仕事ができないから辞めたいときの対処法をご紹介!状況に応じた対策とは?

仕事ができないから辞めたいときの対処法をご紹介!状況に応じた対策とは?の画像

この記事のまとめ

  • 仕事を辞めたいときの基本的な対処法は、辞めたい理由を明確にすること
  • 仕事ができないから辞めたい人の対処法は「仕事をリスト化する」「人と比べない」など
  • 仕事ができないのは、「入社して間もない」「教育が不十分」などが原因の可能性も
  • 仕事ができないから辞めたいと感じたときは「転職」も一つの選択肢
  • 転職する前には、転職に伴うリスクを認識したり未来の自分を想像したりすることが大切

「仕事ができないから辞めたい」「対処法を知りたい」と悩む方もいるのではないでしょうか。「仕事ができないから辞めたい」は思い込みの可能性もあります。そのため、まずは辞めたい理由を考察し、よく検討することが重要です。このコラムでは、仕事を辞めたい人が取るべき対処法をご紹介します。理由別の対処法や転職前にやるべきことも詳しく解説しているので、仕事を辞めたいと考えている人は参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

「仕事ができないから辞めたい」のはOK?

仕事を辞めたい理由を深堀りせずに、勢いだけで退職するのは避けたほうが賢明です。ただし、「仕事ができないから辞めたい」と感じる理由によっては、退職を検討するのも良いでしょう。退職してから後悔しないためにも、まずは現状を客観視したうえで自分にできる対処法を考える必要があります。

仕事ができない人とは

「仕事ができない人」の一般的な特徴としては、周囲と協力して物事を進められない、納期を守れない、失敗から学ばないなどが挙げられるでしょう。詳しくは「仕事ができない人の特徴とは?できる人になる方法をご紹介」でも解説しています。
しかし、後述の「『仕事ができないから辞めたい』は思い込みの可能性も」で説明しているように、致し方ない理由で思うような成果が出せない人も。自分は仕事ができないと決定づける前に、まずは自身の状況を冷静に分析することが大切です。

仕事を変えることが転機になるなら辞めるのも選択肢

転職することで現状の悩みが解消される、よりステップアップできるといった場合には、思い切って仕事を辞めるのも選択肢の一つです。今の仕事が自分の適性や価値観と合っていなければ、なかなか業績を上げられない可能性もあります。仕事ができないから辞めたいと悩んでいる方は、転職のメリット・デメリットを踏まえながら自身の今後を熟考してください。

仕事を辞めたいときの基本的な対処法

仕事を辞めたいときは、理由を明確にして自分で改善できるかできないかを判断するのが基本的な対処法です。詳しくは以下をご覧ください。

仕事を辞めたい理由を明確にする

仕事を辞めたいと感じる人は、まず辞めたい理由を明確にしましょう。仕事を辞めたい理由が分かれば、それに応じた対処法が取れます。「何となく辞めたいから」「なぜか上手く仕事ができないから」といった曖昧な気持ちで仕事を辞めてしまうと、根本的な原因を解決できません。その結果、転職先でもまた同じように仕事を辞めたいと感じてしまう可能性があるので注意しましょう。

自分で改善できるかできないかを判断する

仕事を辞めたい理由が明確になったら、次は自分で改善できるかどうかを判断しましょう。自分で改善できるものであれば自分で直す努力をし、自分で改善できないものは周りの人に相談するのが効果的な対処法です。

悩みを一人で抱え込まない

仕事を辞めたいと感じる原因が自分で改善できる場合でも、気持ちが追い詰められてしまっている場合はすぐに周囲の人に相談しましょう。自分では深刻に考えていても、周りに相談したら大した問題ではなかったと気づくこともあります。

新卒や20代で仕事を辞めたいときは?

新卒の場合は、第二新卒としての再就職を狙えます。第二新卒とは、一般的に大学卒業後3年以内の社会人経験者のこと。第二新卒には、職歴が浅いゆえの順応性や基礎的なビジネススキルを期待する企業からの採用ニーズがあります。また、20代といった年齢が若いうちは、未経験の仕事であっても、企業のポテンシャル採用を見込めるでしょう。仕事ができないから辞めたい新卒や20代の方は、自身の人柄や仕事に対する意欲を積極的にアピールすれば、転職しやすい年代といえます。

入社してすぐの転職は慎重さが必要

入社したばかりの新卒や20代の方が転職を考える際は、慎重になったほうが良いでしょう。
このコラムの「入社してから年数が経っていない場合」でも説明しているとおり、入社して間もないと「仕事ができないから辞めたい」と感じる場合があります。仕事の知識やスキルを身につけるには、ある程度の時間や経験が必要です。仕事を辞めたい原因が、自分の経験不足によるものなのか、頑張り次第で克服できるものなのかといった点を見極めたうえで転職を検討しましょう。

仕事を辞めたい7つの理由別の対処法

ここでは、仕事を辞めたいときの対処法を、辞めたい理由別に紹介します。
仕事を辞めたいと考えている方は参考にしてみてください。

1.仕事ができないから辞めたい場合の対処法

「同じミスを繰り返してしまう」「納期に間に合わない」など、仕事ができないことを理由に辞めたいと考えている人は、以下の対処法を試してみましょう。

仕事をリスト化する

「優先順位をつけられない」「焦って業務を忘れてしまう」など、仕事ができないと自覚している人は、その日にやるべきことをリスト化する対処法がおすすめです。1つの仕事を達成するごとにチェックを入れていけば、その日の業務を整理しやすくなり、抜け漏れの防止にもなります。

仕事に全力で向き合う

「自分は仕事ができない人だから仕方がない」とあきらめている人におすすめの対処法は、辞める前に一度全力で仕事に向き合ってみることです。必死に仕事を覚えたり、上司に指導を頼んだりするなどして仕事に向き合えば、仕事ができない状態から抜け出せる可能性があります。そうすれば、次第に仕事を辞めたいという感情も薄れていくでしょう。

仕事で人と比べない

仕事ができない人は、周りの人と比べないことも、辞めたい気持ちを押さえるための対処法となります。同僚が優秀な人ばかりだと、比較したときに「自分は仕事ができない」と思い込んでしまいがちです。そのため、仕事ができないから辞めたいと考えている人は、本当に仕事ができないのか、周りが優秀過ぎるのかを判断してみてください。人並みに仕事ができているのであれば、必要以上に「仕事ができない」と悲観する必要はありません。

自分の考え方を見直すことも大切

周囲と比べて仕事ができないと思っている人は、まず自分自身の仕事に対する向き合い方を見直してみることも大切です。たとえ仕事を辞めて転職しても、周りの優秀な人と比較しているうちは仕事ができない状態から抜け出せません。その結果、再び「辞めたい」と感じる可能性もあるので注意しましょう。

2.労働環境や条件が悪くて辞めたいときの対処法

「勤務時間が長過ぎる」「給料が仕事量に見合っていない」など、労働環境や労働条件への不満を解消できずに仕事を辞めたい人は、以下の対処法を試してみてください。

仕事に役立つスキルを磨く

給料の低さが原因で辞めたい人は、スキルを磨くのも対処法の一つです。仕事で役立つスキルを習得して業務に貢献すれば、昇給のチャンスが芽生えるでしょう。希少性の高いスキルや汎用性の高いスキルを習得することで、仕事を辞めたあとも他社で活かせる可能性があります。

上司に仕事の実績を示して交渉する

給料の低さに納得できないことから仕事を辞めたい人は、上司に交渉する対処法がおすすめです。ただし、昇給の交渉をする際は何かしらの実績や成果が必要となります。自分の行いによって得た成果や実績をデータにまとめ、それをもとに昇給の交渉をすると良いでしょう。給料が低いことを不満に思うだけで実績が伴っていないと、上司は昇給の必要性を感じない場合があるので注意してください。

労働時間への不満は上司に相談する

労働時間が長くて仕事を辞めたい人は、退職を決断する前に上司へ相談してみましょう。たとえば、仕事量が多過ぎて労働時間が長くなっている場合は、仕事の割り振りを変更してくれたり、仕事の進め方をアドバイスしてもらえたりする可能性があります。

3.人間関係が悪くて仕事を辞めたいときの対処法

「上司に小言を言われる」「部下に避けられている」など、人間関係が上手くいかなくて仕事を辞めたい人の対処法を以下で紹介します。相手に応じた対処法を選んでみてください。

相手が上司の場合

上司との関係が上手くいかず、「もう我慢できない…仕事を辞めたい」と感じる人の対処法は、上司の言動を分析して大人な対応を取ることです。たとえば、上司が訳もなく怒ってきたときに、「忙しくて心に余裕がないんだな」「何か家で嫌なことがあったのかな」などと考える対処法が挙げられます。あまりにも理不尽な対応をされている場合は、上司より上の立場の人に相談するのも効果的な対処法です。

相手が同僚の場合

「同僚と上手くいかない…仕事を辞めたい…」と感じる場合は、年齢が近いことによるライバル心や嫉妬心が原因の可能性があります。そのため、このコラム内の「1.仕事ができないから辞めたい場合の対処法」で述べたとおり、同僚と自分を比べず、やるべき仕事に集中するのが有効な対処法です。原因が分からない場合は、相手と一度話す機会を作るのも良いでしょう。

相手が部下の場合

部下との関係が上手くいかない人は、怖がられている、もしくは見下されている場合があります。そのため、仕事上の人間関係を好転できないから辞めたいと考える前に「部下に歩み寄る」「尊敬されるような上司になる」といった対処法を取ると良いでしょう。具体的には、自分から積極的に話し掛けたり、努力して成果を出したりするなどの方法が挙げられます。

異動を申し出るのも有効な対処法

自分なりの対策を講じたにも関わらず人間関係を改善できない場合は、異動を申し出るのも有効な手段です。ただし、異動先でも人間関係に悩む可能性は十分にあります。人間関係に自信がない人は、常に歩み寄る姿勢を大切にすると良いでしょう。

4.仕事にやりがいが感じられず辞めたいときの対処法

仕事にやりがいが感じられなくて仕事を辞めたい人の対処法は、以下のとおりです。

自分の仕事がどう役立っているのかを知る

仕事にやりがいを感じることができない人は、自分の仕事が会社や世の中にどう役立っているのかを考えてみるのがおすすめです。ただ黙々と仕事をするよりも、「自分がしていることは△△に役立っている」と実感しながら仕事をするほうが、やりがいを感じやすいでしょう。また、自分の仕事が少しでも社会に貢献していると分かれば、仕事を辞めたい気持ちも解消されていくはずです。

仕事上の目標を設定する

仕事にやりがいを見出せず辞めたいときには、目標を設定する対処法もおすすめ。目標はどれほど些細なものでも構いません。「明日までに△△の仕事を終える」「今週は残業をしない」など、達成できそうな目標設定から始めてみましょう。明らかに達成できない目標を立てるのは避けてください。小さな達成感の積み重ねが自信につながり、次第にやりがいを感じられるようになるはずです。

仕事場にライバルを見つける

職場にライバルを見つけるのも効果的な対処法です。ライバルがいれば、「負けないように頑張ろう」「少しでも近づけるように努力しよう」と思えます。成績を伸ばす方法やライバルに近づく方法を模索していくなかでやりがいを感じられれば、仕事を辞めたいと思わなくなるはずです。

手が届きそうな相手をライバルに選ぼう

ライバルは、自分の手に届きそうな相手を選ぶのがポイント。優秀な人をライバルに選んでしまうと自分との大きな差を感じ、仕事ができないから辞めたいという気持ちがさらに増す可能性もあるので気を付けましょう。

5.評価してもらえず仕事を辞めたいときの対処法

努力しているのに評価してもらえず、仕事を辞めたいと感じている人は以下の対処法を取ってみましょう。

仕事における自分の評価を周りに聞いてみる

努力が報われていないと感じて仕事を辞めたい人は、仕事に対する自分の評価を周りの人に聞いてみてください。自分の評価と周りからの評価は異なる可能性があるからです。自分では頑張っているつもりでも、努力の方向が間違っていて「仕事ができない人」と思われている場合も。そのため、客観的な意見を聞くのは効果的な対処法といえます。

努力するだけではなく仕事の成果を出す

周りに評価してもらうには、ただ努力するだけでなく仕事で成果を出すことが重要です。社会人として働くうえでは、基本的に努力の過程よりも結果が大事とされます。「評価してもらえない」「思うような仕事ができないから辞めたい」と考える前に、自分がただ努力しているだけの状態になっていないか振り返ってみてください。

仕事での失敗を減らす

失敗の多さから「仕事ができない…辞めたい」と思っている人は、失敗を減らす、もしくは失敗を上手にカバーするといった対処法を取りましょう。どれほど成果を出していても、仕事上の失敗が多過ぎると会社全体では損失となる可能性があるからです。ただし、たくさん失敗をしても上手くリカバリーできていれば、プラスに捉えられることもあります。そのため、挑戦する姿勢は変えずに、失敗を上手く処理できるようにすると良いでしょう。

評価を気にしないで仕事に集中する

評価を気にしないようにするのも、「評価してもらえないから仕事を辞めたい」と感じたときに効果的な対処法です。仕事を評価してもらえない人は、普段から無意識に「評価されるための行動」を取っている可能性があります。たとえば、目立つ仕事だけを選んだり、上司がいるときだけ熱心に仕事をしたりするなどです。評価を気にせず一つひとつの仕事に集中していれば、自然と頑張りを認めてもらえる可能性もあります。「いきなり評価を気にしないなんてできない…」という人は、仕事を選り好みしないことから始めてみましょう。

上司に仕事の頑張りをアピールする

仕事で成果を出しているにも関わらず評価してもらえない場合は、上司に自分の頑張りをアピールしてみましょう。特に、忙しい職場の場合は、一人ひとりの従業員に目を向けられていない可能性があります。「自分はこれだけの成果を出した」と上司にアピールすれば、評価につながるはずです。

6.家庭の事情で仕事を辞めたいときの対処法

子どものケガ・病気や両親の介護といった家庭の事情で「仕事ができないから辞めたい」という人は、まず会社の規則を確認しましょう。条件によっては、休暇を取得できる場合があります。会社の上司に取得実績を聞くのもおすすめです。また、労働条件変更の相談や交渉をする対処法もあります。

直接相談すれば対応可能な場合も

会社の規則に載っていなくても、直接相談すれば対応してもらえる場合があります。「仕事ができないから辞めたい」と考える前に、まずは上司に相談してみましょう。

7.働きたくなくて仕事を辞めたいときの対処法

働きたくなくて仕事を辞めたい人の対処法は、仕事以外に楽しみを見つけることです。職場にしか居場所がないと、常に仕事のことが頭に浮かび、働きたくないと感じてしまいます。職場以外のコミュニティに参加したり、今までやったことのない趣味に挑戦したりするなどして、仕事以外に楽しみを見つけてみましょう。また、仕事を「収入を得る手段」と割り切って無心で働くのも対処法の一つです。
仕事ができないから辞めたい人は、「仕事についていけない!辞める前に試すべき対処法を解説!」の対処法もぜひ参考にしてみてください。

「仕事ができないから辞めたい」は思い込みの可能性も

仕事ができないのは思い込みの可能性もあります。仕事ができないから辞めたいと考えている人は、以下の例を見て、思い込みではないか確認してみてください。

入社してから年数が経っていない場合

入社したばかりの場合は、仕事ができないことも多いといえるでしょう。特に未経験の職種や業界の場合は、仕事をこなせるようになるまである程度の時間が掛かります。たとえ経験者であっても、職場が違えばその会社独自のやり方やルールを覚えなければなりません。
そのため、入社してから間もないのに「仕事ができないから辞めたい」と感じている人は、最初はできなくても仕方がないと割り切る対処法を取りましょう。

新しい仕事に取り組んでいる場合

新しい仕事に取り組んでいるときも、「仕事ができない」「辞めたい」と思い込みがちです。部署異動や新規プロジェクトなどで新しい仕事に取り組んでいる場合も、最初はできないのが当然だと思いましょう。新しいことに挑戦するとき、ある程度の失敗はつきものなので、必要以上に落ち込まず、試行錯誤を繰り返していくのが対処法といえます。

仕事の教育が行き届いていない場合

仕事ができないから辞めたいと感じる場合、教育が行き届いていない可能性も考えられます。もちろん、自ら学びに行く姿勢は大切です。しかし、「見て覚えてください」「自分で考えてください」と、新人にすべてを丸投げするのは指導者側に落ち度があるとも捉えられます。この場合の対処法として挙げられるのは、上司より上の立場の人に相談する、教育担当者以外の上司に相談するなどです。

教育制度が充実した会社に転職するのも手

あまりにも教育体制が整っていない職場で「仕事ができないから辞めたい」と悩む場合は、仕事の研修体制や教育制度が整った会社に転職するのも有効な対処法です。「OJTとはいったい何?研修する側・受ける側のメリットや注意点を解説」では、教育制度のメリットやデメリットを紹介しているのでチェックしてみてください。

仕事を辞めたいと感じたときは転職も対処法の一つ

ここまでの項でも少し触れていますが、仕事を辞めたいと感じたときは転職を選ぶのも対処法の一つです。転職をすれば職場が変わるので、仕事ができないから辞めたい状態から解放されます。ただし、転職する対処法を取る場合は、転職活動を始める前に以下の手順を踏みましょう。

転職活動の前にやるべき3つのこと

仕事を辞めたい人が転職活動をする前にやるべきことは、以下のとおりです。

1.転職に伴うリスクを認識しておく

仕事を辞めたい人は、転職のリスクも知っておきましょう。転職のリスクは、転職先が現職よりも理想の環境であるかどうかは、実際に働いてみないと知ることができない点です。理想の会社だと思っていても、入社後にギャップが出てきたり、現職よりも悪い環境であったりすることもあり得るでしょう。その場合、再び仕事を辞めたい状態に陥る可能性があります。

2.自分が仕事に何を求めているのか明確にする

転職活動を始める前に、自分が現職で抱えている不満や仕事に何を求めているのかを明確にしましょう。「何が不満なのか」「その不満はどのような職場だったら解消されるのか」が分からないと、転職先で再び「仕事ができない…辞めたい」と感じる可能性があります。特に、短期離職を繰り返している人は「何となく」で転職してしまっている場合があるので、転職前にじっくりと考えてみてください。

3.未来の自分を想像する

仕事ができないから辞めたいと感じたときは、転職前に未来の自分を想像してみましょう。キャリアプランを思い描くことで、転職活動の軸が定まります。おすすめは、10年後や20年後の遠い未来から想像することです。「10年後に△△になっている」と決めたら、それを達成するためには5年後・1年後・半年後にどのような過程を踏めば良いのかを考えます。半年後からさらに1カ月後・1週間後と細かく手順を考えていけば、今すべきことや対処法が分かるはずです。

転職前に資格を取るのもおすすめ

仕事を辞めたい人は、転職前に資格を取得するのも良いでしょう。ただし、資格の有無より実務経験を重視する会社もあるので注意が必要です。詳しくは「転職は資格なしでも大丈夫?20代・30代・40代別の採用ポイントを解説」をご参照ください。

「仕事ができないから辞めたいけど対処法が分からない」「転職に不安がある」と悩んでいる人には、転職エージェントの利用もおすすめです。
転職エージェントのハタラクティブは、フリーターや既卒、第二新卒といった若年層の転職・就職活動に特化したサービス。プロの就活アドバイザーが専任で付き、あなたの悩みや要望に沿った求人をご紹介します。また、仕事に関する悩み相談だけでなく、応募書類の添削や面接対策なども実施し、転職活動をあらゆる面からサポート。サービスはすべて無料なので、仕事を辞めたいと感じている人はぜひお気軽にお問い合わせください!

仕事を辞めたいときの対処法に関するQ&A

ここでは、「仕事ができないから辞めたいのは甘えなのか」や「仕事を辞めるときの判断ポイント」などのお悩みに回答します。仕事を辞めたいと考えている人はぜひお役立てください。

「仕事ができないから辞めたい」は甘えですか?

仕事ができないから辞めたいと感じるのは、必ずしも甘えというわけではありません。このコラム内の「「仕事ができないから辞めたい」は思い込みの可能性も」で述べたとおり、仕事ができないのはあなた1人の責任ではない場合もあります。そのため、自分だけが悪いと思い込まず、身近な人に相談するといった対処法を取ってみましょう。仕事ができないことを不安に感じている人は、「仕事ができない!辛い気持ちを乗り越える方法とは」も参考にしてみてください。

家族の介護をするために仕事を辞めるのはアリ?

家族の介護をするために仕事を辞めても問題ありません。しかし、基本的に離職期間が空くほど復職のハードルが高くなるので注意しましょう。復職できるか不安な人は、休職制度が受けられないか会社に確認する対処法を取るのがおすすめです。介護休業について詳しく知りたい方は「意外と知られていない介護休業を完全攻略!」を確認してみましょう。

円満退社するためのポイントは?

仕事を辞めたい人が円満退社するためのポイントは、「退職の1カ月前までには退職の意志を伝える」「退職の時期は会社の繁忙期を避ける」など。また、お世話になった上司や同僚に挨拶をするのも円満退社するうえで重要です。円満退社のポイントは「円満退社のために!退職理由の伝え方の例」でも紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

仕事を辞めるか辞めないかの判断ポイントは?

仕事を辞めるときの判断ポイントは、「自分で改善したり職場の人に相談したりしても状況が変わらなかった場合」や「心身に影響が出ている場合」です。自分なりに手を尽くしても状況が改善されなければ、仕事を辞めて転職するのも一つの手段でしょう。仕事を辞めるか辞めないかの判断に迷っている人や転職を考えている人は、ぜひ転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。

関連タグ