仕事を辞める決断ができない…判断基準や対処法を知っておこう!

仕事を辞める決断ができない…判断基準や対処法を知っておこう!の画像

この記事のまとめ

  • 仕事を辞める決断ができないのは、失敗や傷つくことへの恐れが原因の場合がある
  • 仕事を辞める決断をするには、在職中の転職活動がおすすめ
  • 「人間関係が劣悪」「給料が低い」などが、仕事を辞める決断をするよくある理由

仕事を辞める決断ができず、なかなか一歩を踏み出せない…という方は多いのではないでしょうか。このコラムでは、仕事を辞める決断ができない原因についてご紹介。また、仕事を辞める決断ができないときの対処法もまとめています。職場環境が悪い状態で仕事を続けていると、心身に悪影響を及ぼす可能性も。自分の気持ちと真摯に向き合って、前向きな決断ができるようになりましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事を辞める決断をするための判断基準とは?

仕事を辞める決断をするための判断基準とは?の画像

ここでは、仕事を辞める決断をする理由やきっかけを紹介します。仕事を辞める際の判断基準にしてください。

1.人間関係が劣悪

職場の人間関係が劣悪なのは、仕事を辞める決断をする理由の一つです。ただし、人間関係が悪いからといって、勢いで仕事を辞めるのは避けるべき。「どういうときに関係が悪いと感じるか」「なぜ関係が悪くなったのか」を深掘りしておきましょう。状況によっては、上司に相談したり部署を移動したりすれば転職せずとも問題が解決する場合があります。

2.給料が低い

「自分の働きに給料が見合っていない」と感じる場合は、仕事を辞める決断をすることもあるでしょう。働いている企業で給料を上げる場合は、成果を挙げたり勤続年数を積んだりするなど、時間がかかります。「今の給料でこの仕事量はこなせない」と不満を抱えているなら、自分の希望する給料が得られる転職先を探すと良いでしょう。

3.企業が倒産する可能性がある

企業の経営が危うく倒産する可能性があると、仕事を辞める決断をする人もいるでしょう。ただし、経営が悪化しているのは一時的なものかどうか、よく確認する必要があります。これから経営の回復が見込まれるのに、仕事を辞める決断をするのはもったいないことです。また、現状を把握しきれず、「なんとなく倒産しそうだったから辞めた」という退職理由では、転職先に納得してもらえません。本当に企業が倒産するリスクがあるのか、自身が仕事を辞めたいのは経営悪化が理由なのか、よく見極めましょう。

4.残業が多くて辛い

残業が多く、心身が辛いと感じて仕事を辞める決断をすることもあるでしょう。ただし、残業時間は仕事の量ややり方によって改善できる場合があります。まずは先輩や上司に相談してみてください。仕事の量を変えてもらったり、効率の良いやり方を一緒に考えてもらったりすることで、残業時間の削減が期待できます。
なお、相談したり仕事のやり方を工夫したりしても残業時間が減らず、心身に悪影響が出ている場合は、健康を一番に考えて休職や仕事を辞める決断をしましょう。効率良く仕事をする方法は「効率の良い仕事の進め方を知りたい!業務が早い人は何をしている?」で解説しているので、あわせて参考にしてください。

5.仕事にやりがいが感じられない

仕事にやりがいが感じられないことがきっかけで、仕事をやめる決断をする人もいます。「仕事のやりがいがない」と思う場合は、なぜやりがいを感じられないのか考えてみましょう。深掘りしてみると、仕事内容そのものには問題がなく、自身の経験やスキル不足でやりがいが感じられていない可能性があります。入社してしばらくは、仕事を覚えることやこなすことに必死で、やりがいを感じられないことは珍しくありません。
仕事にやりがいを感じられない人は、どのようなことがあればやりがいが感じられそうか、明確にしてから仕事を辞める決断をすることをおすすめします。

6.新しい職業に挑戦したい

新しい職業に挑戦したいと思うのも、仕事を辞める決断ができる理由の一つ。仕事をしていくなかで、「もっと○○な職業に挑戦したい」「取引先で関わっている○○業界に興味がある」という思いが出てくることもあるでしょう。
ただし、興味のある業種や職種は、仕事を辞める決断をする前によく調べることが必要です。曖昧な知識のまま、仕事を辞めて希望の仕事へ転職すると、「考えていたよりも大変な職業だった」と後悔するリスクがあります。仕事への知識を深める方法は「業界研究のやり方がわからない?就職・転職に役立つノートを作成しよう」をご覧ください。

なぜ仕事を辞める決断ができないの?

なぜ仕事を辞める決断ができないの?の画像

仕事を辞める決断ができないのは、「転職先が見つからないかも」「退職したことで評価が下がりそう」といった不安を抱えていることが原因の一つ。ここでは、仕事を辞める決断ができないよくある3つの不安と、それぞれの対処法を紹介します。

1.退職後に転職先が見つかるか分からない

転職の経験がないと、「今の仕事を辞めても新しい勤め先が見つからなかったらどうしよう…」と不安に思うでしょう。仕事に不満があっても、このような不安があると、なかなか仕事を辞める決断ができません。しかし、求人のなかには、「未経験者や第二新卒歓迎」「学歴・経歴不問」など、幅広い募集案件があります。一つの企業を辞めたからといって、転職先が大きく狭まることはないので安心しましょう。

在職中に転職活動をしよう

「転職先が見つかるか分からない」という不安に対処するには、在職中に転職活動をする方法がおすすめです。仕事を辞めてから転職活動をするよりも、時間に余裕がないため大変ではありますが、安定した生活を送りつつ仕事探しができます。「次の勤め先を見つけられるか不安」と仕事を辞める決断ができないのであれば、転職活動を実際に始めてみましょう。在職中に転職活動をする方法は「転職活動は在職中と退職後のどちらですべき?伝えるタイミングはいつ?」で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

2.退職したことによって評価が下がりそう

「退職したことで自身の評価が下がりそう」という不安があり、仕事を辞める決断ができない人もいるでしょう。特に、新卒で入社して間もないころは、何か問題があっても「すぐに辞めることで、今後の転職活動に悪影響が出そう」と思うことも。しかし、仕事を辞める理由が長時間の労働や上司によるパワハラなど、自身で解決できない問題なら、退職した決断を評価されることもあります。

退職理由と志望動機が一貫していれば問題ない

退職理由と志望する企業の志望動機に一貫性があれば、転職先に退職を疑問視されることはありません。たとえば「月に60時間ほど残業していた」というのが主な退職理由の場合、残業の少ない業種や職種を選べば、企業側は「そのような退職理由なら、自社は残業が少なめだから問題なく働けそう」と思ってもらえます。
退職した理由が明確で、同じ理由で辞めそうにないことが志望先の企業に伝われば、転職先は見つかるでしょう。

3.どのくらい貯金があれば退職後も生活できるか不安

新しい転職先が決まる前に仕事を辞める場合は、金銭的な観点から生活が不安になることもあるでしょう。一人暮らしの場合は、家賃や光熱費、食費なども支払わなければいけないため、貯金をすることは大切です。仕事を辞める決断をしたからといって、貯金をせずに退職してしまうと、生活が苦しくなり、転職したいと思ってもすぐに活動できない可能性もあります。以下では、その対処法として転職に向けて貯めておく費用について紹介します。

転職活動の資金を貯金しておこう

転職は応募してから採用されるまで、3ヶ月くらい掛かるのが一般的だといわれています。そのため、今の生活費を見直し3ヶ月は収入がなくても生活しておける貯蓄が必要です。また、転職活動では、面接のための交通費も掛かります。人によっては、スーツや靴などを買う必要がある人もいるでしょう。
転職に掛かるお金は人それぞれです。数万で済む人もいれば、数十万掛かった人もいます。自身の生活費の3ヶ月分と、転職で必要と想定されるものが何か、しっかり考えて貯蓄しておけば、仕事を辞める決断もしやすくなるでしょう。転職に必要なものは「スーツ代に交通費…転職にかかる費用はどれくらい?」で紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

仕事を辞める決断ができたらすべき3つのこととは?

仕事を辞める決断ができたらすべき3つのこととは?の画像

仕事を辞める決断ができたら、転職先を探したり企業へ退職の意思表示をしたりするなどやるべきことがあります。

1.退職前に転職先を見つけておくのがおすすめ

仕事を辞める決意をしたら、転職活動を始めましょう。在職中であれば、給料を得ながら活動できるので、必要以上に焦らずに済みます。有給や隙間時間を上手く使えば、在職中でも転職が可能です。

辞める前にやりたいことを決めておくと転職しやすい

退職する前に、仕事を辞める決断に至った経緯を深掘りし、転職したら何がしたいか明確にしておきましょう。仕事を辞める前であれば、「今の仕事の何が不満で、どのような仕事であれば不満がないか」ということを働きながら考えられます。不満を解消できる仕事がはっきりしていれば、求人も見つけやすく転職活動しやすくなるでしょう。

2.退職は会社に前もって伝える

仕事を辞める決断をしたら、その意思はできるだけ早く会社に伝えましょう。会社を辞める場合は、約3ヶ月前に伝えるのが一般的。会社に伝える際のポイントは以下の3つです。

・直属の上司に意思表示をする
・退職理由では会社の愚痴や悪口はいわない
・上司と話すときは忙しい時間帯を避ける

直属の上司よりも上の役職の人に仕事を辞める意思を伝えるのは失礼な行為にあたります。また、パワハラや労働環境など企業側に非があって辞める場合でも、企業の愚痴を上司にいうのは避けたほうが無難です。辞めるからといって愚痴をいうと、円満退職がしにくくなる可能性があります。

民法では2週間前に意思表示すれば退職できる

会社へ仕事を辞める意思表示をするのは、3ヶ月前くらいが一般的といいましたが、民法第627条によれば、2週間前に意思表示をすれば辞められます。健康や家庭の事情などのやむを得ない理由で「3ヶ月も働けない…」という人は、最短で2週間前からでも辞められることを知っておきましょう。

参照元
e-Gov 法令検索
民法 第六百二十七条(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)

3.自分の退職理由が会社都合になるのか確認する

仕事を辞める場合は、それが会社都合なのか自己都合なのか確認しておきましょう。会社都合とは、会社の倒産や経営悪化など会社側の理由で、退職する場合のこと。ほかにも、月45時間以上の残業が3ヶ月続いたり、パワハラやセクハラを受けたりすることで退職する場合も、会社都合に該当する可能性があります。仕事を辞める決断をして会社都合と自己都合について詳しく知りたい方は、「希望退職は会社都合退職になる?応じるメリットとデメリットを解説」をご覧ください。

転職できるか不安で、仕事を辞める決断ができない方は、ハタラクティブに相談してみませんか?
ハタラクティブは若年層に特化した就職支援を実施している転職エージェントです。プロのアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングし、一人ひとりに合った求人をご紹介します。面接対策や就職後のアフターフォローもあり、転職したことがない方でも安心です。サービスはすべて無料なので、お気軽にご登録ください。

仕事を辞める決断ができないときのお悩みQ&A

ここでは、仕事を辞める決断ができないときのお悩みをQ&A方式で解決します。

仕事を辞める決断ができません…

仕事を辞める決断ができないときは、「なぜ仕事を辞めたいのか」「なぜ辞める決断ができないのか」の2点をよく掘り下げて考えましょう。日々忙しく、考える暇がないため、退職の決意が固まっていない可能性もあります。「仕事を辞めたいのは甘え?辞めるべきかどうかの判断基準を解説」では、仕事を辞めるか悩むときの対処法を解説しているので、あわせてご覧ください。

仕事を辞める決断をするとどんなメリットがある?

仕事を辞める決断をすることで人間関係の悩みから開放されたり、心身ともにリフレッシュできたりといったメリットがあります。まだ勤務が続くとはいえ「仕事を辞めると決めたら楽になった」と感じられることも。詳しくは「退職を決意!仕事を辞めて良かったケースと辞めないほうが良いケース」を参考にしてください。

仕事を退職するよくあるきっかけとは?

「給料が低い」「ほかにやりたい仕事が見つかった」「人間関係が悪い」などが、よくある退職理由です。ほかにも、残業時間が多かったりパワハラを受けたりしたことが原因で健康上に影響が出て、仕事を辞める決断をする人も。よくある退職を決めるきっかけは「退職理由は建前を伝えるべき?仕事を辞める本当の理由」で紹介しています。

仕事を辞める決断ができたら何をする?

仕事を辞める決断ができたら、転職活動を始めて、いつまでに退職したいか目安を決めておきましょう。おおよその目安を決めることで、メリハリをもって行動できます。一人で転職できるか不安な方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。求人の紹介や面接対策など、初めての転職も手厚くフォローします。

関連タグ