「ストレスを感じるとき」を面接で聞かれたら?質問の意図や回答例を紹介

「ストレスを感じるとき」を面接で聞かれたら?質問の意図や回答例を紹介の画像

この記事のまとめ

  • 面接官が「ストレス」の質問をする意図は、ストレス耐性や仕事の適性などを知るため
  • 面接でストレス解消法を聞かれた際は、日常生活できることを具体的に述べる
  • 面接では、「ストレスがあっても柔軟に対応できる」ことがアピールできると良い
  • 面接では、不利になる発言や「ストレスを感じた経験はない」という回答は避ける

面接で「ストレスを感じるとき」について聞かれた場合、ネガティブにならない回答内容に悩む方も多いのではないでしょうか。面接の回答を準備する際は、好印象を与えられるよう、採用担当者の意図を把握したうえで考えることが大切です。
このコラムでは、「ストレスを感じるとき」を質問する企業側の意図や回答例を紹介します。また、ストレス解消法を伝える際のポイントも解説するので、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

「ストレスを感じるとき」の質問の意図とは

就職・転職活動の面接の際、採用担当者から「ストレスを感じるときは?」「ストレスを感じた経験は?」という質問をされることがあります。この質問の意図には、「応募者がすぐに辞めてしまう人ではないか」を判断する材料になることが多いようです。
ここでは、面接で「ストレスを感じるとき」を質問する意図について解説します。効果的に自己アピールするためにも、以下のような採用側の意図を把握したうえで回答を準備しておきましょう。

自社にマッチする人材なのかを見極めるため

面接でストレスに関する質問をするのは、自社にマッチングする人材であるかを見極めるためです。職種や業界によって異なりますが、仕事を行うなかでストレスが生じる場面は多々あるもの。たとえば、「チームで一つのプロジェクトを進める際、人間関係でストレスを感じる人なのか」といったように、どこでストレスを感じやすいのかを把握しておく必要があります。

ストレス耐性を知るため

ストレスを感じたとき、どこまで許容できるかについて知りたいと考えています。その理由は、仕事でストレスを溜めてしまうと、体調を崩してしまいやすくなり、休職や退職が必要になる可能性があるためです。そのため、応募者のストレスを感じる基準を把握しておきたい意図があります。

ストレス解消法を知るため

ストレス解消法を知っておくのは、ストレスが生じても自分で解消できる術がある、またはプライベートと仕事の切り替えができて、仕事の生産性が低下しないかどうかを確認するためです。
ストレス解消法がないと、仕事に対するモチベーションがなくなる恐れも。自分が抱えているストレスに向き合い、コントロールできるかがポイントになります。
職場にストレスを感じる理由については、「職場に合わない人がいる!ストレスを感じる理由や11の対処法を紹介」もあわせてチェックしてみてください。

面接で「ストレスを感じるとき」について聞かれたら?

この項目では、面接において「ストレスを感じるとき」について聞かれたらどのように対応すれば良いのかを紹介していきます。適切な回答方法で、採用担当者の印象を向上させましょう。

ストレスを感じにくい性格であることをアピールする

面接で「ストレスを感じるとき」について聞かれたら、ストレスを感じにくい性格であることをアピールします。「ストレスをまったく感じない」わけではなく、「ストレスがあっても柔軟に対応できる」ことが伝えられれば、仕事でストレスが生じてもうまく対処できると判断してもらえる可能性があるでしょう。
ただし、続けて「△△な場合はどうしますか?」と具体的な質問をされることもあるため、ある程度質問を想定し、回答内容を用意しておくことが重要です。

ストレス解消法を伝える

普段から行っているストレス解消法を伝えることも、回答の一つです。たとえば、「音楽を聞く」「散歩をする」「映画を見る」などがあります。ストレス解消法は人それぞれなので、正直に自分のことを答えてみましょう。ただし、酒やギャンブルに関することは、採用担当者にマイナスの印象を与えてしまうため、面接の場で適切な回答をしてください。
ストレス解消が苦手な方は、「ストレス発散できない人の特徴とは?解消法や予防策も解説!」もあわせてチェックしてみてください。

ストレスを乗り越えた具体的なエピソードを伝える

ストレスを乗り越えた経験があるなら、具体的なエピソードを添えましょう。なぜストレスが乗り越えられたのか、その結果を裏付けるような内容が面接で伝えられると、仕事にも活かせるスキルとして採用担当者に好印象を与えられる可能性もあるでしょう。
仕事でストレスを感じたことのある方は、「仕事のストレスで限界を感じる…おすすめの解消法や危険サインを紹介!」もおすすめです。ぜひご覧ください。

面接で「ストレスを感じるとき」の質問回答例

この項目では、ストレスを感じる時について質問されたときの回答例を2つ紹介します。面接へ向けて、ぜひ参考にしてみてください。

時間に追われることでストレスを感じる場合

「私がストレスを感じるのは、時間に追われている時です。特に、仕事で期日が迫っているという場合には強いストレスを感じることがあります。これは、妥協を許さずにギリギリまで改善点や問題点はないのかを探してしまう自分の完璧を求めてしまう私の性格が原因であると考えています。時間がない中で完璧を求めながらの作業を行うことは、精神的に大きな負担なのだと経験をしました。
たとえば、取引先へのプレゼンテーションを行う場合には、細部までこだわり、どんな質問や疑問点にも対応できるような完璧な状態を目標として作成していました。しかし、なかなか自分が思い描いているような状態にはならず、期日が迫ってイライラしていました。
そんな時、自分の性格をよく知る家族や友人と食事をする中で、常に全てに完璧を求めて走り続けることは難しいから優先順位をつけることはどうかとアドバイスをもらいました。その後、アドバイスを元にして物事に優先順位をつけ、時間をかけるべき部分を整理して取り組むようにしています。私は、周囲の人間にアドバイスを求めながら進めていくことで、ストレスが軽減されていくことを学びました。」

ミスに対してストレスを感じる場合

「私は、自分の不注意によってミスをしたときにストレスを感じます。前職で接客業をしていたのですが、レジを打ち間違えたり、発注などでトラブルが起きてしまったりというミスを経験しました。現場で働いていく中で、先輩らから教わったことを真似してやっているだけで、自分のスキルにできていないことに気がつきました。自分のスキルにするためには、体で自分なりの方法を覚えるまで何度も基本であるマニュアルを確認するなど工夫をしました。
結果として、以前のようなミスがなくなりストレスも緩和されました。この経験によって自分の課題が明確になったため、自分の目で確認をすることによってミスを防ぐよう意識するようになりました。これは私生活でも生きています。」

「ストレスを感じるとき」の質問で避けるべき回答例

この項目では、「ストレスを感じるとき」について面接で聞かれた際、避けるべき回答の例を3つご紹介します。面接官に悪い印象を与えて不利な状況にならないよう注意しましょう。

「基本的にストレスを感じることが多い」と答える

「ストレスを感じることが多く薬が手放せない」「精神的に不安定なことが多い」という回答は、「仕事をすぐに辞めてしまうのではないか」「自社に貢献できないのではないか」という不安要素を与える恐れがあります。ストレスに弱いことを伝える場合は、ストレスを溜めない自分なりの工夫や対処法を説明しましょう。

応募職種に対して不利なことを言う

たとえば、営業職を志望していて「誰かと競争することにストレスを感じる」と回答するのは避けましょう。また、「人間関係が上手くいかないことにストレスを感じやすい」といった、仕事や周囲に影響するような回答も避けた方が無難です。

「ストレスを感じた経験はない」と答える

仕事や人間関係にストレスはつきもの。「ストレスを感じたことはない」という発言は「嘘ではないか」と面接官が疑う可能性もあるため、この回答を言う際は採用担当者を納得させる理由や対策を述べることが大切です。

「面接に不安がある」「面接についてアドバイスをもらいたい」という場合は、エージェントの活用がおすすめです。
ハタラクティブは、既卒やフリーター、第二新卒などの若年層を対象とした就職・転職支援サービス。2013年より厚生労働省の優良職業紹介事業者として認定されています。 当サービスは、経験豊富なアドバイザーが応募書類の添削や面接対策をマンツーマン体制で行うのが特徴。就活に関するお悩みにもお応えしています。登録・利用料はすべて無料ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

面接とストレスに関するQ&A

面接で「ストレスの感じ方」の質問を受けると、回答に悩むこともあるでしょう。ここでは、面接やストレスに関するさまざまな疑問について、Q&A方式で解決していきます。とストレスに関する質問に回答をしていきます。

面接でストレス解消法を聞かれたときの答え方は?

自分が普段から行っているストレス解消法を答えましょう。たとえば、「美味しいものを食べる」「休日に洋服を買う」など、人によってさまざまな方法があります。自分自身のことを理解して対処できることは、企業側にも高評価になるはずです。ただし、ギャンブルや迷惑行為など悪い印象を与えるようなことは避けましょう。

面接で「苦手な人」について聞かれたときの答え方は?

面接で、「あなたの苦手な人はどんな人ですか?」と質問されることがあります。この質問をする意図は、応募者の人柄や対応力などを知るためです。また、「価値観の異なる人と一緒に働けるか」も重要になります。回答する際は、ネガティブな内容にならないよう、「なぜ苦手なのか」を客観的に説明できるようにしておきましょう。詳しくは「面接で苦手な人を質問された!どう答えるのが正解?」も参考にしてください。

ストレス耐性を強化する方法はありますか?

ストレス耐性を強くするためには、体力をつけて免疫力を上げるのがおすすめです。ストレスの影響を受けると、体調を崩しやすくなることがあります。普段の生活で「適度な運動をする」「バランスの良い食事を心掛ける」「良質な睡眠をとる」などに取り組めれば、ストレスに負けない身体を作ることができるでしょう。「ストレス耐性強化には抵抗力・免疫力・メンタル力が重要」もあわせてチェックしてみてください。

面接が苦手なので当日うまく回答できるか不安…

就活時は、事前に面接の練習を行っておきましょう。あらかじめ質問される内容を予測し、友人や家族に頼んで客観的な意見をもらうのもおすすめです。このとき、ストレスに関する質問も盛り込んでみてください。ハタラクティブでは、面接対策も実施しています。専任アドバイザーからの指導により、万全の体制で当日に挑めます!

関連タグ