ニートとは何?就活に失敗しやすい人の特徴や就職を成功させるコツを解説

ニートとは何?就活に失敗しやすい人の特徴や就職を成功させるコツを解説の画像

この記事のまとめ

  • ニートとは就労や通学、家事などをしない15歳から34歳の人を指す
  • ニートとは働く意欲がない人のことであり、就職に失敗した人が必ずなるものではない
  • フリーターや無職は働く意欲があるという点がニートとは違う
  • 就職に失敗してニートになる人は自分に自信がない人が多い
  • 就職失敗によってニートにならないために気持ちを切り替えることが大切

ニートとは何か、正しく理解できていないことで「就活に失敗したらニートなってしまう…」と不安を抱えて就活している方も多いのではないでしょうか。しかし、就職に失敗したからといって、必ずしもニートになるわけではありません。このコラムでは、正しいニートの意味と、就職失敗からニートになりやすい人の特徴を解説。ニートにならないためのポイントも紹介しているので、チェックして前向きに就活に臨みましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

ニートとは

ニートとは、厚生労働省の「政策について:よくあるご質問について」に記載されているとおり、日本では働いたり学校に通ったりせず、家事もしていない15歳~34歳までの「働く意思のない」人のことを指します。しかし、一般的には就活や転職活動を行っていない人や、自分の部屋に閉じこもって社会との関わりを断っている人をニートと呼ぶようです。
ニートという言葉自体は、イギリスの「not in education, employment or training(教育、雇用、職業訓練に参加していない)」の頭文字をとった「NEET」が語源とされています。日本に広まったのは2004年頃とされ、本のタイトルに用いられるなどして、認知度が高まりました。書物やメディアなどで数多く取り上げられた結果、「ニート=働く気のない怠け者」というイメージが植え付けられることとなったようです。

参照元
厚生労働省 
政策について よくあるご質問について

ニートとは「働く意思がない」人がほとんどですが、病気療養などのやむを得ない理由で働けない人も定義ではニートに含まれています。しかし、療養の場合は治療が最優先であるため、一般的にニートとして扱うことに疑問を呈しているようです。

ニートとフリーターの違い

フリーターとは、一般的に正社員以外の雇用形態で働く、15~34歳の若者のことを指すため、働いていないニートとは「仕事をしている」という決定的な違いがあります。ニートとフリーターの違いは何?定義や世間からの見え方を知っておこう」では、さらに詳しく両者の違いを解説しているので、参考にしてみてください。

 

ニートと無職の違い

無職とは、「無職業」の略称で、特定の職に就いていない人のことを指しますが、会社を退社してから一時的に転職活動を行っている人や専業主婦、学生も無職のうちに含まれます。どちらも仕事をしていないという点で同じ意味で使っている方が多い傾向にありますが、転職活動はもちろん、家事も学業もしていないニートとは「働く意思の有無」という違いがあると言えるでしょう。

内閣府の「令和2年版 子供・若者白書(p107)」によると、ニートは女性より男性の方が多い傾向にあるようです。詳しい人数や割合については「ニート人口の割合はどれくらい?現状を脱して就職する方法とは」で具体的な推移など解説していますので、チェックしてみてください。

参照元
内閣府令和2年版 
子供・若者白書(全体版)(PDF版)

ニートと引きこもりの違い

厚生労働省の「政策レポート(ひきこもり施策について)」によると、引きこもりとは「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6か月以上続けて自宅にひきこもっている状態」を「ひきこもり」と呼んでいます。
そのため、共に社会活動に参加していないという点で混同されがちですが、趣味や買い物以外では外に「出歩けない」ひきこもりと「働く意志がない」ニートとは決定的な違いがあると言えるでしょう。

参照元
厚生労働省
政策レポート(ひきこもり施策について)

ニートは働く意思がない人が多い傾向にある

病気療養など、やむを得ない理由で働けない人もニートに含まれますが、ニートは働く意思を持っていない人が多く、自ずとニート期間が伸びてしまうこともあるようです。
しかし、ニート暮らしをするにも生活費が必要。親や兄弟を頼るのにも限界があり、いつかは自分の力でしっかりとお金を稼ぐ必要があるでしょう。
いつまでもニート暮らしを続けるわけにはいかない、と認識し、働く意思を持つことが大切です。

ニートになりやすい人の特徴

ニートとは働く意欲がない人のことですが、そもそもどうして働く意欲がなくなってしまうのか、ニートになりやすい人の背景や特徴を解説します。自分に当てはまるところがないかチェックしてみましょう。

自分に自信がなく悩みすぎてしまう人

自分に自信がない人や心配性の人など、物事に悩みすぎてしまう人が就職活動に失敗してニートになりやすいといえるでしょう。
特に就職活動においては、内定が取れない状態が続くと精神に負荷がかかります。また、圧迫面接など、選考過程で嫌な思いをしたり、周囲が内定を獲得していくのを目の当たりにしたりすると「なぜ自分は内定が取れないんだろう」と、自己肯定感が低下し、落ち込んでしまうことも。自分に自信がない人や心配性の人は就活のストレスの影響を特に受けやすく、そのまま無気力状態になり、ニートになってしまうことも多いようです。

もしも「ニートから脱却したいけど、まだ働くのがこわい…」と考えている方は「働く自信がないときの対処法!相談先はどこが良い?ニートも卒業できる?」で、自信をつけるポイントや具体的な相談先を紹介していますので、参考にしてみてください。

コミュニケーションが苦手な人

人と話すことが苦手な人もニートになりやすい傾向があります。学校や会社など、社会に出るということは、人とのコミュニケーションが必須です。しかし、コミュニケーションが苦手だと、就活の際に自分の意見をうまく伝えることができず、面接がうまくいかなかったり、人間関係でストレスが溜まったりして、自分の殻に閉じこもってしまいがちに。そのまま就職を諦めてひきこもりになってしまうケースもあるので、注意が必要です。

プライドが高くて失敗を認められない人

プライドが高く、自分の失敗を素直に認められない人もニートになりやすい傾向にあります。就活シーンにおいて不採用になったとき「自分にはもっと良い仕事があるはず」「自分はこんなに優秀なのに理解してもらえない」と考えて自己分析を怠ると、いつまでも内定が取れず、就職に失敗してそのままニートになってしまうこともあるようです。

物事を楽観的に捉えすぎる人

「働いてなくてもどうにかなるだろう」「仕事なんていつからでも始められる」と楽観的に考えてしまう人もニートになりやすい傾向にあります。就活シーンにおいては不採用になったとき「縁がなかっただけ」「面接受けてれば内定なんてそのうち取れる」などと思っている方は要注意。
このタイプは自己分析を怠った結果、就職に失敗してニートになってしまうことが多いようです。どんな状況でも落ち込まずに前向きなのは良いことですが、ニート期間が長引く原因にもなってしまいます。自分を見つめ直すことも大切です。

ニートになりやすい人の特徴として、実家暮らしをしている人が多い傾向があります。就活に失敗した子どもに対して、実家の家族が必要以上に優しくし、世話を焼きすぎるとニートになる可能性が高まってしまうことがあるようです。働いていなくても生活できる実家という環境は、ニートの働く意思を低下させるので、家族は甘やかしすぎない配慮が必要といえます。

就活に失敗してもニートにならない方法

ニートにならないためには就職活動中に気持ちの面で負けないように意識することが大切です。ネガティブな思考に陥ると、負のループが続き、働く意欲を失ってしまうことも。下記でそれを防ぐための具体的な方法を解説しているので、チェックしてみてください。

気持ちを切り替えて就活しなおす

就活に失敗したことで少し身体と心を休めたいという場合は、休みの期限を設けてしっかりと休息することがニートにならないためのポイントです。
まずは、就活をする意思を少しの間だけ眠らせておく、という心持ちで休息期間を取ってみます。そして、期限を迎えたら気持ちを切り替えて就活に励むことで、ニートになることなく社会生活を送れる可能性が高くなるでしょう。

就職活動に疲れて休む場合は、メリハリを付けた行動を心がけるようにしましょう。休む期間はこの日まで、昼夜逆転しないようにするなどの最低限のルールを前もって決めておくことで、次に行動を起こすときにスムーズに動けます。期間を決めないと、ズルズルと休んでしまい、そのままニートになってしまうこともあるようです。休むときはしっかりと休んで、今後の活動に備えましょう。

「就活失敗=ニート」という思い込みをしない

就活時に「就職できなかったらニートになってしまう」という思い込みは危険です。
「就職したい」「働きたい」「お金を稼ぎたい」という意思があれば、就活に失敗したからといってニートになるわけではありません。
新卒で就職できなかったという結果は残りますが、学校卒業後に既卒として就活を続けることは可能です。前回の就活内容や行動を思い出しながら、改善点を見つけて、もう1度就活にトライしてみましょう。チャンスは何度でも掴み直せるはずです。

一括採用に乗り遅れても焦らない

一括採用に乗り遅れて「新卒のうちに内定が出なかったらどうしよう」と、焦らず考えすぎないことが、ニートにならない方法の一つです。
一括採用とは、企業が来春卒業予定の学生に向けて応募を呼びかけ、在学中に内定を出す、日本の代表的な採用方法です。企業側は合理的に新卒者を獲得しやすく、学生側も新卒として内定を獲得しやすい上、経験やスキルを問われないので、多くの企業に取り入れられています。
しかし、学生側からすると、失敗できないというプレッシャーが強まったり、短期間で多くの選考を受けなくてはいけなかったりというデメリットもあります。もしも新卒のうちに内定が出なかった場合でも、既卒として就活することができるので、焦らず冷静に現状を見つめ直すことが大切です。

就活に失敗しても自己肯定感を大切にする

自己肯定感は物事をポジティブに考えるためにも重要です。新卒で内定を獲得することに固執することはありません。就活に失敗したからといって自己否定をせず、今後の就活にどのように取り組んでいくのか考えましょう。また、就職活動は、「何としても就職しなければ」と、深く考えすぎず、「就職先はここだけではない」という気持ちで選考に臨むことが大切です。うまく行かない場合は休んだり、留学したりして、1度気持ちをリセットしてみるのも良いでしょう。

ニートにならないために就活を成功させるポイント

新卒で就活がうまくいかなかった人は、卒業したあとに既卒として就活をすることになります。この項目では既卒が内定を獲得するためのポイントについて解説しているので、チェックして就活に臨みましょう。

自己分析や面接対策を入念に行う

新卒での就活が失敗してしまった人は、繰り返し自己分析や面接対策を行うようにしましょう。どうして内定が取れなかったのか、何が足りなかったのかを深く考えてみると、足りない部分や自分の向き不向き、本来目指すべき業界などの答えが出てくるはずです。面接が苦手な人は繰り返し面接対策を行うことで、スムーズに面接に臨めるようになるでしょう。ただし、あまり深く考えて自分を責めずぎてしまうとネガティブな思考に陥ってしまうことも。「落ちても次がある」と、気持ちを切り替えながら行うようにしましょう。

中小企業や知名度が低い優良企業を狙う

中小企業や知名度が低い優良企業は若い人材が集まらず、人材不足に陥っている傾向があります。そのような企業にとって、既卒者は魅力的な人材といえるので、内定獲得率も上がるでしょう。

既卒歓迎の求人に応募する

既卒歓迎の求人に応募することで、就職の可能性が高まります。選考のハードルが下がっているので、空白期間があることをあまりプレッシャーに感じず選考に臨めるでしょう。もちろん、既卒歓迎といっても、新卒や転職者のほうが有利であることは変わらないので、スキルや強みの差別化は重要です。

働く意思をもって積極的に行動する

就職は企業との出会いが大切です。むやみに選考を受ける必要はありませんが、条件に合う求人には積極的に応募しましょう。
就職活動を始めなければ内定を獲得することはできません。ニートにならないためにも、働く意思を持ち、積極的に行動することが重要です。

「ニートにならないためにも就活を成功させたい」「ニートから脱却して社会復帰したい」という方は、就職・転職エージェントであるハタラクティブをご活用してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブでは、プロの就活アドバイザーが就活者を全面的にバックアップしています。既卒や第二新卒、フリーターの就活支援をメインに行い、新卒での就活に失敗してしまった方からのご相談も受付中です。企業紹介から面接対策、履歴書記載のレクチャー、就職後のアフターフォローまで、一貫したサポートであなたの就活を支えますので、ぜひ、お気軽にご相談ください。

ニートに関するお悩みQ&A

就活中に「ニートになってしまったらどうしよう…」と悩んでしまったり、ニートから脱却したくても、どう行動したら良いのか分からない方も多いでしょう。ここでは、ニートに関するお悩みを解決していきます。

ニートから社会復帰したい…何をすれば良い?

まず、ある程度生活リズムを整えてから仕事を探しましょう。社会復帰が久しぶりな方は、フリーターからはじめてみるのも一つの手です。しかしフリーターに慣れてしまうと、今度はそこから中々動き出せない…ということも。「最低でも1年」など期間を決めて働くようにしましょう。「無職・ニートからの脱出!早めの行動が就職を決める」では、ニートでも就職できる確率の高い業界など紹介しているので、参考にしてみてください。

ニートから正社員に就職できますか?

フリーターよりハードルは上がりますが、ニートから正社員を目指すことも十分可能です。もしも本格的にニートから正社員を目指すのであれば「ニートから正社員は無理じゃない!受かる人の特徴やおすすめの仕事を紹介」でニートから正社員になりやすい人の特徴や具体的な方法を解説しているので、参考にしてみてください。

ニートは就活で不利になりますか?

ニートの期間は職歴やアルバイト経験などもないので、スキルや経験がある方と比べたら不利と言えるでしょう。しかし、このままニートを続けていても、年齢を重ねるごとに就職は難しくなっていきます。「ニートから正社員を目指すのは無理?就職のコツを解説」ではニートが就職に不利な理由を具体的に紹介しているので、脱却を目指している方は参考にして、早めの行動をとりましょう。

面接でニート期間をどう説明したら良い?

面接で空白期間のことを聞かれた際は、嘘をつかず正直に、ニートになった理由や期間を説明しましょう。あえてニートだったことも踏まえて、どうして働く気になったのか、今後はどう働いていきたいのか、5年後や10年後のプランまで具体的に伝えられると、好印象につながることもあるようです。「ニートが就職するとき、面接で気をつけることは?」で、さらに詳しい理由の伝え方など解説していますので、チェックして就活に役立ててください。

就活に失敗したらニートになっても良い?

就活に失敗し、一時的にニートやフリーターになる人はいます。しかし、将来的にニートやフリーターを続けていくことは難しくなっていくのが実情。いつかは働かなければならないときがくるでしょう。もしも「また失敗したらどうしよう」とお悩みなら、就職支援サービスを受けてみることをおすすめします。就職エージェントの「ハタラクティブ」なら、専任のアドバイザーがマンツーマンでサポート。就職のプロの丁寧なアドバイスが受けられます。お気軽にお問い合わせください。

関連タグ