大学中退後に専門学校へ行く人はいる?就活を有利に進めるポイント

大学中退後に専門学校へ行く人はいる?就活を有利に進めるポイントの画像

この記事のまとめ

  • 大学中退後に専門学校へ行く人の特徴のひとつは、将来の進路が明確である人
  • 専門学校では、目指す分野に特化した実践的な授業や資格取得のサポートが受けられる
  • 大学中退後に専門学校に進む際、学費面や最終学歴が大卒ではないことを留意する
  • 観光業や広告業界など、専門学校からの就職が有利といわれる業界もある
  • 大学中退後の進路として就活を選ぶ際は、早めに行動し空白期間を短くするよう努める

大学中退後に、専門学校へ進学しようと考える人は多いようです。専門学校は、専門性が高く実践的な授業を受けられる環境であることから、将来のやりたいことが明確な人が行くと有意義なものになるでしょう。また、就職の際に有利となる業界もあるようです。このコラムでは、大学中退後に専門学校へ行くメリットとデメリットや専門学校からの就職が有利な業界を解説。進路変更を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

大学中退後に専門学校へ行く人はいる?

大学中退者のなかには、在学中に目指したい進路が変わり専門学校へ行くことを決断する人もいるようです。新しく見つけた進路が、在学中の大学で学んでいる分野と異なる場合や専門知識、資格が必要なときは、専門学校に入学し直すことも得策といえるでしょう。また、早めの決断がその後の就職活動に有利になると判断し、卒業を待たずに大学中退をして専門学校を目指す人もいます。専門学校は、職種に直結した分野を学べたり、入学資格が原則的に高校卒業以上で広い間口であったりする点が特徴的です。そのため、専門学校には大学中退者のほかに社会人として就労経験がある人など、さまざまな経歴を持った学生が多いでしょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

大学中退後に専門学校へ行く人の特徴

大学中退後に専門学校へ行く人の特徴として、進路が明確な人が挙げられます。「この学びがしたい」「この職業に就きたい」と決意が固まっている人は、専門学校への進学がおすすめです。以下に専門学校へ進む人の具体例を挙げます。

・身につけたいスキルと資格に特化して学びたい
・将来の目標を実現したい
・大学では学べない分野の職業を希望している
・専門学校から積極的に受け入れを行う就職先を志望している

職種によっては、専門学校で特化して学べる分野もあります。自分が就きたい職種が、専門学校に行けば学べる場合は、大学中退をして専門学校に行くこともおすすめです。

専門学校卒業後に大学に編入することも可能

専門学校からの編入制度がある大学であれば、大学中退後に専門学校へ入学し、大学へ編入することも可能です。この場合、大学中退の経歴があっても最終的な学歴は大卒となります。「また大学へ戻りたい」「大卒資格が欲しい」という考えがあるなか、大学中退し専門学校へ行く決断をする際には、大学編入制度の有無を確認しておきましょう。

大学中退後に専門学校へ行くメリットとデメリット

大学中退後、知識や専門性が高いスキルを身につけるために専門学校へ通う道を選ぶ人がいるようです。この項では、大学中退後に専門学校へ行くメリットとデメリットを紹介しています。

メリット

大学中退後に専門学校へ通い、身につけた知識やスキルを活かせる職種・企業へ就職する際は有利になることもあります。そのほか、下記のようなメリットも考えられます。

専門的な知識を得られる

専門学校では、専門的な分野に特化した授業を受けられます。専門性が高い授業や目指す職種で活躍する先輩による講義など実践的な内容が多く、自分の進路が明確に定まっている人にとっては整った環境です。そのほか、専門学校の同級生は同じ進路に向かっている人が多いので、お互いに情報交換ができたり良い刺激を与え合ったりする場にもなるでしょう。

学校によっては資格取得が可能

資格が必要な職種を目指している場合、専門学校は有利ともいえます。何よりも、目指す分野を極めるために集中して学べる環境の専門学校。資格取得をサポートするための授業を設けている専門学校もあります。
専門学校を卒業後に就職活動を行う際、新卒であるものの専門知識やスキルを身に付けた人材として、即戦力と判断される可能性もあるでしょう。

デメリット

前述のメリットに続き、以下にデメリットも紹介します。進路変更を考える際の参考に、ご一読ください。

学費の工面

大学中退後に専門学校に行く際、学費がかかることを理解しておきましょう。通っていた大学に通っていた期間の学費に加え、専門学校の入学時には、新たに入学金・授業料・教材費が必要となるので、教育ローンや奨学金制度について確認しておきましょう。また、専門学校やそこで学ぶ分野によっては課題提出や授業で忙しく、通学しながらアルバイトができない可能性も。大学中退や専門学校入学を考える前に、必要な学費や年間にかかる教材費などを概算でもいいので計算しておくことをおすすめします。大学中退を親不孝で終わらせない!説得するためにすべき対策と就職のコツ」では、大学中退者の進路変更をする際、学費面をはじめとする問題を親と話し合う際のポイントを解説しているので、参考にご一読ください。

最終学歴は専門学校卒になる

大学中退後に専門学校へ通い、卒業した場合の最終学歴は「専門学校卒業」となることに留意しましょう。職種や企業によっては、応募資格が大卒以上とされていることもあり、応募自体ができないことも。また、就職後の給与体系においても、大卒よりも専門学校卒の方が給料スタートラインが低い企業もあるでしょう。しかし、専門性の高い職種であれば、経験を積むことで給料アップも期待できます。

大学中退から就職・転職活動をする方の強みと弱み

大学中退する理由は、学費負担の重さや両親の健康状態の変化、ほかにやりたいことが見つかったなど人ぞれぞれ。就職のときにそれらが強みになるかは、中退後に学んだことが左右します。大学中退の方は新卒と比較したとき、就活における大学のサポートが受けられない点や新卒採用枠で応募できない点が弱みといえます。しかし、中退後に大学在学中ではできないような経験を積み、アピールすることで就職活動を有利に進められるでしょう。

専門学校からの就職が有利といわれる業界

前述したように、専門分野に特化した学びを提供する専門学校卒業者は、即戦力として判断する業界や企業もあるようです。この項では、専門学校を卒業した人材を積極的に採用する傾向にある業界を紹介します。

旅行・観光業界

旅行や観光業界は、接客や観光地の詳細などに関する専門的な知識とスキルが必要です。ホテルスタッフやツアーガイド、航空会社社員のほか、空港職員として働くために必要なスキルと知識を専門学校で実践的に学びます。専門学校在学中に、企業への実習・インターンとして働く機会も多いでしょう。

デザイン・広告業界

グラフィックデザイナーや服飾デザイナー、ゲーム制作のほか、プログラミングをはじめとする技術が必要なデザイン業界や広告業界は、高い学歴よりもスキルと経験を重視する傾向にあります。専門学校で、PCや使用ソフトの扱い方を習得した人材を戦力として判断するからです。

公務員

公務員になるための資格取得に特化した専門学校もあります。卒業後は、一般職の国家・地方公務員として省庁をはじめとする国や自治体が管轄する機関で勤務。また、国税局や税務署に勤務する税務職員や公立の教育機関で、総務・人事などの学校事務全般に携わる職種も資格取得を必要とする公務員です。

資格取得のための試験対策や就職活動へのフォローが手厚い点が専門学校の特徴です。上記のほかにも、国家試験取得が必要な美容師や理学療法士、歯科衛生士なども専門学校で資格取得のサポートを受けられ、就職に有利になるでしょう。そのほか、製菓や調理の分野では専門学校在学中に留学や実店舗での修行がカリキュラムに含まれる専門学校も。実践的な教育を受けられるほか、修行先に就職する例もあります。

大学卒業と専門学校卒業の違い

大学卒業者と専門学校卒業者には、以下のような就活における違いがあるようです。

求人条件

企業によっては、採用する際の募集条件が異なります。就活生の応募条件が「大卒以上」とされている場合、最終学歴が「専門学校卒」の人は応募できないことが多いでしょう。

年収

業界や企業によっては、入社時の最終学歴で給与体系が決まっていることもあり、最終学歴が高いとされる大卒者の方が専門学校卒業者より年収が高いようです。しかし、営業職や専門職など、入社後の実績や入社時のスキルの有無によって、学歴が年収に影響しない職種・業界もあります。

入社後のキャリア

入社後のキャリアプランに関しても違いがあるようです。企業によっては、大卒者と専門学校卒業者では、社内でのポジションに幅が生じることもあります。一般的に、学歴を重視する風土を持つ企業が一定数あることから、役職者や役員クラスは大卒者が占める企業が多いのが現実です。一方で、中小企業やベンチャー企業、IT業界などでは実力や資格を重視されることが多く、最終学歴が出世に影響することは少ないでしょう。

大学中退から専門学校に進学するときの注意点

大学中退後、専門学校へ行くことを検討したら際にいくつかの注意点があります。下記で解説しますので、参考にしてください。

学ぶ分野を決める

大学中退後に専門学校へ行く際、学ぶ分野を明確にしていることが重要です。大学中退をして専門学校に通うのは、その分野の職業に就くことを意味するでしょう。専門学校で学ぶ分野と異なる業界への就職は難しくなるので、将来を見据えた選択を心掛けます。

説明会やオープンキャンパスに行く

上記で述べたように、専門学校を選ぶことは将来の職業を選ぶことに繋がるでしょう。そのため、入学する専門学校選びは重要です。説明会やオープンキャンパスへ参加し、実際の授業内容を体験することをおすすめします。また、専門学校の就職率を把握しておきましょう。そのほか、入学時に大学や高校の調査書が必要な場合もあるので、提出書類についても確認しておくと安心です。

学費について検討する

大学中退後に専門学校へ行くメリットとデメリット」のデメリットで述べているように、入学金や授業料がかかります。専門学校や学ぶ分野によっては、教材費が高額になることも。また、授業や課題提出に忙しい場合は、アルバイトができないこともあるので、学費のほかの金銭面も検討しましょう。

大学中退して専門学校に行っても必ず就職できるわけではない

大学中退後、専門学校へ行き卒業しても「必ず」就職できる保証はありません。なりたい職業に近づくためのスキルや知識を身に付けられ、学んだ分野に特化した業界への就職の道が広くなるでしょう。しかし、業界によっては求人条件を「大卒以上」としたり、「経験重視」と中途採用で転職者
を採用したりすることもあります。「大学中退者は就職できないって本当?求人の選び方やおすすめの仕事を紹介!」のコラムでは、大卒者と大学中退者の違いについて解説しているので、こちらも参考にしてください。

大学中退者が進路選択時に心がけたいポイント

大学中退という選択をする前に、いくつか心がけたいポイントがあります。以下のポイントを押さえて、多角的に進路について考えましょう。

就活をする場合はなるべく早めに始める

大学中退後に就活をする場合は、早めの行動が有利になるでしょう。就活において、大学中退後の空白期間をできるだけ短くすることがポイント。空白期間は、「就職活動期間」「資格取得のための勉強期間」と企業側が納得できる説明ができるようにしておきましょう。

大学中退の理由はポジティブな言葉を使う

大学中退者が就職活動を進めるなかで、履歴書の学歴欄や面接選考において大学を中退した理由を述べるシーンがあるでしょう。その際、大学中退の理由を前向きな言葉で伝えることが重要です。「大学に馴染めなかった」「大学の授業内容に興味を持てなかった」ではなく、「▢▢の分野に興味が湧いたので進路変更をした」「▢▢の資格を取得するために勉強していた」と将来を見据えた結果や目標に向かって努力していることをアピールしましょう。目指した分野と応募企業の業務内容が関連していると、大学中退の理由と志望動機に一貫性が生まれ、好印象を残す可能性があります。

就職エージェントを利用する

民間企業が運営する就職支援サービスの就職エージェントを利用することもひとつの方法です。エージェントによっては、専任の就活アドバイザーが求人紹介や企業とのやり取り、選考対策などをサポートしてくれます。運営企業によって扱う業界や支援対象が異なるので、自分に合ったサービスを選ぶのがポイントです。「大学中退者が就活で活用できる就職支援」では、大学中退者が就職活動を始める際に利用したい支援サービスについて解説しています。

大学中退や専門学校卒が就職・転職をする場合は、新卒と比較してそれぞれの強みと弱みがあります。できるだけ早く正社員として就職、転職をしたい場合には、就活エージェントを活用しましょう。ひとりで就職活動を進めるより、プロにアドバイスをもらうことで効率的に就職活動を進められます。ハタラクティブの就職アドバイザーは、若年層の就職に関する経験やノウハウ、求人情報が豊富。就活に役立つアドバイスと一人ひとりに合った求人紹介サービスをご提供しています。サービスはすべて無料のため、ぜひハタラクティブにご相談ください。

大学中退後に専門学校へ通うことにまつわるQ&A

ここでは、大学中退をして専門学校へ行くことに関して、よくある疑問をQ&Aでまとめました。

大学中退者が専門学校に行くことは珍しい?

大学中退後に専門学校へ行くのは、珍しいことではなく、目指す進路の変更やなりたい職業で活かせる知識を身につけるために専門学校へ通う人がいます。専門学校の多くは入学条件として高校卒業資格を提示しているため、大学中退者や社会人経験者など、幅広い世代や経歴の学生が通っている点が特徴です。

大卒と専門学校卒のどちらが就職に有利ですか?

一概には、どちらが有利とはいえません。しかし、「大学中退後に専門学校へ行くメリットとデメリット」でも述べていますが、企業によって応募資格を大卒以上としている場合は注意が必要になるでしょう。また、業界によっては専門学校で実践的な知識やスキルを身に付けた人材が採用される傾向にあることも。自分が目指す職種に有利な進路を設定することが重要です。

大学中退後に専門学校を卒業した場合、最終学歴はどちらになりますか?

大学中退後に専門学校を卒業した場合の最終学歴は、「専門学校卒業」です。どんなに応募職種に関連する学部の大学に通っていたとしても、卒業をしていない場合は「中退」となります。応募資格が大卒である企業への応募は難しいでしょう。「履歴書の学歴欄。専門学校を卒業した場合の書き方は?」でも、専門学校卒業者の履歴書を作成する方法を解説しているので、こちらも参考にしてください。

大学中退者は就活に不利ですか?

大学中退者が就活に不利とは言い切れないものの、業種や企業によってはマイナスの印象になることも。その場合、大学中退をした理由や中退後に取り組んだことの伝え方を工夫することで、企業の採用担当者に好印象を持たれることもあるでしょう。ハタラクティブでは、一人ひとりの状況に合ったアピールポイントの見つけ方や選考対策を実施しています。進路や就活に悩む場合は、ぜひ一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ