就職するなら地方?都市?それぞれのメリット・デメリットを紹介

就職するなら地方?都市?それぞれのメリット・デメリットを紹介の画像

この記事のまとめ

  • 都市部から地方に就職することを「Uターン」「Iターン」「Jターン」という
  • 都市で就職すると、地方就職よりも高収入が期待できる
  • 都市で就職すると交通手段が整っているため便利だが、満員電車に乗ることになる
  • 地方で就職するには、都市に比べて会社や職種が限られている可能性がある
  • 就職で困ったらハローワークなどのサービスの活用も大切

就職するにあたって、都市部か地方かの選択に迫られている人も多いのではないでしょうか。就職先として選ぶ土地によって、生活は大きく変わるでしょう。このコラムでは、地方就職と都市就職のメリットとデメリットを解説しています。地方の生活や仕事の特徴は、地域ごとにまとめているので、これから就職地を決める方は、参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

都市から地方に就職する3つのパターン

都市部から地方への就職パターンには、「Iターン就職」「Uターン就職」「Jターン就職」の3つがあります。まずは、この3つのパターンを簡単に説明するので、把握しておきましょう。より詳しく知りたい方は、「田舎に就職すると後悔する?都会よりつまらない?地方就職のメリットとは」も参考にしてください。

1.Iターン就職

Iターン就職とは、都市部に住んでいた方が地方の企業に就職することをいいます。「都市部を離れて、自然が残る地域で働きたい」といったことが理由のようです。近年は、都会から地方に移る企業が増えていることもあり、地方で働く方は増加しています。

2.Uターン就職

Uターン就職とは、地方出身者が、生まれ育った故郷に戻って働くことです。一度は進学や就職で都市部に出たものの、さまざまな理由から故郷に戻って働くことをいいます。Uターン就職をする理由として多いものは、本人希望や家庭の都合です。

3.Jターン就職

Jターン就職とは、故郷に近いエリアの都市で働くことです。故郷から都市部に来て働いている方が、故郷に近いエリアの都市で働くことをいいます。Jターン就職は、都市部での暮らしが嫌になった人や都市部の生活になじめなかった人、生活環境を変えたい人などが利用しているようです。田舎まではいかない地方の都市で、尚且つ実家に近いエリアで働くケースが多いでしょう。このパターンは、都市部より就職できる企業数が少なくなる可能性もあります。

未経験OK多数!求人を見てみる

地方で就職する7つのメリット

地方で就職するメリットを7つご紹介します。 下記に紹介する以外にもメリットはありますが、ここでは、都市部で就職した場合と比較したメリットをピックアップしました。

1.環境が良い

地方は都市部よりも自然が残っており、自然豊かな環境で生活できます。ビルの多い都市部の景色より、木々が生い茂る景観のほうが良い方にはメリットです。通勤や仕事中など、ちょっとしたタイミングで、周囲の自然を感じられるでしょう。
自然豊かな環境ということは、さまざまな食材の産地でもあります。海に近い地域なら、新鮮な魚介類が手に入ることでしょう。都市部では味わえない新鮮な食材を食べられることも、地方就職のメリットです。

2.生活費を抑えられる

地方の企業に就職すれば、生活費を安くできるのがメリットになります。物価は地域によって差があり、都市部は食品や水道光熱費が高くなりがちです。その点、地方は物価が安く、生活費が安く収まりやすいでしょう。

3.住宅コストが安い

物価と同様に、地方は家賃相場も低めのため、毎月の出費を少なく抑えられるでしょう。たとえば、都市部でワンルーム・1Kの場合、家賃相場は10万円前後になります。一方、地方なら5万円前後で借りられる部屋も少なくありません。特に、就職直後は何かとお金がかかるため、毎月5万円ほどの出費が抑えられることは、大きなメリットでしょう。

4.周辺住民とのつながりが強く安心感がある

地方で就職するメリットとして、人間関係の良さを挙げる人も多いでしょう。都市部に住んでいると、隣の住人がどのような方か知らないという人も少なくありません。その点、地方の場合は、隣の方とも良好な関係が築きやすく、周りに住んでいる方たちとも仲良くなれます。また、近隣住人どうしの連携があるため、都市部よりも治安が良いことも多いようです。後述しますが、酒類関連のお店やゲームセンターといった娯楽施設が少ないことも、地方の治安を良くしている要因でしょう。

5.地域の発展にもつながる

地方で就職することは、その地域の発展につながります。地方で就職して移住すれば、その地域に税金を納めることになるでしょう。結果、地方の財政を良くすることになるのです。都市部を離れ、生まれ育った故郷で就職することは、地元の地域や企業に貢献できるため、喜びが感じられるでしょう。

6.子どもの教育環境が良い

地方就職のメリットは、暮らしやすいことでもあります。将来的に、結婚や子育てを考えている人には、結婚後の生活のしやすさも大切なポイントです。都市部では、保育園や幼稚園が少なく、待機児童問題に直面することも。しかし、地方は都市部に比べて入園倍率が低く、スムーズに園を決められます。そのほか、実家に近く、いざというときに子育てを手伝ってもらえることや、自然豊かな環境で子育てができることもメリットです。

7.満員電車のストレスがない

地方では、都市部のような満員電車は少なく、快適な通勤ができます。満員電車でストレスを感じなくなるだけでも、心の余裕ができるでしょう。就職と通勤は切り離せないので、重要なポイントとなります。

地方で就職する5つのデメリット

ここからは、地方で就職するデメリットについて紹介します。都市部の生活に慣れている人にとっては、デメリットを大きく感じる可能性があるので、事前に把握しておきましょう。

1.都市部に比べると求人数が少ない

地方は、都市部と比較して会社自体が少ないため、比例して求人数も少なくなります。「働きたい!」と思える会社が少なく、就職のチャンスが少なくなるでしょう。しかし、近年は都会から地方に移動する企業も増えているようです。今後は、地方の企業数や求人数が増えて、就職するチャンスが多くなることも。そうはいっても、大手企業はまだまだ都市部に集中しており、希望職種の求人が少ない可能性も否めません。地方就職を考える際は、自分の希望職種や希望業界の求人があるかもポイントの一つです。

2.交通の便が悪い

地方に就職した場合、都市部より交通の便が悪いことをデメリットであると感じる人は多いでしょう。地方は、都市部より電車やバスなどの交通手段が少ないのが現状です。最寄り駅の出発時刻を覚えておくといったように、工夫して利用しましょう。また、交通の便の悪さから、地方での生活には車が必須です。ちょっとした買い物程度でも、車を出さないと時間が掛かるケースも少なくありません。そうなると、会社までの交通手段がなく、マイカー通勤をすることもあります。

3.都市部と比べて賃金が低い

地方は都市部に比べて物価が安いため、賃金も安い傾向にあります。これは、地方で就職するデメリットといえるでしょう。 しかし、メリットで述べたとおり、地方は物価や家賃が安く、出費は少なく済みます。収支のバランスを考慮すれば、賃金が低いことをデメリットとは感じない人もいるでしょう。

4.コミュニティーが狭くなる

人口の少ない地方は、都市部よりも人との出会いの幅が狭くなる場合があります。地域住民や仕事仲間と深い関係を築きやすい反面、同じ人とばかり関わるため、偏った考えをもちやすくなることも。都市部のように、全国・世界各地からさまざまなバックグラウンドを持つ人との出会いは難しいでしょう。就職や出世、キャリアアップという面でも、成長しづらい可能性があります。

5.娯楽が少ない

都市部に比べると、地方にはお酒が飲めるお店や、ゲームセンターのような娯楽施設は少ないでしょう。こういった施設が好きな方にとっては、大きなデメリットとなります。一方、自然が多い地方では、キャンプや登山といったアクティビティが気軽に楽しみやすい環境です。メリットで述べたとおり、娯楽施設の少なさは街の治安にもつながります。人によっては、娯楽施設が少なくても問題はないでしょう。就職というと、会社の事業内容や規模、福利厚生などを気にしがちですが、こういった生活環境もしっかり考えておくことをおすすめします。

インターネットのサービスを活用

インターネット通販や郵便・宅配業の発展により、店舗が少ない地方でも、買い物に困ることは少なくなっています。娯楽に関しても、映画館やライブハウスはありませんが、動画や音楽のインターネット配信で代替できるでしょう。

地方と比較した都市就職のメリットとデメリット

ここでは、都市部で就職することのメリットとデメリットを紹介します。前述の地方就職のメリットやデメリットと比較してみましょう。都市就職のメリットについては、「東京で社会人になったほうが良い?」でも詳しく解説しているので、参考にしてください。

都市で就職するメリット

都市部で就職するメリットには、以下のようなものがあります。

・求人が豊富
・キャリアアップの機会が多い
・娯楽施設が多い
・交通の便が良い

都市部は企業数・求人数が多いため、就職や転職を考えた際に、選択肢が豊富にあることはメリットです。また、映画館やライブハウスなど、リフレッシュできる娯楽施設が充実しているので、仕事へのモチベーションを高めやすいでしょう。人によっては、地方に比べて交通や店舗が充実していることも魅力となります。

都市で就職するデメリット

都市部で就職するデメリットには、以下のようなものがあります。

・家賃や物価が高い
・通勤ラッシュに遭いやすい
・都会の騒がしさがストレスになる
・自然が少ない

地方就職のメリットで、家賃や物価が安いと述べてきたように、都市部ではそれらが高くなることがデメリットです。また、都市部は人が多いため、通勤時の満員電車や道路の渋滞などを回避しづらいといったデメリットも挙げられます。人が多く、自然が少ない環境が自分にあっているか、よく考えて選びましょう。

都市部から地方で就職する方法

「地方で就職する!」と決めたものの、離れた都市部から就職活動をする方法が分からない方は、就職支援機関を利用しましょう。就職支援サービスを利用すれば、一人で就活をするよりも効率よく進められる可能性が高まります。

1.ハローワーク

ハローワークの正式名称は「公共職業安定所」で、厚生労働省が運営する就職関連の機関です。地方や都市部・郊外に関わらず、全国各地に拠点があるので、誰でも利用しやすいでしょう。ハローワークでは、下記のようなサービスを無料で利用できます。

・求人の検索
・職業相談
・紹介状の発行
・セミナーの受講
・基本手当(失業手当)の受給手続き

自分に合う仕事について相談できるほか、履歴書の作成や面接対策に関する講座を受けることが可能です。応募したい求人が決まった際は職員に「紹介状」を発行してもらい、面接時に持参します。
ハローワークの営業時間は、一般的に平日の午前8時半から午後5時15分です。地域によって営業日・時間は異なるため、あらかじめWebサイトや電話などで確認しましょう。ハローワークでは、管轄地域外の求人を紹介してもらうことも可能です。詳しくは、「ハローワークでは県外の求人を紹介してもらえるの?」で解説しているので、参考にしてください。

2.地方に特化した就職エージェント

就職エージェントは、企業から依頼を受けて求職者を紹介する人材紹介サービスです。人材紹介事業は、厚生労働省から許可を得た企業しかできないため、安心して利用できるでしょう。エージェントによって提供しているサービスは異なりますが、一般的には、下記のようなサービスを受けられます。

・職業相談
・求人紹介
・応募書類添削
・面接対策
・非公開求人の紹介

非公開求人は、サービス登録者しか閲覧できない好条件の求人情報です。応募者が殺到しないよう非公開にしていて、サービスを利用している人しか応募できないようになっています。こうした特徴から、エージェントサービスを利用すれば、希望に合う仕事を見つけられる可能性が高まるでしょう。
また、ハローワークは原則として平日のみの営業ですが、エージェントは土日や平日の夜間にカウンセリングを受けられる場合もあります。専任アドバイザーが、職業相談から内定までのサポートを行うので、悩みや不安を気軽に話せるのもポイントです。サービスによって、地方求人に強いエージェントや、都市部の求人に強いエージェントなど、特徴があるので、自分にあったサービスを探しましょう。

地方か都市かで就職を迷った場合

就職するエリアを地方か都市かで迷った場合は、自分の就職の軸を明確にしましょう。そのうえで、都市部と就職を目指している地方の違いを知っておくと、決断できるはずです。都市部なら、企業数が多く、自分が就職したい職種が選びやすい傾向があります。職種にこだわっている方や、高い賃金を得たい方は、都会で就職するのがおすすめです。賃金や職種にこだわりがない方や、生活環境を重視したい方は、地方で就職すると良いでしょう。

就職先も豊富!4つの地方都市

東京や大阪といった大都会ではなく、地方にある都市部での就職を目指すというパターンもあるでしょう。ここでは、地方都市といわれる4つの地域について、特徴を紹介します。

1.北九州エリア

北九州エリアは、製造関連と医療福祉の企業や、飲食店やホテルや旅館などの宿泊業が多い地方都市です。一方、サービス業は少ないのが特徴といえます。そのほか、建設業や鉄鋼、化学関連の産業も盛んです。総務省の「都道府県別でみる住宅状況〜住宅及び世帯に関する基本集計(確報値)より〜」によると、九州エリアの1畳あたり家賃は2,000円台となっています。全国平均の3,074円や東京都の5,128円と比較しても、就職後の生活費の負担が少なくなるでしょう。

参照元
統計局ホームページ/統計Today
No.152 表6 借家の1か月当たり家賃・間代及び1畳当たり家賃・間代-都道府県(2018年)

2.中部エリア

中部エリアは、自動車や産業機械などの製造関連の企業が多いエリアです。特に、輸送に関連した航空機関連企業は、今後の成長が期待できます。成長分野の企業が多いため、就職先候補となる会社も多いでしょう。「地域別最低賃金の全国一覧」によると、中部エリアの賃金は、地方都市の中では高い傾向にあります。700円台の地域も多い中、中部地方はどこも800円以上で、最も高い愛知県では、927円です。
 

参照元
厚生労働省
地域別最低賃金の全国一覧

3.関西エリア

関西エリアは、センサーや制御機器関連の企業や薬品、食品、ゲームなどのメーカーや生命保険会社、不動産などさまざまな職種の企業が多いのが特徴です。地方都市での就職の中でも、職種や業種の制限が少なく、幅広い業種での活躍を期待できるでしょう。

4.関東エリア

関東エリアは、情報・通信業、サービス業の企業が多いのが特徴です。
ほかのエリアにはない、関東エリア独自の特徴は、平均年収の高い企業が多いことでしょう。厚生労働省が発表している「労働統計年報」によると、地域別の1人平均月間現金給与額は、下記のとおりです。

 現金給与総額(円)きまって支給する給与(円)
北海道・東北地方281,021235,803
関東地方317,404262,877
北陸・東海地方307,245253,250
近畿地方303,645250,530
中国・四国地方296,464245,718
九州地方271,169228,347
引用:労働統計年報「平成29年III 賃金A 毎月勤労統計調査都道府県、産業別1人平均月間現金給与額(事業所規模5人以上)」より独自に算出

このデータからも、関東地方は収入が高いことが明らかになっています。関東地方といっても、すべてが都市部ではありません。地方への就職だけでなく、都市部で働きながら郊外や都心にアクセスの良い近隣県で生活することも、選択肢に含めてみましょう。

都会で就職することや地方で就職することには、どちらもメリット・デメリットがあります。現状を把握し、自分に合った就職先を選びましょう。「一人で就職活動を進められるか不安…」という方は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、既卒やフリーター、第二新卒などの若年層を対象に、就職・転職支援を行うエージェントです。経験豊富なアドバイザーがカウンセリングで適性を把握し、あなたに合うお仕事をご紹介します。サービスの利用は、無料です。応募書類のアドバイスや模擬面接などをマンツーマンで行っておりますので、就職に不安がある方はぜひご相談ください。

この記事に関連するタグ