大学中退、面接のコツ

大学中退から正社員を目指して就職活動をする場合、採用を勝ち取るためには、面接の受け方にコツがあります。

「何故中退したのか?」「フリーターから正社員になろうと思った理由は?」といった質問に、あなたは自分の言葉で明確かつ前向きな返答をすることができますか?

弱点をアピールポイントに転換する方法など、大学中退者ならではの面接のポイントをまとめました。就活の参考にしてみてください。

【このページのまとめ】
・面接には、個人面接・集団面接がある
・大学中退者は面接で「大学を中退した理由」を聞かれる
・大学中退を弱点と捉えずアピールポイントに
・就活成功のポイントはポジティブな姿勢

面接の種類と特徴

正社員就職を目指す大学中退者が就職活動で受ける面接には、色々な種類があります。まずは就活での一般的な面接の種類と特徴を把握しましょう。

「個人面接」
面接の中でも最も多いタイプです。
企業の採用担当者や役員などが一人の応募者に対して、履歴書やエントリーシートに基づいた質問をします。
質問への受け答えだけでなく、第一印象やマナーなども見られています。
一対一で面接官と向き合う個人面接は緊張するのもですが、自分を最大限アピールできるチャンスと考え、事前対策をしっかり行った上で面接に臨みましょう。


「集団面接」
文字通り、数名の応募者が同時に受けるタイプの面接です。
面接官は同じ質問を応募者全員に投げかけ、それぞれの回答を比較して評価をつけます。
大学中退者や既卒者、フリーター、第二新卒など、同じ年代や似たバックグラウンドのある応募者がグループにされることが多いようです。
集団面接では、他の人と差をつけるために奇抜な回答で目立とうとする必要はありません。
それよりも、基本的なマナーや振る舞いに気をつけ、相手に伝わりやすい言葉でしっかりと質問の内容に答えることが大切です。
その後の選考の参考にするためにも、一緒に面接を受けている応募者の話もしっかりと聞いておくのがおすすめです。
集団面接は、他の応募者と比較されやすい場なので、第一印象の良さが特に大切な要素となります。

「グループディスカッション」
複数の応募者が、特定のテーマについて討論するのがグループディスカッションです。
環境問題のような一般的なテーマから、その企業の業界や仕事に関する内容まで、課題は様々です。
グループディスカッションでは、それぞれの応募者の発言頻度や意見の内容、また、グループ内での各人の役割がチェックされます。
ディスカッション中は、他の応募者の意見にしっかり耳を傾けつつ、積極的に議論に参加する姿勢が大切です。

中退理由を伝えるタイミング

大学中退をしたフリーターの就職活動では、面接で「大学を中退した理由」について説明を求められる時が最も緊張する場面なのではないでしょうか。

正社員採用を勝ち取るためには、面接官を納得させられる中退の理由を述べる必要があります。
最もおすすめな方法は、面接の序盤で最大の難関を解決してしまうこと。
つまり、企業の面接官に問われる前に自分から中退理由について触れることです。
自己紹介を求められたら、この時点で大学中退の理由を話してしまうのです。

そうすれば、残りの時間を自己アピールのために最大限使うことができるからです。
大学中退者には人によって様々な事情がありますが、「学業を途中で放棄した」「就職しても仕事が長続きしないかもしれない」という先入観を持たれがち。

大学中退の理由は人それぞれあると思いますが、面接時に面接官に大学中退の理由を聞かれたら、正直に答えるようにしましょう。
「経済的に学業を続けるのが難しかったため」「他にやりたいことができた」「大学生活に意味を見出だせなくなった」「病気や怪我により通学が困難になった」など、誠意をもって正直に答えれば、面接官にも理解してもらえるかもしれません。自分の言葉で納得のいく説明をするためにも、大学中退の理由を聞かれたときのための準備は怠らないようにしましょう。

就活の面接では大学中退理由を説明した上で、「弱点」のマイナスをプラスに巻き返し、自分がポテンシャルを秘めた人材だということをアピールする必要があるのです。
次にその方法を考えてみましょう。

弱点をアピールポイントにする

企業の採用担当者が大学中退という学歴に対して、最初からプラスの印象を持っていることはありません。

面接官としても、もし大学中退した人を正社員として就職しても、大学と同じように仕事をすぐに辞めてしまうのではないかという不安があるからです。
あなたがもし目的もなく大学中退をしていたとしたら、まず最初にしっかり、「大学中退」という過去を反省している姿勢を見せることが大切です。

面接では、「大学に入る前に学部やカリキュラムについてもっと下調べが必要だった」「やりたいことではないからとすぐに辞めてしまってもったいないことをした」などと述べてから、
「その時の反省を踏まえて、今は将来のために仕事に役立ちそうな資格を取るための勉強をしている」「御社の仕事について自分なりに真剣に調べた上で、長く従事したいと願っている」「やりたい仕事ばかりできるわけではないことも過去から学んだので、どんな仕事でも積極的にチャレンジしたい」など、社員としての将来性を感じさせるような前向きな姿勢を伝えましょう。

またフリーターの方は、アルバイトの経験で得たことや培ったものを今後の社会人生活でどのように生かせるかについても説明すると良いでしょう。
企業の採用担当者は、あくまでもあなたの「これから」を量るために「過去」を見ているのです。
失敗を糧とするポジティブなな姿勢こそ、大学中退からの就活を成功させる最大のポイントです。

面接での中退理由の答え方など、大学を中退した人は就職に関する多くの不安を抱えているのではないでしょうか?
そんな悩みを持った若者の力になれるのがハタラクティブです。

ハタラクティブでは、書類作成の指導や面接対策を行い求職者の就職活動を全面的にバックアップ。
結果に差がつく「面接のコツ」を学び、正社員採用の内定を勝ち取りましょう!
ハタラクティブでは、あなたにぴったりのお仕事をご紹介するとともに、面接日程の調整といった面でもしっかりサポートします。
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

正社員就職を目指して就職活動をする大学中退者の皆さんが、押さえておくと結果に差が付く「面接のコツ」とは?

面接の種類と特徴、中退理由を説明しつつポジティブにアピールする方法など、採用ポイントを掴んで確実に就職内定を勝ち取りましょう。

大学中退フリーターならではのお悩みはハタラクティブにおまかせください。
あなたにぴったりのお仕事を紹介すると共に、書類の書き方や面接対策など、就活をしっかりサポート。
成功をぐっと引き寄せます。

ページトップへ