ニートとフリーターの違いとは?就職に向けてできることと行動を起こすコツ

ニートとフリーターの違いとは?就職に向けてできることと行動を起こすコツの画像

この記事のまとめ

  • ニートとフリーターの違いは働いているか否か
  • ニートとフリーターは定義が違うものの金銭的に不安定な点は共通している
  • ニートやフリーター状態が続くと金銭面だけでなくスキルや社会的信用にも影響が出る
  • ニートやフリーターから正社員就職を考えたら、まずは自己分析から始めよう

ニートとフリーターの違いは簡単にいうと、働いているか否かです。このコラムでは、ニートやフリーターの方向けに、それぞれの具体的な違いや定義を詳しく解説します。また、ニートやフリーターで居続けることで起こるデメリット、正社員就職に向けて行いたいこともまとめました。就職は考えているけど何から始めたら良いかわからない、という方の参考になれば幸いです。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

ニートとフリーターの違い

ニートとフリーターの大きな違いは「働く意思があるかどうか」「働いているか否か」です。ニートは無職かつ働く意志を持たないのに対し、フリーターは無職の状態であっても働く意思がある人やアルバイトまたはパートで働いている人のことを指します。
ニートとフリーターの違いについては「無職とフリーターの違いは?将来のために有効的に時間を使おう!」のコラムでも解説しています。ぜひチェックしてください。

就活におけるニートとフリーターの違いは?

ニートとフリーターの違いを就活の場合に当てはめると、働いた経験があるかないかです。「今はニート状態だけど前は働いていた」という方もいるようですが、フリーターは就活の時点で働いているため、ニートよりも就活で有利になりやすいでしょう。
フリーターは、アルバイトやパートでの経験を通して身につけた知識やスキルを自己PRに活用できます。一方、ニートかつ就業経験がないと、採用担当者に仕事への意欲や継続性、社会人としての基礎スキルを不安視される可能性も。
ニートの方が目指しやすい職種や正社員になる方法は、「ニートから正社員は無理じゃない!受かる人の特徴やおすすめの仕事を紹介」のコラムを参考にしてください。

未経験OK多数!求人を見てみる

ニートの定義

ニート(NEET)は、「Not in Education, Employment or Training」の頭文字をとった言葉。イギリスで生まれた概念で、厚生労働省ではニートの対象年齢を「15〜34歳」とし、定義を以下のように定めています。

・仕事をしていない人
・家事を行っていない人
・通学をしていない人
・就業意欲のない人

つまり、職業訓練中あるいは求職活動中の人は、無職の場合でもニートとは呼びません。

参照元
厚生労働省
ニートの状態にある若年者の実態及び支援策に関する調査研究

ニートになる主な原因

ニートになる原因は人によって異なるものの、受験や就職活動といった大きな場面での挫折や人間関係、家庭環境などが挙げられるようです。より詳しく知りたい場合は「若年層の就労問題…ニートになる原因と解決方法」のコラムをぜひチェックしてください。

フリーターの定義

フリーターは「フリーアルバイター」という造語から派生して生まれた言葉です。厚生労働省は、フリーターとなる対象年齢を「学校を卒業している15〜34歳(女性は未婚者であることも含む)」とし、定義を以下のように定めています。

・パートやアルバイトとして仕事をしている人
・仕事や家事、通学をしていないかつアルバイトやパートの仕事を探している人
・失業中かつアルバイトやパートの仕事を探している人

現在働いていなくても、意欲があり求職活動を行っていればフリーターに分類されるのがポイントです。

参照元
厚生労働省
若年者雇用に関する参考資料

フリーターになる原因

フリーターになる原因も人によりさまざまですが、「仕事に責任を持ちたくない」「正社員としてやりたいことがない」など、ニートとは少し異なるケースが多いようです。また、「就活をしたけどうまく行かなかった」「どうしてもやりたいことがあるから自由のきくフリーターを選んだ」といった理由もあるでしょう。

世間体から見たニート・フリーターに対する印象

世間からの見方は、ニートやフリーターになるまでに至った過程や理由によって変わるでしょう。肯定的な見方と否定的な見方について解説していきます。

一般的にニートやフリーターに対して否定的な意見が多い

世間では、ニートやフリーターに対して否定的な見方をするのが一般的です。どうしても「働いていない」「責任の少ない仕事をしている」といったイメージが先行してしまうため、関連して「自分に甘い」「働く意欲がない」といった印象も付くことに。もちろん、理由があってニートやフリーター状態を選んでいるケースもありますが、詳細が分からなければネガティブに捉えられてしまうのが実情でしょう。

努力するニートやフリーターは肯定的な見方も

ニートやフリーターであっても、必ずしも悪印象を抱かれるわけではありません。「学生時代の就活がうまくいかず無職になった」「叶えたい夢があってアルバイトを続けている」など、人によってニートやフリーターになった理由は異なるからです。

ニートやフリーターの経済面の不安定さは同じ

ニートとフリーターの意味に違いはあるものの、世間は両者に対して「経済的に不安定」と考える傾向があるでしょう。フリーターは、アルバイトの契約が更新されないと仕事を続けられず、収入がなくなってしまいます。ニートの場合、そもそも収入がないため親族の支援や貯金で生活を送っているはず。経済的に余裕がある状態とはいえないでしょう。

ニートやフリーターが長引くと生じるデメリット

ニート・フリーター状態が続くと、正社員として同じ期間働いた場合に比べて金銭面で大きなデメリットが生じます。また、非正規雇用はスキルアップの機会が少ないため、年齢に即した経験やスキルが身につかないことも。年齢を重ねても社会的信用を得にくく鳴ってしまうでしょう。

ニートやフリーターを続けると生涯年収に差が出る

厚生労働省の「令和4年賃金構造基本統計調査」によると、正社員と正社員以外(男女計)の平均賃金には、約11万円の差があります。

・正社員:32万8000円
・正職員以外:22万1300円

上記の差を見ると、基本的に正社員の方が生涯年収が高くなるといえるでしょう。正社員と正社員以外の年収差は、ひと月11万円の差で計算すると12カ月で132万円・10年間で1320万円の差が生まれます
結婚や出産といったライフステージの変化や給料が上がりやすい面を考慮すると、正社員の方が経済的メリットが大きいです。特に、給料の上がりやすさに関しては明らかでしょう。正社員は定期的に昇給やボーナスをもらう機会があるのに対し、アルバイトとして働くフリーターは時給アップやボーナスをもらう機会が少ないのが一般的です。

参照元
厚生労働省
賃金構造基本統計調査

ニートやフリーターはスキルアップするのが難しい

アルバイトやパートの人は基本的に正社員よりも薄給なため、あまり重要な仕事を任させられない傾向にあります。そのため、スキルアップを図るのが難しいです。
正社員であれば、勤務年数や経験を重ねるほど重要な仕事を任せられるため、スキルアップには適した環境で働けます。また正社員の場合、最初は研修からスタートすることも多く、知識の習得から着実に行えます。環境や着実性から見ても、正社員の方が成長しやすいでしょう。

正社員就職が難しくなる

正社員就職に挑戦しても、年齢が高くなるほど求められる経験やスキルが高くなるため難しくなる可能性があります。特に30代を過ぎると、マネジメント経験や専門性を強く問われることに。正社員就職を検討しているなら、将来性で採用されやすい20代のうちがおすすめです。

ニートやフリーターは社会的信用を得にくい

正社員として働くと、基本的に毎月給料が一定であるため、収入が安定しやすいです。そのため社会的信用を得やすく、クレジットカードや賃貸契約の審査も通りやすくなります。一方で、ニートやフリーターの人は収入が変動的で安定しないと認識されやすく、車や家のローンを組む際は、審査に通りにくい可能性があります。

ニートやフリーターが正社員を目指す5つの方法

ニート・フリーター状態から就職を考えたら、まずは自己分析から始めましょう。自己分析をすることで自分の特性や考え方が明らかになるため、応募先企業を絞り込めます。もし働くこと自体に不安を感じている場合は、正社員就職の前にアルバイトとして働くのもいいでしょう。

1.ニートやフリーターの就活はまず自己分析から始める

就活の第一歩は自己分析です。自己分析を通して自分の強みや弱みを把握すると、働くうえでの譲れない条件が明らかになります。
自己分析は、過去に経験したことを思い出すところから始まります。特別なことではなく、日常的に行っていたことで問題ありません。今まで頑張ってきたことやつらかったこと、楽しかったことなどをできる限り書き出しましょう。
その中から印象的なエピソードが思い浮かんだら、「なぜ達成できたのか」「なぜ感動したのか」「なぜ問題を解決できたのか」などと、その出来事の深掘りします。「なぜ」と問い続けながら自分の行った行動に対する理由を見出すと、価値観や自分の強み・弱みが明らかになります。自己分析の結果が分かったあとは、その結果を仕事選びの軸へ反映させたり、企業へのアピール内容に盛り込んだりしましょう。

2.ニートであればまずアルバイトをする

いきなり正社員目指すことに抵抗があるニートの方は、アルバイトから始めてみるのもおすすめです。アルバイトは正社員に比べて雇用のハードルが低いため、比較的気軽に「社会で働く」ことを経験できます。また、未経験職種へのチャレンジや働く時間の調整もしやすいです。「あまり長時間働きたくない」「肉体労働は苦手」など、譲りたくない条件から絞ると仕事を選びやすいです。

3.フリーターであればアルバイト先で正社員を目指す

アルバイト先が正社員登用制度を導入している場合、上司へ正社員になりたい旨を相談してみましょう。正社員登用制度を設けている場合は、選考にチャレンジできる可能性があります。アルバイト先であれば、仕事内容や職場の雰囲気も分かっており、業務理解もできているので採用後のギャップが生まれにくいのがメリット。
ただし、「アルバイトから正社員として登用される可能性は?採用されやすい人の特徴」でも述べているように、制度があっても活用されていないケースも多いようです。また、アルバイト経験があるからといって必ず正社員になれるとは限らない点にも注意しましょう。

4.ニートやフリーターとしている間に資格をとる

希望する職種がある場合、仕事に活かせる資格を取得するのもよいでしょう。資格は就職活動でのアピール材料になります。しかし、資格の必要性は職種によってやはり異なるため、取得前にどれほどの必要性があるのかをしっかり調べておきましょう。
難易度の高い資格は取得までに多くの時間がかかるため、資格取得がゴールにならないように注意。年齢は就職活動で重要視されるひとつのポイントであり、「勉強に時間を費やしている間に仕事の選択肢が減ってしまった…」と思わずに済むように行動しましょう。

5.ニートやフリーターの就活について第三者に相談する

正社員として働いている友達や家族などの中で、過去にニートやフリーターの経験がある人がいる場合は、就活の進め方を相談するのもおすすめです。どうしても不安になりがちな就活ですが、相談相手がいるだけで就活に対する心の負担が軽くなり、悩みを解決できることもあるでしょう。就活も進めやすくなります。

ニートやフリーター向けの就職支援サービスを使おう

就職活動に関して分からないことも多いでしょう。その際は、就職支援サービスを利用しましょう。具体的には、ハローワークや就職エージェントを活用しながら就活をするのがおすすめです。

ハローワークは国が主導する機関で、求人紹介や就活に関する相談を無料で受けられます。求人数も多く、特に地元企業に強いのが特徴。ただし、相談はできるものの求人は自分で探すのが基本です。
就職エージェントは民間企業が運営するサービスで、相談者に対して担当アドバイザーがつくのが特徴。求人は担当アドバイザーが希望条件をもとに探してくれるので、自分で探す手間が省けます。第三者からの提案で思わぬ出会いをすることもあるでしょう。また、担当アドバイザーと面談を行ったうえで求人を紹介してもらえるので、ハローワークよりマッチ度の高い求人に出会いやすいのもポイントです。

ハローワークの特徴や就職エージェントとの違いをより詳しく知りたい場合は、「ハローワークとはどんなところ?サービス内容とおすすめの活用方法を解説!」のコラムを参考にしてください。

就職の相談先で悩んでいるならハタラクティブへぜひご相談ください。ハタラクティブは、20代のニートやフリーターの方にも特化している就職・転職エージェントです。
担当のアドバイザーが性格や履歴を丁寧にヒアリングし、あなたに合ったお仕事をご提案。応募書類の添削や面接対策などもマンツーマンで実施するため、安心して就活を進められるでしょう。「就活について身近に相談できる人がいない」「正社員未経験だから内定をもらえるか不安…」という方は、ハタラクティブがサポートいたします。サービスはすべて無料のため、ぜひお気軽にご相談ください。

ニートやフリーターに関するFAQ

ここからは、ニートやフリーターの働き方に関する質問を紹介します。

ニートから始めやすいアルバイトはありますか?

ニートの方が始めやすいのは、経歴や経験を問わない仕事や人手不足で採用されやすいアルバイト。
また、ニートという経歴を気にしすぎず、自分の適性に合った仕事を選ぶことも大切です。たとえば、人と話したりコミュニケーションを取ったりするのが好きなのにも関わらず、工場や清掃といった一人での作業がメインのアルバイトをしても、長く続かない可能性があります。

ニートやフリーターから正社員は目指せますか?

ニートでもフリーターから正社員を目指すことは十分可能です。
特に20代であれば、未経験職種へチャレンジしやすく、ポテンシャル重視で採用されることもあります。正社員を目指したい方は、ハタラクティブへぜひご相談ください。ニートやフリーターの方へのサポートも行なっています。

ニートやフリーターのままでいるとどうなりますか?

金銭面へのデメリットが大きくなります。ニートであれば、親からの金銭的サポートは年を重ねるごとに厳しくなる傾向があります。また、フリーターはアルバイトやパートなどの非正規雇用なため、雇用が安定していません。詳しくは「ニートやひきこもりのままだとどうなる?末路や脱出方法をご紹介」のコラムをご覧ください。

ニートやフリーターの理由はどう伝える?

ネガティブな理由であっても、正直に伝えましょう。嘘をついてしまっても、面接官には見破られてしまいます。たとえば、働きたくないという理由でニートでいた場合、現在は働く意欲があり、どのように成長したいかを述べると面接官にも前向きな姿勢が伝わります。詳しくは「ニートの就職面接対策!ブランクの説明や苦手意識をなくすコツ」「ブランクがあると就職できない?内定につながる空白理由の伝え方」のコラムをご覧ください。

この記事に関連するタグ