1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニート歴10年でも就職できる!就活のポイントを知ろう

ニート歴10年でも就職できる!就活のポイントを知ろう

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・未経験から就職できる求人は若さを重視している傾向があるため、ニート歴が長くなればなるほど応募できる求人は少なくなる
    ・IT業界や介護業界、営業職などの人手不足の業界や職種は未経験でも採用されやすいので、こういった求人の中から応募する企業を探す方法もある
    ・面接を受ける際は、ニート歴についての質問をされる可能性が高いため、予め回答を用意しておくなどの対策が必要
    ・就職に不安がある場合はアルバイトなどの非正規雇用からチャレンジし、働くことに慣れたり、経験を積んだりしてから正社員を目指すのも手
    ・ニート歴が長い人の就職は時間がかかることが予想されるため、ハローワークや就活エージェントなどの支援を受けることも考えてみる

ニート歴10年でも就職できる!就活のポイントを知ろうの画像

ニートから正社員への就職の難しさは、その期間の長さにも関わってきます。働いていない期間が長くなればなるほど、正社員の仕事を見つけるのは大変になりますし、就活を始めるのも勇気が必要になってくるのではないでしょうか。
このコラムでは、ニート歴が長い人が就職するための対策やポイントなどを紹介しています。就活に踏み出せずに悩んでいるという方は、ぜひ参考にしてください。

ニート歴が10年…就職できる?

ニート生活を数年に渡り続けている人の中にも、長い間その生活を続けようと思って始める人は少ないのではないでしょうか。
ある程度の年齢を越えれば時間の流れは早く感じるようになり、気づいたら長い年月が経っていたという場合もあるでしょう。
ニートという生活を短い期間で辞めるか、長く続けてしまうかは、辞めるきっかけや就職する理由に出会ったか出会わなかったかの違いなのではないかと思います。

こうして仕事をしていない空白期間が長引いてしまい、5年、10年と過ぎてしまうと、ニート生活から卒業して就職するのには、ある程度の時間や労力がかかると考えるのが一般的です。
空白期間が10年ということは、20代後半か30代。この年代の人材を雇う場合、企業はある程度のスキルや経験を期待する傾向にあります。未経験でも応募できる求人では、若さを重視した選考が行われる事が多いため、年齢が上がるにつれてハードルが上がっていくようです。
もしも就職を考え始めたのであれば、できるだけ早く行動に移すことが就職成功の鍵となるでしょう。

未経験でも就職しやすい業界

前項で、未経験からの就職は年齢とともに厳しくなる傾向にあるとご説明しましたが、不可能なわけではありません。
確かに、応募できる求人は限られてきますが、以下に代表される人手不足の業界や職種などでは学歴や職歴を重視せずに未経験者を採用している企業も存在します。
こういった求人の中から自分に合うものを探し積極的に応募することで、就職を実現させることができるかもしれません。

IT業界

IT業界は、慢性的な人手不足といわれています。
人気職種のシステムエンジニアですが、需要に対して人手が追いついていないことと、今後も市場拡大が予想されることから、経験がなくても、独学などである程度の知識がある人、働く意欲がある人が採用されやすい傾向にあります。
挑戦したいけれど独学が難しいという人は、ハローワークで紹介される職業訓練校に通い、知識を得るのも一つの方法です。

介護業界

また、高齢社会を迎えた日本では、介護業界も人手不足に悩まされています。
資格や経験がなければ働けないのではないかと考える人もいるようですが、資格を持っていない未経験者が応募できる求人も多く見つけることができます。また、資格取得をバックアップする制度や、社員のスキルアップに力をいれている企業も存在するため、将来的にも長く働いていける業界ではないでしょうか。

営業職

営業職は、どの会社にも必要な職種であるため、それだけ求人も多く存在します。ノルマ達成などが大変というイメージが強いですが、営業の種類や企業によって働き方は異なるため、自分に合った企業を見つけることが重要です。
また、実力社会であることが多く、営業としての成績が上がれば学歴や職歴に関係なく出世することも夢ではありません。
未経験で一から営業を学ぶことは簡単ではないかもしれませんが、自分の努力次第でキャリアを築けるという点では職歴の少ないニートの人にメリットの大きな職種といえるでしょう。

ニート歴が長い人の面接対策

未経験でも採用されやすい求人の中から応募企業を探すことは、就職を成功させるためにとても有効な方法です。
しかし、実際に採用されるためには、さまざまな対策を行うことが必要不可欠。とくに面接は、聞かれた質問の答えをその場で考えるのではなく、聞かれることが予想できる質問には時間をかけて回答を用意するなどの準備が大切です。
ニート期間がある人には「なぜニートになったのか」といった質問、働いていない期間が数年に及ぶ人には「その間なにをしていたのか」といった質問は必ず問われると考えましょう。
答えを濁したり、実際とは異なる理由を話したりするのは避け、聞かれたことには正直に答えることが大切。答え方を考え準備するのはもちろんですが、面接官を前にしてもきちんと話すことができるように、口に出してスムーズに話す練習もしておくと安心です。

また、長所やアピールポイント、志望動機なども聞かれることが多い質問です。
自分の長所が分からないという人は、自分の過去の経験から頑張ったことや楽しかったことを思い出してみましょう。その中に、それまでは気づかなかったような得意なことやアピールできる点が見つかるかもしれません。
自分だけでは探せないという人は、ハローワークや就活エージェントなどの第三者に相談してみると、アドバイスがもらえるためおすすめです。

受け答えだけに気を取られてしまいがちですが、身だしなみも採用担当者がチェックしているポイントの一つ。
スーツやシャツにしわがないか、靴は汚れていないか、ヒゲの剃り残しや寝癖がないか、細かいところまで確認することが大切です。
応募者を採用した場合、その人が会社の代表として顧客に関わる可能性もあるため、最低限のマナーや身だしなみは必ず確認されています。
着ていくスーツや荷物は前日までに全て揃え、面接の前には鏡で最終チェックをするなど、念には念を入れて面接に挑みましょう。

アルバイトなどからスタートするという手も

就活がなかなかうまくいかないという人や、いきなり正社員として働くことに不安を感じる人は、アルバイトや派遣社員などの非正規雇用からチャレンジしてみてもいいかもしれません。
正社員よりも採用のハードルは下がりますし、まずは働くという経験をするのは大切なことです。
目指す職種があるのであれば、それに関係したアルバイトなどを選ぶことで、自分に適性があるのかを知ることができますし、就活の際にはアピールポイントにもなるでしょう。

とくに空白期間が長い方は、いきない正社員としてフルタイムで働いてしまうと、身体がついていけないということも考えられます。毎朝仕事に向かう、仕事を覚える、たくさんの人の中で働くという生活は、想像以上に忙しく心身ともに疲れてしまう人も少なくありません。
短い時間から働くことに慣れるなど、社会人生活に挫折してしまうことがないよう準備期間を設けるのも就職を成功させるための方法ではないでしょうか。

ニート歴が長くても就職できる?お悩みQ&A

ニート歴が長いほど就職に不利だと分かっていても、「このまま無職でいることもできない」と踏み出す決意をした方に向けて、就活方法をQ&A式で回答します。こちらで不安を解消し、自信を持って就活してください。

10年ニートなのですが就職できますか?

10年近くニート歴があると、就職に不利になるのは実状です。未経験者歓迎の職種でも、20代後半から30代前半くらいの需要が高く、ニート歴10年以上となると若く見積もってもその年齢層ギリギリラインといえるため。逆にいえば5年前後であれば可能性は高くなるといえます。しかしニート歴が長くても就職できる可能性は十分ありますので、詳しくはこちらのコラムを参照してください。

ニート歴が長くても就職できる職種はありますか?

スキルよりも人柄を重視する「介護職」、人手不足により入社後の人材育成に力を入れている「プログラマー(IT業界)」、コミュニケーション力や傾聴力を大切にする「営業職」は、需要が高く経歴を問われないため就職しやすいでしょう。「高卒ニートが不利な理由と、就職を成功させる方法!」には、高卒以外のニートの方も目指せる職種について詳しく記載されていますので、ぜひ参考にしてください。

ニート歴を正直に書くのが不安です。

たとえ不安があっても、経歴は正直に伝えましょう。嘘をついてしまうと経歴詐称になりますし、あとになってトラブルが起きる可能性が高いからです。ニート歴が長いほど、ニートになった理由やその間なにをしていたのかは問われます。「ニートからの脱却を目指す方に履歴書の書き方を解説!」を読み、対処方法を把握しておきましょう。

早期退職を防ぐ解決策はありますか?

まずは生活リズムを整えましょう。毎日同じ時間に起きて食事を摂り、同じ時間に就寝することを心がけてください。余裕の出てきた人は外出したりアルバイトをしたりする機会も作りましょう。「ニート歴4年に終止符を!就職への第一歩を踏み出そう」ではより詳しく生活改善について記載していますので、ご一読ください。

一人での就活は大変ですが、人にアドバイスをもらえば視野が広がるかもしれません。こちらのコラムを参考に、第三者に頼ってみるのはいかがでしょうか。

ハタラクティブでは、登録後にカウンセリングを行ったのち、個々にぴったりの求人をご紹介。履歴書の書き方や面接の対策、就職後の悩み相談など、担当者がしっかりサポートしていますので、ニート歴がある方も安心です。
サービスはすべて無料。ご利用方法はこちらの「ご利用の流れ」でお確かめください。

ニートから就職するには

何度もお伝えしているように、働いていない期間が長いニートの人が就職を実現させるには、それなりの時間がかかることが予想されます。しかし、諦めずに探すことで、採用してくれる企業は必ず見つかるはずです。
また、就活の第一歩を踏み出すことも簡単ではないかもしれません。ですが、行動を起こさなければ変わらない日々が続き、また時間が過ぎていきます。
もしも、一人で就活を行うことに不安や恐怖を感じているのであれば、就活を支援してくれる第三者のサポートを受けてみてはいかがでしょうか。
ハローワークや就活エージェントを活用すると、求人の紹介だけではなく、就活に役立つ情報やアドバイスをもらうことができます。
先述したように、公的機関であるハローワークでは無料の職業訓練を受けながら仕事を探すことができるため、社会人経験の少ない人には心強い支援となるでしょう。
また、民間の就活エージェントでは、会社情報や仕事内容などをエージェントがきちんと把握している企業を紹介しているので、ブラック企業への就職や、入社後に仕事が合わずに辞めてしまうというリスクを防ぐことができます。
多くのエージェントが存在し、それぞれに特化している支援対象が異るため、自分に合ったエージェントを選ぶことができるのも魅力です。
そして、こういった支援機関を利用する一番大きなメリットは、一人で行う就活よりも気持ちが楽になるという点でしょう。
就職の進め方や、書類の書き方、面接対策など、たくさんの情報を得ることができますし、相談できる相手がいるという安心感も、焦らずに就職を続けるために大切なことです。

ハタラクティブは、20代に特化した就職支援サイト。
第二新卒や既卒の方はもちろん、フリーターやニートの方の就職もサポートしています。
まずはマンツーマンのカウンセリングを行い、どのような就職を実現させたいかを伺いますが、就職に関する悩みや不安を解消したいという相談からでも構いません。
プロの就活アドバイザーがお話を伺い、一人ひとりの希望に合った就職ができるよう長期的に支援を行います。
諦めずに就職をしたいという方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

やりたいことがわからなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたがやりたいことを見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    ニート歴10年以上でも就職できる?まずやるべき事とは

  • image

    ニート歴4年に終止符を!就職への第一歩を踏み出そう

  • image

    ニート歴3年でも就職できる!成功のコツとは

  • image

    ニートからの脱却を目指す方に履歴書の書き方を解説!

  • image

    何歳まで就職可能?ニートを卒業するために必要なこと

  • image

    ニートからだと就職できないは嘘!正社員になる方法

  • image

    空白期間があっても転職を成功させる!面接・履歴書での回答方法を解説

  • image

    ニートが就活を「怖い」と感じる理由と面接対策

  • image

    ニートの就活はどうすればいい?成功のためのコツを知っておこう!

  • image

    早めの行動が人生を変える!20代ニート就職成功への道

  • image

    1年以内にニートを卒業したフリーターは8割

  • image

    中年ニートから抜け出そう!就職支援機関もご紹介

  • image

    まだ間に合う?30代でニートを脱出して就職は可能?

  • image

    高卒ニートは就職できる?就活を成功に導くコツやおすすめの職業を紹介!

  • image

    働く自信がないときの対処法!相談先はどこが良い?ニートも卒業できる?

  • image

    ニート人口はどれくらい?ニートについての疑問を解説

  • image

    ニートは就職相談所を活用しよう!具体的なサービス内容も解説

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる