退職理由の例文を紹介!前向きな印象が重要ポイント

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 退職理由の例文を紹介!前向きな印象が重要ポイント

公開日:

最終更新日:

退職する際に考えなくてはならないのは退職理由です。どのように説明すればよいのか、悩んでしまう人は多いのではないでしょうか。このページでは退職理由の例文をいくつか紹介しますので参考にしてみてください。
退職理由に説得力を持たせるためにはどのようにすればよいのでしょうか。正直に話し過ぎるのはNGな場合もあるので注意が必要です。退職理由を自分なりの言葉で伝える方法を考えていきましょう。

退職理由が必要になる場面とは

退職理由の例文が役立つ状況は大きく分けると2つの場面です。
ひとつ目は現職の会社を辞めるときです。
会社を辞める際には、必ずといってよいほど退職理由を求められます。
退職理由があいまいな場合、上司に引き止められる口実を作ってしまうので、なかなか辞めることができない状況におちいる可能性もあります。
ふたつ目は応募企業の面接に行くときです。
自己都合退職や同業他社への転職の際には、「仕事の定着性が低いのではないか」「もしくはなんらかのトラブルを前職で起こしたのでは」と疑われる可能性があります。そのような不安を払拭できるような退職理由を説明することができれば面接をスムーズに進めることができるでしょう。
説得力ある形で退職理由を回答できるかどうかが、転職活動を成功させるためのポイントになります。

パターン別に紹介!退職理由の例文

退職理由のパターンはどのようなものがあるでしょうか。

ここでは一例をご紹介します。
・スキルアップしたい
「現在は内勤事務全般で日々仕事をしていますが、個人的な気持ちとして、よりいっそう強いやりがいを求めています。営業実績が多い御社でスキルアップに励みたいと考えています。」
・ほかにやりたい仕事がある
「現職よりもやりたいことがあり、残業が多い中、独学で勉強し資格を取得しました。今後はこの技術を向上させたいと思い転職を決意いたしました。」
・より良い人間関係を求めている
「チームワーク重視で、目標に向かって一丸となれるような職場環境を求めて退職を決心しました。」
・体調不良
「責任ある仕事をひとりでこなしていたため、休憩、休日がとれず、過度の残業も災いして体調を崩してしまいました。職場に迷惑をかけないために退職しましたが、今はもう体調が全快しており、働きたい意欲は強く持っています。」

退職理由はポジティブさを前面に出した内容にするのが基本です。

ここで上げたものはあくまで例文ですので、参考程度にとどめるようにしてください。退職理由は自分なりに考えることが重要です。

退職理由を面接で伝えるときに守るべきセオリーとは

面接で退職理由を伝えるときには前職の批判は可能な限り控えるようにしましょう。
「残業が多くて忙しかった」「上司と合わなかった」「給料が安かった」など、いろいろと不満はあったかもしれませんが、これらの理由は新しい就職先でも発生する可能性があることです。
採用側としては「嫌なことがあったらまた辞めるのでは?」と考える可能性があります。退職理由は前向きな印象を持たれるようにしなくてはなりません。ネガティブな退職理由もポジティブな理由に変換する工夫が必要になります。

退職理由と志望動機に一貫性があることも大事です。
例えば、転勤が頻繁だったことを退職理由にしたとしましょう。その際、志望動機で新しいことにチャンレジしたいと述べるのは少し矛盾しています。
新しいことにチャンレジしたいのであれば、働く地域にこだわりがあるのは足かせになるのではないでしょうか。新しい会社でも転勤があったら辞めてしまうのではと思われる可能性もあります。退職理由と志望動機がつながっていなければ、説得力のある退職理由にはならないことを忘れないでください。

ハタラクティブでは20代を中心とした既卒、フリーター、第二新卒に向けて就職支援サービスを行っています。説得力のある退職理由が思いつかず、困っているようであればぜひ1度ご相談ください。経験豊富な就活アドバイザーがあなたの就活をマンツーマンでフォローします。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ