1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 大学中退者が編入する方法や条件を解説!大卒の経歴を得て就職を目指そう

大学中退者が編入する方法や条件を解説!大卒の経歴を得て就職を目指そう

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・大学中退から数年経っていても、過去の単位を引き継いで他大学への編入ができる
  • ・大学中退者が編入する際の条件は大学により異なるが、3年次編入のところが多い
  • ・大学編入における筆記試験は「語学」と「専門科目」の2つで組まれているのが一般的
  • ・通信制大学では編入の際に学科試験が行われず、書類選考のみのところが目立つ
  • ・大学中退者が明確な目標をもって行う編入の場合、後の就活で有利に働く場合がある

大学中退者が編入する方法や条件を解説!大卒の経歴を得て就職を目指そうの画像

過去に大学中退を経験した人のなかには、「編入して大卒の経歴がほしい」と思っている方もいるでしょう。大学中退者であっても、他大学への編入はできます。しかし、有名大学や人気校への編入は狭き門ともいわれることも。このコラムでは、大学編入の方法や条件、比較的ハードルが低いとされる通信制大学などについて紹介します。大卒の学歴を手に入れて就活に活かしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

大学中退者でも他大学への編入は可能

大学中退者であっても、他大学への編入は可能です。在学中に修得した単位は、「除籍」でない限り基本的には無効になりません。そのため、大学中退から数年経っていても、過去の単位を引き継いで編入ができるという大学が多いようです。ただし、募集人数が限られていたり、倍率が高かったりするなど編入は狭き門であるともいわれています。単位があれば簡単に編入できるというわけではないことを、あらかじめ頭に入れておきましょう。

編入の募集人数は多いとはいえない

編入学試験の募集人数は決して多いとはいえず、各大学の学部ごとに10名~20名ほどのところが目立ちます。また、募集人数を「若干名」として明確な数字を発表していない大学も少なくありません。志願者に対し合格者が0人という場合もあり、募集があるからといって必ずしも当初の予定人数を受け入れるわけでもないようです。このことから、編入試験に受かるにはそれ相応の実力が必要であることがわかります。

有名大学になるほど倍率が高くなる

有名大学や人気の学部の場合、募集人数に対し多くの編入希望者が集まるために倍率が高くなります。なかには15人定員の募集に200人近くの志願者が集まる学部も。有名大学を目指す場合はライバルが増えるため、より一層の努力や対策が必要となるでしょう。

大学中退者が他大学に編入するための条件

大学中退者が他大学に編入するためには、編入する学年や必要単位などの条件を満たさなくてはなりません。詳細は各大学によって異なりますが、ここでは主な条件について説明します。気になる大学がある人は、Webサイトなどで最新情報を確認してみると良いでしょう。

編入可能な学年

大学の編入学においては、3年次編入が一般的。なかには、2年次編入や4年次編入を行っている大学もありますが、数としてはあまり多くないようです。3年次編入の場合、大学の1、2年次を修了済みである、または修了見込みである人が対象となります。

単位数と在籍期間

大学への編入に関しては、文部科学省により下記のような規定が設けられています。

・専門学校の専門課程(修業年限が2年以上、かつ総授業数が1700時間以上または62単位以上であるもの)を修了している者
・修業年限が2年以上であり、その他の文部科学大臣が定める基準を満たす高等学校専攻科修了者

法律上、大学編入者は最低限これら2つの条件をクリアしている必要があります。大学によってはこのほかにも条件が設定されているところもあるため、注意が必要です。

参照元
文部科学省
大学への編入学について

語学力

大学編入の条件として、英語力を設定している大学も多いです。英語のスキルを証明するための手段として一般的なのが、TOEIC試験。難易度の高い大学の場合はTOEICで700~800点、それ以外の大学でも、目安として600点以上のスコアが求められる傾向にあるようです。
編入学試験前の勉強もかねて、TOEICに挑戦しておくのも良いでしょう。

大学編入における試験枠

大学編入には「通常枠」「推薦枠」「社会人枠」があります。基本的には、条件が揃っていれば誰でも受験可能な通常枠に出願する人が多いでしょう。ここでは推薦枠や社会人枠についてもそれぞれの特徴を含めて解説します。

通常枠

修得単位数など、各大学の編入条件を満たしていれば誰でも受験できるのが通常枠です。大学の一般入試と比べて受験科目が少なく済むというメリットがある反面、専門科目について狭く深い知識を求められるため、簡単な試験とはいえません。しかし、試験対策をすべき範囲が限定されているため、すでに基本知識を持っている人にとっては有利であるともいえるでしょう。

推薦枠

一般入試のように、編入学試験にも推薦枠を設けている大学もあります。国立大学の一部では、主に、高等専門学校や短期大学で同一専攻を学んだ卒業見込者を対象に、この推薦編入学制度を実施しているようです。また、私立大学も系列や提携先の短期大学に対し、推薦編入学枠を用意していることがあります。
ただし、系列短大以外から推薦枠を利用して編入する場合は、在学している大学の学部長からの推薦状が必要。推薦枠の編入は選考において有利ではあるものの、優秀と認められたうえで推薦状を書いてもらう必要があることから、ほかの試験枠と比べて受験までのハードルが高いといえます。

社会人枠

社会人枠は、大学中退後に一度社会に出て、正社員として働いた人に向けた試験枠です。社会人の編入枠を設けているところは全国的に少なく、国公私立大学を合わせてもまだ40校ほど。試験内容は通常枠と同様であることが多いですが、志望理由を重視される傾向が強いとされています。また、社会人経験の年数や年齢などを応募条件に設定している大学もあるため、出願の際には注意しましょう。

大学編入試験の主な内容は「筆記」と「面接」

大学編入試験は、主に筆記と面接で評価が決まります。いずれの試験枠で受験するにしても、これらは合否の判定に大きな影響を与えるため、しっかりとした対策が必要です。

筆記試験

筆記試験は語学と専門科目で組まれていることが一般的。語学は英語の読解力を問うような長文問題が多く、苦手な人は基礎から十分に復習しておいたほうが賢明です。
専門科目の出題内容は分野によりますが、編入後の授業に付いていけるかを問うようなものになっています。学部で学ぶ内容の基礎から出題される傾向があるため、事前にしっかり対策しておきましょう。また、理数系以外の学部では小論文を出題されることが多いため、文章力を鍛えておくことも大切です。

面接試験

面接では、「なぜこの大学・学部・学科を選んだのか」という理由を具体的に分かりやすく伝えることが大切。自分の体験やエピソードを交えて、編入後どのような形で学んでいきたいのかという点を軸に、話す内容を組み立てておきましょう。注意すべきなのは、どの大学でも実現可能な内容ばかりを語らないことです。「ほかの大学でも良いのでは?」と思われないためにも、この大学でしか叶えられない目標や夢を回答に盛り込むように心がけましょう。

通信制大学では書類選考のみのところが多い

一般的な大学と違い、通信制大学への編入試験は書類選考のみのところが目立ちます。いわゆる学科試験が行われていないため、通常の大学への編入よりハードルが低く感じるでしょう。ここでは通信制大学とはどんなものか、そして、編入するための方法を解説します。

通信制大学とは

通信制大学とは、毎日キャンパスへ通って勉強する大学と違い、自宅で学習することをメインとしたスタイルの教育機関です。場所を問わずに学べるという点が通信制大学の大きなメリットといえるでしょう。しかし、通信制だからといって通学が一切不要というわけではなく、定期的にキャンパスや指定の会場で受講が必要なスクーリングがある場合も。一方で最近では、インターネット授業に切り替えることで従来のスクーリング授業を廃止するところも出てきているようです。そういった大学が増えることで、今後はますます場所に縛られずに学べる機会が増えていくと予想されます。

通信制大学への編入方法

通信制大学へ編入する際は、基本的に学科試験が課されません。通信制大学の多くは、原則、書類選考のみをおこなっているため、年齢などの条件をクリアしていれば誰でも編入できるというメリットがあります。ただし、なかには小論文の提出や面接を行う大学もあるため、事前に志望校のWebサイトや資料で情報を確認しておきましょう。

大学中退者が編入試験を受けるまでの流れ

大学中退者が編入試験を目指すと決めた場合、志望校の選択や入試内容の確認などを行う必要があります。ここでは大学編入までにすべき準備について順を追って紹介するので、各項目をしっかりと把握しておきましょう。

1.編入したい大学を絞る

最初に行うべきことは、編入先、つまり志望校の決定です。編入先の大学は、「編入条件」「大学で身につけたい知識やスキル」「卒業後に目指したい職業」などを考慮して決めるようにしましょう。また、大学中退者もしくは中退予定者が編入試験を受ける際には、退学証明書や在籍証明書、成績証明書といった書類が必要となる場合があります。このような出願に必要な書類も、忘れずに確認しておくことが大切です。

2.編入試験内容を把握する

希望の編入先大学を絞り込めたら、次は試験内容について確認しましょう。
試験内容は、大学のWebサイトや資料を取り寄せることで調べられます。パッと見てWebサイト上に情報が見つけられない場合は、「入試情報」をクリックすると編入学試験についても記載されていることが多いです。

3.編入時に最低限必要な知識を身につけておく

先述したように、大学編入試験では主に専門科目と英語の知識を問われることが多いため、これら2つについては基本的なレベルまで実力をつけておく必要があります。専門科目に関する実力をつけるためには、編入先で使用されている教科書や参考書を使って勉強するのがおすすめです。一般入試と違い、編入試験に特化した参考書はほぼありません。そのため、大学で実際に使用されている教科書の内容を把握することが、編入試験対策として効果的だとされています。

4.過去問を解いて試験の傾向を知る

試験の傾向を知るためにも、可能であれば大学から過去問を取り寄せましょう。出題傾向や出題範囲を知ることで、より具体的な試験対策を行えます。実際に試験問題を解いてみると、手ごたえを図れたり、自分の苦手分野を把握できたりといったメリットも。自分が思っていた以上に難易度が高いと感じた場合には、志望校を考え直す材料にもなるでしょう。

大学編入のメリット4つ

大学へ編入するメリットとして、一度諦めた難関校に再度挑戦できることや、大卒の学歴を手に入れられることが挙げられます。それらを含め、ここでは大学編入に関するメリットを4つ紹介するので、自分にとってどのようにプラスに働くのかを確認しておきましょう。

1.自分により適した道に進める

最初に入学した大学での経験から、「自分が本当に興味があるもの」に気づいた人は、編入によってより専門的に学べる環境へと進路を変更できます。社会人の場合でも、あらためて学びなおしたいことがある人にとって編入学はとても有効的な選択肢の一つでしょう。

2.一度諦めた大学に挑戦できる

編入によって、過去に入学を諦めた難関大学に再挑戦できます。一般入試の際には試験科目が多く、第一志望に手が届かなかったという人もいるでしょう。しかし、専門科目に絞られた編入試験では力を十分に発揮できる可能性も。編入学は、自分が本当に進みたかった大学へ入るための再チャンスといえます。

3.過去に取得した単位を活かせる

大学中退者でも、過去に修得した単位を活かせるのが編入試験のメリットの一つ。編入先では2年次や3年次といった途中からのスタートをきれるため、再度1年次から入学しなおすよりも、卒業までにかかる時間や学費を抑えられます。ただし、編入時に認定される単位は各大学によって異なり、自分が修得したものすべてが認められるわけではないため注意が必要です。

4.大卒のステータスを得られる

編入先の大学を無事に卒業すれば、大卒の学歴を得られます。学歴だけで人物の評価が決まるわけではないにせよ、大卒というステータスが採用で有利に働いたり、給料が高く設定されたりということは少なくありません。求人に「大卒以上」などの条件を掲げている企業も多くみられます。大学中退者のなかには、「大学を卒業しておけばこの求人に応募できたのに」と、悔しい思いを経験した人もいるでしょう。編入によって大卒の学歴を手にすることは、就職先の選択肢を増やし、可能性の幅を広げることにも繋がります。

大学編入と就職どちらの道を選ぶか迷ったら

編入を希望するのであれば、「なぜその大学・学部に編入したいのか」「将来どんな職業に就きたいのか」「どういった企業・業界で活躍したいのか」「どうして今のままではそれが実現できないのか」といったことをよく考えておきましょう。
もし、「このままでは就職できないから」というその場しのぎの理由だけで編入を希望した場合、新しい大学でもまた中退を繰り返してしまう恐れがあります。目的のない入学は学ぶことへの興味関心が薄くなりがち。そのため、必要単位の修得や良好な人間関係の構築がうまくいかず、大学から足が遠のいてしまうことにもなりかねません。そうならないためにも、編入を希望する際には将来像を明確化しておくことが重要です。

目標を持った編入は就職に有利に働くことも

明確な目標を持った編入は、就職活動の際に有利に働く場合があります。
大学編入者が就職活動を行う際、企業側から「どうして中退後に他大学へ編入したのか」という質問を投げかけられることがあるでしょう。このとき、相手にポジティブな印象を抱かせるためには、明確な編入理由を持っているかどうかが重要だといえます。「編入してまで学びたいことや叶えたい夢があった」ということが伝われば、あなたが目標に向かって努力できる人物だということが証明できるため、企業側に前向きな印象を与えられるでしょう。

3年次編入の場合は就職活動との両立が大切

3年次編入をした場合、単位の修得と同時進行で就職活動を行う必要があるため、毎日があわただしくなる可能性も。しかし、単位取得と就職活動はどちらも大切です。どちらか一方をおろそかにしてしまわないように、うまく両立していく必要があります。
とはいえ、編入したばかりの慣れない環境の中でたくさんのタスクを抱えると、心身ともに負担がかかってしまうことも。やることが多過ぎてパンクしそうになったときには、周りの友人や先輩、そして大学の先生などに迷わず相談しましょう。

もし、大学編入と就職どちらの道に進むべきか決めきれないのであれば、エージェントに相談してみるのも一つの手です。
若年層の就職や転職支援に特化したハタラクティブでは、就職活動の基本からきめ細やかなサポートを行っています。「編入して目指そうと思っていたけど、今から就職できそうな企業はある?」「気になる業界や職種があるけど目指せる?」といったご相談だけでもお気軽にどうぞ!
ハタラクティブの特徴は、未経験から正社員を目指せる求人が豊富に揃っているところ。就活アドバイザーが適性や希望を把握したうえで、あなたに合ったお仕事をご紹介します。サービスはすべて無料なので、安心してご利用いただけます。
大学中退後の進路として就職を視野に入れている方は、ぜひ一度ハタラクティブにご相談ください!

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる