会社が辛い!原因を見極めて対処法を考えよう

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 会社が辛い!原因を見極めて対処法を考えよう

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・会社に行くのが辛いと感じる理由は、「仕事に向いていない」「失敗をした」「人間関係に不満がある」など

    ・会社でできるリフレッシュ法は、好きな飲み物を飲む、仮眠する、ストレッチ…など

    ・今の会社が辛いなら思い切って転職することも。問題点が改善されない、負担が大きい…と感じたときには考えてみよう

    ・転職するならプロの手を借りるのがおすすめ。転職エージェントに相談してみては?

望んで就職を決めた会社であっても、日々業務をこなす中でトラブルに直面することもあり、「会社に行くのが辛い」と感じる方もいるようです。1度会社に行くことが辛いと感じ始めると、「自分はこの仕事に向いていないのでは?」と悩んでしまう場合もあるのではないでしょうか。今回は、会社が辛くなってしまう原因の例と、対処法についてご紹介していきます。

◆なぜ辛いと感じるのか原因を考える

会社が辛いと感じる場合は、「なぜ会社が辛い」のかを明確にすることが大切です。

 

気持ちを明確にすることで、現職を続けるべきかを判断する指針となるだけではなく、離職後、転職に向け志望動機を考えやすくすることにもつながります。

会社を辛いと感じる理由について整理する際には、抱える問題点に対して対処法を考えると良いでしょう。

 

会社が辛いと感じる代表的な理由として「自分の能力は今の仕事に向いていないと感じる」「大きな失敗をしてしまった」「職場の人間関係に不満がある」などが挙げられます。

 

【向いていないと感じる】

現職と自分の能力がマッチしていないと感じ、会社に行くのが辛い方は、自分が行っている仕事に対して勉強する姿勢や努力が足りているのかなども合わせて考えるようにしましょう。

努力不足によって、仕事を辛いと感じる場合は、転職をしても状況が変わらないことも考えられます。

 

【失敗をしてしまった】

大きな失敗をしてしまったことが原因である場合は、失敗は仕事を通して自分が成長していく過程だったと考えることも1つの方法です。

失敗は誰しもしてしまう可能性があるものですが、大切なのはその後どうリカバリーするか。

迷惑をかけた人には素直に謝罪し、今後同じ失敗をしないためにはどうすればいいのかを考えることが大切です。

 

【人間関係に不満】

人間関係に問題があり、会社が辛いと感じる場合、まずは相手の良い面に目を向けるようにする努力をしてみることも大切といえます。

しかし、難しい場合は仕事に没頭して忘れるようにすることも1つの方法です。対象となる人や人間関係から意識をそらすことは、辛い気持ちをカバーすることにもつながります。

仕事で成果を出せば、怒られたり嫌味を言われたりということがなくなるという効果も期待できます。

◆会社でできるリフレッシュ方法

ストレスがたまった状態で働き続けるのはつらいもの。

転職するほどではないけど仕事がつらい…という人が試せる、会社でできるリフレッシュ方法をご紹介します。

 

・好きな飲み物を飲む

コーヒーや紅茶にはカフェインが含まれているため、眠気対策にも効果的。

また、あたたかい飲み物を飲むことで、気持ちを落ち着けることもできます。

 

・ストレッチをする

軽くストレッチをするだけでも、滞っていた血行が良くなるため身体がすっきりします。

仕事中に立ち上がることができない…という場合は、イスに座ったままできる運動をしてみましょう。

 

・休憩時間に仮眠を取る

心身に疲れがある場合、5~20分ほどの仮眠を取ることでリフレッシュすることができます。

耳栓やアイマスクを用意しておけば、より快適な環境で眠ることも可能です。疲れを感じやすい人におすすめのリフレッシュ方法です。

 

時間の使い方を工夫し、うまく息抜きをしながら働くのがストレスをためこみすぎないポイントです。

◆転職をしよう!見極めのタイミングが知りたい

リフレッシュ方法など様々な工夫をしても仕事がつらい、会社に行きたくない…という場合は、思い切って転職するというのもひとつの手。

仕事をやめる決意をするタイミングとして代表的なものを挙げると「努力をしたが改善が見込めないとき」「精神的な負担が大きくなり限界だと感じたとき」などが挙げられます。

 

【問題の改善が見込めない時】

自分なりに改善方法を考え、実行してみたものの、長い時間が経っても解決が見込めない場合は、解決することが難しい事態に陥ってしまいやすいといえるでしょう。

自分の努力だけでは対処しきれないことも考えられるため、仕事を続けていく上で自分を成長させるために、転職を決断することも有効な策といえます。

 

【精神的な負担が大きい時】

また、精神面の負担が大きくなり過ぎてしまうと、うつ病などを発症してしまうことにもつながります。

1度メンタルや身体の健康が損なわれてしまうと、離職後転職活動を進めることが困難になってしまう場合も。

心身共に健康な状態で、新たな職を探すには、現職をやめるタイミングを見極めることも重要なポイントの1つです。

◆転職に不安があるならハタラクティブに相談してみよう 

「会社が辛い」と感じるようになってしまった理由として、「自分の能力に合った仕事を見極めることができなかった」ことも考えられます。

転職をする際には、自分の持つ能力が応募する職種にマッチするのか否か、熟考した上で転職活動を進めることも大切といえるでしょう。

しかし、転職に関する知識が乏しかったり、自分に合う仕事を見付ける自信がなかったり場合は、転職エージェントに相談することも1つの方法といえます。


ハタラクティブは、既卒、第二新卒、フリーターに向けた就職活動支援サービスを行います。紹介する企業と応募者の能力がマッチしているのか否かを見極める「仕事マッチング」だけではなく、「書類作成」や「面接」など転職までのステップを経験豊富な就活アドバイザーがサポートします。

厚生労働省認定の優良職業紹介サービスはすべて無料で受けることができるため、お気軽に相談してください。

 

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ