就活にうるさい親の対処法とは?過干渉になる理由を解説!

就活にうるさい親の対処法とは?過干渉になる理由を解説!の画像
 
   
   
   

【このページのまとめ】

   
  • ・親の口出しにうるさいと思う就活生は多い
  • ・親は子供に期待しているから、就活に口出ししてしまう
  • ・うるさい親の言いなりになると、孤独感や虚無感を覚えることもある
  • ・うるさいと思ったら、就活の状況や自分の思いを伝えて理解してもらうと良い
  • ・自分のための就活を行うためにも、親の意見を受け流すことも大切
 

 

「親がうるさいと思うほど、就活に口を出してくる」「一生懸命就活をしているのに、理解のない行動をする」「せっかく内定をとったのに認めてくれない」就活中、そんな親に悩んでいる人もいるはず。就活中の意見の違いから、親子の間に溝ができてしまう家庭も少なくないようです。このコラムでは、就活生が頭を悩ませる親の行動と対処法を解説しています。親子ともに納得のいく形で就活を終えられるよう、参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

就活生のストレスになる親の特徴と対策

就職活動をしているときにストレスになる親の特徴を解説します。対策も紹介しているので、参考にしてみましょう。

内定をもらったかしつこく確認してくる

親は就職活動の状況が分からないと余計に心配になり、干渉に近い発言をしてしまうものです。なかなか内定がもらえず焦っている就活生にとって、そんな親の言葉がプレッシャーになり、大きなストレスにもなります。
親との関係がそれほど悪くないのであれば、身だしなみのアドバイスを頼む、自己分析の手伝いをお願いするなど、就活に協力して欲しい姿勢を見せるのも良いでしょう。ほかにも、「内定をもらえたら報告するから、それまではそっとしておいて欲しい」と伝えておくのも効果的です。

地元に縛り付けようとする

子供を手元に置きたいという理由から、地元の企業への就職を望む親がいます。とはいっても、都心に進学した学生は地元を離れて就職したい場合も多く、都会の方が選択肢が広がるという事情もあるでしょう。せっかく内定を取っても「地元じゃないから反対!」という親もいて、地元に引き止めたい親と希望の企業に行きたい子との間で対立が生まれるようです。
地元に縛り付けようとする親には、キャリアプランややりたいことを説明し、納得させるための理由を用意しましょう。また、料理や掃除など家事ができることを訴えかけ、1人でも暮らせることをアピールすることも大切です。

希望する職種や業界を否定する

なかには、「営業は駄目」「保険会社は良くない」と考える親御さんも。イメージや偏見で自分の志望先を否定されると、就活のモチベーションが落ちる、気分が悪いという就活生の声が多く聞かれます。
イメージや偏見で反対される場合は、どうしてそう思ったのか質問し、正しい認識を持ってもらえるようにしましょう。その職種や業界に対する心配や不安を取り除くようにしてあげるのが重要です。「否定された!」と意地を張らずに、1度意見を聞いてみればお互いに分かり合えることもあるでしょう。

大手企業に入れたがる

親世代の間では「大企業に入れば一生安泰」という考えが根強く、「大企業や有名企業でなければ就職先として認められない」という家庭は依然としてあります。子供としては自分の適性や企業との相性をいろいろと考えたうえで就職先を決めたのに、「中小だから」というだけで否定されると、がっかりした気持ちになってしまうのでしょう。ほかにも、公務員に対する信頼感が強く、しつこく就職を勧めてくる親もいるようです。気軽に公務員への就職を勧める親が多くいますが、公務員試験への対策などをしなければならないので簡単になれる職業ではありません。
親が大手企業や公務員への就職をしつこく勧めてきたときは、そのつもりがないことを伝え、自分がどんな業界を目指しているのか説明しましょう。それでも入れようとしてくる場合は、「親はそういう考えなんだな」と理解し受け流してしまうのも効果的です。

自分の就活のときと比較される

親が自分の就活と比較して口を出してくるのも、就活生にとって大きなストレスになるようです。就活の状況はその年によって大きく変わるもの。それを親の時代と比較されても困るという就活生も少なくないでしょう。また、親の就活だけでなく、兄弟姉妹や親戚との比較もされるようです。
比較された場合は、自分とは違う人間だと、環境も考えも違うこともしっかり伝えましょう。また、昔の記憶は美化されていたり、不鮮明であったりするので、思い悩まず受け流すぐらいの気持ちでいることが重要です。
 

無関心で非協力的

親の過干渉に悩む就活生は多くいますが、なかには子どもの就活に無関心・非協力的な親に苛立つ就活生もいます。特にバブル時代に就職し最近の就活事情を知らない親は、就活の大変さが想像しづらいという背景があるようです。
無関心な親には、就活のことを積極的に話してみましょう。面接で話したことや企業説明会で聞いたことなど、話題は何でも構いません。就活の大変さが分かっていない親も、日頃から話すことで理解してくれることも。ちょっとした話題から話し始め、悩みを相談してみましょう。受けた企業の数や、内定までの苦労、エントリーシートを書く大変さが分かれば、親も子供の就活をイメージしやすくなります。もし、資金援助して欲しいと思っているなら、リクルートスーツやクリーニング、証明写真や交通費など、就活にかかる諸費用を具体的に説明したうえで、経済的な協力を頼んでみましょう。

親が就活にうるさいのは期待しているから


親が就活に口を出してくるのは、あなたに期待しているからです。しかし、その期待が子供のプレッシャーとなっているのも事実。親は子供幸せになって欲しいと思いながらも、どのように応援すれば良いのか分からず、悩んでいるでしょう。「人が一生懸命やっているのに!」と反発しそうになりますが、落ち着いて話し合えば理解してもらえる可能性もあります。たとえば、内定をとった企業への就職を反対されているなら、「自分がその企業を選んだ理由」「企業に対する熱意」を説明し、親になぜその企業に入りたいのかを分かってもらいましょう。
親の期待に応えないのも自立に必要なことです。親の言いなりにならない、期待とは逆のことをしてみるなど、期待に応えない実践をしてみましょう。親の考える幸せがあなたの幸せとは限りません。お互いに親離れ、子離れできるように適度な距離を保ちながら、頼れる部分だけ頼ってみることが大切です。

就職するのは自分という自覚を持つ

実際に働くのはあなた自身です。親はどんなに口を出しても、就活に失敗したときに責任を負うことはできません。
あなたのやりたいこと、合った環境を探すための就職活動です。人に言われるまま、流されるままでいることはやめましょう。就活において、第三者に意見を求めることは大切ですが、自分の意志で進めることがより重要です。また、合わない職場に就職してしまうと、あなたが苦労することになります。

自己分析をしっかり行い、目標を設定する

親の干渉を気にせず就活を進めるには、自己分析を徹底的行い、就職の軸を定めましょう。就職の軸がしっかりしていないと、親や周りの意見に流されてしまいます。
あなたの長所や強み、やりたいことを過去の経験から見つけ出しましょう。ほかにも、労働条件ややりがいなど仕事に求めるものも書き出してみるのもおすすめ。しっかりとした就活の目標が設定できれば、親の意見にも反論できたり、説得もできたりします。

うるさい親の言うとおりに就活するとどうなる?

親の言うとおりに就活するとどんなことになるのか、その一例をご紹介します。納得した就活を行えるように、注意しておきましょう。

孤独な就活になる

親の言うとおりにしていると、就活スケジュールを勝手に組まれて、孤独な就活をすることになることもあるようです。一緒に就活をしている友人は心強い仲間になります。その友人と会う機会がなければ、就活の情報交換もままなりません。また、同じ経験をしているからこそ、慰め合ったり、励まし合ったりできます。親だけと関わっていると、「自分の辛さを分かってくれる人はいないんだ」と悩んでしまうこともあるでしょう。

ふとした瞬間に虚無感におそわれる

言われるまま資格の勉強に時間を割いたものの、その間に希望企業のエントリーが締め切られているときなど、ふとした瞬間に虚無感におそわれることがあります。自分のしたいことと親のさせたいことのズレから、行動の正当性を見失うようです。また、就活はエントリー期間が限られているので、自分の身にならないことに貴重な時間を使ってしまったことも虚無感につながるでしょう。

熱意が伝わらず内定がなかなか出ないことも

応募企業や就活の方針を理解されず、親の言いなりに就活を進めると内定がなかなか獲得できないこともあります。どんなに話し合っても、親は結論を決めつけていて、なかなか熱意が伝わらない状態では、思うような就活はできません。エントリーシートの内容や面接対策にも口を出し、かえって内定から遠ざかることもあるようです。

就活にうるさい親の対処法

就活にうるさい親の対処にはいくつかのポイントがあります。以下の項目で解説しているので、参考にしてみてください。

親の意見を聞いてみてから判断する

まず、親の意見は頭ごなしに否定しないようにしましょう。お互いが意固地になり、関係が悪化してしまう可能性があります。1度意見を聞いたうえで、受け入れるかどうか判断すれば良いのです。

自分がどのように働きたいか伝える

自分の意見や方針と周囲の意見がぶつかるときは、相手を説得できるように話し合いましょう。怒ったり、無視したりするだけでは何も解決しません。
話し合いで重要なのは、どのように働きたいか伝えることです。反対している相手に、あなたがどうしてこの仕事を選んだのか、その会社で働く利点とともに伝えます。キャリアプランを話し、いい加減な気持ちではなく将来についてしっかり考えていることをアピールしましょう。

理解が得られない場合は、受け流すことも大切

どんなに話し合っても、理解してもらえない場合は、「うるさい」と思わず、受け流すことも大切です。周りの意見を尊重しすぎて、後悔しないようにしましょう。「親の意見は決定事項ではなく、あくまでアドバイスである」という心持ちでいると気持ちが楽になります。

聞き入れる意見と受け流す意見

就活に関する親や周囲の人の意見で、どのような意見を受け入れると良いのか解説します。親のうるさい口出しに悩んでいる方は参考にしてみてください。

客観的に見たあなたの特徴は聞き入れると良い

内定を獲得するには、あなた自身を理解することが大切です。そのためにも、生活をともにする家族からの客観的な意見は積極的に聞き入れると良いでしょう。特にあなたの特徴に対する意見は、企業との相性を調べるために有益な情報です。

親の価値観を押し付ける意見は聞き流す

親の価値観や考えを押し付ける意見は聞き流します。就職はあなたの人生において大きなターニングポイントの1つといえるでしょう。人に流されて決めるのではなく、あなたの意志で決める必要があります。

親には身元保証書を書いてもらうだけの気持ちでいる

親の意見を聞くことも良いですが、就活においては採用が決まった際の身元保証書を書いてもらうだけの気持ちでいましょう。親の意見を真摯に受け止めすぎると疲れてしまうこともあります。あまり思い悩まずにいることがストレスを軽減するポイントです。

就活の相談相手探しはしっかり考えることが大切

親も就活のプロではありません。相談されて不安になり、そこから過干渉になってしまう親もいるでしょう。デリケートな就活の悩みをする相手はしっかり見極めることが大切です。

友人に相談する

友人からは客観的な意見をもらえます。自分では気付かないあなたの魅力を見つけられるでしょう。また、就活をする仲間として悩みを共有できます。家族に話しづらいことは友人に相談してみると良いでしょう。

就職・転職エージェントを活用する

就活がうまくいかない人は、就職・転職エージェントも活用してみましょう。
就職・転職エージェントでは書類作成の指導や面接対策、適性を考慮した求人提案を受けられるので、1人で就活をするより効率的に内定に辿り着けます。また、面接の日程調整も代行してくれるので、企業とやり取りする手間も省けて大変便利なサービスといえるでしょう。

就活に関して親がうるさく口を出してくるのに嫌気が差したら、落ち着いて話し合ってみましょう。
就活にお悩みの方は、第二新卒や若年層の就職支援に特化したハタラクティブをご活用ください!
ハタラクティブでは実際に取材した企業の求人のみを扱っているので、詳しい業務内容や条件についてお伝えできます。プロのアドバイザーがカウンセリングをして、あなたに合った求人をご紹介。選考対策から入職後のフォローまで、サポートも万全です。
相談だけでのご利用も歓迎しているので、まずはお気軽にご登録ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION