大学中退は面接の自己紹介で伝えるべき?回答の例文や対策を紹介

大学中退は面接の自己紹介で伝えるべき?回答の例文や対策を紹介の画像
「面接の自己紹介で中退したことを伝えるべき?」「理由は正直に伝えなければダメ?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。就職活動の面接では、自己紹介の際に中退した事実を面接官へ伝えるのがおすすめ。また、中退理由を質問されたときは正直に答えたうえで、反省点や就職に対する意欲をアピールするのがポイントです。このコラムでは、自己紹介の例文や面接対策などをまとめたので、就活の参考にしてください。

この記事のまとめ

  • 大学中退の経歴は、面接の自己紹介のときに伝えておくのがおすすめ
  • 面接の自己紹介は事実を述べるだけに留め、理由を質問されたときに詳しく説明する
  • 面接の自己紹介で中退理由を伝える際は、正直に回答しポジティブな言葉で締めくくる
  • 大学中退を負い目に感じる場合は、自己分析と企業研究を徹底的に行うのがポイント

「面接の自己紹介で中退したことを伝えるべき?」「理由は正直に伝えなければダメ?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。就職活動の面接では、自己紹介の際に中退した事実を面接官へ伝えるのがおすすめ。また、中退理由を質問されたときは正直に答えたうえで、反省点や就職に対する意欲をアピールするのがポイントです。このコラムでは、自己紹介の例文や面接対策などをまとめたので、就活の参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 面接でどう答えたらいいの?
  • 履歴書の時点で落とされそう・・・
  • 仕事探したいけど、経歴が不安・・
履歴書も面接も、成功するまでサポートします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

面接では大学中退をどのタイミングで伝える?

面接では大学中退をどのタイミングで伝える?の画像

 

大学を中退し就職活動をしている場合、自己紹介の際に面接官へ伝えるのがおすすめです。ただし、面接での自己紹介の時間は1~2分程度にまとめるのがマナー。まずは自己紹介で中退した事実と理由を簡単に述べ、中退し何を学んだかや中退後に何をしていたかなどの詳細は、面接官から質問されたときに回答すると良いでしょう。面接の注意点は、「就職面接を成功させる方法!基本的マナーやよく聞かれる質問例などを解説」のコラムでも解説しています。

大学中退の経歴が不安ならきちんと対策しておこう

文部科学省の「学生の修学状況(中退者・休学者)等に関する調査(令和3年度末時点)」を見ると、大学中退者は全体の約2%いることが分かります。100人中2人ほどが大学を中退している計算になるため、同じような経歴をもちながら就職に成功している人もいるはずです。「大学中退したから就職できるか不安…」と感じるかもしれませんが、面接対策をしておけば採用担当者も納得してくれるでしょう。

参照元
文部科学省
大学・大学院・高専について

ハタラビット

自分の適職とは?
ハタラクティブで
相談してみませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 自分のやりたいことがわからない…
  • 就職・転職のタイミングがつかめない
  • 就活って、何からはじめたらいいの?

就活に関する不安や疑問にもハタラクティブでは、1つ1つ向き合います!
あなたに合った求人のご紹介だけでなく、今の転職市場のお話や必要な準備など、ご状況に合わせて、専任の担当が丁寧にサポート
今すぐでも、少し先の就活でもOKです!
まずは気軽に相談してみませんか。

未経験OK多数!求人を見てみる

面接の自己紹介で中退理由を伝える際の例文6選

面接の自己紹介で中退理由を伝える際の例文6選の画像

ここでは、中退した事実を面接で伝える際の回答例を理由別に6つ紹介します。

1.経済的理由から退学した場合
2.カリキュラムに満足できず中退した場合
3.学業不振により中退した場合
4.ケガや病気が理由で退学した場合
5.人間関係が上手くいかず中退した場合
6.公務員を目指すため中退した場合

中退した理由が「大学が楽しくなかった」「授業に興味が持てなかった」だけでは、「楽しくなければ仕事もすぐに辞めるのか?」と疑念を抱かれる可能性も。中退後の就職を成功させるためには、面接官が納得する退学理由を伝えることが大切です。自分の状況に近い例文を参考に、どのように説明すれば良いか考えてみましょう。

1.経済的理由から退学した場合

「父の仕事の関係で、経済的に大学に通い続けることが困難になり退学しました。在学中は私も家族を支えるためにアルバイトをしていたのですが、学業とアルバイトの両立が難しく、どちらも中途半端になってしまうため中退し就職する道を選択しました。」

経済的理由から中退した場合、「家庭の事情で…」とうやむやにするより、やむ得ない理由があった旨を正直に伝えるほうが好印象です。また、「退学するまで支えてくれた親に感謝している」「仕事をして恩返ししたいと思っている」などを付け加えると、困難な状況から前進しようとする姿勢を示せるでしょう。

2.カリキュラムに満足できず中退した場合

「大学で身につけたかったことと、実際のカリキュラムに相違を感じたため中退しました。大学を選ぶ際、よく調べておくべきだったと反省しています。就職活動では同じ失敗を繰り返さないよう、企業研究をしっかり行いました。」

正直に不一致を伝えたうえで、「進学時によく調べなかった」「仕事をしたい気持ちが大きくなった」など学校と合わなかった理由を伝えましょう。その後、「その経験から企業研究をしっかりと行った」と、志望理由へつなげると効果的です。

3.学業不振により中退した場合

「大学の授業のレベルが高く、ついていけなくなり留年してしまったため中退しました。在学中は接客業でアルバイトをしており、サークル活動にも励んでいたため、もっと勉強に時間を使うべきだったと反省しています。」

自分の努力不足が原因で中退した場合、面接官に「仕事も途中で投げ出してしまうのでは?」といった懸念を抱かれてしまうことも。「授業についていけなくなった」「アルバイトや部活に力を入れすぎて単位を落としてしまった」など理由を述べたあとに、現在努力していることや、アルバイトの経験から学んだことなどを付け加えると良いでしょう。

4.ケガや病気が理由で退学した場合

「大学2年生のときの事故で長期の入院とリハビリが必要になり、治療に専念するため退学を決めました。現在は半年に一度、経過観察のために通院していますが、業務に支障はありません。」

病気やケガが完治しているのであれば、業務に支障がない旨を伝えましょう。現在も治療を継続している場合は、通院の頻度や助けを要する場面などを述べることも大事です。
なお、退学理由が病気やケガだとしても、問題なく働けるのであればその事実を必ずしも申し出なければならない訳ではありません。たとえば、「うつ病」や「パニック障害」などの精神的理由から退学した場合、「完治していて仕事はできるから、できれば言いたくない」と考える方もいるでしょう。その際は、ほかの中退理由を述べるのも一つの方法です。

5.人間関係が上手くいかず中退した場合

「大学では気の合う友人もでき楽しく過ごしていたのですが、サークル活動中に仲間同士でいざこざが起き、上手く人間関係を修復できず孤立してしまいました。その後もしばらくの間は大学へ通い続けていたのですが、心身ともに辛くなり中退しました。この経験から、相手を尊重することの大切さを学びました。」

人間関係を理由に大学を中退した場合、「大学では人間関係が上手くいかなかったが、その原因は自分の積極性のなさにあると感じた」「アルバイトでは仲間同士のコミュニケーションを大切にした」など、経験を基に何を学んだかを伝えると良いでしょう。

6.公務員を目指すため中退した場合

「大学入学後、公務員を目指したいという気持ちが大きくなり、試験勉強に集中するため大学を中退しました。突然の進路変更にも関わらず私の夢を応援し、専門学校の学費を工面してくれた両親にはとても感謝しています。入職後は両親へ恩返しするとともに、地域の方々の役に立てるよう日々邁進していきたいと考えております。」

公務員へ進路変更するため大学中退を決めた方もいるでしょう。公務員試験の初級は高卒程度、上級は大卒程度の学力を求められます。ただし、自治体によっては大卒を受験条件にする職種があったり、年齢要件を設けていたりすることも。また、筆記試験に合格したあとに面接試験が行われるので、十分対策をしておく必要があります。
大学中退者も公務員になれる?面接の突破方法や給料事情をご紹介!」のコラムでは、大学中退者が受けられる公務員試験の種類や、民間企業と公務員の給料比較などを紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

大学中退者が面接の質問で気をつける3つのポイント

大学中退者が面接官に中退理由を伝えるときは、「反省点や学んだことを伝える」「嘘はつかない」「ポジティブな言葉で回答する」の3つを意識しましょう。以下で詳しく解説するので、参考にしながら質問に対する回答を考えてみてください。

1.反省点や学んだことを伝える

企業の採用担当者は、「大学中退」という学歴に対しネガティブな印象を持ってしまうもの。なぜなら、「大学と同じようにすぐに諦めて仕事を辞めてしまうのではないか」と懸念しているからです。
それを解消するために、「大学中退」という履歴に対して反省している意識を見せ、中退し何を学んだのかをしっかりと示すことが大切。採用担当者は応募者の「入社後の未来」を量るために、過去を把握しようとしています。失敗を糧にするポジティブな姿勢こそ、大学中退からの就活を成功させる最大のポイントとなるでしょう。

2.嘘はつかない

面接で質問されたことに対して嘘をついてはいけません。たとえ大学中退という経歴に後ろめたさを感じていたとしても、等身大の自分で選考に臨みましょう。大学中退を「卒業」と偽ったり、退学理由が「学業不振」なのに、「いち早く社会で活躍したかったから」「経済的な事情で退学せざるを得なかった」などと答えたりしてはいけません。
一度嘘をつくと、質問をさらに深掘りされたときに整合性が保てなくなります。また、日々多くの応募者と面接を行っている採用担当者には、すぐに嘘を見抜かれます。誠意ある姿勢で正直に答えましょう。

履歴書にも必ず中退した事実を記載する

「大学中退者は就職活動で不利になる」という不安から、履歴書に中退の事実を記載したくないと考える人もいるようです。しかし、大学中退したことを明示しないのは経歴詐称に該当します。面接を突破し内定をもらっていたとしても取り消され、入社後に発覚した場合は処分の対象になる可能性も。たとえ罰せられなかったとしても、周囲からの信頼を失ってしまうでしょう。中退した場合の履歴書の書き方は、「最終学歴が中退の場合は履歴書にどう書く?学歴別に書き方を紹介します!」を参考にしてください。

3.ポジティブな言葉で回答する

就職活動における面接では、どのような中退理由であっても、ポジティブな言葉を用いて質問に対する回答をまとめるのがポイントです。退学を誰かのせいにしたり、努力不足と感じたりする言葉だけを伝えると、「成長意欲がない」とネガティブな印象を与える恐れもあります。
たとえば、大学が自分に合わず中退した場合、合わないと感じた理由と反省点を述べたうえで、「この経験を活かし、社会に出て働きたいと思った」とポジティブな言葉で締めくくるほうが、面接官に好印象を与えられるでしょう。学歴や経歴より、仕事に対する意欲や熱意といったポテンシャルの高さを評価する企業は多くあります。就職に対して前向きな姿勢であることをアピールしましょう。

面接の形式に合わせた対策をとろう

就職活動で面接を突破するには、基本的なマナーをはじめ、質問の回答を用意し面接練習を重ねるといった対策が必須です。以下で、「個人面接」「集団面接」「グループディスカッション」の形式別に対策を紹介します。

個人面接の場合

個人面接は、もっとも一般的な形式で、面接官1~3人に対し応募者1人で行われます。質問内容は履歴書に沿ったものが中心となるので、面接では履歴書の内容を膨らませた回答を準備しておくのがおすすめです。
面接に参加するのは自分だけなので緊張してしまうかもしれませんが、そのぶん自己PRのチャンスが多いと捉えましょう。自己紹介や自己PRのコツは、「面接の自己紹介は何を伝えるべき?自己PRとの違いと例文」のコラムで詳しく解説しているのでご参照ください。

集団面接の場合

集団面接における面接官の人数は企業によって異なり、1~4人程度の場合もあれば、8~10人の場合もあるようです。対して応募者の人数は、2~4人程度で行われることが多いようですが、なかには10人同時に面接を受ける場合も。面接官は同じ質問を応募者全員に投げかけ、一人ひとりの回答を比較し評価をつけます。集団面接はほかの応募者と比較されやすいとはいえ、奇抜な回答で目立とうとするより、あいさつや自己紹介といった第一印象が大切な要素となります。
また、ほかの応募者の回答について面接官から意見を求められる場合も。集団面接の際は、一緒に面接を受けている人の話もしっかりと聞いておきましょう。集団面接におけるマナーや注意点は、「集団面接の入退室の基本マナーとは?手順と注意すべき行動も解説」をご覧ください。

グループディスカッションの場合

複数の応募者が特定のテーマについて討論するのが、グループディスカッション形式の面接です。面接官はディスカッションには参加せず、討論の内容や進み具合から、応募者一人ひとりの価値観・思考力・判断力などをチェックしています。グループディスカッションでは、発言頻度や意見の内容、グループ内での各人の役割が評価の対象となるため、ほかの応募者の意見にしっかり耳を傾けつつ、積極的に議論に参加する姿勢が大切です。
グループディスカッションは、「自由討論型」「ディベート型」「選択型」「課題解決型」の4種類。それぞれの特徴と対策は、「テーマによって変わる!グループディスカッション対策」のコラムで詳しく解説しています。

本番に近い環境で面接練習をしよう

大学中退者の就職活動では大学の就職サポートを利用できないため、基本的には自分一人で面接対策を行う必要があります。練習の様子を録画しておくと、良い点・修正すべき点が客観視できるのでおすすめです。面接練習では適切なマナーや言葉遣い、表情を意識するのはもちろん、自己紹介や自己PRなど質問に対する回答を声に出して読むことも大切。より本番に近い環境で面接練習をすると、面接独特の雰囲気に慣れたり、面接官との会話をイメージできたりします。友人や家族に面接官役を演じてもらい、入室から退室までの流れを練習し意見を聞いてみても良いでしょう。

大学中退に負い目を感じるときの対処法

大学中退に負い目を感じるときの対処法の画像

大学中退の経歴に負い目を感じる必要はありません。中退の事実をできるだけ前向きに捉えることをはじめ、就活に備えて身だしなみを整えたりマナーを身につけたりすると良いでしょう。また、自信を持って就職活動を進めるには、自己分析や企業研究を徹底して行うことも大切です。以下で対処法を解説するので、大学中退後に就職活動をする際の参考にしてください。

中退したことを前向きに捉える

大学中退を「将来の自分のために必要な選択だった」「中退という貴重な経験ができた」と、前向きに捉えてみましょう。「在学中にもっと勉強に集中していれば…」「お金があれば中退しなくて済んだかも…」などネガティブな気持ちのまま就職活動をすると、面接のときに表情や態度に出てしまう可能性があります。

大学中退後に活躍している人を探してみる

世の中には大学中退後、社会的に成功していたり、活躍したりする方は多くいます。どうしてもポジティブに捉えられないときは、同じ経歴を持つ人の中からロールモデルを見つけるのもおすすめ。友人や家族、芸能人、政財界など幅広い分野で活躍する「大学中退者」を探してみましょう。「大学中退から正社員へ」では、実際に大学中退から就職した人の体験談をご覧いただけます。

身だしなみを整えマナーを身につける

身だしなみを整えることは、面接官に対して敬意を払うという意味でも非常に重要です。就活に適したスーツの着こなしはもちろん、ヘアスタイルやメイク、小物などにも気を配り清潔感のある身だしなみを意識してください。また、あいさつは就活に限らず、コミュニケーションを図る際の基本です。就活で訪れる場所では、面接官はもちろん誰に対してもハキハキと笑顔であいさつをしましょう。
ほかにも、面接官がどのような意図で質問をしているかを理解し、制限時間内に的確な回答をするのもマナーの一つ。たとえば、自己紹介のときに自己PRをし過ぎてしまったり、志望動機を問われた際、中退理由に多くの時間を割いたりしないよう注意しましょう。

企業研究や自己分析を徹底して行う

大学中退に負い目を感じ就活に積極的になれないときは、企業研究と自己分析を徹底して行うのが効果的です。希望する企業のWebサイトや企業説明会、あるいは就職関連書籍などを活用し、企業の特徴や同業他社との違いを明確にしましょう。企業について詳しく知ることは、面接で志望度の高さをアピールすることにもつながります。「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」を参考に企業研究を行ってみてください。
自己分析では過去の経験を洗い出し、自分の強み・弱み、向き・不向きなどを知ることが可能です。自分を客観的に見つめ直せるので、大学中退を前向きに捉えられたり、向いている仕事を発見したりするきっかけにもなるでしょう。「自己分析のやり方が知りたい!ノートを使った簡単でおすすめの方法をご紹介」では、ノートを使った自己分析のやり方や、注意点などを紹介しています。

ハローワークやエージェントに相談するのも手

大学中退後の就職活動を1人で進めることに不安を感じる場合は、ハローワークや就職・転職エージェントを利用するのもおすすめです。ハローワークは、全国各地に設置されている公共の就職支援施設。無料で求人を閲覧したり、就職セミナーに参加できたりします。一方、就職・転職エージェントは民間の就活支援サービスです。一人ひとりに就活アドバイザーがつき、求人紹介をはじめ、履歴書添削や面接スケジュールの調整、企業との交渉代行などのサポートを受けられます。

大学中退者が利用できる就職支援サービスをお探しの方は、ハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブは、20代のフリーターや大学・大学院中退者など、若年層に特化した就職・転職エージェントです。求人紹介だけでなく、マンツーマンでカウンセリングを行い、就職活動に関するお悩みや、企業への希望なども丁寧にヒアリング。大学中退から就職を目指すときの自己紹介のコツ、面接時に気をつけるべきポイント、効果的な自己PRの書き方などを的確にアドバイスします。自分に合ったフィードバックが受けられるため、面接に苦手意識がある方も、アドバイザーと練習を重ねることで自信が持てるようになるはずです。ご利用はすべて無料なので、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ