1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 大学中退就職TOP
  4. >
  5. 大学中退仕事探し
  6. >
  7. 大学を中退したい…辞めるメリットはある?

大学を中退したい…辞めるメリットはある?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

なんとなく大学に進学したものの、大学生活の理想と現実のギャップに失望する学生は少なくなりません。そして「中退したい…」と考える学生も少なくないようです。
大学を辞めるメリットはあるのでしょうか?こちらのコラムでご紹介していきます。

大学中退にはメリットがある?

まず大学を辞めたいと考えたとき、メリットが先に思い浮かぶのではないでしょうか。 大学を辞めるメリットとして挙げられるのは、主に下記のようなことだと考えられます。 ・余計なお金を払わずに済む ・自分には不必要と思う勉学に時間を費やさずに済む ・やりたいことに専念できる 特にやりたいことがなく、ただなんとなく大学に行きたくないからといって中退するのはあまりおすすめできません。後で「卒業しておけばよかった…」と思う可能性が高くなります。 しかし、自分にしっかりとした目標がある場合は、大学を中退してもその後前向きに進んでいける可能性は高いかもしれません。 もし、明確な目標があって辞めたいと思っている人は、周囲の人の意見を聞くなどして、慎重に考えてみましょう。 ただ、最終的には自分の本音と向き合ったほうが後悔しない傾向にあります。 次の項目ではデメリットもご紹介しますので、双方を踏まえてしっかり考えてみましょう。

大学中退のデメリットも把握しよう

大学を中退したいと考えたとき、メリットだけでなくデメリットにも目を向けたほうがいいでしょう。 主なデメリットとして、次のようなことが挙げられます。 ・学歴が高卒になり、就職に不利な場合もある ・就活では大学のサポートが受けられない ・入社後の給与(生涯賃金)が大卒者よりも低め ・大学でしか得られない人間関係を作れない ・社会的な印象があまりよくない ・奨学金の支払いがはじまる やはり、就職活動の際に大学卒と大学中退では差が出てくるようです。 「ただなんとなく」で辞めてしまうと、就職したいと考えたときに中退したことが影響して後悔することも。 現実的には、中退したことをプラスに評価してもらえる企業は少ないようです。どうしても「継続力がない」「ストレス耐性がない」などと疑われてしまうこともあります。 将来のことも考えると、安易に中退しようと考えるのは避けたほうがいいといえそうです。 ただ、どうしてもやりたいことや、目標を達成したいことがあるのが理由であれば別です。 自分が将来どうなりたいのか、そのためには今辞めるべきなのか、続けるべきなのか、一旦冷静になって考えてみましょう。

中退するか迷ったら?

大学中退のメリット・デメリットを踏まえてみても、どうすればいいのか迷ってしまう人は多いのではないでしょうか。 まだ迷っているということは、明確な目標ややりたいことがないが決まっていないのかもしれません。 大学ではイベントや交友関係など、ここでしか得られないものは多いようです。 今は不満に思っていても一時的なものかもしれません。将来的に後悔しなくていいように、じっくり考えてみましょう。 そのため、経済的・身体的といったやむを得ない中退理由でない限り、期間を決めて頑張ってみたほうが後悔しないかもしれません。 どうしても心身に不調があるという人は、いきなり中退を決めるのではなく休学という選択肢もあります。自分の体や心と相談しながら自分のペースで考えてみましょう。 今だけでなく「将来どうしたいか」という軸で決めることが大切です。友人や家族、教授などと相談し、最終的には自分の意志で決めるほうが後悔しなくて済むのではないでしょうか。

おすすめ記事

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる