大学中退からの就職活動のコツ

大学中退から正社員就職を目指す場合、就職活動で大切なことは何でしょうか?ここでは「大学中退からの就活の特徴」「大学中退者が面接を受ける時のコツ」「大学中退者が取ると便利な資格」「大学中退者に有利な求人」「大学中退者の履歴書の書き方」「正社員になったら」という6つの視点で、大学中退からの就職活動を成功させるために押さえておきたいポイントを、仕事選びの方法と共にご紹介します。大学中退という経歴を乗り越えて正社員採用を勝ち取り、やりがいのあるあなただけの仕事を見つけましょう。

大学中退から就職活動をする際は、履歴書の書き方に注意しましょう。履歴書の書き方によって、差が出ることもあります。履歴書を正しく書いて採用に繋げましょう。大学中退者の採用面接時に面接官が注目するのは、大学中退という記載です。履歴書に大学中退の事実を書くか書かないか、迷われている方もいるかもしれませんが、一般的には書いたほうが良いとされています。履歴書に大学中退を記載しないと、空白の期間が生まれることになります。履歴書に空白の期間があると、面接官に質問をされる可能性が高いです。そのときに「大学に行っていた」と答えたら、面接官に「なんで書いてないの?」と不信感を抱かせるかもしれません。そのような事態を避けるためにも、大学中退の事実を履歴書の経歴欄に記載するようにしましょう。ちなみに書き方は「◯◯大学△△学部◇◇学科 中途退学」です。「中退」と略さないように注意。中退の理由を添えるのも良いですが、内容にもよります。「やる気がなかったため」「単位を落としたため」などマイナスな印象を与えるような表現は避けましょう。「一身上の都合で」などの理由がベターです。
履歴書に大学中退の事実を記載するのは大切なことですが、他にも大切なことがあります。履歴書は、手書きとパソコン、どちらで記入しても問題ありません。手書きの場合は、丁寧な楷書体で書きましょう。記入する際に使うのは、黒のボールペンか万年筆が望ましいです。鉛筆やシャープペンシルは使わないようにしましょう。また、手書きだと書き間違いをする可能性があります。間違えたときは素直に新しい履歴書に変更を。修正液や砂消しゴムなどで消すのはNGです。ミスをした部分が目立つだけではなく、企業への志望度が低いという印象を与えます。
大学中退者が履歴書の中で新卒や既卒者に差をつける部分としては、職歴が挙げられます。大学中退者の場合は、何かしらの理由で大学を途中で辞めたため、大学卒業まで在籍した人に比べて、職歴を積む時間があります。中退後から就活までの時間で経験を積んで、スキルアップやキャリアアップに備えましょう。

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

年中無休 24時間対応

大学中退からの就職活動では「どこで求人情報を探したらよいかわからない」「大学中退の履歴がネックでなかなか仕事が見つからない」「空白期間があってどうやって就職活動をしたらよいかわからない」などのお悩みがあるかと思います。そんな時は、大学中退からの就職活動をサポートする就職支援サービス、ハタラクティブをご活用ください。就活に役立つポイントを「大学中退からの就活の特徴」「大学中退者が面接を受ける時のコツ」「大学中退者が取ると便利な資格」「大学中退者に有利な求人」「大学中退者の履歴書の書き方」「正社員になったら」という6つの視点で考えてみましょう。フリーターから正社員への転職をお考えの方も必見!ハタラクティブは、大学中者向けの求人の中からあなたにぴったりのお仕事をご紹介すると共に、履歴書の書き方や面接のコツなどもしっかりサポート。就活の成功をぐっと引き寄せます。

ページトップへ