女性がニートになる理由は?30代でも就職できる?働かないリスクとは

女性がニートになる理由は?30代でも就職できる?働かないリスクとはの画像

【このページのまとめ】

  • ・ニートの女性は、統計上定義に含まれない家事手伝いである場合が多い
  • ・ニートの女性はいずれ結婚するから働きたくないと考えず、就職するのがおすすめ
  • ・ニートの女性は、親が働けなくなる前にバイトでも良いので働き始める方が良い
  • ・女性がニートを脱出するためには、規則正しい生活を心掛け自己評価を上げる習慣を作る
  • ・ニートの女性はまず無理のないバイトから始めると、正社員への道が拓ける

ニートの女性は結婚を想定していたり、人間関係に苦手意識を持っていたりという理由で就活しない人が多いようです。しかし、親が元気なうちは家事手伝いとして実家で暮らせていても、いずれ親も自分も年を重ねるもの。人手不足の職場はたくさんあるため、アラサーやアラフォーの職歴がない女性でも就職を諦める必要はありません。このコラムを読んで、ニートを脱出するために1つずつステップアップしながら就活を始めましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

ニートの女性は多い?

ニートの女性は約24万人というデータがあり、男性の約46万人に比べると少なく見えますが、実際はより多くいると考えられています。ニートとはどのような状態を指すのかも併せて、詳しく見てみましょう。

ニートとは?

「ニート(NEET)」とは英語でNot in Education, Employment or Training=「就学、就労、職業訓練のいずれも行っていない状態」の略語です。厚生労働省の「ニートの状態にある若年者の実態及び支援策に関する調査研究報告書(p63) 」では、「ニートとは15~34歳の非労働力(仕事をしていない、また失業者として求職活動をしていない者)のうち、主に通学でも、主に家事でもない独身者」と定義しています。
そのため、大学受験や公務員試験の浪人生、怪我や病気で入院・通院中のため働けない人もニートに含まれることに。社会に出て働いていなくても、実家で家事などの手伝いをしている人は、ニートに含まれません。

ニートの女性の割合は?

厚生労働省の「令和2年版 子供・若者白書(p107)」によると、2019年度のニート女性が同人口に占める割合は1.6%で約24万人。男性が2.7%で約46万人なのに対し少ないようですが、前述したようにニートの定義に含まれない人たちがいます。

第3-3図「若年無業者数」の画像

※若年無業者の年齢は15~39歳引用元:厚生労働省の「令和2年版 子供・若者白書(p107)

ひとくちに「家事手伝い」といっても、実家で家事や介護をしたり、家業の手伝いをしたりとさまざまです。社会に出て働いていない女性の数は、さらに多いことが予想されるでしょう。

参照元
厚生労働省
ニートの状態にある若年者の実態及び支援策に関する調査研究報告書
令和2年版 子供・若者白書(全体版)(PDF版)

女性がニートになる理由とは?

女性がニートになるのは「家事手伝いをしているから」「人間関係でつまづいたから」「結婚を想定しているから」などの理由が挙げられます。こちらの項目で詳しく確認してみましょう。

「家事手伝い」をしている

「家事手伝い」を選択したため就職しない、という人がいます。家事手伝いは正確にはニートではありませんが、現代の社会通念上は同様に見られがちです
数十年前は、結婚前の女性が女子大卒業後に家事手伝いをしながら良縁を待つ、という話はよくありました。その名残で現代も「家事手伝いをしている」という名目で実家にいても、男性よりは肩身が狭くないという風潮があります。中には「家事手伝い」と称していても実態としてはそれほど家事をしていない、という女性も少なくないようです。

学校や会社での人間関係でつまづいた

ニートになった女性の中には、学校や会社でいじめに遭うなどして、人間関係に苦手意識を抱いてしまった人もいるようです。
厚生労働省による「ニートの状態にある若年者の実態および支援策に関する調査研究報告書(概要)」によれば、全体の半数弱が引きこもりの経験があるという傾向に。対人コミュニケーションに不安を抱えたままでいると、就活にも恐れを抱いてしまうこともあるでしょう。

結婚を想定している

ニートでいる女性の中には、「頑張って就職してもいずれ結婚して辞めてしまう」「今付き合っている彼氏と結婚する予定だから、このまま専業主婦になる」という人も。
働きたくない、と考えている女性にその傾向が強いようです。

参照元
厚生労働省
ニートの状態にある若年者の実態および支援策に関する調査研究報告書(概要)

女性がニートでいる3つのリスクとは?

女性がニートのまま社会に出て働かない3つのリスクとして、「親の老化や死亡により生活できなくなる」「自分が病気になる」「ニート期間が長引くと就職が難しくなる」ことが挙げられます。以下に詳しく説明するので確認してみましょう。

1.親の老化や死亡で扶養してもらえなくなる

収入のないニートの女性は、家計を支えてくれた親が働けなくなると生活が立ち行かなくなるリスクを抱えています。
両親が健在のうちは、実家で暮らしていればニートでも生活できます。しかし、現在家計を支えている家族がずっと元気とは限りません。働き手がいつかいなくなることを考えれば、ずっとニートや家事手伝いを続けることは難しいといえるでしょう。「ニートと家事手伝いは同じ?履歴書の書き方と就職方法」のコラムも参考にして、家事手伝いの人が気をつけるべきことについて確認してみてください。

2.自分が病気になる

若いうちは健康でも、年齢を重ねると思いもかけない病気にかかることも。入院や手術にはまとまったお金が必要になりますし、治療しながら就職口を見つけることは就業経験のある人でも困難です。働いた経験がなかったり、空白期間の長いニートなら、なおさら仕事は見つけにくいと予想できます。資金がないまま病気を抱える生活は想像以上に厳しいため、不慮の病気なども視野に入れて、収入を確保することが必要だと心掛けましょう。

3.就職できなくなる可能性

厚生労働省による「ニートの状態にある若年者の実態及び支援策に関する調査研究報告書(p13) 」では、ニート期間と就業の成否との関係を調査しています。「就業できなかった」と回答している人のうち、ニート期間が1年以下の人は30.2%であるのに対し、5年超の人は42.3%と増加。ニート期間が長引くほど、就職が難しくなる傾向にあるようです。

結婚を望む場合は?
すべての人が結婚を選択するわけではありませんが、結婚を望む場合はなおさら就職することをおすすめします。
専業主婦になるのだからと思って就職せずにニートのままでいると、結婚できない可能性も。近年では女性にも働いてほしいと考える男性が増えていますし、働いていなければ出会いも見つけにくいでしょう。
結婚が決まっている場合も、子どもを育てることになれば教育費が必要になるため、二人でお金を稼いだ方が効率的です。
また、万が一離婚することになれば自分で働く必要が出てきますが、職歴がない女性は再就職も容易ではありません。

参照元
厚生労働省
ニートの状態にある若年者の実態及び支援策に関する調査研究報告書

女性がニートを脱出するためには?

女性がニートの状態からいきなり働き始めるのが不安なときには、生活習慣や考え方の見直しから始めてみましょう。小さなことから1つずつステップアップするのがおすすめです。

規則正しい生活をする

昼夜逆転している人には、規則正しい生活に戻すことがニート脱出への第一歩となります。
午前中の人通りが少ない時間帯に散歩をすると、一日の体内時計をリセットできるだけではなく、仕事に必要な基礎体力も養えるため、おすすめです。気持ちの切り替えや生活習慣を整えるために、出かけるときには化粧をしたり、外出用の服に着替えたりするのも効果的。「ニートを脱出するには、30代が最後のチャンス!」でも、健康的なライフスタイルを作るための方法について詳しく述べているため、併せて参考にしてみてください。

自分を肯定的にとらえる習慣を作る

過去に学校や職場で失敗した経験を持ち、就活に自信が持てずにニートになった方には、まず自分を肯定的にとらえるところから始めましょう。自分ではだめだと感じている性格や特徴も、とらえ方によっては長所になります。また日頃から、小さなことでも良いので自分を褒められるような目標を立てて実行しましょう。朝早く起きて部屋の片付けをする、ハローワークで就職相談をするなど、自分にできることから無理せず自己評価を上げるように意識すると効果的です。

ニートの女性のための就活方法とは

規則正しい生活や自己評価を上げることで心身の準備が整ったら、具体的な就活方法について考えてみましょう。

バイトでも良いので応募する

いきなり正社員はハードルが高い、と感じるニートの方は、アルバイトでも良いので応募してみましょう。バイトは職歴にはならないものの、社会経験としてカウントされるため、正社員に応募したとき採用されやすくなります。自分に何が向いているのかも把握できるでしょう。採用されやすく女性におすすめのバイトは、人手不足で一度に大量に募集されるイベントスタッフやコールセンター、工場の軽作業などです。

資格の勉強をする

興味が持てる分野で仕事に活かせる資格の勉強をするのも、おすすめです。履歴書に書ける資格を持っていない人は、ぜひ挑戦してみましょう。資格を持っていればニートの期間も勉強にあてていたと解釈され、向上心があると評価してもらえます。ただ、資格の勉強ばかりで社会に出ない期間が続くと就職に不利になるため、バイトをしながらスキルアップに向けて勉強した方が良いでしょう。

30代以上のニートの女性でも就職できる!
30代、40代のニートの女性も、諦めずに就活すれば職場を見つけられます。職歴を問わず人手が足りない職場はたくさんあるため、ハローワークや民間の就職支援サービスを利用してみましょう。「ハローワークはニートも使える?初めてでも分かる利用方法と支援内容」でもハローワークの利用方法について詳しく解説。自分に合った求人や、一人では分からない就活のコツなどを教えてもらえます。

もし、正社員未経験で何から始めたらいいか分からないというときには、ぜひハタラクティブにご連絡ください。経験豊富な就活アドバイザーが、就活のスタートから実際に就職するまでをしっかりサポートします。

ニートに関するお悩みQ&A

ニートであることに不安や疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。ここでは、想定されるニートに関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

ニートでいるのは悪いこと?

ニートのままでいることを、一概に良い悪いと判断することはできません。
ただし、ニートでいることにリスクが伴う可能性はあります。就職は年齢が上がるほど難しくなるのが一般的です。ニートのまま高齢になると、将来お金が必要になっても仕事が見つからない…という恐れも。詳しくは「高齢ニートの末路とは?就職を目指して今すぐ行動しよう!」をご覧ください。

家事手伝いもニートですか?

家事手伝いとは、家庭内における洗濯や掃除、介護、育児などを手伝うことですが、厚生労働省はニートについて「非労働力人口のうち、15~34歳の家事も通学もしていない方」と定義しています。本来なら家事手伝いはニートと異なると考えられますが、「女性ニートが知っておきたい就職ポイント」でも触れているように、ニートに該当する生活状況にある方が「家事手伝い」を名乗ることはあり得るでしょう。

働く意義って何?

働く意義が見出だせないときは、「働かないことが自分にとっての幸せか」と考え方を切り替え、自分の中の仕事に対する認識を深めてみましょう。
なんのために働くのか…分からなくなったときのヒントや面接の対策法を解説」では、働く意味を見つけるためのヒントをご紹介しています。

ニート期間が長くて就職が怖いです。

就職への不安要素をすべて書き出し、「自分が何を怖がっているのか」を明確化しましょう。
不安要素がクリアになれば、やるべきことも見えてくるはず。自分にできることから一つひとつ取り組み、就職への恐怖心を解消していくのがおすすめです。詳細は「就活が怖い理由と克服方法を解説!不安を解消して内定を目指そう」をご参照ください。

ニートの女性が正社員を目指すには?

無理をせず、自分にできることから徐々に就活を進めると良いでしょう。たとえば、アルバイトから段階的に正社員を目指すのも1つの手。就活に難しさを感じる方は、ハローワークの窓口や就職エージェントの活用もおすすめです。ハタラクティブでは、就活アドバイザーが丁寧なカウンセリングを行い、個人のご要望やお悩みに沿った求人をご紹介します。ぜひ一度ご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION