ニートとフリーターの違いは何?定義や世間からの見え方を知ろう

ニートとフリーターの違いは何?定義や世間からの見え方を知ろうの画像

【このページのまとめ】

  • ・ニートとフリーターの違いは、働いているか否か
  • ・ニートやフリーターは経済的に不安定と思われやすい
  • ・就活でのニートとフリーターの違いは、職歴の有無
  • ・ニートやフリーターは年収や社会的信用面にデメリットがある
  • ・ニートとフリーターの違いに関係なく正社員を目指そう

「ニートとフリーターの違いがよく分からない」という人もいるでしょう。ニートは無職ですが、フリーターはアルバイトで働いている点に違いがあります。
このコラムでは、ニートとフリーターの定義や、長引くことのデメリットをご紹介。ニートやフリーターから正社員を目指す方法も解説するので、将来に不安がある方は、ぜひ参考にしてください。

ニートとフリーターの違いは?

ニートは無職であるのに対し、フリーターはアルバイトで働いているのが違いとして挙げられます。

ニート(NEET)は、「Not in Education, Employment or Training」の頭文字をとった言葉です。フリーターは、時間が自由なことを意味する「フリー(free) 」 と 「アルバイト(Arbeit)」 、「◯◯する人(er)」を組み合わせてできた言葉といわれています。

厚生労働省が定義するニートとは?

厚生労働省は、15~34歳で仕事や家事、通学をしていない人をニートと定義しています。無職であっても、求職活動中の人や職業訓練を受けている人はニートに含まれません。

参照元
厚生労働省
ニートの就労を支援する「地域若者サポートステーション」11カ所を追加選定

厚生労働省が定義するフリーターとは?

厚生労働省は、学校を卒業した15~34歳の男女(女性は未婚の人)のうち、以下のいずれかに該当する人をフリーターと定義しています。

・パートやアルバイトで働いている人
・失業し、アルバイトやパートの仕事を探している人
・通学や家事、仕事をしておらず、アルバイトやパートの仕事を探している人

参照元
厚生労働省
若年者雇用に関する参考資料

ニートとフリーターの違いについては「無職とフリーターの違いは?身につけておくべきスキルも解説!」のコラムでも解説しているので、理解を深めるためにぜひチェックしてください。

ニートとフリーターは世間からどう見られる?

どのような理由でニートやフリーターでいるのかによって、世間の目は変わるでしょう。

努力するニートやフリーターは肯定的な見方も

ニートやフリーターであっても、必ずしも悪印象を抱かれるわけではありません。「学生時代の就活がうまくいかず無職になった」「叶えたい夢があってアルバイトを続けている」など、人によってニートやフリーターになった理由は異なるからです。
「正社員として働くのは責任が重くて面倒」と親の収入に頼っている人や、目標を持たずに何となくニートやフリーターを続けている人は、「甘えている」と思われることもあるでしょう。

ニートやフリーターの経済面の不安定さは同じ

ニートとフリーターの意味に違いはあるものの、世間は両者に対して「経済的に不安定」と考える傾向があるでしょう。フリーターは、アルバイトの契約が更新されないと仕事を続けられず、収入がなくなってしまいます。ニートの場合、頼りにしている親や兄弟からの仕送りがなくなったり、貯金がつきたりすると生活が厳しくなるでしょう。

就活でのニートとフリーターの違いは?

就活におけるニートとフリーターの違いは、職歴の有無です。

フリーターはアルバイト経験があり、身につけた知識・スキルを応募職種に活かせる場合は、アピール材料になります。一方、ニートで過去に働いたことがない人の場合、履歴書の職歴に書く内容がなく、面接で仕事の経験を話せません。職歴がないという点においては、ニートはフリーターに比べると就活で不利になってしまうでしょう。

ニートの方が目指しやすい職種や正社員になる方法は、「ニートから正社員は無理じゃない!受かる人の特徴やおすすめの仕事を紹介」のコラムを参考にしてください。

ニートやフリーターが長引くことのデメリット

ニートやフリーターを続けると、年齢が上がるにつれて就職の難易度が高くなるでしょう。

企業側は、若手ならやる気やポテンシャルのある人、年齢が高ければ経験や実績のある人を採用したいと考えています。年齢が上がると即戦力となることを求められるため、未経験職種にチャレンジしづらく、求人の選択肢が減ってしまうでしょう。正社員を目指すなら、なるべく早く就活を始めるのが賢明です。

ニートやフリーター向けの就職支援サービスを使おう

「ニートやフリーターをやめたいけれど、就職活動の仕方が分からない」という方は、ハローワークや就職エージェントを活用するのがおすすめです。
ハローワークの正式名称は公共職業安定所で、求人紹介や就活対策のセミナーなどを行っています。就職エージェントは、民間企業が運営する就活支援サービスです。就職エージェントに登録すると、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策などのサポートを受けられます。ハローワークの特徴や就職エージェントとの違いについては、「ハローワークとはどんなところ?サービス内容とおすすめの活用方法を解説!」のコラムを参考にしてください。

ニートとフリーターの違いに関係なく正社員を目指そう

ニートやフリーターは年収やスキルアップ、社会的信用面においてデメリットがあるため、将来に不安があるなら、正社員を目指すのがおすすめです。

ニートやフリーターを続けると生涯年収に差が出る

厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査」によると、正社員と非正規社員(男女計)の平均賃金には、約11万円の差があります。

・正社員や正職員:32万4200円
・正社員や正職員以外:21万4800円

ひと月で約11万円の違いがある場合、単純計算すると12カ月で132万円、10年間で1320万円の差が生じます。給料は業界・職種によって異なるため一概にはいえませんが、基本的には正社員の方が生涯年収が高くなるでしょう。
また、正社員は基本的に昇給やボーナスがありますが、アルバイトで働くフリーターは時給アップやボーナスの機会が少ないと考えられます。結婚、出産といったライフステージの変化に備えて貯金することを考えると、正社員の方が経済的な余裕があるでしょう。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況 (6) 雇用形態別にみた賃金

ニートやフリーターはスキルアップしづらい

会社によって状況は違いますが、アルバイトは研修制度を利用できない場合があります。正社員は基本的に会社の研修を受けられるので、業務に役立つ知識を身につけたり、スキル向上を図ったりできるでしょう。着実にスキルアップして成長を実感できれば、高いモチベーションで仕事に取り組めると考えられます。

ニートやフリーターに比べ正社員は社会的信用を得やすい

正社員は基本的に毎月一定の給料をもらえるため、クレジットカードや賃貸契約の審査で信用を得やすいでしょう。車や家のローンを組む際も、職業や収入などを確認されるため、ニートの人やフリーターで収入が不安定な人は、審査に通りにくい可能性があります。

ニートやフリーターが正社員を目指す5つの方法

ニートやフリーターが正社員を目指す際は、自己分析や第三者への相談などが大切です。

1.ニートやフリーターの就活は自己分析から始める

就活の第一歩として自己分析を行い、自分の強みや弱み、働くうえで譲れない条件などを明らかにしましょう。
自己分析では、過去に頑張ったことやつらかったこと、楽しかったことなどを書き出します。印象的なエピソードが思い浮かんだら、その出来事を「なぜ頑張れたのか」「なぜうれしかったのか」「なぜ問題を解決できたのか」と深掘りしましょう。「なぜ」と問いかけて自分の行動や考え方の共通点を見出すと、価値観や強み・弱みが明らかになります。自己分析の結果をもとに、仕事選びの軸を決めたり、企業へのアピール内容を考えたりしましょう。

2.ニートならまずはアルバイトをする

「ニートからいきなり正社員を目指すのは不安…」という人は、まずはアルバイトから始めるのも一つの手です。

アルバイトは正社員に比べて未経験職種にチャレンジしやすく、働く時間を調整しやすいのがメリット。「なるべくコミュニケーションをとらない仕事をしたい…」という人は、工場勤務や清掃の仕事など、人と接することが少ない求人を探すと良いでしょう。

3.フリーターならアルバイト先で正社員登用の相談をする

正社員登用制度の有無は企業によって違いますが、アルバイト先の職場環境が自分に合っているなら、まずは上司に相談してみましょう。正社員登用制度とは、アルバイトやパートから正社員に雇用転換する制度です。日ごろから責任感を持ち、人一倍真面目に仕事に取り組んでいれば、アルバイトから正社員になれる可能性があります。アルバイト先なら職場の雰囲気や業務内容がある程度分かるので、正社員になったあとに「イメージと違った…」とギャップが生じるリスクを減らせるでしょう。

4.ニートやフリーターの間に資格をとる

チャレンジしたい職種が決まっているなら、仕事に役立つ資格を取得するのも一つの選択肢です。短期間で取得を目指せるなら、アピール材料にするためにチャレンジしてみると良いでしょう。
難易度の高い資格は合格までに時間が掛かるため、就職後に取得を目指すことをおすすめします。年齢が若い方がポテンシャルを重視する求人に応募しやすく、「勉強に時間を費やしている間に仕事の選択肢が減ってしまった…」となるのを防ぐためです。
また、すべての仕事で資格が必要となるわけではないので、本当に取得を目指した方が良いのか検討したうえで勉強を始めましょう。

5.ニートやフリーターの就活について第三者に相談する

ニートやフリーターから正社員になった兄弟、友達がいる場合は、どのように就活を進めたか聞いてみましょう。一人で就活を進めると不安が大きくなりがちですが、相談相手がいれば悩みを解決でき、安心して選考対策を進められます。

「就活について身近に相談できる人がいない」「正社員未経験だから内定をもらえるか不安…」という方は、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、20代に特化した就職・転職エージェントです。人柄を重視する未経験OKの求人を多数ご用意し、専任のアドバイザーがあなたに合う仕事をご紹介します。
当サービスでは、応募書類のアドバイスや面接対策などをマンツーマンで実施。ハタラクティブで就職した方の3人に2人は正社員未経験で、内定率は80.4%です(2021年6月時点)。サービスはすべて無料のため、ぜひお気軽にご相談ください。

こんなときどうする?ニート・フリーターに関するお悩みQ&A

ニートやフリーターの中には、現状に不安を抱いている人もいるでしょう。ここでは、ニートやフリーターに関して想定されるお悩みをQ&A方式でご紹介します。

ニートでも始めやすいアルバイトはありますか?

家の中で仕事ができる在宅ワークは、人と顔を合わせず、納期を守れば自分のペースで仕事ができるというメリットからニートの方におすすめです。また、ビルの清掃や交通量の調査、工場の製造や倉庫でのピッキング作業なども、対面でのコミュニケーションをさほど必要としないので、人と話すのに不安がある方も始めやすいでしょう。詳しくは「ニートが就職しやすい仕事6選!支援機関でプロの力を借りよう」でご確認ください。
 

ニートやフリーターから正社員を目指せますか?

ニートやフリーターから正社員として就職するのは、十分可能です。
特に20代の若いうちであれば、経験やスキルがなくてもポテンシャル採用のチャンスがあります。ハタラクティブではニートやフリーターの就職をサポートしているので、正社員を目指したいと考えている方はご相談ください。
 

ニートやフリーターのままでいるとどうなりますか?

ニートは生活を家族に頼っている状態なので、金銭的な支援をしてくれる人がいなくなったときのことを考えると、将来的な不安があります。フリーターはアルバイトはしているものの、正社員に比べると収入が少なく、雇用が安定していないため、長く続けていくにはリスクがあるでしょう。
 

ニートやフリーターの理由はどう伝える?

ニートやフリーターをしていた理由が「働きたくなかった」「やりたい仕事がなかった」などネガティブな内容だったとしても、正直に伝えましょう。嘘は面接官に見破られてしまいます。事実を伝えたうえで、現在は働く意欲があること、自分がどのように変わりたいのかを述べることが大切です。過去を反省して、前向きな気持ちで就職活動に取り組んでいる姿勢を面接官に見せましょう。「ニートが就職するとき、面接で気をつけることは?」「就職したいニートの悩みを解決!ブランク期間の答え方」のコラムも参考にしてください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION