新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事を辞める勇気が出ない…その原因と対処法とは?

仕事を辞める勇気が出ない…その原因と対処法とは?

公開日:

最終更新日:

仕事を辞める勇気が出ない…その原因と対処法とは?の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事を辞める勇気が出ない原因には失敗への恐れや傷つきたくないという心理状態がある
  • ・仕事を辞める勇気を出すには、不安要素を失くして自分に自信を持つことが大事
  • ・仕事を辞める勇気を出すために、転職活動や退職準備を行うと良い
  • ・仕事を辞める勇気を出したらどうなるか、前向きに考えることが大切

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!


仕事を辞めたいけれど辞める勇気がなく、なかなか一歩を踏み出せない…という方は多いのではないでしょうか。このコラムでは、仕事を辞める勇気が出ない原因についてご紹介。また、仕事を辞める勇気を出すための考え方や行動についてまとめています。自分の気持ちと真摯に向き合って、前向きな決断ができるようになりましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

仕事を辞める勇気が出ない原因とは?

仕事を辞める勇気が出ない原因には、次のような心理状態が考えられます。

・失敗するのが怖い
・一歩が踏み出せない
・ネガティブに考えてしまう
・自分はできないと思い込んでしまう
・先延ばしにする癖がある
・ダメ人間だと思ってしまう
・傷つきたくない
・受け入れてもらえないのでは?と不安になる
・辞めたあとの生活を想像すると怖くなってしまう

仕事を辞める勇気が出ない場合、心の中には上記のような気持ちが隠れている可能性も。まずは、自分の気持ちと向き合って仕事を辞める勇気が出ない原因を見つけましょう。

仕事を辞める勇気を出すには?

仕事を辞める勇気を出すには、まず自分の中にある不安要素を失くすこと。そして、自分に自信を持つことが大切です。

不安要素を失くす

不安要素を失くすためには、ネガティブ思考をポジティブに変換する、物事を先延ばしにしないように期限を設けてみるといった対策を取ってみましょう。
不安要素を少しでも失くすことで、気持ちは軽くなります。また、下向きがちだった気持ちを上向きに変えるだけでも、心は軽くなるものです。仕事を辞める勇気を出すためにも、まずは不安要素を一つずつ解消しましょう。

自分に自信を持つ

転職できないと思い込んで仕事を辞める勇気が出ない方や失敗を恐れて行動できない方は、自分に自信を持つところからチャレンジするのがおすすめ。自分に自信を持つ方法は、ポジティブシンキングになることです。プラス思考やポジティブ思考で物事を考えることによって、少しずつ自信がついてくるでしょう。
自信は「自分自身を心から信頼する」といった意味を持っています。ネガティブなことばかりを考えてしまう自分を信じることはなかなか難しいものです。気持ちをポジティブに切り替えることで、信じる力が湧いてきて自信につながります。自信を見失ってしまう前に、気持ちをうまくプラスへと誘導することで、自分を心から信頼することができるでしょう。

仕事を辞める勇気を出すための行動

転職活動や退職準備などを始めることで、仕事を辞める勇気が自然に出てくることがあります。なかなか仕事を辞める勇気が出ない人は、実際に行動してみると良いでしょう。

転職活動をする

まずは、在職中に転職活動を始めてみましょう。転職活動は、履歴書を書いて面接をするだけではありません。転職活動で行うことは以下のとおりです。

1,転職の目的を明確にする
退職理由から転職の目的を明確にします。たとえば、「残業が多いから辞めたい」という場合は「効率よく働ける会社に転職したい」、「給料が安くて辞めたい」という場合は「評価制度が確立していて昇給が見込める会社に転職したい」などです。転職の目的を明確にすることで、志望動機の作成もしやすくなります。

2,キャリアの棚卸し
これまでの仕事や業務内容を振り返り、経験や身に付けたスキルを洗い出します。経験やスキルを見直すことで、自分の長所や得意なことが見えてくるでしょう。そうすると、今後どのような仕事をしたいのか絞り込みやすくなります。

3,求人を見る
視野を広げるためにも、まずは気になる業界や職種の求人を数多く見てみると良いでしょう。転職エージェントに登録して自分に合う求人を探してもらうのもおすすめです。

4,転職の軸を決めて業界・企業研究を行う
仕事をするうえで大切にしていることや譲れない条件といった転職の軸を決めることで、どの業界・職種を目指せば良いのかが判断しやすくなります。そして、入社後のミスマッチを防ぐためにも業界研究と企業研究はしっかりと行いましょう。

5,応募書類の準備
応募する企業が決まったら、履歴書や職務経歴書を作成します。履歴書・職務経歴書ともにいろいろなフォーマットがあるので、自分のキャリアやアピールしたい項目に合った書式を選ぶのがおすすめです。なお、志望動機や自己PRでは自分の経験やスキルをどのように活かせるかを書くと良いでしょう。

6,面接
面接の前には、面接練習をするのがおすすめです。落ち着いて答えられるように、面接官に聞かれるであろう質問の回答を準備しておきましょう。
なお、面接練習は第三者に面接官役になってもらうことで、より実践的な練習ができます。質問に対する回答の内容だけでなく声の大きさや抑揚、表情など、細かなところまで見てもらうと良いでしょう。

志望動機を考えたり求人に応募したりすることで気持ちが前向きになります。先のことを考えて行動ることで、仕事を辞める勇気も出てくるでしょう。

退職準備を行う

仕事を辞める月日を決めて、退職に向けた準備を行います。退職に向けた行動を始めることで、仕事を辞める勇気が出てくるでしょう。退職準備では、後任への業務の引き継ぎが重要です。

1,退職日を決める
「◯月までに辞める」と自分の中で退職日を決めます。仕事を辞めたいけれど勇気が出ない…と悩んでしまい行動に移れない方は「◯月下旬には辞めたい」と期限を決め、それまでに何をするのか計画を立てると良いでしょう。

2,退職の意思を伝える
退職希望日が決まったら、直属の上司に退職の意思を伝えます。上司から退職の承諾を得たら、退職願を提出しましょう。

3,業務の引き継ぎ
退職日が確定したら、業務の引き継ぎを行います。まずは、自分の行っている業務を洗い出し、誰に何を引き継ぐのか整理しましょう。引き継ぎをする際には口頭説明だけでなく、業務内容をマニュアル化して渡すと後任者も安心です。

自分が退職したら仕事が回らなくなると考えてしまう方もいるでしょう。しかし、退職をすると決めて次の日に辞めるわけではありません。計画的にしっかりと引き継ぎを行えば問題ないでしょう。

仕事を辞める勇気を出したらどうなるか想像しよう!

仕事を辞める勇気を振り絞ることで、以下のような未来が想像できます。

・仕事上のストレスが激減
・体調が良くなる・スキルを活かして仕事ができるようになる
・仕事にやりがいを感じられるようになる
・ため息をつかなくなる
・イライラしなくなる
・心に余裕が生まれる
・時間に余裕ができる
・プライベートを楽しめるようになる
・日曜日を過ごすのが苦ではなくなる
・周りから「楽しそうだね」と言われることが増える

仕事を辞める勇気を出すのは、たった1回です。やりたいことがあったり、どうしても仕事を続けるのが辛かったりする場合は、自分を信じて勇気を出しましょう。仕事を辞める勇気を出すことで、自分の理想とする働き方や生活ができるかもしれません。

「どうしても一人では決断できない」という人は、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、既卒・フリーター・第二新卒などの若年層を対象とした就職・転職支援サービスです。自分に合った職種を知りたい人には適職診断を、面接に自信がない人には模擬面接を実施。完全バックアップ体制により、安心して再出発をすることができます。サービスの利用はすべて無料なので、まずはお気軽にご連絡ください!

仕事を辞める勇気が出ないときの悩みや対処法に関するQ&A

退職を考えている方の中には、仕事を辞める勇気がなくて悩んでいる方もいるでしょう。ここでは、仕事を辞める勇気が出ない方のお悩みや対処法に関する疑問をQ&A方式で解決していきます。
 

仕事が辛くて辞めるのは逃げでしょうか?

仕事を辞めるのが、必ずしも逃げであるとは限りません。業務内容や職場環境、心理的な問題など、人によって仕事が辛いと感じる理由はさまざまです。自分に合った環境で健康的に働くために、仕事を辞める決断をするのは大切なことだといえます。詳細は「仕事を辞めるのは逃げ?転職を決断する最適なタイミングとは」に掲載しているので、ご一読ください。

仕事を辞める勇気を出すとどんなメリットがありますか?

仕事を辞める勇気を出すことで人間関係の悩みから開放されたり、心身ともにリフレッシュできたりといったメリットがあります。心と時間にゆとりができると、プライベートの時間も存分に楽しめるようになるでしょう。詳しくは「仕事を辞めて良かったケースと辞めないほうが良いケース」に掲載しています。

退職の意思はいつ伝えると良いですか?

退職する1ヶ月ほど前には直属の上司に退職の意思を伝えましょう。時間を取ってもらえるように事前にアポを取って、伝える場所を確保しておくのも大切です。「退職を言いづらい…という人にオススメの方法を大公開!」には、退職する意思の伝え方について詳しく掲載しています。

仕事を辞めるべきか判断できない場合はどうしたら良いですか?

まずは、自分の悩みや仕事を辞めたいと感じている理由を考えます。そして、その悩みや辛さを現職で解決するのが難しいのであれば、仕事を辞めて転職を考えると良いでしょう。それでも、まだ悩んでしまうのであればハタラクティブにご相談ください。アドバイザーが親身になって相談と転職のサポートを行います。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?