転職活動中の疑問解決!退職理由から何が判断されるの?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職活動中の疑問解決!退職理由から何が判断されるの?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・退職理由から面接官が判断するのは、すぐに辞めてしまわないか、人間性に問題はないかなど
    ・退職理由は、志望動機に繋げた前向きな理由にするのがコツ
    ・「前職への不満」を「自分が仕事に何を求めているか」に置き換えて考えてみよう

転職時の採用面接で「退職理由」を問う理由は一体何なのでしょうか。
このコラムでは退職理由について、面接官の視点や答え方のコツを詳しくご紹介しています。
ネガティブな理由をどう伝えて良いか分からない、効果的な伝え方が知りたいという人は、ぜひ読んでみてください。

◆退職理由から判断されることは?

面接官が退職理由から確かめたいことは、主に以下の内容です。

【退職理由から判断していること】

・すぐに辞めてしまわないか
・人間性に問題はないか
・責任感はあるのか
・仕事に対し甘い考えはないか
・仕事のモチベーションは何なのか
・仕事に対する姿勢はどんなものか
・不満を周囲のせいにする傾向がないか
・職場に上手く馴染めるかどうか、など

このほか、退職理由を考慮して配属先や業務内容を決定したい、という意図で質問する企業もあるようです。
面接官が特に注目するポイントは、「すぐに辞めてしまわないか」「職場に上手く馴染めそうか」という点。
そのため、「入社してもまた同じ理由で退職してしまいそう」「考え方が甘く責任感が乏しい」と判断されれば、不採用になる恐れがあるでしょう。
企業の価値観や業務内容はもちろん、面接官の視点を把握した上で、「入社後に活躍してくれそう」という良い印象を与える退職理由を考えることが大切です。


◆退職理由は前向きに伝えるのがコツ!

面接で退職理由を伝えるときは、前向きなイメージにすることがポイントです。
しかし、退職を決意するきっかけは、「人間関係が上手くいかないから」「仕事が合わないから」「給与や待遇面に不満があるから」など、ネガティブな理由がほとんど。
ステップアップのため、というポジティブな理由なら採用面接でそのまま伝えても良いですが、後ろ向きな理由は答え方に工夫が必要です。

例えば、職場への愚痴や不満を伝えた場合、「人のせいにする傾向がある」「我慢が足りていない」という印象を与えることがあります。
「社会人として仕事をする以上、仕事に多少の不満は出るもの」という見方から、応募者の人柄や仕事に対する姿勢に懸念を抱き、マイナス評価に繋がるかもしれません。

職場への不満などのネガティブな理由は、「転職でどんなことを実現したいか」という視点に切り替え、志望動機に繋げると説得力が増します。
他の企業では実現できない応募企業ならではのポイントを挙げ、「前職では〇〇だった。〇〇の環境がある(応募先)企業で〇〇を実現させたい」というように、退職理由を通して仕事に対する熱意や希望を伝えられると効果的です。


◆ポジティブ回答の具体例

ネガティブな退職理由を前向きな表現に変えると言っても、嘘をついて良いということにはなりません。
「前職への不満」を「自分が仕事に何を求めているか」という視点に置き換えて考えるのがポイントです。
具体例を参考に、自分の退職理由を考えてみましょう。

【ポジティブ置き換え例】

例1)「営業ノルマがきつくて退職した」→「お客様一人ひとりに時間をかけて向き合う営業がしたかったから」

例2)「残業が多いのが嫌だった」→「効率的に仕事をし、スキルアップの時間を確保したかったから」

例3)「人間関係が上手くいかなかった」→「個人プレーではなくチームワークを大切にしたかったから」

また、体調不良や怪我が原因で退職した場合は事実を正直に話します。
その上で、「現在は仕事に支障がないこと」「完治したこと」など転職後に問題なく働ける旨を伝え、面接官にアピールしましょう。

上記でご紹介した退職理由以外にも、採用面接では自己PRや志望動機など、さまざまな質問をされます。
退職理由、自己PR、志望動機などの具体的なアドバイスを受けたいという人は、ハタラクティブの活用がおすすめです。

ハタラクティブは、20代向けの就職・転職サポートサービスを提供するエージェント。
専任のアドバイザーが、一人ひとりに合った求人紹介をはじめ、応募書類の添削、面接対策、面接のスケジュール調整、企業とのやり取り代行など、さまざまなサポートを実施しています。
面接対策を万全にしたい、効果的な転職活動をしたいなら、ぜひハタラクティブへご相談ください。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ