使えない社員になってないか心配…当てはまりやすい特徴と改善点を解説

使えない社員になってないか心配…当てはまりやすい特徴と改善点を解説の画像

この記事のまとめ

  • 社会常識に欠ける、指示を理解できないなどは、使えない社員と言われてしまう
  • 理解するまで調べる、メモを取るなどのアクションを取ることが、できる社員への近道
  • 使えない社員ではなく仕事が合っていない可能性もあるため、転職も視野に入れる

このコラムでは、使えない社員にならないための対策方法についてまとめています。学校で、勉強ができる人やできない人、運動が得意な人不得意な人がいるように、職場でも仕事ができる人とできない人がいます。その差はどこから生まれてくるのでしょうか。仕事ができない人の特徴も含めて解説していきます。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

使えない社員に当てはまりやすい特徴とは?

どんな人物が「使えない社員」に当てはまってしまうのでしょうか。以下のような特徴が、共通する問題点として挙げられるようです。

1.分からないことをそのままにする

仕事の説明や指示を受けた際、分からないことがあっても確認をせず自己判断してしまったり、わからないことを周囲に相談しない人が当てはまります。分からないことを放置したままにしておくと自分の成長の妨げになってしまうため、注意が必要です。

2.社会人としてのマナーが身についていない

仕事の進捗状況の報告や必要な連絡、疑問や不安な点の相談といった社会人として基本の行動を怠れば、「使えない社員」という印象を与えてしまうでしょう。場合によっては業務のやり直しや上司の責任問題に発展する可能性があるようです。

3.メモを取らずに同じミスを繰り返す

基本的には、教えてもらう1回のタイミングでしっかり身につけようという姿勢が大切。しかし、メモを取ろうという発想がない、またはどういう場合にメモを取るべきかわからない人がいるようです。
こういうタイプの人は、メモを取っていないため、忘れてしまい何度も同じ質問をしてしまいます。ミスや失敗は誰にでもあるものですし、決して悪いことではありません。しかし、ミスや失敗から何も学ばなければ成長が見えず「使えない社員」と思われてしまうことに。
同じ過ちを繰り返さないためにはどう対策すれば良いのか、自身で考え行動に起こせないとミスを繰り返してしまうでしょう。

4.自己管理ができていない

指定された期日を守れない、遅刻しがちなど時間に対する意識が低いと、信用性に欠けるでしょう。また、翌日も仕事と分かっているのに深夜や明け方まで遊んでしまったり、仕事に影響が出るほど飲酒してしまったりするのも、仕事のパフォーマンスが低下する原因となります。

5.業務の指示をなかなか理解できない

指示に対して理解ができなければ、何を求められていて自身が何をすべきなのかも分かりません。自ら主体的に仕事内容についての理解を深めようとしなければ、指示の本質が分からず求められる結果は出にくいもの。結果、「彼(彼女)に仕事を頼んでもできない、使えない」と思われてしまうでしょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

使えない社員にならないためには?

この項目では、使えない社員にならないために出来ることを紹介します。使えない社員の特徴に当てはまるからと気落ちせず、まずは改善点を確認していきましょう。

1.整理整頓を心掛ける

お仕事前やお昼休憩の際、デスクやロッカーの整理整頓をしてみましょう。書類の場所がすぐ分かる、何がどこに置いてあるのか把握することで、業務スピードが改善されます。また、頭も整理されるでしょう。

整理整頓のコツについては、「書類整理のコツを解説!ファイルやボックスを活用して整理整頓を心がけよう」のコラムで解説しているので、参考にしてください。

2.分からないことは質問する

依頼されたタスクがよく分からない場合は、思い切って聞きましょう。「恐らくこういうことだろう」と自己判断で指示内容を決めつけ、業務を進めていくのはミスに繋がってしまいます。
「ここの部分をもう少し詳しく教えていただいてもよろしいでしょうか」「こういう認識で合っていますでしょうか」とわかる人に聞きましょう。
また、調べればわかるような内容であればまずは自分で調べることが大切。調べてもわからない場合にのみ尋ねるようにします。

3.メモを取る習慣をつける

メモを取るべき内容かそうでないか判断できなければ、朝礼のとき、上司に呼ばれたとき、何かを教えてもらっているときなどはすべてメモを取る癖をつけてみるのもおすすめ。
メモを取ったあとに見返すことで、必要な情報とそうでない情報がわかってくると思います。どういう内容のものをメモに取るべきか徐々に理解できるでしょう。メモの取り方については「メモ魔になると仕事の効率がアップする?ポイントや注意点を紹介」のコラムがおすすめです。

4.仕事ができる人のやり方を真似してみる

できる社員になるための一番の近道は、仕事のやり方を真似してみること。1日のスケジュールの組み立て方や仕事の優先順位の付け方、業務の進め方など、その人が「できる社員」という印象を持たれている理由を明確化し、それを真似してみましょう。加えて、業務中はどのような点に注意しているかや、ルーティン化している部分などを質問してみることも大事です。自分に足りていない部分を補えるような回答から、新たな知識を取り入れるきっかけになるでしょう。

仕事のできる人にはこんな特徴が!効率的な仕事術とは」では、仕事のできる人の特徴について解説しているので、こちらのコラムも参考にしてみてください。

5.ミスしたら原因と対策を考える

同じミスや単純なミスをいつまでも繰り返す人は、仕事ができないといわれる人の典型的な特徴。ミスをしたら、なぜ失敗してしまったのかの理由を追求し、同じ失敗を繰り返さないためにはどういうアクションを起こせばよいのか対策を立てることが重要です。

目標を決めて業務に取り組んでみよう!

具体的な改善点を一つの目標として掲げることで、仕事のパフォーマンスは良い方向へ向かうでしょう。例えば、仕事の指示を誤って理解してしまうことが多い場合は、指示された内容の解釈に間違いがないかを再確認するよう心掛けるだけで、改善することができます。複数の目標を作るのではなく、まずは一つの目標を達成できるよう努めることが重要です。

仕事が合わないと感じたら転職も視野に入れる

改善策に取り組んでも結果が出ない場合、仕事ができないのではなく、業務内容が自身に合っていない可能性があります。適正のない仕事を続けても、伸びる能力には限界があるでしょう。

業務内容や職場が合っていないと感じたら、転職を検討してみるのも1つの方法。
ハタラクティブでは、転職に関する相談に対応しています。実績あるプロとのマンツーマンのカウンセリングや、あなたの適性に合った求人のご案内など、さまざまな面からサポートを行っています。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

使えない社員に関するFAQ

ここでは、使えない社員になっていないか心配な人向けのよくある疑問・不安を、Q&A形式でまとめました。

仕事を頑張っているつもりでも上手くいかない…どうすればできる人になれる?

仕事を頑張っているのに上手くいかなかったり、結果に繋がらなかったりする場合、努力する方向性が違う可能性があります。できる人はどのような方法で仕事に取り組んでいるのかを参考にしてみましょう。「仕事ができない人の特徴とは?できる人になる方法をご紹介」では、できる人になる方法なども解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

仕事ができなくて辛い気持ちを切り替える方法とは?

仕事ができないことから自分を責めてしまい、辛い状況に陥ってしまうこともあります。そんな時はまず、自分の現状の気持ちを把握し、整理しましょう。原因を明確化して、気持ちを切り替えられるような対策を取ってみてください。「仕事ができないのはなぜ?辛い気持ちの原因や対処法を紹介」では改善策も解説しているので、参考にしてください。

仕事で求められる人材はどんな人物?

仕事が出来ないと認識される人間がいるように、辞められたら困ると思われる人間も存在します。優秀な社員は、周りへの配慮ができたり、失敗も前向きに捉えられる人間が当てはまるようです。「辞められたら困る人の特徴とは?優秀な人ほど去っていく理由とは」のコラム内でも、辞めれらたら困る人材の要素について紹介しています。

この記事に関連するタグ