高卒向けの資格にはどんなものがある?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 高卒就職TOP
  4. >
  5. 高卒仕事探し
  6. >
  7. 高卒向けの資格にはどんなものがある?

高卒でも取れる資格や就職活動に有利な資格にはどんなものがあるでしょうか?

職種によっては専門資格を必要とする仕事もありますし、スキルアップやキャリアアップのために資格を取得すると仕事の幅が広がる場合もありますが、資格であれば何でも良いというわけではありません。

資格取得のための勉強時間を無駄にしないためにも、自分が就きたいと思っている仕事で本当に役立つ高卒向けのおすすめの資格について、業界別に考えてみましょう。

不動産、建設・建築業界の国家資格

まずは高卒から不動産、建設・建築業界を目指す方におすすめの国家資格をいくつかご紹介します。

・宅地建物取引主任者
求人も多く、年齢や学歴に関係なく受験できる人気の国家資格なので、誰でも「宅建」という略称を一度は耳にしたことがあるかと思います。
主な仕事内容は不動産の売買や仲介です。

・不動産鑑定士
業務内容は、土地や建物など、不動産の価値を判定して適正な価格を出すこと。
土地を有効活用するための事業計画、資金計画や、税金、法律などの相談に応じるコンサルタント業を請け負う場合もあります。

・施工管理技士
施工計画に基づき、現場の工事を計画通りに施工するための工程管理、安全管理、品質管理などの管理業務を行う仕事です。
施工管理技士の国家資格は、建築、土木、電気、建設機械、造園、管工事の6種類です。



ほかに受験要件のない不動産関係の国家資格としては、土地家屋診断士、マンション管理士、管理業務主任者、測量士などが挙げられます。

その他の肉体労働では、クレーンやフォークリフトなど、大型、小型の特殊自動車免許を取得しておくと就職活動で有利となる場合があります。

高卒で士業を目指すには

いわゆる「士業」と呼ばれる専門国家資格のうち、高卒でも取れる資格には次のようなものがあります。

・行政書士
主な業務内容は、法的文書を作成して提出手続きを代行したり、書類作成の相談に乗ることです。

・公認会計士
会計に関する高度な知識を持ち、企業の決算などを監査したり、経営、株式のコンタルタント業務を請け負う仕事です。

専門分野のスペシャリストになるための資格は社員採用されやすく、安定収入を期待しやすいことから人気があります。
ただし士業の国家資格は難易度も高く、合格するためには相当の勉強が必要になる上に、受からなければ意味がないので、自分の実力と大きな差がある場合や、年齢が高い場合は要注意です。
試験勉強に時間がかかり過ぎて就活に不利にならないように、慎重に計画を立てましょう。

飲食業界の専門資格、免許

フリーターから飲食業界を目指す場合など、高卒から正社員として就職するために取っておくと役立つおすすめの資格や免許には、どんなものがあるでしょうか?

・調理師
調理師免許は国家資格で、飲食店への就職に有利です。また将来独立開業したい場合に役立つおすすめの資格です。

・食品衛生責任者、防火管理者
上記の2つは、飲食店を開業するために必須の資格です。

・レストランサービス技能士
飲食サービスにかかわる唯一の国家資格で、実務経験1年以上で3級を受験することが可能です。

このほかにも就職に役立つ専門資格としては、パン製造技能士、菓子製造技能士、製菓衛生士などが挙げられるでしょう。


・普通自動車免許
職種や業界を問わず、オールマイティーに役立つのは、意外にも普通自動車免許です。

IT・語学関連の資格

事務職やIT業界への就職を目指す方には、パソコン関連の基礎的な資格は取得して損はありません。語学関係に興味がある方におすすめな資格も併せてご紹介します。

・MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
MOSやエクセルやワード、パワーポイントなどのスキルを証明する資格です。持っていると就活や転職活動で実力を効果的にアピールできるでしょう。

・TOEIC(トーイック)
英語によるコミュニケーション能力を検定するための試験。実用英語技能検定(英検)と並び、語学スキルを証明するのに効果的です。さまざまな分野の翻訳力を証明する資格としてはTQE(翻訳実務検定)があります。

ニーズが高まる医療・介護分野の資格

人手不足によりニーズの高まる医療・介護の分野。高卒でも取れる資格を取って現場で経験を積むことにより、キャリアップを目指すことも可能です。

・介護職員初任者研修
以前はホームヘルパー2級と呼ばれていた介護職員初任者研修は、介護職の入門資格といえるでしょう。在宅・施設を問わず、介護職として働く上での基本的な知識や技術の習得が可能。

・介護福祉士
初級資格を取得後、実務経験を経て受験できる国家資格です。介護を必要とする方の身体介助のみならず、生活や精神面でのサポートなど、より高度で広範囲な仕事内容となります。

その他、医療・介護の資格では、ケアマネージャーや看護師を目指すという方法も。現場での実務経験を積んでサービス提供責任者の資格を取得すれば、訪問介護事業所のリーダーとしてヘルパーを管理したり、事業所運営にかかわったりする仕事ができるようになります。
また、福祉関係の資格としては、介護施設管理士や福祉用具専門相談員、サービス介助士などは受験要件がないため、高卒の方にとってもチャレンジしやすいでしょう。

何のために資格を取るのか?

高卒から正社員就職を目指す際に取っておくと就職活動で有利になるおすすめの資格や免許について考えてきましたが、大切なのは「何のために資格を取るのか?」ということです。

そこがぶれてしまうと、単に資格取得のための勉強という視野の狭い見方になってしまうからです。
さらには「資格さえ取れば正社員になれる」「資格さえ取ればフリーターから転職できる」という認識は、残念ながら間違いです。

目標とすべきなのはその先、「この業界でこういう仕事をして活躍したい」「この業界で経験を積んで、将来は独立開業したい」など、自分の人生の具体的な目標を設定することです。

資格は、目標を実現させるための「手段」であり、目標そのものではありません。
まずはたくさんある仕事の中から、自分が興味を持つ業界や職種をピックアップし、その分野の求人の傾向から、取った方が就活に便利だと判断できる資格があるかどうか調べてください。

目的に合った資格を取ることは、思い描いた将来のビジョンをより具体的に実現させるための助けになってくれるでしょう。

募集されている高卒向けの求人をよく比較検討して、自分が就職を目指す職種に関連する高卒で取れる資格について調べてみましょう。

高卒から正社員就職を目指す時に有利なおすすめの資格にはどんなものがあるでしょうか?

高卒ならではの就活のお悩みは、就職支援サービスのハタラクティブにおまかせください。
豊富な求人の中からあなたの適性に合ったお仕事を紹介すると共に、書類の書き方や面接対策など、就職活動をしっかりサポートします。まずはお気軽にご相談を。

おすすめ記事

▼ご相談はこちらから▼

  • 現在の状況とご希望条件をご選択ください
    • ステップ1
    • ステップ2
    • ステップ3
    現在のご状況必須

    離職中・フリーター
    (契約・派遣含む)

    正社員

    在学中
    (卒業予定)

    在学中
    (中退予定)

    在学中
    (中退を検討中)

    就職開始可能時期必須

    できるだけ早く

    1~2ヶ月先

    3ヶ月以上先

    まだ本当に活動するか決めていない

    最終学歴の卒業年必須

    ←戻る
    次へ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ