新しい環境に不安を感じるときにやるとよいこと

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 新しい環境に不安を感じるときにやるとよいこと

2016/04/15

新しい環境に不安を感じるときにやるとよいこと

■明るく振る舞う

不安を感じていると、緊張して顔は強張り、雰囲気が暗くなってしまいます。
そのような人には職場の人達も声をかけにくいです。その結果、職場で孤立してしまい、不安はますます大きくなっていくことでしょう。
不安を広げずに解消するには、明るく振る舞うのが一番です。
不安な状態では難しいかもしれませんが、多少無理をしてでも明るく振る舞うのです。
円滑な人間関係を築くためにも元気に挨拶するようにしましょう。挨拶は良好な人間関係を作るために欠かせません。
特に新人から挨拶をするのは当然であるといえます。明るく挨拶された人は好印象を抱きます。
職場で周囲から好意的に受け入れられ、仕事面でもサポートを得られるようになれば、不安も和らいでいくはずです。

■プロ意識を持つ

就職して仕事を始めたものの、毎日がしんどく、少しも楽しさを感じられないこともあるでしょう。
就職したら充実した日々が送れると思っていたのに、現実は違っていたことに落胆してしまう人も少なくありません。
そういう時は、自分は今の仕事に適性が無いのではないか、やりたい仕事に就けていないのではないか、と不安になってしまうこともあります。その結果、退職や転職をすることまで考えてしまうことも珍しくはありません。
過去に経験したアルバイトが楽しかったのであれば、尚更そのような気持ちになってしまうのではないでしょうか。
しかし、正社員とアルバイトを混同してはいけません。正社員として、自分の好きな仕事に就けている人は多くないです。やりたくない仕事や適性が感じられない仕事でも、収入を得るために我慢して続けている人も多いのです。
もちろん、精神的に限界を感じるほど不安なら、上司に相談したり、医療機関で診察を受けたりした方が良いでしょう。その結果、仕事を続けるのが難しいと判断されることもあります。
しかし、もしそうでないなら、プロとして会社に採用されたことを自覚すべきです。不安を払拭するほどの強いプロ意識を持って、成果を出すように努めたいものですね。

■面接で確認する

就職活動中から、採用された後の新しい環境に不安を感じる人は少なくありません。
新しい環境について不安に思うことがあれば、面接中に質問をして確認すれば良いのですが、質問しない人が多くいるものです。そのような質問をすると、面接担当者の心象を悪くしてしまい、不利になってしまうと思うからです。
しかし、質問をしても不利になることはありません。面接担当者が最も困るのは、採用したのにすぐに退職されてしまうことです。そのため、不安に思うことがあれば、面接担当者としても正直に質問してもらった方が良いのです。
また、正直に質問することにより、その企業で働くことを真剣に考えていることを印象付けられるでしょう。
質問する際の言葉の選び方は重要です。訊きにくい内容であれば尚更慎重になる必要があります。くれぐれも失礼がないように心がけましょう。
また、質問のタイミングも重要です。いくら不安だからといって、面接の進行を妨げるようなタイミングで質問してはいけません。多くの場合、面接の最後に、面接担当者から何か質問がないか尋ねられます。その時に質問するのが最も良いといえます。

ハタラクティブのコンサルタントは、就職活動中の人や新人が感じる不安について熟知しています。過去の多くの事例に基づき、新しい環境に対する不安を解消する方法について具体的なアドバイスをしてくれます。そのため、安心して就職活動に取り組むことができるでしょう。



関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ