Uターン就職とは?地方で働く理由や後悔しないためのポイントを解説

Uターン就職とは?地方で働く理由や後悔しないためのポイントを解説の画像

この記事のまとめ

  • Uターン就職とは、地方出身者が都会で働いたあと地元に帰って就職すること
  • Uターン就職を選ぶ理由は、充実した生活や仕事ができる環境を求める人が増えたから
  • Uターン就職のメリットは、「時間にゆとりができる」「価値観が広がる」などがある
  • Uターン就職のデメリットは、「求人が少ない」「引っ越しが必要になる」などがある
  • Uターン就職を後悔しないためには、よく考えて決断し自分に合った働き方を探そう

「Uターン就職」とは何かをよく知らない方もいるでしょう。このコラムでは、Uターン就職の意味やその他移住を伴う就職について解説します。Uターン就職は、地元に戻って活躍したい方や生活スタイルを見直したい方におすすめです。また、Uターン就職をするメリットやデメリット、おすすめの働き方もご紹介。後悔しない選択ができるよう、ぜひ参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

Uターン就職とは?

Uターン就職とは、地方出身者が都会で働いたあと、出身地に戻ってきて再度就職をすることです。
たとえば、大学入試を機に東京へ出て就職後、ふたたび地元へ戻って転職するのは「Uターン」に該当します。求人においても「Uターン歓迎」と記載されているものは多く、主に人材を確保したい地元中小企業や、地域活性化を図る自治体などがこの制度を設けているようです。

Uターン以外に移住を伴う就職

移住を伴う就職はUターンのほかにも、出身地や働く場所の選び方でそれぞれ「Iターン」「Jターン」と分けられます。

Iターン就職

Iターン就職とは、都会出身でそのまま都心で就職したあと、地方へ移って転職することを指します。都会にはない自然や環境に魅力を感じて決意する人が多いようです。また、起業や独立を目指す方で、支援金などの優遇制度を受けるためにIターンを選ぶ場合もあります。

Jターン就職

Jターン就職とは、地方出身者が都心で就職したあと、元々の出身地とは異なる地方で働くことです。地方での暮らしを求めながらも、地元では自分が希望する職種や業種が見つからないことも。その場合、求人数が期待できる別の地方都市へ移り住む人が多いようです。

未経験OK多数!求人を見てみる

Uターン就職を選ぶ人がいる理由

Uターン就職を選ぶ人がいるのは、充実した生活や仕事ができる環境を求める考え方が定着してきたことにあります。たとえば、都会の生活に疲れてしまい、これまでのワークスタイルを改めようと考える人も少なくありません。また、結婚や子育てといったライフステージの変化によって、「マイホームをもちたい」「子どもに自然豊かな土地で育ってほしい」と考えた結果、自分が生まれ育った故郷に戻る選択をする人もいます。このように、心身ともに充実した生活を送るための基準の一つとして、「地方」が注目されるようになったのです。

新卒のUターン就職は難しい?

新卒で就職するなら地域にこだわりすぎず、自己分析や企業研究を経て本当に自分がやりたい仕事を探すことが重要です。Uターン就職を目指すあまり、地元への貢献や居住だけを重視してしまうと、仕事が長く続かない恐れがあります。どうしても地元で働きたいなら、ある程度社会人経験を積んでから検討しましょう。Uターン転職については、「やっぱり地元で働きたい!Uターン転職とは」でも解説しているので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

Uターン就職をする5つのメリット

Uターン就職をすると、都会の生活では味わいにくかった経験が得られます。ここでは、Uターン就職を選択した際の5つのメリットについてまとめました。

1.地元で生活できる

Uターン就職によって、自分が生まれ育った土地で生活することができます。地方での暮らしなら、都市部に比べて朝の通勤ラッシュに揉まれることがなくなり、ストレスからも解放されるでしょう。車通勤になっても、都心部ほど道路が混雑することは少ないはず。また、地方ならではの自然豊かな環境に癒やされて、気持ちにもゆとりが生まれるでしょう。

2.人との交流が図れる

Uターン就職で地方に移住すると、周囲とのつながりができやすくなります。都会に住んでいると、地域での人付き合いは少なくなりがちです。しかし、地方では周囲とのつながりを大事にする考えが根付いていることが多いため、「人と助け合いながら暮らしたい」「人のあたたかみを感じたい」といった方には大きなメリットになるでしょう。

3.ワークライフバランスのとれた働き方ができる

Uターン就職によって車通勤になったり、自宅から近い職場へ入職したりすると、通勤時間を大幅に減らせる可能性があります。これまで通勤に数時間を費やしていた場合、1日の時間に余裕が生まれるので、プライベートの時間を確保したい方に向いているでしょう。また、時間に余裕ができることで家事と仕事の両立も図りやすくなり、家族との時間を増やすこともできます。

4.自治体のサービスが受けられる

移住先の地方によっては、Uターン就職をサポートしている自治体があります。たとえば、就職を機に移住する場合、その自治体が提示する条件を満たすことで補助金を支給する制度も。このようなサービスについては、自治体によって説明会を開催しているところもあるので、Uターン就職を考えている方は事前に調べてみましょう。

5.価値観や視野が広がる

Uターン就職によって生活環境が変わると、これまでの考え方や価値観などの視野を広げることができるでしょう。同じ土地に住み続けるのは悪いことではありません。しかし、移住をきっかけに人付き合いが増えたり、体験したことのない文化に触れられたりすることで、新たな価値観を育める可能性があります。視野が広がれば、地方で自分に合った働き方を見つけたり、まったく新しい仕事に挑戦したりと、将来の可能性も広がるでしょう。

Uターン就職をする4つのデメリット

魅力ある生活に期待できるUターン就職ですが、場合によってはリスクもあります。ここでは、Uターン就職に伴うデメリットを4つ解説するので、事前によく理解しておきましょう。

1.求人数や職種が少ない

Uターン就職を考えて地方に移住すると、都心と比較して求人数が少ない傾向にあります。そのため、自分が希望する職種や条件とマッチする仕事が見つからないことも。また、もし求人があっても必ず内定が得られるわけでないことや、そもそも企業ビジョンが自分に合わないといった可能性も少なくありません。Uターン就職を希望する場合は、あらかじめ移住先の求人状況を確認しておくと良いでしょう。「田舎に就職すると後悔する?都会よりつまらない?地方就職のメリットとは」では、田舎と都会それぞれで就職するメリット・デメリットを解説しています。こちらもぜひ参考にしてください。

2.引っ越しが必要になる

Uターン就職をする場合は、引っ越しを伴います。スムーズな移住を実現するためには、引っ越しに掛かる費用や期間などを把握し、計画的に進める必要があるでしょう。地方への移住は出費がかさむ場合もあるため、よく考えて行動することが重要です。

3.家族の同意を得る必要がある

結婚して家庭をもっている場合は、同居している家族から移住の同意を得る必要があります。配偶者の勤め先や子どもの学校など、状況によっては解決すべき問題が多く発生するでしょう。そのため、家族と別々に暮らす選択をする人も多いようです。単身者とは異なり、自分の判断のみでUターン就職を決めるのは難しいといえます。

4.地方での生活や習慣に慣れない

Uターン就職で地方に移住したものの、その土地の生活や習慣に慣れず、ストレスを抱えてしまう方もいるようです。たとえば、地域の行事が多かったり、昔からある風習を守ったりする場面があります。近所付き合いが希薄になりがちな都会暮らしに慣れていると、このような関わりが負担になることもあるでしょう。また、住む場所によっては交通面の不自由さや店舗の少なさなどから、生活が不便に感じることも少なくありません。田舎暮らしに順応できる自信がない場合は、ある程度人口の多い地方都市への移住を検討するのがおすすめです。

Uターン就職でおすすめの働き方5選

先述したように、地方は選択できる求人が少ない傾向にあります。そのため、Uターン就職を目指すなら、これまで就いてきた職種や経験のみにこだわらず、幅広い視野をもって仕事を探しましょう。ここでは、Uターン就職でおすすめの5つの働き方についてご紹介します。ぜひ仕事探しの参考にしてください。

1.地方企業

Uターン就職におけるポピュラーな働き方は、移住先の地方企業へ就職することです。この場合、これまで培ってきた経験やスキルが活かせる職場を探せば、即戦力として内定を得やすいでしょう。地方企業の求人を探す際は、地元求人が豊富なハローワークへ相談してみてください。

2.地域おこし協力隊

Uターン就職先として、地域おこし協力隊で活動するのも一つの手です。地域おこし協力隊とは、その地域に在住し、町おこしや広報、住民の生活サポートなど地域活性化に貢献する活動を行う制度を指します。活動期間は1〜3年以下。総務省が管轄しており、活動期間中は自治体から報酬が得られます。地方での生活を送りながら、地域を盛り上げる活動に興味がある方に向いているでしょう。活動内容は自治体によって異なるため、事前に調べておくことが重要です。

3.起業

Uターン就職をきっかけに新たなことへ挑戦したい方は、地方で起業する選択肢があります。地域によっては、移住によって起業する際に助成金が受けられる制度を設けている自治体もあるので、起業する意思がある場合は事前によくリサーチしておきましょう。また、IT・Web関連やエンジニアなどは仕事場所を問わないことから、フリーランスとして地方を拠点にしている人も多いようです。
自営業として起業を考えている方は、「自営業として起業するには?年金や保険は?就労証明書などの書き方も解説」にて詳しく解説しています、あわせてチェックしてみてください。

4.クラウドソーシング

クラウドソーシングは場所を問わず、インターネット上で仕事の受注から納品までが行えます。そのため、Uターン就職で地域に根ざした事業に就きながら、クラウドソーシングを「副業」として兼務することも可能です。うまく時間を活用しながら、日中の仕事とクラウドソーシングからの報酬とあわせて収入を安定させられるでしょう。

5.派遣社員

Uターン就職として地方へ移住後、派遣社員を選択する方もいます。派遣社員は正社員よりも収入面や待遇などに差が出てしまうものの、都会での忙しない毎日に疲れてしまい、地方でゆっくりと働きたいと考える方も多いようです。雇用形態や収入にこだわらず、移住先の環境に触れて自分に合った働き方をするのも良いでしょう。

Uターン就職を後悔しないための3つの方法

Uターン就職は人生においても大きな決断の一つといえます。今後、Uターン就職したことを後悔しないためにも、以下で解説する3つの方法をしっかり覚えておきましょう。

1.よく考えて決断する

Uターン就職が自分にとって適切な選択であるのか、十分に考えて決めましょう。先述したように、Uターン就職は引っ越しを伴うため、失敗したからといってすぐにやり直せるものではありません。「もしうまくいかなかったらどうするか」「後悔せずやっていけるのか」など、あらゆる状況を想定しながら検討してください。また、家族と同居しているなら、我慢する人がいないよう全員が納得する結果になるまで話し合う必要があるでしょう。

2.地方で働くことを選んだ理由を明確にする

「なぜ地方の企業を就職先として選んだのか」を明確にしておきましょう。移住先の企業で面接をする際、Uターン就職は志望動機として「地方を選んだ理由」も重要なアピール材料になります。ただ単に「地方で働きたいから」「故郷に帰りたかったから」といった内容では、採用担当者にも「働く意欲や覚悟が足りないのでは」と判断されてしまう可能性があります。Uターン就職をする目的や将来のビジョンなどを具体的に伝えられるようにしましょう。

3.期間に余裕をもって就職先を探す

Uターン就職をする際は、十分な準備期間を設けましょう。地方は都心部と比べて求人が少ないぶん、焦って応募先を決めてしまい、ミスマッチな仕事に就いてしまうことも考えられます。就職先の選択に限らず、移住先の検討や自分がやりたいことなど、新しい生活に向けてしっかりと時間を掛けて進めましょう。仕事探しに迷ったら、移住先のハローワークや地方就職に特化した就職エージェントに相談するのがおすすめです。

若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブでは、Uターン就職をはじめ仕事探しのお手伝いを無料で行っています。就活のプロである専任アドバイザーが、一人ひとりに丁寧なカウンセリングを実施し、あなたにぴったりの求人をご提案。実際に取材を行った企業のみをご紹介しているので、職場の雰囲気や仕事内容が把握できて安心です。書類添削や面接対策などの就活サポートも手厚く、自信をもって就活に挑めます。まずはお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ