新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 異動したいと思ったら…?上司への相談と異動願の書き方

異動したいと思ったら…?上司への相談と異動願の書き方

公開日:

最終更新日:

異動したいと思ったら…?上司への相談と異動願の書き方の画像

【このページのまとめ】

  • ・部署異動したい時は、社内の公募制度やFA制度を利用する
    ・制度がない場合は、上司に異動の相談を持ちかける
    ・異動を希望する理由は前向きな内容にする
    ・異動願の提出は繁忙期や決算期を避け、できれば社内の人事異動の時期に合わせると良い
現在の部署に満足できず、部署異動したいという方はいませんか?
社内の人事制度を利用したり、上司に相談したりすれば、異動の希望が叶う可能性があります。
今回のコラムでは、異動を願い出る際に注意したいポイントや、異動願を提出するタイミングをご説明していきます!


◆部署を異動したいときはどうする?

部署異動したいという希望がある人は、まず会社の人事制度を確認しましょう。もし職場に「社内公募制度」がある場合、公募に応募して希望の部署へ異動するやり方があります。
社内公募とは、各部署が社員の中から人材を登用する制度で、あらかじめ求める条件を提示し面接などを通して適性を判断します。社内公募が行われるのは新規プロジェクトで増員が必要なタイミングであることが多く、公募を利用する際は上司からの承認なしに人事に相談することが可能です。

ほかにも部署異動に関わる人事制度としては、社員が自分の能力を希望部署にアピールして異動を叶える「FA(フリーエージェント)制度」があります。
ただし、FA制度を利用するには、勤続年数や実績、保有資格など会社の定める条件を満たす必要があり、誰でも制度を活用できるというわけではありません。
こういった人事制度には、社員のモチベーションを高めて会社の利益につなげる、適材適所の人材配置をするという目的があるようです。

もし、職場に部署異動を叶える制度がないのであれば、直属の上司に相談を持ちかけてみましょう。
上司からは異動を希望する理由を聞かれると思いますが、その際には「キャリアアップしたい」「より会社に貢献できると思うから」といった前向きな理由を伝えるのが鉄則。
「人間関係に不満があるから」と言うと、「協調性がないのでは?」と思われマイナス評価をされてしまうかもしれません。「今の仕事に熱意が持てないから」といったネガティブな動機はアピールにならないので避けましょう。

部署異動の相談は切り出しにくいという人も多いですが、今後のキャリアを築くためには若いうちから行動した方が良いでしょう。
やりたいことがある人は、思い切って一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

◆異動願いの書き方とポイント

異動願いの書き方とポイントの画像

異動の際に必要な書類は会社によって異なります。一般には異動願を提出しますが、会社が定める書式がある場合はそれに従いましょう。
もし書式がなくて書き方が分からないという方は、以下のような内容を盛り込んでください。

・異動願を提出する日付
・自分の名前と捺印
・提出先(〇〇殿)
・現在の所属部署
・現在の部署での所属期間
・希望する異動先
・異動を希望する理由

これらの内容を記載し、書類の最後には「以上」と記入して終わります。
異動の理由は、先ほどもご説明した通り前向きな内容を心がけます。

◆異動願いは提出のタイミングに気をつけよう

提出の時期に迷う方は、人事異動があるタイミングを見計らうと良いでしょう。会社にかける迷惑を少なくするためにも、繁忙期や決算期での提出は避けた方が無難です。
家庭や健康上の事情などで一刻も早く異動したいという人は、少なくとも異動を希望する時期の1ヶ月前には異動願の提出を済ませておきましょう。

異動願は直属の上司に渡すのが一般的なルール。上司との信頼関係を保つためにも、いきなり人事部に提出するのは避けるべきです。
異動願は何の前ぶれもなく提出するのではなく、まずは上司に口頭で相談した上で手渡すのが一般的な流れです。上司としてもあらかじめ異動希望があることをわかっていた方が、スムーズに手続きを進められるでしょう。

◆異動したいけどできない…そんなときは転職を検討してみよう

異動が難しい場合、転職を視野に入れて行動しようの画像

社内での異動が難しくやりたい仕事ができない時は、転職も選択肢の一つです。
異動の相談をしても聞いてもらえない、異動願を受け取ってもらえないと悩んでいる方は、一度転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

若年層の転職に特化したハタラクティブなら、アドバイザーが1人ひとりの希望をヒアリングした上であなたにぴったりの求人をご提案します。
経験豊富なプロと一緒に、今後のキャリアについて真剣に考えてみませんか?
当サービスでは書類作成の指導や面接対策にも力を入れており、求職者の方が希望の企業に入社できるよう手厚くサポートしています。
もちろん転職すべきかどうか悩んでいる方の相談もお待ちしているので、お気軽にご登録ください!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ