ニートの就職に役立つ!意欲が伝わる志望動機とは

ニートの就職に役立つ!意欲が伝わる志望動機とはの画像

【このページのまとめ】

  • ・志望動機はその企業ならではの理由を、具体的にまとめよう
    ・応募する企業への理解を深めることは、説得力のある志望動機に繋がる
    ・自分の性格や強み、弱みなどを分析しておくと、就活全般に役立つ
    ・意欲や熱意が伝わるように、独自性のある志望動機を目指そう

就職活動では、履歴書や職務経歴書の作成は必須です。趣味や特技、資格などの欄と違い、志望動機は応募する企業に合わせて考えなくてはいけないため、書き方に悩む人も多いでしょう。
志望動機は面接で質問されることも多く、採用担当者も注目しているポイントのひとつ。できるだけ評価に繋がる内容を考えたいところです。
このコラムでは、志望動機の内容や書き方についてまとめました。

志望動機に盛り込む内容

就活で必ず求められる志望動機。履歴書に書くだけではなく、面接で直接質問されることもあるでしょう。
企業側は、あなたの志望度を知るために質問しています。そのため、意欲や熱意、応募先企業との相性の良さ、仕事の適性などが伝わる志望動機を作成することが大切です。
そのためには、以下の3つの内容を盛り込むと良いでしょう。

 

なぜ正社員になりたいのか

正社員になろうと思った理由や、就職しようと思った理由について説明します。
特に、ニート期間が長い人、前職の退職から間が空いている人は、「どうして今働こうと思ったんだろう?」と疑問に思われてしまいがち。面接官が納得できるような、説得力の高い理由が求められます。

 

なぜこの業界を選んだのか

なぜこの業種、職種を選んだのか説明します。就業経験がない人は、学生時代やアルバイトでの経験を思い出して、関連づけられるものを探してみましょう。
そのとき、「興味があるから」「好きだから」といったような漠然とした理由は避けます。経験がない職種でも、働いてみたいと思ったキッカケがあったはず。
なぜ働いてみたいと思ったのか、エピソードを交えて説明すると良いでしょう。

 

なぜこの企業に入社したいのか

企業側は、「なぜ同業他社ではないのか」という点について知りたいもの。そのため、この企業でなければならなかった理由を説明する必要があります。
説得力を高めるためには、企業のWebサイトや求人概要をしっかり読み込むこと。その中から自分が共感したポイント、魅力に感じたところ、他社との違いを探しましょう。

 

より意欲が伝わる志望動機を作成するためには、企業がどんな人材を求めているか考えることが大切です。企業が求めている人材を知る過程で、企業の考え方を理解することもできるでしょう。
また、動機やエピソードを具体的に書くことも重要なポイントのひとつ。ただし、具体的に書こうとするあまり長文になってしまったり、内容にまとまりがなくなってしまったりしないように注意しましょう。

企業研究、業界研究をしよう

企業側が求めている人材について知るためには、その企業や業界についての知識が必要です。企業研究をすることで、自分がなぜその企業に惹かれているのか、ポイントが明確になるでしょう。
企業や業界についてより深く知るためには、企業研究と業界研究を行います。下記を参考に、興味のある企業を調べてみましょう。

 

企業研究のやり方

応募したい企業や興味のある企業が見つかったら、まずはその企業のWebサイトをチェックしてみましょう。見るべきポイントは以下の部分です。

 

・企業理念
・社長の声
・事業内容
・ビジョン
・顧客
・社員の教育体制
・福利厚生

 

特に、その企業ならではの事業や製品、サービスはなにか、社員はどのような環境で働いているのか、という点に注目します。企業のWebサイトに限らず、社長のインタビューや著書、ブログ、SNSなどがあれば、併せてチェックしておくのもおすすめ。
その中で、魅力に感じた言葉や人、サービスなどがあれば、書き出しておきましょう。さらに、疑問に感じた点についてもまとめておけば、面接の逆質問のときに活用できます。

 

業界研究のやり方

志望する業界全体の構造や動向を知るために行います。業界研究を行うことで、業界に関する知識が習得できるだけではなく、本当に自分に合っているのかも知ることができるでしょう。

 

業界研究は、新聞やニュース、業界誌、書籍を用います。
新聞やニュースでは最新の情報を入手できるというメリットも。スマホやパソコンでネットニュースをチェックするのもおすすめです。
書籍の場合は、発刊年によっては情報が古い可能性もあるため注意が必要。
また、その業界の団体について調べてみるのもひとつの方法です。「○○業界協会」や「○○業界団体」などで検索すると、その業界に関する情報が得られるでしょう。

自己分析で自分を知ろう

企業研究や業界研究が終わったら、次は自分について考えてみましょう。
実際に応募する仕事への適性があるか知るためには、自己分析が必須。また、面接では「自己PRをしてください」「長所と短所は?」「キャリアプランを教えてください」といった質問をされることがよくあります。
自己分析を綿密に行うことで、自分の強みやアピールポイントが分かるので、面接でも役立つでしょう。

 

自己分析のやり方

まず、自分の人生を振り返り、経験したことや感じたことを書き出してみましょう。
学校生活やアルバイト、幼少期の出来事などでも構いません。以下を参考に考えてみてください。

 

・自分が頑張ったと思えること
・夢中になって取り組んだこと
・楽しかったこと
・挫折や苦労をしたこと
・ストレスを感じたこと

 

いろいろなエピソードやその時感じたことをまとめていくと、自分の性格、強みや弱み、向いている仕事、向いていない仕事などが見えてくるのではないでしょうか。
しかし、記憶というものは不確かなもの。1人で取り組んでいると、独りよがりな結果になってしまう可能性もあります。
そのため、家族や友人といった身近な人に「自分はどう見えるか」を聞いてみるのもおすすめです。客観的な意見から、自分では気付かなかった強みや弱みを、知ることができるかもしれません。

こんな志望動機は駄目

志望動機は、就活を成功させるために大切なポイントです。企業側も、選考において志望動機に注目しているため、できるだけ良い評価が得られる内容を考えたいもの。
以下では、採用担当者に響かない志望動機について解説します。

 

自己分析のやり方

その企業を選んだ理由に説得力のある裏づけがないと、「会社に合わせて無理に理由を作ったのでは」「同じ業界の他社でもいいのでは」と思われてしまう可能性があります。
企業研究や業界研究をしっかりと行い、その企業ならではの独自性や、自分が惹かれた理由を具体的に伝えることが大切です。

 

企業を褒めるだけの志望動機

志望動機は、この会社で働きたい理由や、自分のスキル、人間性などを伝える場所であって、「お客様の声」ではありません。応募先企業の製品やサービスがどんなに良いと思っていても、実際に自分で愛用していたとしても、ただ褒め言葉を書き連ねるだけでは志望動機とは言えないでしょう。
もちろん企業を貶すような発言は避けるべきです。志望動機を作成するときは、顧客目線ではなく、働く人の目線で考えましょう。

 

例文を丸写しした志望動機

志望動機を作成する際に、書籍やインターネットの情報を参考にする人も多いはず。しかし、その例文をそのまま使用したり、内容を真似たりするのは避けましょう。
例文はどんな人が見ても参考になるように、当たり障りのないものが多い傾向です。そのため、採用担当者が読んでも魅力的に感じない内容や、他社でも使えるような内容になってしまいがち。
また、書類選考は通っても、面接で志望動機について質問される可能性があります。自分で考えていない志望動機を思い出しながら話しても、良い評価には繋がらないでしょう。

 

具体性のない志望動機

漠然とした志望動機だと「他の企業と使い回しているのでは」と思われ、評価が上がらない可能性があります。また、具体的な理由がないと、熱意や意欲も伝わりません。
その企業で働きたい、その職種に就きたいと思った理由について、過去の体験やエピソードを交えて説明すると良いでしょう。

 

上記のポイントに注意して、自分らしさのある志望動機を考えてみましょう。

 

応募書類の作成が不安…という方は、エージェントに相談するのもおすすめです。
ハタラクティブでは、専任のアドバイザーが応募書類の添削を行っています。1人だと悩んでしまいがちな履歴書や職務経歴書も、良い評価に繋がる書き方をアドバイス。
さらに、面接対策や面接の日程調整、入社後のフォローも行っています。
就活を考えている方は、お気軽にハタラクティブにお問合せください。

ニートが伝える志望動機に関するQ&A

ニート期間が長く、応募先に意欲が伝わる志望動機についてお悩みの方もいるでしょう。ここでは疑問をQ&A方式で解決していきます。

 

なぜ企業は志望動機を聞くの?

企業が志望動機を聞くのは「この企業で働きたい」という熱意や意欲などを見るためです。
そこから「自社と応募者のマッチ度」をチェックしています。価値観が近く、入社後は企業の考え方に基づき、同じ目標を目指せるかどうかも企業にとって応募者を見る大切なポイントなのです。 こちらのコラム「志望動機の考え方と作り方が知りたい!面接での効果的な答え方も紹介します」では、面接時の答え方にも触れていますので、ぜひ参考にしてください。

志望動機を書くコツって?

「その会社でなくてはいけない」という理由を明確に伝えましょう。
「この業界で働きたい!」というだけでは採用担当者に「うちではなく他社でも良いのでは?」と感じさせてしまう恐れがあります。「ニートの履歴書の書き方解説!空白期間はどう書く?志望動機の例文も掲載」では、志望動機の例文も紹介しています。

未経験の仕事の志望動機はどう書く?

志望するようになったきっかけと仕事の理解度を伝えましょう。
企業は未経験者を採用する際は「仕事に取り組む姿勢」「やる気や熱意」「業務の理解度」をチェックしています。未経験の仕事の志望動機を作る際はぜひ「未経験職種に応募する!志望動機の書き方と面接対策」のコラムをご確認ください。

志望動機の内容に不安があるときは?

志望動機の仕上がりを確認するときは、誰が読んでも分かりやすい内容なっているか、第三者にチェックしてもらいましょう。
周りに相談できる相手がいないという方は、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。 ハタラクティブでは、就職アドバイザーが書類作成や面接対策、企業研究などのアドバイスを実施します。志望動機だけでなく、就活のノウハウを伝授!まずはアドバイザーと話をしてみませんか

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION