仕事が割に合わないことへの対策は?辞めるのは有効?転職で給料アップを!

仕事が割に合わないことへの対策は?辞めるのは有効?転職で給料アップを!の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事が割に合わないと感じる主な原因は、給料の低さや業務量の多さ
  • ・仕事が割に合わないと感じたら、業務量の軽減や昇給する方法を検討してみる
  • ・仕事が割に合わない場合は、転職して待遇の改善を目指そう
  • ・割に合わない仕事を避けるには、求人をよく検討して見極めるのが大切

「仕事が割に合わない…」と悩みながら働いている人も多いのではないでしょうか?
仕事が割に合わない場合は、今の企業で取れる対策を講じてみましょう。また、転職するのも解決策の一つです。
このコラムでは、仕事が割に合わないときにやるべき対策法を紹介。また、転職などのように環境を変える解決法も紹介します。そのほか、仕事が割に合わないと感じる人が抱える悩みにQ&A形式で回答しているので、ぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

仕事が割に合わないと感じる2つの原因

仕事が割に合わないと感じるのは、次の2つが原因でしょう。

1. 給料が低いから

自分の仕事内容に対し、給料が見合った額でなければ割に合わないと感じます。
給料額の割に仕事内容が精神的に辛いものだったり、正社員なのに非正規社員とあまり変わらない額の給料だったりすると、不満を抱く人は多いでしょう。

2. 仕事の量が多いから

毎日非常に忙しいのに、給料が低いのも不満の原因です。サービス残業が多かったり、業務量が年々増えていくのにほとんど昇給しなかったりすると、働いても報われないと感じるでしょう。

業界別の正社員の平均給与や、正規雇用と非正規雇用の給与差などについて知りたい方は、「正社員の平均給料はどれくらい?派遣やフリーターとの差は?」のコラムをご覧ください。

仕事が割に合わないと感じる4つの具体例

仕事が割に合わないと感じるときには、以下のような例が挙げられます。

例1. 正社員なのに時給換算すると1000円以下

正社員として責任ある仕事をしているのに、給与を時給換算してみたらアルバイトとほとんど変わらなかったという場合があります。正社員には安定性がある、福利厚生が受けられるなどのメリットがあるものの、やはり時給1000円以下だと割に合わないと感じる可能性が高いでしょう。

例2. 非正規雇用なのに正社員と同じ仕事

報酬が優遇されない非正規雇用の立場なのに、正社員並みの労力を要求される職場も存在するようです。職場と仕事内容が同じなのに、非正規雇用だからといって安く使われていると思うと「割に合わない」と感じ、仕事に対するやる気もなくなってしまいます。

例3. 仕事をしていない上の世代のほうが高給

若手が最前線で仕事を処理しているのに、何もしていない年配社員が高い給与をもらっていると、若い世代の人が「割に合わない」と感じるようです。これは、企業が「年功序列制度」を採用していることによるものでしょう。年功序列制度とは、年齢や勤続年数に比例して賃金が上がっていく仕組みです。
年功序列制度を採用している企業でも、自分がその年齢になったとき同じように高い給与をもらえる保証はありません。よって、今頑張っている若手が評価されないことに対して不満が生じやすいようです。

例4. 仕事の精神的な辛さに比して低い給与

「ノルマの設定」「クレーム対応」「危険を伴う仕事」「人間関係の大きなストレス」など、精神的に辛い仕事をしているのに給与が低い場合、割に合わないと感じることも。

仕事には向き不向きがあります。自分の今の仕事に適性があるかどうかも併せて考えてみたほうが良いでしょう。

今の仕事内容に不満がある場合には「仕事がつまらない!その理由と対処法」のコラムがおすすめです。併せてご覧ください。

仕事が割に合わないと感じるときにやるべき3つのこと

仕事が割に合わないと感じたら、次の3つのことを試みるのが効果的です。

1. サービス残業を辞める

仕事が割に合わないと感じているならば、サービス残業を辞めてみるのも一つの手です。
サービス残業の多い職場では、「他の人が残業しているから自分だけ帰れない…」と皆が気を遣いあった結果、残業が常態化してしまったということも。周囲の顔色や自分の残りタスクのことを考えるのは一旦置いておき、業務は定時や常識的な残業の範囲内に行いましょう。短い時間でタスクをクリアするための工夫をして、業務の効率化を図るのが得策です。
サービス残業を辞めればヘトヘトに疲れ切ることもなくなり、かえって仕事の効率が上がることがあります。

2. どうすれば今の企業で昇給するのか考えてみる

今やっている仕事内容に対して割が合わないと感じているときは、在籍している企業で自分はどうしたら昇給できるか考えるのも有効です。
たとえば、手当がつきやすい職種へ異動できないか、自分の業績として評価されやすい仕事はほかにないかなどを検討すると良いでしょう。今の職種のまま、出世する方法を考えるのもおすすめです。

3. スキルアップを試みる

スキルアップによって、今やっている仕事を楽にこなせるようになる可能性があります。仕事にかかる労力を減らすために、パソコンスキルや専門知識などを身に付けるのがおすすめです。
スキルアップすれば、割に合わないと感じることが減るでしょう。また、良い待遇の企業に転職する道もひらけます。

転職や昇給を目指してキャリアアップを図りたいと考えている方は、「キャリアアップする方法とは?具体的な描き方や助成金システムなども解説」のコラムがおすすめです。
また、「取りやすい国家資格9選!取得のメリットや選ぶときのポイントを解説」のコラムでは、取得の難易度が比較的低い国家資格のほか、民間資格や公的資格も紹介しています。
コラムを参考にして、昇給やスキルアップを目指しましょう。

どうしても仕事が割に合わないときの3つの対処法

どうしても仕事が割に合わないと感じたら、以下の3つの方法を試してみましょう。

1. 適当に仕事をする

割に合わない仕事をしている場合は、仕事の質を落として給与と釣り合いを取る方法もあります。
しかし、適当な仕事は周りの人たちに迷惑がかかるうえ、自分の成長の妨げになってしまうため、あまりおすすめできない手段といえるでしょう。

2. プライベートを充実させる

趣味を見つけて、それに没頭するのも一つの手です。プライベートで思う存分楽しめれば、「仕事が割に合わない」という気持ちから離れることができます。
ただし、お金のかかる趣味だと給与が低いことへの不満がより大きくなるため、お金のかからない趣味が理想です。

3. 給料アップを狙って転職する

今の仕事がどうしても割に合わない場合は、思い切って転職してしまっても良いでしょう。
ポイント:きちんとした評価制度を設けている会社で働けば、今までより収入が上がったり、労働時間が減ったりと精神的・肉体的に楽になり、「割に合わない」と感じることが少なくなります。

「今の仕事が割に合わないので辛い」「転職して給料アップを狙いたい」という方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは20代の若年層の方に向けて、人柄とポテンシャルを重視する企業の求人をご紹介。あなた専属の就活アドバイザーがカウンセリングを通じて、あなたの希望する待遇や仕事内容のご相談に応じます。
ご利用、ご登録はすべて無料です。お気軽にお問い合わせください。

仕事が割に合わないと感じることに関するQ&A

ここでは、仕事が割に合わないと感じるお悩みについて、よくある質問と回答をまとめました。

仕事が割に合わないからといって辞めるのは甘え?

仕事が割に合わないという理由で辞めるのは、必ずし も甘えとはいえません。待遇や業務量は仕事のモチベーションを左右するうえ、心身の健康にも関わる大事な問題です。今の仕事が割に合わないと思ったら、まずは現在の状況で改善できる可能性がないか考えてみましょう。改善の余地がなさそうであったり、今の職場では自分の叶えたいキャリアプランが実現できなさそうであったりする場合は、転職を検討してください。
 

仕事が割に合わないと感じたらするべきことは?

たとえば業務量が多すぎる場合、まずはサービス残業のような割に合わない労働を辞めてみるのが一つの手です。また、今の企業で昇給できないか考えてみたり、転職を検討してみたりするのも良いでしょう。残業について詳しく知りたい方は「法定内残業は無給?法定外とどう違う?36協定やみなし残業も解説!」のコラムも併せてご覧ください。
 

割に合わない仕事の求人を避ける方法はありますか?

割に合わない仕事を避けるには、求人をよく検討することが必要です。待遇に比して業務量が多いなどの割に合わない仕事をさせる企業は、「ブラック企業」と呼ばれます。ブラック企業の求人でないかどうか見定めるのが、割に合わない仕事を避けるコツといえるでしょう。「ブラック企業に捕まらないために!見極め方をご紹介」では、求人広告を見る際の注意点について、詳しく解説しています。こちらのコラムを参考にしてみてください。
 

仕事が割に合わないので転職したいのですが…

転職を希望する場合は、しっかりした評価制度の企業を選びたいものです。企業選びは慎重に行いましょう。どのような転職先を選んだら良いか分からない方は、ハタラクティブにご相談ください。専任の就活アドバイザーが、あなたの適職をアドバイスしたうえで、ぴったりの求人をご紹介します。

吉田早江

監修者:吉田早江

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A