指示待ち人間に向いてる仕事をご紹介!改善方法も解説

指示待ち人間にはどんな仕事が向いてますか?

指示待ち人間に向いてる仕事は、事務や運送業、ルート営業など、作業がマニュアル化されているものや指示通りに動く仕事です。

就活アドバイザーに聞いてみました!

指示待ち人間に向いてる仕事をご紹介!改善方法も解説

指示待ち人間が自分に向いてる仕事を見つけるには、どのような仕事があるのか知ることが大事です。そのためには、自己分析や企業研究を行うことが必須。「指示待ち人間にはどんな仕事が向いてるのか分からない…」とお悩みの方は、まずはさまざまな職種や業界について知識を深めましょう。その中で、自分に適性を活かせる仕事を見つけてみてください。

指示待ち人間に向いてる仕事5選

指示待ち人間に向いてる仕事は、事務やシステムエンジニア、運送業などです。以下に詳しくご紹介していくので、確認していきましょう。

1.工場

工場でのライン作業や組み立て作業、検品作業などは、ルーティーンワークであることが多く、指示待ち人間に向いてる仕事です。業務内容がマニュアル化されているので、自分で考えて行動することは基本的にはないといえます。そのため、工場の業務は、指示通りに作業をこなすのが得意な指示待ち人間に向いてる仕事といえるでしょう

2.事務

事務の業務である電話やメール対応、書類作成などはマニュアル化されていることが多く、指示待ち人間に向いている仕事です。指示待ち人間は、自分で考えて仕事を進めるのが苦手な傾向にあります。そのため、マニュアル化された作業を繰り返す仕事は、指示待ち人間にとってはやりやすい仕事であるといえるでしょう。

3.システムエンジニア(SE)

下流工程の携わるシステムエンジニアの仕事は、指示待ち人間に向いてるでしょう。上流工程を担当するシステムエンジニアは、クライアントとの関わりがあるため、指示待ち人間にはあまり適していません。しかし、下流工程の携わるシステムエンジニアであれば、上流から降りてきた要件定義を守りながら業務を進めます。指示を受けてから仕事を進め、納品するという流れになるので、指示待ち人間に向いてるでしょう。

4.運送業

運送業は、荷物を指示された場所に運ぶことが仕事なので、指示待ち人間に向いてます。どのようなルートを通り、どの顧客を優先すべきか考える必要はありますが、仕事全体を通して指示通りに動くことが求められるようです。

5.ルート営業

ルート営業は、顧客の要望を聞いて、要望をもとに商品を用意したり、アフターサービスを行ったりすることが仕事です。新規顧客を獲得することが求められる通常の営業職とは異なるのが特徴。ルート営業は顧客の指示を聞いて行動するので、指示待ち人間に向いてる仕事であるといえます

ルート営業の仕事に興味のある人は「ルート営業を目指すなら!効果的な志望動機の書き方」のコラムをご覧ください。ルート営業に求められる能力や志望動機のポイントについて解説しています。

そもそも指示待ち人間とは?

指示待ち人間とは、仕事に対して自分から考えて行動できない人を指します。指示通りに仕事をこなすことは得意ですが、その後何をすべきか自分で判断できず、トラブルが発生した際にも臨機応変に対応することが苦手な人が多いようです。
また、指示待ち人間の中には、自ら考えることはできてもそれが正しいか判断できず、自主的に行動することを避ける人もいます。

指示待ち人間に共通する6つの特徴

指示待ち人間には、仕事に対するやりがいがない、臨機応変に対応できないといった共通する特徴があります。以下で詳しくご紹介するので、自分に当てはまる特徴がないか確認してみましょう。

1.仕事に対するやりがいがない

仕事に対するやりがいがないことは、指示待ち人間に共通する特徴の一つです。自分で物事を考えて行動できないことは、仕事に対するやりがいがないとも考えられます。たとえば、自分のやりたい仕事をできていない人や希望していた職種とは異なる部署に配属された人など。そのような人の場合、「自分のやりたい仕事ではないからやる気が出ない」「別の仕事がしたいのに…」と考えてしまい、仕事に対するモチベーションがなくなり、指示待ち人間になってしまう可能性もあります。

2.周囲からの評価に関心がない

指示待ち人間の人は、周囲からの評価に関心がない場合があります。昇給や昇進といった評価への関心がる人は、積極的に行動することで自分をアピールしているようです。しかし、周囲からの評価に興味のない人は「指示通りに仕事していれば良い」「指示に従っている方が楽」といった姿勢なので、指示待ち人間になってしまうのでしょう

3.責任を負うことを避ける

指示待ち人間に共通する特徴として、責任を追うことを避ける傾向があります。自分から行動を起こした結果、「トラブルが発生したらどうしよう」「仕事の責任を追うのは嫌だ」と思ってしまうようです。また、「自分は責任を負う立場ではない」と考えてしまい、自主的な行動を避ける傾向があります。

4.臨機応変に対応できない

指示待ち人間の人は、失敗を恐れるあまり、臨機応変に対応できない特徴があります。指示通りに作業するのは得意な一方、急な仕事やトラブルが発生した際に、状況に応じて適切に対応するのが苦手なようです。特に、社会人になりたての人や転職したばかりの人に多い傾向があります。

5.優柔不断で自分の意見を言わない

指示待ち人間は、優柔不断で自分の意見を言わない人が多いようです。たとえば、職場の会議でも自分の意見を発言することは基本的にはありません。指示待ち人間は、自分ならどうするかという点を考えるのが苦手なので、誰かが発言してくれるのを待っていることが多いようです。

6.仕事への知識が不足している

仕事へ知識が不足してることで、指示待ち人間になってしまう場合もあります。
仕事への知識が不足していると、業務を進めるためには何から取り組めば良いか判断できないという状況に陥ってしまうことも。その結果、何をできないまま指示を待つだけの状態になってしまうこともあるようです。

仕事への知識やスキルが不足していることから指示待ち人間になっている人は「仕事についていけない!能力不足に悩まないための解決策」のコラムもご覧ください。仕事の能力を向上する方法について解説しています。

指示待ち人間なのは悪いこと?

指示待ち人間に対してマイナスなイメージを持つ人もいると思いますが、指示待ち人間が悪いとは限りません
企業によっては、指示通りに仕事を進めてくれることをプラスに捉えることもあるようです。たとえば、全社員が主体的に動いてしまうと、チームとしてのまとまりがなくなる可能性も。そのため、指示通りに行動できる指示待ち人間も組織の中には必要であり、悪いこととは言い切れないでしょう

指示待ち人間が周囲に及ぼす影響とは?

前項では、指示待ち人間は悪いことではないと説明しましたが、指示待ちが周囲に悪い影響を及ぼすこともあります。どんな影響があるのか、以下で確認していきましょう。

生産性を下げてしまう

指示がないと行動できない人がいることで、会社全体の生産性が下がってしまう可能性があります。特に、指示待ち人間に指示を与える人は、自分の仕事に集中できない場合も。指示待ち人間が1つの業務を完了させても、また次の指示を与える必要があります。そのため、指示待ち人間の面倒を見ている間は、自分の仕事を十分に進められないという状況に陥ることもあるようです。

周囲の社員から不満を持たれることがある

指示待ち人間であることで、周囲の社員から不満を持たれる場合があります。「自分がこれだけ働いているのにあの人は何もしていない」といったように、ほかの社員から反感を買うことも。指示待ち人間のそのような姿勢を見ていることで、ほかの社員の仕事へのモチベーションが低下することも考えられます

上司の評価が下がる可能性がある

指示待ち人間を部下に持つことで、上司の評価が下がる場合もあるようです。特に、指示待ち人間の教育方法が分からないままになってしまっている場合は、上司の評価にも悪影響を及ぼす可能性も。上司の評価に支障が出てしまうと、職場の雰囲気を悪くしてしまうことも考えられます。

指示待ち人間を改善する方法

指示待ち人間を改善するには、第三者に自分のことを聞く、興味のあることに取り組んでみるといった方法が有効的です。指示待ち人間を改善したいと思っている人は、以下の方法を試してみてください。

第三者に自分のことを聞く

指示待ち人間を改善したいと思ったら、まずは第三者に自分のことを聞いてみましょう。第三者に自分のことを聞けば、自分では気づかなった強みや弱みを知れるでしょう。また、第三者の意見を取り入れることで、客観的に自分を分析できるので、向いてる業界や職種も把握できるはすです

興味のあることに取り組んでみる

指示待ち人間を改善したいときは、自分が興味のあることに取り組んで見る方法もあります。興味のあることに取り組むことで、積極性が増すでしょう。
日ごろから興味のあることに取り組んでいる人は、もう少し深く踏み込んで行動してみるのがおすすめ。たとえば、歌うことが好きであれば、動画で配信してみるといったように、積極性を足して取り組んでみましょう。

指示待ち人間をやめる3つのメリット

指示待ち人間をやめることには、仕事の選択肢が増える、年収アップが見込めるといったメリットがあります。どのようなメリットがあるのか、以下を確認してみましょう。

1.仕事の選択肢が増える

指示待ち人間をやめることで、仕事の選択肢が増えるでしょう。指示待ち人間をやめられれば、自分の向いてない仕事も向いてる仕事になる場合も。たとえば、営業や接客業、コンサルタントなど、行動力が重視される仕事を目指すことも可能になるでしょう。仕事の選択肢が増えれば、自分のやりたい仕事に就くこともできるはずです。

2.年収アップが見込める

仕事の選択肢が増えれば、年収アップも見込めます。それは、専門的なスキルが身につく仕事にも挑戦できるようになるためです。IT業界や営業職といったスキルが身につく仕事は、年収が高い傾向にあります。また、スキルがあれば独立もできるので、より高い収入を得られる可能性があるでしょう

3.自分に自信を持てる

指示待ち人間を改善すると、自分に自信を持てるようになるでしょう。自分に自信がつけば、挑戦することに前向きになれます。新たな物事への挑戦から、経験やスキルが身につき、さらなる自信へと繋がるでしょう。

自分に自信がないあなたが自信をつける方法」では、自分に自信をつける方法についてご紹介しています。自分への自信のなさから指示待ち人間になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

「指示待ち人間だから就職できるか不安」「今の仕事は向いてない気がする…」とお悩みの方は、就職・転職エージェントの活用がおすすめです。
就職・転職エージェントを利用することで、自分に合った求人を紹介してもらうことが可能。面接対策や応募書類の添削などのサポートも充実しているので、1人での就職・転職活動に不安を感じている方も安心して利用できます。

就職・転職エージェントのハタラクティブでは、既卒や第二新卒、フリーターなどの若年層を中心に就職・転職活動を支援。プロのアドバイザーがカウンセリングを行い、あなたの適性や性格に合わせ、向いてる仕事をご紹介します。あなたの強みを存分にアピールできるよう面接対策も行うので、経歴やスキルに自信がない方も安心です。
サービスの利用はすべて無料。「向いてる仕事に就きたい」「指示待ち人間の要素を活かせる仕事について知りたい」という方は、まずはお気軽にご相談ください。

関連タグ