社員になっても、働く時間の長さや仕事量などに圧倒されて結局退職してしまうかもしれません。
正社員になるのが不安な場合はアルバイトから始めるのがおすすめです。
アルバイトは正社員に比べて働く時間が短く負担も少ないのが特徴。
自分のペースで働くことができるため、働くことに慣れるには最適と言えるでしょう。

【在宅ワークをする】

アルバイトにも抵抗がある…という方は、在宅でできる仕事をおすすめします。
アルバイトと違って完全出来高制が多いですが、自宅で仕事ができるのが特徴。
近年ではパソコンを使用してできる仕事も多いため、パソコンスキルがある程度あれば挑戦できるでしょう。

【派遣に登録する】

派遣会社に登録し、仕事を紹介してもらう方法。
登録時に面接はありますが、登録後は派遣会社が就業先を紹介してくれるので自分で仕事を探す手間が省けるメリットがあります。

家にこもりがちな人は、散歩やボランティアなどで外部との交流を増やすのも良いでしょう。
いずれの方法も、最終的には正社員を目指すのを忘れないことが大切。
アルバイトや派遣で満足しないよう、期間を決めて実行してみてはいかがでしょうか。

◆就職を目指すなら

就職するには、働きたい企業を探したり面接を受けたりする必要があります。
いわゆる「就活」を1人で進めるのに不安を感じる方は、以下のような就職支援機関を活用するのもおすすめです。

【ハローワーク】

ハローワークとは、厚生労働省が管轄している公共職業安定所の通称です。
仕事を探すだけでなく、応募したい求人の紹介や就職相談、就活を円滑に進めるためのセミナーなどを開催。
全国各地の主要都市に設置してあり、求職者であれば誰でも無料で利用することが可能です。

【民間エージェント】

求人サイトなどを運営する民間企業が手がけていることが多い就職支援機関。
求人紹介やセミナー開催、就職相談など、実施しているサービスはハローワークに似ていますが、エージェントによって扱う業界や地域などが異なるのが特徴です。

ハローワークは圧倒的な求人数を持っており、民間エージェントは利用しやすい雰囲気やきめ細やかな対応が魅力。
自分が求める条件や雰囲気に合わせて活用してみましょう。

ハローワークを利用するのに抵抗がある…という方は、民間エージェントのハタラクティブを利用してみてはいかがですか?
ハタラクティブは、明るいオフィスと手厚いサポートが特徴の就職エージェント。
専任の就活アドバイザーが、就職相談やカウンセリング、就職が決まった後もしっかりとサポートしています。
扱う企業は未経験者歓迎が多数のため、職歴に不安がある…という方でも安心して利用可能!
あなたの適性やスキルに合った求人を紹介いたします。
就職について誰かに相談したい、就職情報に精通している人の意見を聞きたい…という方はお気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    女性ニートが知っておきたい就職ポイント

  • image

    女性ニートから卒業を目指す!就職までのメソッドとは?

  • image

    ニートの履歴書の書き方解説!空白期間はどう書く?志望動機の例文も掲載

  • image

    ニートからの脱却を目指す方に履歴書の書き方を解説!

  • image

    職歴に長い空白期間があっても大丈夫?

  • image

    空白期間があっても転職を成功させる!面接・履歴書での回答方法を解説

  • image

    「ニートのままでいい」という人に女性が多いのはなぜ?

  • image

    ニートで就職したい女性におすすめの仕事は?高卒職歴なしで就活するコツ

  • image

    ニートが就活を「怖い」と感じる理由と面接対策

  • image

    就職できないんじゃなくて、しないんです。20代独身女性向けイベント開催します

  • image

    ニートを脱却!バイト面接を成功させるポイントとは?

  • image

    男性がニートを続けるリスクと就職を成功させる方法

  • image

    転職活動をするにあたって無職期間があるのは不利?

  • image

    ニートは結婚できない?男女でハードルが違う?引きこもり脱却方法も解説!

  • image

    アルバイトで脱ニート!面接に必要な対策とは

  • image

    既卒って就職できますか?

  • image

    ニートになった理由は?就職を成功させるコツ

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる