転職エージェントのおすすめ活用法!複数使うべき?面談はどうする?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職エージェントのおすすめ活用法!複数使うべき?面談はどうする?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・転職エージェントの扱う求人は基本的に正社員
  • ・転職エージェントの仕事は企業から求人を預かり、求職者に紹介すること
  • ・良いキャリアアドバイザーは、求職者の目線に立って求人を紹介する
  • ・転職エージェントのメリットは、プロのアドバイスを元に転職活動を進められること
  • ・転職エージェント選びのコツは、自分の年齢・キャリアに合ったものを選ぶこと

転職エージェントのおすすめ活用法!複数使うべき?面談はどうする?の画像

求職者に合った仕事を紹介してくれる就職エージェント。「いい企業の正社員の求人が欲しいのに、紹介される求人はブラック企業や派遣の仕事ばかり」というイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。しかし、決してそんなことはありません。転職エージェントを上手に活用すれば、自分の望む仕事を得ることは十分に可能です。ここでは、就職エージェントの仕組みや活用方法、自分に合った選び方を解説しています。

転職エージェントの求人は派遣やブラックばかり?

転職エージェントの求人は正社員ではなく、派遣の仕事やブラック企業ばかりというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。しかし、必ずしもそのようなことはなく、正社員で働きたいという意思を伝えれば、正社員の仕事を探してくれます。まず、転職エージェントがどういう仕組みになっているのかについてご紹介します。


転職エージェントはどういう仕組み?

1.企業から求人を預かる
リクルートアドバイザー(法人営業)が企業を訪問し、人材を募集しているかどうかのヒアリングを行います。人事担当者、部門責任者と面談し「今、どのような人材が欲しいのか」について相談したうえで、企業からの依頼を受けます。

2.キャリアアドバイザーが求職者に企業を紹介する
法人営業で預かった求人をキャリアアドバイザー(個人営業)が求職者に紹介します。キャリアアドバイザーは、自社が持っている求人の中から、求職者の適性やニーズに合ったものを紹介します。就職エージェントの業務で、最も想像しやすいものといえるでしょう。

3.企業側が転職エージェントに成功報酬を支払う
企業と求職者のマッチングで、入社が決定すると、企業側は転職エージェントに成功報酬を支払います。この成功報酬があるので、求職者は無料で転職エージェントのサービスを受けられるという仕組みです。


企業から求人を預かることも業務の1つ

企業を周り、人材の募集をしていないかヒアリングするのは転職エージェントの重要な業務のうちの1つです。
また、非公開求人として、表に出さない求人もあります。非公開にする理由は「他の社員に募集を知られたくない」「競合他社にビジネスの動向を知られたくない」「良い条件で応募が殺到しそうなのであらかじめ人選を依頼しておきたい」など。
このような求人は転職サイトなどには出てこないので、就活エージェントならではの目玉求人といえるでしょう。


扱う求人は正社員がほとんど

転職エージェントが扱う求人は、ほとんどが正社員の仕事。
人材派遣会社では「紹介予定派遣」といった直接雇用を見越した案件も扱うので混同されることもありますが、転職エージェントとは全く異なるものです。そのため、転職エージェントが派遣の求人を扱うことはありません。
「契約社員からスタートしてゆくゆくは正社員に」という求人を扱うこともありますが、基本的には正社員の求人を扱っています。


求職者が自分らしく働ける企業とマッチングさせるのが目的

求人紹介が成立しても企業と求職者の相性が良くなければ、求職者の早期退職につながるだけでなく、取引先企業からの信頼も失いかねません。そのため、基本的にキャリアアドバイザーは目の前の利益よりも、求職者が自分らしく働き続けられそうな企業とマッチングさせることを心がけています。

転職エージェントを利用するメリット

それでは、転職エージェントを利用するメリットは、どのようなものでしょうか。ここでは、主なメリットについて解説します。


求職者の適性を見たうえで、就職後の定着や活躍を考慮して企業を選んでくれる

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、業種や職種の知識が豊富で、数々の転職相談に乗ってきた実績があります。プロの目線で求職者の適性を踏まえ、企業を選んでくれるのが特徴です。


求職者の長期的なキャリア形成を踏まえた企業紹介

転職エージェントでは、企業と求職者のミスマッチを防ぐためや、求職者に満足のいくサービスを提供するために、求職者の長期的なキャリア形成を踏まえて企業を紹介します。そのため、働きやすい職場と出会える確率が高くなるといえるでしょう。


未経験者にも業界の情報を詳しく説明してくれる

キャリアアドバイザーは業種・職種の豊富な知識を活かし、求職者に業界の知識や現状について詳しく説明してくれるので、業界未経験者でもあまり不安を感じることなく応募できるのが特徴です。
興味のある業種・職種があっても「自分に向いているかどうか」「どんな実情なのか」はよく分からないもの。就職エ-ジェントに相談すると、そういった情報を得られるのが大きなメリットです。


就職のプロなのでたくさんのノウハウを持っている

キャリアアドバイザーは多くの企業相手に人材を紹介してきた経験から、就活に関するたくさんのノウハウを持っています。求職者に適切なアドバイスができ、力強く転職活動をサポートできるのが強みです。

就職エージェントの特徴を踏まえよう

一口に「就職エージェント」といっても、その規模や得意としている業界など企業ごとに特色があります。ここでは、就職エージェントにはどのような特徴があるのかについてご紹介します。


就職エージェントの特色

就職エージェントは、「総合型」と「特化型」、また「ベテラン向け」「若手向け」に分かれています。


「総合型」と「特化型」

「総合型」は業界を絞っておらず、幅広い求人を扱っているのが特徴です。大手就職エージェントが代表的な例で、とにかく求人量の多さが魅力。
「特化型」は専門としている業界を絞っており、その業界に対する知識・理解の深さが強みです。求人数は総合型に比べて少ないものの、企業とのつながりがあるので、特定の業界を志望している人や興味のある分野が明確な人には強い味方となるでしょう。


「ベテラン向け」と「若手向け」

「ベテラン向け」はいわゆるハイクラス求人や、経験豊富な人材に対する求人を扱っているエージェント。一方「若手向け」は就業経験がない、もしくは経験の浅い若い人材に対する求人を扱っています。即戦力を求めている企業はベテラン向けの転職エージェントに求人掲載を依頼し、これからの会社を担う人材を求めている企業は若手向けのエージェントに求人掲載を依頼するのです。


大手エージェントのメリット・デメリット

まず、大手エージェントのメリット・デメリットについて解説します。一般的に、大手エージェントはその規模を活かした求人数の多さが魅力です。


メリット

大手エージェントの最大のメリットは、求人数が豊富なところ。規模が大きいので、いろいろな企業の求人を取り扱っており、大手企業の求人も多いのが特徴。また、体制が整っていることが多く、電話での面談、メールでの求人紹介というスピーディーな対応ができるのも大手エージェントの強みです。


デメリット

大手エージェントのキャリアアドバイザーは、膨大な求人数に対応するために分業制をとっていることが多いです。企業担当・個人担当のアドバイザーが分かれている場合、個人担当のアドバイザーが求人の詳細をすべて把握できていないこともあります。

また、規模が大きい分、人件費などが大きくなり売上重視になってしまうことも。そうすると、求職者のニーズに応えるよりも、紹介実績の方を優先してしまい、求職者にとってあまり望ましくない状況になりかねません。

求人数が多いぶん求職者も多いので、一人のアドバイザーが何人も担当する場合があります。とても忙しくなるので、いわゆる流れ作業になってしまうことも。一人の求職者に時間をかけられないので、求職者の相談にあまりじっくり乗るのが難しいといえます。
選考書類の添削、面接の練習といった選考対策も、時間がかかるのであまり積極的に行わない場合もあるでしょう。


中小エージェントのメリット・デメリット

次に、中小エージェントのメリット・デメリットについて解説します。中小エージェントは、一般的にきめ細やかなサービスが大きな魅力です。


メリット

中小エージェント最大のメリットは、やはりアドバイザーがじっくりキャリア相談に乗ってくれるところでしょう。アドバイザーが一度に担当する数がさほど多くないこともあり、一人ひとりに向き合えるのが特徴。選考対策やアフターフォローも、大手に比べて時間を取って対応してくれる傾向があります。
また、キャリアアドバイザーの人数が比較的少ないので、同じアドバイザーが企業担当と個人担当を兼ねる場合が多いです。そのため、求職者に企業の情報を直接伝えられるというメリットがあります。
中小エージェントは、扱う求人数を絞っており、そのぶん特定の職種や業種に特化していることが多いので、志望職種・業種がある方には頼もしい存在といえるでしょう。


デメリット

中小エージェントのデメリットは、大手エージェントに対して扱う求人数が少ないこと。大手エージェントの扱う求人が幅広い業種・職種に渡っているのに対し、中小エージェントの扱う求人は特定の業種・職種に絞っていたり、扱う求人の数が限られていたりします。
また、大手エージェントは知名度が高いことが多く、信用度も高いと判断される傾向があります。
しかし、中小エージェントは一般的に知名度が高くないことが多いため、ユーザーに「どんな会社なのか分からない」「信用できる会社なのか分からない」という不安を抱かせることも。そのため、ユーザー側で良いサービスを提供しているエージェントを見分ける必要があるといえるでしょう。

転職エージェントと求人サイトの違い

転職エージェントと求人サイト、具体的にどこが違うのかわからないという人もいるでしょう。ここでは就職エージェントと求人サイトの違いについて解説します。


転職エージェントと求人サイトの特徴を比較!

転職エージェントが求職者と個別に面談をし、求人を紹介したうえで応募書類の添削、面接対策などのサービスを提供するのに対して、求人サイトはWebサイト上にさまざまな業種・職種の求人を掲載するのが主なサービスです。
求人サイトも多数の企業が運営しており、企業によってそのサービスはさまざま。たくさんの求人を扱っているものや、業界や職種に特化したものなどがあります。人的サービスではないので、企業の紹介や選考対策といったものはありませんが、掲載されている求人を見て、求職者は自分で応募できるのが特徴です。


転職エージェントを利用したほうがいい人の特徴

転職エージェントと求人サイトは性質が違い、それぞれにメリットがあります。そのため、具体的に自分はどちらを使えばいいのか悩む方もいるでしょう。転職エージェントを使ったほうがいい人とは、どのような人なのでしょうか。


自分のキャリアの相談にのって欲しい

転職先を選ぶうえで、自分がどんな仕事や企業に向いているのかを誰かに相談したいという方におすすめです。プロ目線でアドバイスをもらえたり、これからのキャリアの方向性を話し合えたりするので、安心して選考に臨めます。


求人探しの手間を省きたい

膨大な求人の中から、自分に合った求人を探すのは大変なこと。時間もかかるので、早く見つけられたらと思う人もいるでしょう。転職エージェントでは、キャリアアドバイザーが求人を絞り込んで紹介してくれるので、求人を探す手間が省けます。


非公開求人に興味がある、業界や企業についての情報を知りたい

表には出てこない、好条件の非公開求人に興味があるという方にもおすすめ。
好条件で自社の社員に見られたくない・募集内容を競合他社に知られたくないといった求人は転職サイトには出てこないので、転職エージェント独自の求人。そのような狙い目求人をチェックしたい方に適しているといえます。
また、業界・企業の情報に詳しいキャリアアドバイザーは、転職サイトからは得られないような情報を求職者に伝えたり、詳細な情報を踏まえて具体的なアドバイスをできたりするのがポイント。


企業とのやり取りをおまかせしたい

求人に応募する際、企業とのやり取りは緊張するもの。また、アポイントを取り、メールで詳細をやり取りするなど、日々忙しいなかでは手間がかかると感じている人もいるでしょう。就職エージェントでは企業とのやり取りはすべてキャリアアドバイザーが担当するので、選考を受けるだけでいいのがポイントです。


求人サイトを利用したほうがいい人の特徴

それでは、求人サイトを利用したほうがいい人とはどんな人なのでしょうか。転職サイトを利用したほうが良い人の特徴をご紹介します。


実際に多くの求人を見たい

転職サイトには職種・業種を問わず多くの求人があります。
一度に多くの求人を見て検討したいという方に向いているといえるでしょう。新しい求人がどんどん追加されるので、常に最新の求人情報が見られます。


自分のスケジュールで転職活動をしたい

転職エージェントではアポを取って求人を紹介してもらう必要があるので、スケジュールを調整しなくてはいけません。一方、転職サイトは自分の好きなときに応募できるので、自分のスケジュールで転職活動ができます。


気になった求人にすぐ応募したい

転職エージェントでは、担当者を通じて応募するので、すぐには求人に応募できません。転職サイトでは自分の気になった求人にすぐ応募できるのがメリットです。
また、気になる求人は、応募するまで他に内定者が出てしまわないか気になってしまうもの。すぐに応募できるので、チャンスを逃しにくく、安心といえるでしょう。


複数の求人にどんどん応募したい

応募する際に、いくつか気になる求人があった場合、転職サイトではどんどん求人に応募できます。転職エージェントでは、キャリアアドバイザーを通じて応募するので応募可能な求人は限られてきますが、転職サイトでは自分の気になる求人すべてに応募可能です。

転職エージェントを選ぶときのコツは?

実際に転職エージェントを選ぶ際には、どんなことに注目すれば良いのでしょうか。転職エージェントを選ぶときのポイントについて解説します。


転職エージェントの得意分野に注目

転職エージェントを選ぶ際には、そのエージェントがどのような特色を持っているのかに着目しましょう。自分の年齢・職種・キャリアに合ったエージェントを選ぶと、仕事紹介がスムーズに行きやすいです。自分のキャリアへの適切なアドバイスももらえるので、最初のエージェント選びが鍵となります。


優秀なキャリアアドバイザーの特徴

転職エージェントで優良求人を紹介してもらうには、良いキャリアアドバイザーを見分けるのが大事です。優秀なキャリアアドバイザーの特徴を押さえておきましょう。


キャリア相談に応じてくれる

「職歴や希望を聞いて、その条件に合った求人を探す」といった作業的な対応ではなく、求職者が仕事を通じてどのようなキャリアを築いていきたいかを一緒に考えてくれます。自身のキャリアや、何に向いているのかは、自分だけでは判断が難しいことも。就活のプロの立場から、親身になって一緒にキャリアの方向を模索してくれるのが良いキャリアアドバイザーです。


業界動向、転職市場に詳しい

求人を持っている企業の業界動向や、転職市場への豊富な知識が特徴です。
そのため、求職者にどんな企業をマッチングさせたら良いのか、戦略的に判断できます。豊富な知識をもとに、求職者に詳細で適切なアドバイスができるのも大きなメリットです。


連絡が早い

求職者からの問い合わせには早めに返信したり、企業の紹介などの業務連絡も早かったりするのが特徴です。連絡が早いということは、求職者に積極的に仕事を紹介しようとする意識の表れともいえます。また、できるだけ返信を待たせないのも、仕事の自己管理がしっかりなされている証拠。社会人としても信頼できるといえるでしょう。


企業とのつながりがある

アドバイザーの仕事には「RA(リクルーティングアドバイザー)」という法人営業と「CA(キャリアアドバイザー)」という個人営業があります。法人営業は、企業を訪問して求人案件を取ってくるのが仕事。その際にどんな人材が欲しいのかを人事担当者に細かくヒアリングします。そのため、どんな人材がその企業に好感を持ってもらえるか、よく把握しているといえます。
一方、個人営業は求職者のキャリア相談にのり、法人営業がとってきた案件をもとに求人を紹介するのが仕事。
前述のとおり、大手では分業制をとっているところが多い一方で、中小規模のエージェントだと、法人営業と個人営業を兼ねているアドバイザーが多いです。企業の欲しい人材を求職者に直接伝えられるので、求職者の選考にあたって適切にアドバイスできます。企業の求める人材について詳しく教えてくれる人は、優秀なアドバイザーと言えるでしょう。


面接後のフィードバックをしてくれる

キャリアアドバイザーは、求職者の面接後に企業の面接担当者から「求職者の印象」「面接で好ましかった点」と「面接で不安に思った点」を伝えられます。
親切なキャリアアドバイザーは企業面接後、求職者との面談でそれらをフィードバックし、仮にその企業の面接に受からなかったとしても、次の面接に活かせるようアドバイスをしてくれます。


内定が出た企業を無理に勧めない

キャリアアドバイザーが勧めた企業から内定が出たにも関わらず、求職者に内定承諾の意思がない場合、無理に勧めないのが良いキャリアアドバイザーといえるでしょう。
早期退職のリスクをできるだけ回避することができ、かつ求職者のニーズにも答えられるアドバイザーに相談するのが理想です。


求人の紹介件数にも注目

キャリアアドバイザーが、求職者に一度に紹介してくる件数が多すぎる場合には要注意。
求職者は一人ひとり違うキャリアや特性を持っています。良いキャリアアドバイザーは、求職者の個性やキャリアを見定めて、求人件数を絞り込んで紹介するものです。
一度に20件以上などあまりにも多い場合には、求職者の個性に合わせた紹介の仕方ではなく、ノルマを達成するためだったり、成約したい求人を勧めるためだったりするなど、求職者に意識が向いていない可能性も。
その際には、キャリアアドバイザーの変更を願い出るのも検討してみましょう。


口コミサイトを参考にする

インターネットでは、就職エージェントに対する口コミや評価を載せているサイトがたくさん見つかります。そういった口コミサイトを参考にするのもよいでしょう。しかし、サイトによって評価がまちまちだったり、本当に信用できるか疑わしかったりするものがあります。口コミサイトをそのまま信じるのは避け、あくまで参考程度にとどめましょう。

ブラック企業は避けたい!就職エージェントにうまく希望を伝えよう

入社の際にブラック企業を避けるためには、「自分の理想はどんな企業なのか」を就職エージェント側と共有しておく必要があります。ここでは、自分の希望を就職エージェントと共有するために必要なことについて解説します。


「この条件は避けたい」という基準を事前に伝える

まず、自分が思う「ブラック企業」の条件について考えてみてください。「残業が多い」「手当がつかない」「休日が少ない」など、自分が嫌だなと思う条件が当てはまるはず。
その条件をそのまま就職エージェントに伝えます。そうするとその条件に当てはまるところがある企業の紹介は避けてくれるので、より希望に近い求人を紹介してもらえるでしょう。


待遇面だけを重視しない

求人で一番気になるのは待遇面という方も多いでしょう。
大事なところとはいえ、あまりにも高待遇なときには少し考えてみる必要があります。好条件を提示しないと人が集まらない企業の可能性もあるからです。
仕事がハードな内容だったり、不規則だったりする仕事は、人を集めるために好条件を提示していることがあります。仕事内容とよく見比べて、どうして好条件なのかを考えてみましょう。


希望する条件の優先順位をつけておく

職場に対する理想は人それぞれですが、希望をすべて満たす求人はなかなか見つからないもの。紹介する就職エージェントが求人を紹介しづらくなる可能性もあるので、自分のなかで希望する条件に優先順位をつけ、順位の高い方をいくつか満たしていればよいと思うことが大切です。


ブラック企業ばかり紹介されるなら担当者の変更を依頼する

本来、アドバイザーは求職者に合っていて、長く働けそうな企業を紹介するのが仕事です。
しかし、紹介された求人を見て、「求人内容が自分に合っていない」「待遇に疑問がある」といった企業ばかりを紹介されていると感じたら、担当者の変更を依頼するのも一つの手。
ただ、変更を希望する場合には、はっきりと理由を説明するようにしてください。はっきりした理由がないのに変更を希望していると受け取られてしまうと、転職してもすぐやめてしまうのではと思われてしまう可能性もあります。アドバイザーの変更依頼は慎重に行いましょう。

この企業はブラック?4つのチェックポイント

一般的にブラック企業と呼ばれる企業には、いくつか特徴があります。ここでは、ブラック企業かどうかをチェックする4つのポイントについて紹介します。


1.好条件すぎないか

ブラック企業のなかには、一般的にイメージが悪い仕事で志望者が集まりにくいため、目を引くような好条件のところもあります。あまりに好条件だと感じたときには、仕事内容をよく見て、条件と釣り合っているかを考えてみましょう。
好条件だけに惹かれて応募すると、入社後「こんなはずじゃなかった」と後悔する可能性も。良い条件こそ、一度立ち止まって熟考することが大事です。


2.福利厚生は雇用形態別にチェック

一見、福利厚生が良い企業に見えても、正社員と契約社員など雇用形態によって待遇が大きく違うことも。求人の雇用形態をチェックし、自分の望む雇用形態・待遇なのかを確認しておきましょう。


3.募集要項から仕事内容が想像できるか

募集要項に「〇〇するだけ!」と書いてあるなど、一見仕事内容が分かりづらく、ハードルが低そうに見える仕事は慎重に判断しましょう。「誰にでもできそう」という印象を与えて、人を集めようとしている可能性があります。一方、業務内容ができるだけ詳細に書かれてあり、読んだ人がどんな仕事かを具体的に想像できる求人は比較的信頼できるものといえます。


4.多すぎる手当は要注意

手当があまりにも多すぎる場合にも注意が必要です。「手当が多いぶん基本給を低く設定している」「制度にあるものはとりあえず全部書く」といった場合も。手当は基本給を元に計算する場合があるので、基本給の額はしっかり見るようにしましょう。

「ブラック企業は避けたい」「自分に合った良い企業に転職したい」という方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは若年層向けの求人紹介に特化した就活エージェントです。ハタラクティブのキャリアアドバイザーは、企業にあらかじめ取材を行い、企業の状況などを直接把握しているので、企業の生の声を直接お伝えできます。経歴やご希望を丁寧に伺い、200社以上の優良企業の中から、あなたに合った求人を厳選してご紹介。
マンツーマンでじっくり面談を行いますので、不安なことや気になることは、キャリアアドバイザーに何でもご相談ください。応募先企業とのやりとりや面接対策、面接後のフィードバックなど、全面的にあなたの就活をサポート。すべて無料のサービスですので、安心してご利用いただけます。ハタラクティブのキャリアアドバイザーと、将来を見据えた企業選びをしましょう!

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ