したい仕事がないニートが就職する方法とは?社会復帰に向けた対処法を解説

したい仕事がないニートが就職する方法とは?社会復帰に向けた対処法を解説の画像

この記事のまとめ

  • ニートが「したい仕事がない」と思う背景には、人間関係や就職活動の挫折などがある
  • したい仕事がないからといってニートを続ければ、将来的に自立した生活が遅れなくなる
  • ニートの働きたくない気持ちの軽減には、リフレッシュや生活リズムの改善がおすすめ
  • したい仕事がないという考え方の改善するには、前向きな思考を身に付けよう
  • ニートから正社員を目指すなら、ハローワークや就職支援サービスの活用がおすすめ

したい仕事がないからニートでいるという方もいますが、「本当は就職したいけれど、働くのが怖い」と不安な気持ちを払拭できず、お悩みの方もいるのではないでしょうか。現状を変えるには、気持ちの切り替えを図り、就職への意欲を取り戻すことが必要です。このコラムではニートの方に向け、受かりやすい仕事の選び方や就職を目指す方法をご紹介します。働きたくない気持ちを緩和する対処法も解説しているので、ぜひご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

したい仕事がないニートになる7つの理由

したい仕事がないニートになる7つの理由の画像

「したい仕事がないから」という理由でニートになる方もいますが、根底には人間関係への苦手意識や就職活動の挫折経験などがある場合も多いでしょう。ここでは、ニートになる7つの理由について解説します。

1.興味のある仕事が見つからない

自分の興味の対象やしたい仕事を見つけられないと、就職へのモチベーションを保てません。どのような仕事をしたいのか分からないと就職活動の目標や方向性を定められず、「したい仕事がないから」と就職をあきらめてしまい、ニートになる人もいるでしょう。

2.人間関係に苦手意識がある

人間関係を築くことへの苦手意識が「働きたくない」と思わせるきっかけとなり、ニートになってしまうこともあるでしょう。就職すれば、多少なりとも社内外の仕事の関係者とコミュニケーションを図る必要が出てきます。これまでの生活で「人と関わることがしんどい」「人間関係がうまくいかなかった」などの経験があると就職に恐怖心が芽生え、したい仕事がないという状態になる方もいるでしょう。

3.就職活動での挫折経験がある

就職活動で挫折経験があり、内定をもらえずそのままニートになる場合もあります。在学中は精力的に就職活動に取り組んだにも関わらず、「志望の企業から内定をもらえなかった」「1つも内定が出ないまま卒業してしまった」という方も。内定をもらえなかったことで自信を失ってしまい、「したい仕事がなくなった」と就職へのやる気を取り戻せないこともあるでしょう。

4.働くこと自体が怖い

社会に出て仕事をすること自体を怖いと感じ、「何もしたい仕事がない」と就職を遠ざけてしまう方もいるでしょう。働くこと自体を怖いと感じる理由は、「学生時代のアルバイトでトラブルがあった」「仕事に適応できる自信がない」など人によってさまざまです。働くことに対するマイナスイメージが拭いきれないと就職活動を始められず、そのままニートになってしまうことも少なくないでしょう。

5.結婚して専業主婦(主夫)になりたい

結婚して専業主婦(主夫)になりたいという思いから、就職に踏み切れないニートの方もいるようです。結婚を最終的な目標にしている方のなかには、婚活や家事のスキルアップに時間や労力を使い、就職活動が後回しになってしまう人も。思うように結婚の計画が進まなかった場合は、就職しないままニートになってしまう可能性があります。

6.仕事に縛られたくない

仕事に縛られたくないという思いが、「したい仕事がない」「働きたくない」という考えにつながることも。正社員として就職すれば、週5日は勤務するのが一般的です。仕事をしている間は一定時間の行動を制限されるため、ニートでいる場合と比べて自由な時間が減ります。組織や社会の枠組みの中で働くことを不自由に感じて、ニートになる方もいるでしょう。
脱ニートを目指したい方は、「仕事したくない…というニートの方に!将来のリスクや社会復帰の方法を紹介」の記事もあわせてチェックしてみてください。

7.自分にできる仕事はないと思い込んでいる

長期間ニート生活を続けてしまった結果、自分にできる仕事はないと思い込んで就職活動に移れなくなるケースもあります。実際にはニートから始められる仕事やニートを採用する企業は存在しますが、「自分には何もできない」と自信を無くしてしまい時間だけが過ぎてしまうでしょう。

したい仕事がないニートが働かない生活を続けると?

したい仕事がないニートが働かない生活を続けると?の画像

ニート生活を続けると、将来的に生活ができなくなったり就職による社会復帰が難しくなったりといったデメリットが生じます。したい仕事がないと考えてニートを続けている方は、以下のリスクを認識しておきましょう。

金銭的に不安定になり自立した生活ができなくなる

ニート生活を長く続けていると、自立した生活ができなくなる恐れがあります。ニートの方の中には、生活を親や近親者に支えてもらっている場合もあるでしょう。しかし、サポートしてくれる親や近親者がいなくなったとき、貯金や収入がなければ生活は困難になります。したい仕事がないからとニートを続けるよりも、将来の自分のために一歩踏み出す勇気が必要といえます。

周囲との関係が薄れ孤立しやすくなる

ニートを続けて他人とつながる場を持たない生活を送っていると、周囲との関係が薄れ孤立することも。また、周囲の人たちの就職や結婚といった人生の歩みを見ると、ニートでいる自分と比較してしまい気遅れする人もいるでしょう。そうなると親しかった友人でも会いづらくなり、徐々に疎遠になってしまう可能性もあります。

就職が難しくなる

20代と比較すると30代向けの就職求人は少なくなり、年齢を重ねるにつれ就職による社会復帰は難しくなっていきます。ニートから働ける職種や未経験可の求人情報があったとしても、企業側は若い人材を採用するのが一般的です。そのため、高齢になってからお金が必要になり就職を望んでも、すぐには仕事に就けない可能性も考えられます。
働きたくない気持ちから高齢のニートになった方は、「高齢ニートから脱出しよう!就職のために活用できる支援とは?」の記事を参考に就職活動を始めてみましょう。

体力が落ちて不健康になりやすくなる

ニートは時間に縛られずに生活できてしまうため、引きこもりになったり体力が落ちて不健康になりやすくなったりします。昼夜逆転の生活や不規則な食事を続けると、やがて体調を崩してしまう恐れも。ニートを続けることは、健康状態を損なうリスクも高めてしまうのです。

したい仕事がないニートが就職以外でお金を稼ぐには?

働かなくても収入を得る方法は少なからず存在します。ここでは、就職以外でお金を稼げる方法についていくつかまとめました。

ネットショップを開設する

ニートでハンドメイドが趣味の方は、Web上で自身のネットショップを開いて販売するという稼ぎ方があります。
近年、自分で作ったものを気軽に販売できるマーケットサービスが増えており、裁縫やアクセサリー、イラスト、写真などさまざまなものを販売できるので、働きたくないニートの方も収入を得ることが可能です。インターネット環境とパソコンさえあれば開業でき、自分で店舗を構える必要がないため、リスクの少なさも魅力の一つといえるでしょう。

動画サイトやSNSを利用する

時間に融通が効くニートであれば、動画サイトやSNSを使い広告収入を稼ぐことも可能です。スマホのカメラでも動画投稿はできるため、比較的始めやすいといえます。筋が良ければすぐに収入が得られる場合もあるでしょう。
ただし、まとまった金額を稼ぐためには再生回数や登録者数を増やす努力が必要です。さらに、撮影する内容によってはお金がかかる可能性もあるため、計画性をもって始めなければならいでしょう。

ポイントサイトを利用する

ポイントサイトを通じて資料請求やアンケートの回答、口座開設などを行うとポイントが貯まり、ポイント数に応じて換金ができたり商品と交換したりできます。サイトやアプリによってポイントの換金額や交換できる商品が異なるため、自分のニーズに合ったサービスを選べるのが魅力です。一度登録してしまえば複雑な操作も必要ないので、したい仕事がないニートの方もすぐに始められる手軽さがあります。

ニートが働きたくない気持ちを緩和する5つの対処法

ニートが働きたくない気持ちを緩和する5つの対処法の画像

働きたくない、したい仕事がないという気持ちを和らげるには、リフレッシュしたり、気を許せる人に相談したりすることなどがおすすめ。今の状態から抜け出したい方は、下記に挙げた対処法をぜひ試してみてください。

1.リフレッシュする

「人間関係のトラブルがトラウマになっている」「就職活動の挫折経験が頭をよぎる」という方は、運動や読書、旅行などで気分をリフレッシュしてみましょう。自分がリラックスできれば、やることはなんでも構いません。気持ちを休めて思考を切り替えると、したい仕事がない状態から新たな気づきを得られることもあります。
また、ニート期間が長引かないよう休息を取る期間を定めておけば、生活にメリハリが生まれるでしょう。

2.規則正しい生活を心掛ける

就職後のことを想定して、規則正しい生活を心掛けるのもおすすめの方法です。ニートの生活は時間に縛られないため、昼夜が逆転することも多いでしょう。昼夜逆転の生活を続けていると疲れが取れにくくなったり、精神面や身体面に不調を感じたりする場合もあります。
健康的な生活を送れるよう、日中での活動量を少しずつ増やし、リズムを整えていくと良いでしょう。日中の活動が苦にならなくなれば、就職活動や社会復帰への意欲回復が期待できます。

3.できたことに目を向ける

日々の生活のなかで、「今日は早く起きられた」「3食きちんと食べた」「洗濯をした」など、自分ができたことに目を向けてみましょう。「今日も何もやれなかった」「みんな働いているのに、なんで自分にはできないんだろう」と過度に自分を否定すると、自信がなくなり新しいことを始めるのが怖くなってしまいます。自分自身の感情や行動をプラスに捉える習慣をつけられれば、自己肯定感が高くなり次のステップに踏み出す勇気も生まれやすくなるでしょう。

4.資格を取得する

ニートをしていて時間に余裕がある場合、仕事に活かせる資格の勉強に励むのも有効な対処法の一つ。事務系の資格には簿記やMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)、介護系の資格には介護職員初任者研修などが挙げられます。「資格を活かせる仕事に就く」という明確な目標を持てば、したい仕事がない気持ちの緩和や就職意欲の向上、モチベーションの維持にもつながるでしょう。

5.働きたくない気持ちを友人や家族に相談する

働きたくない気持ちやニートでいることへの不安などを、信頼している家族や友人、恩師などに相談するのも良いでしょう。誰かに話せば、ストレスやプレッシャーが軽減され、プラス思考を取り戻せることもあります。また、一人で抱え込んでいた悩みを払拭するきっかけにもなるでしょう。
「悩みを打ち明けられる相手がいない」「家族や友人に話すのは気が引ける」という場合は、就職エージェントの利用もおすすめです。就職活動のプロが一人ひとりに合った求人紹介やアドバイスをしてくれるので、就職に対する不安を解消できます。

ニートが働きたいと思えるようになるには?

ここでは、ニートが働きたいと思えるようになるきっかけ作りについてご紹介します。働きたくない、したい仕事がないという気持ちを切り替えたい方は、下記を参考にしてみてください。

好き嫌いや得意不得意を書き出してみる

好き嫌いや得意不得意を箇条書きで書き出し、自分の適性を洗い出してみましょう。たとえば、「人とコミュニケーションを取るのが苦手」「運転が好き」であれば運送業、「パソコンを触って作業するのが好き」「立ち仕事が嫌い」であれば事務仕事への適性があると考えられるでしょう。現時点でしたい仕事がない状態でも、自分に向いている職種であれば就職活動を前向きに行うきっかけになります。

前向きな思考を身に付ける

マイナス思考や完璧主義のニートの方は、物事を前向きに捉えることを意識してみましょう。
3.できたことに目を向ける」でも触れたように、ニートでいる自分に後ろめたさを感じたり、自己評価を下げる癖があったりすると、やる気が起きず、気分もふさぎ込んでしまう可能性があります。
そのため、「したい仕事がない」と落ち込むのではなく、「働きたくなるにはどうすれば良いか」と考えてみましょう。ポジティブな思考を身に付けられれば、これまでの経験や失敗を糧にして次のステップへ進むことができます。

自分に合った仕事を探してみる

条件にこだわりすぎず、幅広い視野で自分に合う仕事を探しをしましょう。求人を検索する際は、ニート生活のなかであまり関心のなかった分野の仕事や職種に目を向けてみるのもポイントです。思いがけないところから、自分にぴったりの仕事に出会える可能性もあります。自分の趣味や好きなことにまつわるような仕事が見つけられれば、就職後もやりがいをもって働けるでしょう。

フリーランスや起業を視野に入れる

会社勤めに抵抗があるなら、フリーランスや起業を視野に入れるのも一つの手です。
会社を設立する魅力は、自分のやりたいことを形にしてやりがいを得ること。成功すれば大きな収入も期待できるでしょう。一方、会社の規模によっては初期費用や維持費などがかさみ、すぐには利益につながらない場合もあります。ビジョンをしっかりと持ち、計画的に物事を進めるのが重要になるでしょう。
「自分で会社を起こすのは大変そうだし荷が重い」と感じる方は、個人事業主としてフリーランスで働くのもおすすめです。昨今ではクラウドソーシングを介した仕事の受注が可能。データ入力やライティング、プログラミング、Webデザインとさまざまな種類があります。自身の趣味や特技、専門的なスキルを活かし、これらの仕事にチャレンジするのも良いでしょう。
ニートから就職する方法は、「ニートから就職は可能?どんな仕事がおすすめ?正社員になるコツを解説」の記事でも紹介しているので、あわせてご覧ください。

したい仕事がないニートが就職しやすい求人とは?

ここでは、したい仕事がないニートの方に向けて就職しやすい求人をご紹介します。ニートの方におすすめなのは、以下のような仕事を募集している求人です。

未経験歓迎の仕事

未経験者を歓迎している仕事では、過去のスキルや経験を求められないため、就業経験のないニートの方におすすめです。教育体制をしっかり整えている職場も多いため、就職に不安を覚える方でも仕事を始めやすいでしょう。

仕事場のコミュニケーションが少ない仕事

人間関係にトラウマがあってニートになってしまったという方は、仕事場のコミュニケーションが少ない仕事を探してみましょう。たとえば、工場勤務の仕事は社内・社外を問わずコミュニケーションが少ない傾向にあります。一方、営業職や販売職は不特定多数の顧客と関わる仕事のため、人間関係の構築が不安な方にはおすすめしません。

人手不足の仕事

人手不足の仕事は有効求人倍率が高いため、ニートやフリーターから就職を目指しやすいでしょう。特に介護業界や建築業界は人手不足であることが多く、過去の職歴を問わずに就業意欲や仕事への熱意、ポテンシャルを重視して採用してくれる傾向にあります。
そのほか、ニートの方におすすめの仕事は「ニートにおすすめの職業11選!就職するための方法も紹介」のコラムでもご紹介しているので、あわせてご覧ください。

したい仕事がないニートが就職を目指す4つの方法

したい仕事がないニートが就職を目指す4つの方法の画像

ここでは、したい仕事がないニートの方が就職を目指す方法についてそれぞれ詳しくご紹介します。

1.早めに行動を始める

ニートのまま年齢を重ねないよう、早めに行動し就職活動を開始しましょう。30代になると、企業側から即戦力としてスキルや経験を求められる傾向にあるため、ある程度の経験値がないと就職が難しくなります。しかし、若いうちなら成長性を見込んでポテンシャル採用をする企業も多いようです。また、若年層のほうが就職先の選択肢が多いため、自分が希望する企業に入社できる可能性も高いでしょう。

2.アルバイトから始めてみる

ニート生活で職歴がなく、いきなり就職することに不安を感じる方は、アルバイトから始めるのも一つの手です。働く経験を得られると同時に、アルバイトを通じて就職につながるスキルを身につけられる可能性もあります。また、自身の進みたい道や職種への向き不向きを把握するきっかけになることもあるでしょう。

3.ハローワークを活用する

国が管轄するハローワークでは、職業紹介や就職支援、職業訓練の斡旋などを行っています。地域の中小企業の求人に特化していることから、地元で働きたい方にもおすすめです。求人検索は全国各地のハローワークのほか、ハローワークのインターネットサービス上でも可能。サービスは無料で利用できますが、就職支援を受けるためには求職者登録を行う必要があるので注意しましょう。

4.就職エージェントに相談する

就職エージェントは、求人紹介や応募書類の書き方など、就職活動に関わるさまざまなサービスを提供しています。就職活動を熟知したプロのアドバイザーに、就職にまつわる悩みや要望を相談できるのが魅力です。また、マンツーマンで丁寧なカウンセリングを実施しているエージェントも多く、自分の適性に合った求人を紹介してもらえる可能性が高いでしょう。

ハタラクティブは、若年層向けに求人紹介を行う就職・転職エージェントです。未経験歓迎の求人や一般的な転職サイトには公開されない非公開求人も豊富に取り扱っているのが特徴で、仕事探しの選択肢がより広がるでしょう。
また、ハタラクティブは求人紹介のほかにも、応募書類の書き方や面接対策などあらゆる角度から就職活動をサポートします。ニートを抜け出したい方や、就職活動を成功させて社会復帰したい方は、ぜひ一度ご相談ください。

仕事が見つからないニートの方に向けたQ&A

長引くニート生活で漠然とした不安や悩みを抱えている方に向けて、よくあるお悩みをQ&A方式で解決していきます。

正社員になるメリットは?

正社員のメリットとして考えられるのは、主に「収入の安定」「福利厚生の充実」「社会的信用の獲得」の3つです。しかし、「責任が重くなる」「休日出勤・残業」「転勤・異動」などといったデメリットとなる面も。詳しくは、「正社員のメリットとデメリットを解説!非正規社員とのちがいは?」でも解説しています。まずは自分に合った働き方を知るところから始めてみましょう。

職歴なしだと就職するのは厳しいでしょうか?

既卒で職歴なしでも就職できます。
既卒者でも就職しやすい企業は多く、努力次第で大手企業へ就職することも可能です。職歴がないからと悲観的になる必要はありません。既卒での就職を成功させるポイントは、「企業選び」「自己PR対策」「質問対策」。これらを1人でやろうにもうまくできない人がほとんどだと思います。ハタラクティブでは、専任のアドバイザーがあなたの就活全般をしっかりサポートします。ぜひご活用ください。

ニートから正社員になるにはどうしたら良いですか?

「非正規社員から正社員になる」「就職支援サービスを利用する」などといった選択肢があります。ニートからいきなり正社員になることは不可能ではありません。しかし、就職活動が不安で何から始めていいか分からない方もいるでしょう。1人で抱え込まずに、お気軽にハタラクティブにご相談ください。就職を目指す際のポイントについては「無職・ニートからの脱出!早めの行動が就職を決める」でも詳しく解説しています。

具体的にどのように仕事を見つけたら良いですか?

「ハローワーク」「転職エージェント」など、第三者のサポートを受けることが就職成功への近道です。詳しくは、「ニートの仕事の探し方とは?おすすめの職種や就活のポイントも紹介!」をご覧ください。あとは、好きなことや得意なことを考えてみて、それらと結びつく職種があるかを探してみましょう。「パソコン 職業」「車 職業」といったように、キーワードを掛け合わせることで希望する分野の職業が検索できます。

この記事に関連するタグ