新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. テーマによって変わる!グループディスカッション対策

テーマによって変わる!グループディスカッション対策

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・グループディスカッションのタイプは、自由討論型、ディベート型、選択型、課題解決型の4つ
  • ・役割決めやテーマの定義づけなど、グループディスカッションの基本的な流れを理解しよう
  • ・よく出題されるテーマは「働きやすい企業とは?」「年功主義か成果主義か」など
  • ・ディスカッションの場を壊す「クラッシャー」にならないよう注意しよう

グループディスカッションは、就活生が取り組まなくてはならない課題のひとつ。テーマによって展開や振る舞い方が大きく異る、参加者の顔ぶれによってテンションが異なるなど、その場に行くまで分からない要素が多いため、苦手としている就活生も多いようです。そこで今回は、次のステージに進むためのグループディスカッション対策をテーマのタイプ別にご紹介します。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

グループディスカッションとは

グループディスカッションとは企業が採用試験で用いる選考方法の一種。概ね4人~8人の参加者を1つのグループとして、テーマに関する意見交換や議論の経過、制限時間内にどんな結論を出すのかなどを観察します。

一度に多くの応募者を選考できる、応募者が組織内でどんな考え方や動き方をするのか判断しやすいなどの利点から、大企業を中心に多くの採用試験に導入されています。就活業界では、頭文字を取ってGDと呼ばれることも。

グループディスカッションの種類は4つ

それぞれの種類ごとに違った特徴があり、企業がチェックしているポイントもそれぞれ異なります。  

自由討論型

「理想の社会人とは?」など、答えの出ないテーマについて自由に討論させるタイプ。企業側は、社風に合った価値観を持った人物かどうか、議論をコントロールして結論まで導くファシリテーション力などをチェックしています。

よく出題されるテーマは、「働きやすい企業とは?」「救急車が有料化されたらどんな問題が起こるか」「童話『うさぎとかめ』のその後のストーリーを考える」「10年後になくなる職業を考える」など。

・採用を勝ち取るにはまず活発な議論が不可欠。グループのメンバー全員で合格するという意識で、協力して話し合いを進める
・企業の社風を踏まえて、求められている人物像に適った議論を展開する
・抽象的で散漫な内容のディスカッションにならないよう、具体的な経験に裏打ちされた発言を心がける

自由討論型のディスカッションは、話しやすいテーマが選ばれることが多く議論が活発化しやすい反面、抽象的な議論に終始して結論に至らないまま終了してしまうケースも。まずはテーマの定義づけを行い、時間内に結論までたどり着くことが大切になります。上記の三点にも注意しましょう。

ディベート型

「日本にカジノは必要か?」など、賛否のあるテーマについて賛成派と反対派の2グループに分かれて討論するタイプ。企業側は、相手の主張にすぐ反応して反論できる瞬発力、参加者が相手を納得させられる論理的な主張を展開できているかなどをチェックしています。

よく出題されるテーマは、「年功主義か成果主義か」「少年法は存続するべきか、廃止するべきか」「国会議員の育児休暇に賛成か、反対か」「旅行に行くなら海外か、国内か」など。

ディベート型のディスカッションでは、全員に発言の機会が回ってくるとは限りません。つぎつぎと発言される意見を聞くだけのその他大勢になってしまわないよう、相手方の意見をしっかり聞き、素早く反論を用意する必要があります。注意点は以下の3つ。

・相手側の発言を予想し、いつでも反対意見を出せるように準備しておく
・あくまで冷静に、論理的に反論する(喧嘩腰に相手方を攻撃しない)
・ひとりで相手方の意見を論破しようとしない

味方(派閥内)の意見を後押しする、弁護するなどして協力する姿勢もアピールしましょう。

選択型

「東京に来ている留学生を旅行に連れて行くなら北海道がいいか、京都がいいか」など、提示された複数の選択肢の中から1つを選ぶために討論するタイプ。企業側は、選択のために何を評価し何を切り捨てたのか、参加者の論理的な思考力や判断力、価値観などをチェックしています。

ほかによく出題されるテーマは、「家族、恋人、仕事、友人、お金に優先順位をつけるとしたら」「このメンバーの中でひとりだけ合格するとしたら誰か」「火星に4人のメンバーと移住することになった。次の中から誰を連れて行くか選べ。医師(男)、弁護士(女)、野球選手(男)、ピアニスト(女)、大学生(男)、料理人(女)、軍人(男)」「オリンピックの開催地を選ぶとしたら次の都市のどこにするか。バンクーバー、大阪、ブエノスアイレス、シカゴ、ニューデリー、アブダビ、ケープタウン」など。

選択型のディスカッションは、選択肢を評価するための基準を設定しておかないとただの水掛け論に終わってしまう可能性もあります。中身のある議論を戦わせるためには、論理的に議論を進めるための評価基準が不可欠になります。その他の注意点は以下の3つ。

・議論の前提は、なるべく広く定義づけておく
・評価基準が複数ある場合は、評価基準間の優先順位をつけておく
・選択型のディスカッションでは、司会役の力量がもっとも問われる

たとえば、「東京に来ている留学生を旅行に連れて行くなら北海道がいいか、京都がいいか」の場合

留学生 → 出身国は特定しない

北海道、京都 → 市区町村などエリアは指定せず、全体で考える

旅行 → 日数は細かく決めず、1週間未満という大雑把な枠だけを決める

として、前提の定義に幅を持たせておけば議論が深まりやすくなります。

さらに「留学生に喜こんでもらえる旅の条件」といった選択のための評価基準を定めて、評価基準が複数ある場合は、どちらの条件をより優先させるかまで決めておきます。

日本文化に親しむ体験ができる  >  東京では味わえない日本の食文化を堪能できる

この時、評価基準に則して選択肢それぞれのメリットとデメリットまで洗い出せればベスト。それらを根拠に議論を深めることで、参加者全員が納得する結論を導きやすくなります。

メンバーの価値観によって意見がはっきり分かれる選択型のディスカッションでは、司会役の力量がもっとも問われます。ファシリテーション力をしっかりアピールしておきたいと考えるなら、司会役を引き受けてもいいでしょう。司会役として参加者全員の納得する結論まで導くことができれば、高い評価が期待できます。

課題解決型

「花粉症患者を減らすにはどうすればよいか」など、提示された問題についての解決策を討論し制限時間内に結論を出して発表するタイプ。企業側は、参加者の論理的な思考力、独創性などをチェックしています。

よく出題されるテーマは、「若者の投票率を上げるにはどうしたらよいか」、「ボールペンを10万円で売るにはどうしたらよいか」、「下町の商店街を発展させるにはどうしたらよいか」、「シャンプーの国内市場を2倍にするにはどうしたらよいか」などです。

課題解決型のディスカッションでは、結論よりそこまでのプロセスが重視される傾向があります。議論の前提となるテーマの定義をメンバー間で共有することからはじめて、実現可能な結論へとひとつひとつのステップを着実に踏みながら議論を進めます。主な注意点は以下の3つ。

・課題を定義付け、現状を把握する
・課題を解決して、最終的に何を目指すのかはっきりさせる
・アイデアを出す段階では実現可能性は考えずに、出せるアイデアはすべて出す

たとえば、「花粉症患者を減らすにはどうすればよいか」というテーマの場合

定義:花粉症患者とは、スギやヒノキの花粉が原因のアレルギー症状に苦しむ人たち

現状:日本人の花粉症の有病率は現在約30%。1998年からほぼ1.5倍に増加している

課題:戦後盛んに植林されたスギが、活発に花粉を飛散させる時期を迎えている
  :花粉の飛散量の増加と大気汚染が相まって、花粉症患者の増加を招いている
  :子どもの花粉症患者も成人と変わらない割合で増加している

最終目標:1998年当時の水準まで花粉症患者数を減らす

という風に共通認識をはっきりさせ問題点を洗い出しておけば、あとは目標を実現するためのアイデアを出し合えばよいことになります。

この時、はじめから実現可能性に縛られていると議論はなかなか深まりません。一見無理筋と思えるアイデアからよい案が生まれることもあるので、まずは活発に意見を出し合って発想力もアピールしていきましょう。

すべての型に共通する、ディスカッションの基本的な流れ

1. 司会、タイムキーパー、書記の役割を分担する

一般のメンバーとしても十分議論に貢献できるので、まだグループディスカッシに慣れないうちは安易に引き受けない方がいいでしょう。企業によっては、役割に徹しているだけでは評価されないこともあります。役割を果たすことでしっかり議論に貢献できる、役割を果たしながら議論にも参加していけるという自信がつくまで、無理に役割を引き受ける必要はありません。

2. 時間配分を決める

グループディスカッションでは、発表の有無に関わりなくまずは結論までたどり着くことが大切になります。テーマの定義づけ、意見の出し合い、意見の絞込み、まとめ、発表準備などの項目ごとに時間配分を決めて、有効に時間を使いましょう。

3. テーマを定義づける

語句の定義、出題の意図、最終目標などをメンバー間に共有する。

4. 活発な議論を行う

高評価を得るためには、活発な議論を展開することが大前提になります。ディスカッションのメンバーはライバルではなくお互いが協力者だということを忘れずに。積極的に話し合いに参加しましょう。

5. 出揃った意見の絞り込み、まとめ、発表の準備をする

必ずやっておきたいグループディスカッション対策

まず、よく出題されるテーマについては自分の意見を整理しておきましょう。事前の準備を重ねれば自信を持ってディスカッションに参加できますし、気になるデータなどを調べておくことで説得力のある持論を展開することも可能です。

また、議論を深めるためには参加者がテーマに関する認識を共有することが不可欠。参加者は敵ではなく、お互いが協力者だという意識で全員での合格を目指しましょう。

特に、人の意見を聞かず自分の意見を押し通そうとする、ルールを無視した発言を繰り返すなどの行為は厳禁。ディスカッションの場を壊すクラッシャーとして、評価の対象から外されてしまう可能性があります。

話しかけるときは相手の名前を呼ぶ、会話の最中は相手の目を見るなどの基本的なコミュニケーションスキルも大切に、参加者全員での合格を目指す気持ちで参加しましょう。

もし、どう振る舞うべきか迷ったらディスカッションに貢献できるかどうかで判断しましょう。グループディスカッションで採用担当者が見ているのは、参加者が討論にどう貢献しているかの1点だといっても過言ではありません。細かな判断に迷ったら、ディスカッションに貢献するために今するべきことは何かを基準に考えましょう。

発言の少ない参加者に意見を促す、ずれてしまった論点を修正する、クラッシャーも無視せず全員でディスカッションを進めようとする姿勢などは、この点から高く評価されます。

グループディスカッションに不安がある方は、ぜひハタラクティブまでご相談ください。
ハタラクティブは、20代を中心とした若者向けの就職・転職支援サービス。「GDは苦手」、「面接対策がうまく進まない」など、就活生のお悩みにプロの就職アドバイザーがマンツーマンで対応しています。客観的な立場からのアドバイスを受けてみたい、今度こそ面接の壁を突破したいという方、ぜひ一度ハタラクティブまでお気軽にご相談ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ