家事手伝いとニートはどんな違いがある?就職するコツや空白期間の伝え方!

家事手伝いとニートはどんな違いがある?就職するコツや空白期間の伝え方!の画像

この記事のまとめ

  • 家事手伝いとは、一般的に炊事や洗濯など家庭内で要する仕事を主として行う人を指す
  • ニートとは、仕事に就いておらず家事や通学もしていない15~34歳の人と定義される
  • 「家事手伝い=ニート」といったイメージにつながる可能性がある
  • 家事手伝いとニートには、日常的にこなす家事の量に大きな差がある
  • 家事手伝いやニートから正社員を目指すなら、空白期間の明確な説明を用意しよう

「家事手伝いとニートの違いは?」「今の状態から正社員を目指せる?」と疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。家事手伝いとニートの大きな違いには、日ごろから行っている家事の量が挙げられます。どちらも仕事に就いていない空白期間があるものの、就活の進め方次第では正社員就職も可能です。このコラムでは、家事手伝いとニートの違いや正社員を目指すコツなどを詳しく紹介しているので、ぜひご一読ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

「家事手伝い」と「ニート」は同じ?

「家事手伝い」と「ニート」は同じ?の画像

家事手伝いとは、明確な定義はないものの「炊事や洗濯、掃除、介護などの家庭生活に必要な仕事を手伝うことや、それを主として行う人」といった意味を持っています。一方、厚生労働省の「よくあるご質問について - その他」によれば、ニートとは、「仕事に就いていない状態で家事や通学もしていない15~34歳の人」です。そのため、「無職の人=ニート」だと認識している人も多いでしょう。

参照元
厚生労働省
よくあるご質問について

「家事手伝い=ニート」と見なされる場合がある

「家事手伝い=ニート」と見なされる可能性があります。女性があまり社会進出していなかった時代は、「家事手伝い」というと「花嫁修業中の人」といったイメージを持つ人も少なくありませんでした。しかし、最近は「働く意志のない人」「無職の人」といった印象が強くなりつつあるようです。
先述したように、「家事手伝い」と「ニート」は異なる意味があるものの、同一だと思われてしまう場合が多いことも認識しておきましょう。世間からのニートの印象については、「ニートとフリーターの違いは何?定義や世間からの見え方を知ろう」で詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

やむを得ない理由から家事手伝いをする人もいる

前述のように、「家事手伝い」といえばニートや無職といったイメージを抱く人が増えている傾向にありますが、なかには就業意欲があるにも関わらず、やむを得ない理由から家事に専念する人もいるでしょう。たとえば、母親を早くに亡くしたので代わりに家事を行っていた、親が祖父母の介護をしていたのでそれをサポートしていた、などのケースが考えられます。

家事手伝いは「職歴」にならない

家事手伝いは「職歴」として扱われないのが一般的です。そのため、実際に自宅で家事を行っていたとしても、就職活動では「無職」「職歴に空白期間がある」と見なされる可能性が高いでしょう。ただし、応募する職種や企業によっては、「何もしていなかった」とするよりも、「家事を頑張っていた」「料理や整理整頓が得意」などのアピールが有効な場合もあります。

家事手伝いとニートに見られる主な3つの違い

家事手伝いとニートには、「家事の量」「行動理由」「社会とのつながり方」に主な違いがあります。それぞれについて以下で詳しく見ていきましょう。

1.家事の量

「家事手伝い」の場合、朝起きてから夜寝るまでに、炊事や洗濯、掃除、介護など多くの家事をこなすのが基本です。それに対し、「ニート」は家事をしていない人を指すため、家事以外のことに一日の時間を費やす状態といえるでしょう。読書やゲーム、独学、睡眠など、好きなように時間を過ごすのが一般的なようです。

2.行動理由

家事手伝いの人は、「家族のため」「自分の将来ビジョンのため」といった理由から家事に徹している場合が多いでしょう。一方、確固たる目的やビジョンを持ち、「あえてニートの状態でいる」という人は少ない傾向にあると考えられます。

3.社会とのつながり方

家事手伝いであれば、買い出しや介護関連で外に出掛けたり、他者とコミュニケーションを取ったりするなど、社会とのつながりを持ちやすい状況にあるといえるでしょう。一方、ニートの状態にある人は、対人関係に苦手意識を抱えていることが多く、ひきこもりになりやすい傾向にあるようです。厚生労働省の「ニートの状態にある若年者の実態および支援策に関する調査研究報告書(概要)」によれば、ニートの状態にある若者のうち、「人に話すのが不得意」と答えた人の割合は64.4%。また、半数弱がひきこもり経験者であるとの結果が出ています。

参照元
厚生労働省
ニートの状態にある若年者の実態及び支援策に関する調査研究

家事手伝いやニートの状態から就職はできる?

家事手伝いやニートの状態から就職はできる?の画像

ニートと異なり、家事手伝いの人は日常的に家事に従事しているため、家事の経験を活かした就職がしやすいでしょう。たとえば、家事代行スタッフや清掃業、レストランの厨房などでの活躍が見込めます。家事をこなすには、多様な物事を計画的に進められる処理能力や柔軟性といったスキルが必要です。就職活動において、家事手伝いで自分が身につけたこと、得意としていることなどをアピールすれば、採用担当者の興味を引く可能性があるでしょう。

家事手伝いからの就職は家事代行サービスがおすすめ

家事手伝いを行っている方は、家事代行サービスに就職するという選択肢があります。家事代行サービスとは、日常生活において必要な家事を依頼主の代わりに行う職業です。具体的に依頼できる家事の内容は、以下のようなものがあります。

・掃除(部屋、トイレ、風呂等)
・食器洗い
・洗濯
・ゴミ出し
・料理
・買い物

仕事が忙しく十分な家事をこなせない方にとって、家事代行サービスは便利なものとして利用されています。家事手伝いをしている期間が長ければ、効率の良い作業手順が身についていることもあるため、家事代行サービスではこれまでの経験を活かして働けるでしょう。

家事手伝いやニートから正社員として就職する3つのコツ

家事手伝いやニートから正社員として就職するには、自分の適性を見極めたうえで、目指す職種と結びつく資格やスキルを身につけるのがコツです。また、自身の職歴における空白期間についても説明できるよう準備しておく必要があります。以下を参考に、家事手伝いやニートからの正社員就職を成功させましょう。

1.やりたいことや得意なことを洗い出す

正社員になりたい家事手伝いやニートの方は、まず自分がやりたいことや得意なことを洗い出しましょう。自分に合った仕事を見つけるには、「自分は何がしたいのか」「自分は何ができるのか」を具体的に把握することが大切です。そのうえで、自分の適性や価値観に沿った仕事を探してみてください。
ニートから就職を目指す方におすすめの自己分析の方法については、「ニートから再就職を目指す!就活前にやっておくことは?」でご紹介しているので、参考にしましょう。

2.目指す職種で活かせる資格やスキルを身につける

自分が就きたい職種を見出せたら、その仕事で活かせる資格やアピールしやすいスキルを身につけるのがおすすめです。家事手伝いやニートから正社員を目指す場合は、パソコンスキルやコミュニケーションスキル、ビジネスマナーなど、どの職種においても必要とされる能力を習得するのが賢明でしょう。PCに関するスキルや資格について興味のある方は、「基本的なPCスキルとはどこまで?履歴書でのアピール方法とおすすめの資格」もぜひ参考にしてください。

3.面接で空白期間について明確な理由を述べる

家事手伝いやニートをしていた方は、仕事に就いていなかった「空白期間」に関して明確な理由が述べられるよう準備しておきましょう。職歴に空白期間がある場合、面接で「なぜ働いていなかったのか」と質問されることが多いようです。空白期間について明確な理由が伝えられないと、企業側は「なにか問題のある人なのか」など、ネガティブな印象を抱く恐れがあります。企業の不安を払拭するためにも、無職だった期間について正直に説明することが大切です。

履歴書における空白期間の書き方

家事手伝いの経歴は、履歴書の職歴欄に記載しておくことをおすすめします。以下の具体例を参考に、自身の状況を書き添えておきましょう。

【例】
△△株式会社 一身上の都合により退職 退職後は祖母の介護を手伝う

家事手伝いやニートの方で履歴書に空白期間の理由を書く場合は、端的な内容にするのがポイントです。介護や資格取得の勉強など、やむを得ない事情や自身の努力などを記載すると良いでしょう。
ニートの履歴書における空白期間の書き方については、「ニートの履歴書の書き方を例文付きで解説!空白期間のフォロー方法も紹介」もご参照ください。

現在は問題なく勤務可能なことも伝えよう

空白期間がある人に対して「長く仕事が続くか」「すぐに退職しないか」を気にする企業は多いため、今までやむを得ない事情で働けずにいた人は、現在は問題なく就業可能なことをアピールしましょう。家族の介護で家事手伝いをしていたなら「ほかの家族が対応できるようになった」「施設に入居した」、自身の傷病が理由でニートだったなら「完治した」「担当医から許可が出た」といったように伝えることが大切です。

家事手伝いやニートから正社員就職するのが不安なら

家事手伝いやニートから正社員就職するのが不安ならの画像

いきなり正社員として働き出すことが不安な家事手伝いやニートの方は、アルバイトや派遣といった働き方から始めるのも一つの方法です。家にこもりがちな人は、散歩やボランティアなどで外部との交流を増やすのもおすすめ。以下の方法を参考に、自分なりのやり方で正社員就職を目指しましょう。

アルバイトから始める

正社員になるのが不安な場合は、まずはアルバイトから始めるのがおすすめです。家事手伝いやニートからいきなり正社員になっても、働く時間の長さや仕事量などに圧倒され、結局すぐに退職してしまう可能性もあります。アルバイトは正社員に比べて働く時間が短く、仕事のプレッシャーや負担も少ないのが特徴です。自分のペースで働けるため、働くことに慣れるには最適といえるでしょう。

正社員登用制度で正社員になる方法も

会社によっては正社員登用制度を設けているところもあります。まずはアルバイトとして入職し、十分な実績と経験を積んでから正社員登用試験に挑戦するのもおすすめです。正社員登用の基準は会社によって異なるため、応募先の募集要項をよく確認しておきましょう。正社員登用制度について詳しく知りたい方は、「正社員登用制度とは?読み方や必要な実績・試験について解説!」のコラムを参考にしてください。

在宅ワークをする

「アルバイトにも抵抗がある…」という家事手伝いやニートの方は、在宅でできる仕事をおすすめします。アルバイトと違って完全出来高制が多く収入は不安定ですが、住み慣れた自宅にいながら働けるのがメリットです。近年ではパソコンを使用してできる仕事が増えつつあり、パソコンスキルがある程度あれば挑戦可能でしょう。
在宅ワークでニート卒業を目指す!おすすめの仕事や失敗しないコツを解説」では、ニートが在宅ワークをするメリットや具体的な仕事などを紹介しています。こちらもあわせてチェックしてみてください。

派遣に登録する

家事手伝いやニートをしている人は、派遣会社に登録し、仕事を紹介してもらうのも一つの方法です。登録時に面接はありますが、登録後は派遣会社が就業先を紹介してくれるので、自分で仕事を探す手間が省けるメリットがあります。
また、派遣先企業に直接雇用されることを前提に、決められた期間のなかで派遣社員として勤務できる「紹介予定派遣」という選択肢も。紹介予定派遣は、会社とのミスマッチを防げたり未経験の分野で活躍できたりするのがポイントです。ただし、派遣先企業との合意を得て、直接雇用が成立しなければ正社員にはなれません。そのため、紹介予定派遣に応募する際には、仕組みをよく理解してから挑戦してみると良いでしょう。
紹介予定派遣について詳しく知りたい方は、「紹介予定派遣とは?雇用形態の特徴や働くうえでのメリットを解説!」のコラムをご覧ください。

アルバイトや派遣は期間を決めて働くのがおすすめ

正社員就職したい家事手伝いやニートの方が、まずはアルバイトや派遣から仕事を始める場合は、あらかじめ働く期間を決めておくのがおすすめです。期間を定めず働くと、ずるずると正社員就職を先延ばしにしてしまう可能性も。正社員として働くことを最終目標とし、計画的に動くことが大切です。

家事手伝いやニートの方は就職支援サービスも活用しよう

家事手伝いやニートから正社員就職を目指す際に、1人で就活を進めることに不安を感じる方は、就職支援サービスの活用を検討してみましょう。自分に合った企業を紹介してもらえたり、面接のアドバイスをもらえたりするため、よりスムーズな就活ができるはずです。

ハローワークで自分のペースで仕事を探す

ハローワークとは、厚生労働省が管轄している公共職業安定所の通称です。就職したい家事手伝いやニートの方は仕事を探せるだけでなく、応募したい求人の紹介や就職相談、就活を円滑に進めるためのセミナーなどが受けられます。全国各地の主要都市に設置してあり、求職者であれば誰でも無料で利用することが可能です。

参照元
厚生労働省
ハローワークインターネットサービス

民間の就職支援サービスでアドバイザーに相談する

民間企業が手掛ける就職支援サービス(就職エージェント)では、個人の就活全般をサポートしています。実施しているサービスは求人紹介やセミナー開催、就職相談などハローワークと似ていますが、エージェントによって扱う業界や地域などが異なるのが特徴です。また、就職エージェントでは就活アドバイザーがマンツーマンでつく場合が多く、自分に合った就活支援を受けられるのもメリット。利用しやすい雰囲気やきめ細やかな対応が魅力のため、就職を検討している家事手伝いやニートの方は、自分が求める条件や雰囲気に合わせて活用してみましょう。

「家事手伝いから再就職できるか不安…」「ニートから正社員になるための就活方法が分からない…」と悩んでいる方は、就職エージェントのハタラクティブを利用してみることをおすすめします。
ハタラクティブは、明るいオフィスと手厚いサポートが特徴の就職・転職支援サービスです。専任の就活アドバイザーが、あなたの適性やスキルに合った求人を紹介いたします。就職相談やカウンセリング、就職が決まったあとのフォローなどもしっかりとサポート。ハタラクティブには未経験者歓迎の求人も多数あるため、職歴に不安がある方でも安心して利用可能です。「就職について誰かに相談したい」「就職情報に精通している人の意見を聞きたい」という方は、お気軽にハタラクティブへお問い合わせください。

家事手伝いやニートの就職に関するお悩みQ&A

ここでは、家事手伝いやニートからの就職を目指す方が抱えがちな疑問をQ&A方式で解決していきます。

家事手伝いとニートはどう違うの?

家事手伝いとニートの大きな違いは、日常的に家事を行っているかどうかです。「家事手伝い」は、炊事や洗濯、介護など家庭内で必要な仕事を主に行う人を指すのが一般的。一方、「ニート」は、無職で家事や通学もしていない15〜34歳の人と定義されています。ニートの概要については、「ニートとは何?就活に失敗しやすい人の特徴や就職を成功させるコツを解説」もあわせてご覧ください。

「家事手伝い」と言えば「ニート」とは思われない?

最近では「家事手伝い=働く意思がない人」と捉えられる場合も多く、ニートと思われる可能性があるでしょう。背景としては、女性の社会進出が進み、家事は女性が担うものといった従来の風潮が薄れたことが挙げられます。詳しくは、このコラムの「「家事手伝い=ニート」と見なされる場合がある」も参考にしてください。

家事手伝いやニートから正社員になれる?

就活のやり方次第では、家事手伝いやニートをしていた状態から正社員になることは可能です。特に「家事手伝い」の場合、炊事や洗濯、掃除などを日常的にこなしてきた経験が活かせる職種を目指すと就職しやすいでしょう。ニートから正社員就職を目指す際のおすすめの職種については、「ニートから正社員になれる?おすすめの職種や就職のポイントをご紹介」をぜひチェックしてみてください。

家事手伝いやニートから正社員就職するコツは?

家事手伝いやニートから正社員を目指す際は、自分のやりたいことや今できることと結びつく仕事を探すと良いでしょう。さらに、目指す職種と関連した資格を取得すれば、就職できる可能性を高められます。「無職から就職先を探すのは難しそう」「より円滑に就活を進めたい」と悩む方は、プロの手を借りるのもおすすめ。ハタラクティブでは若年層に特化した就職支援を行っているため、就活のやり方にお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ