仕事がつまらない理由とは?おすすめの対処法も紹介

仕事がつまらない理由とは?おすすめの対処法も紹介の画像

この記事のまとめ

  • 仕事がつまらないままにしておくと、貴重な時間を無駄にする可能性がある
  • 仕事がつまらない理由には、人間関係ややりがいを感じられないことなど
  • 仕事がつまらないなら、目標を設定したり趣味を充実させたりすると効果的
  • 仕事をさぼったり、無理にテンションを上げたりするのは逆効果

仕事がつまらないと思いながら働いている方は多いでしょう。つまらないと思いながら仕事をしていると、ミスが増えたり職場での人間関係が悪くなったりします。体調を崩すきっかけにもなり得るでしょう。仕事は、日常生活の大半を占めるものです。どうせなら、つまらないままではなく、楽しいものにしたいでしょう。このコラムでは、仕事がつまらない理由とおすすめの対処法を解説しているので、参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事がつまらないままにするデメリット

仕事がつまらないと思いながら働き続けていると、自分にとって良くない結果をもたらす可能性があります。ここでは仕事がつまらないままにする6つのデメリットを紹介するので、現状を考え直す参考にしてください。

1.貴重な時間が無駄になる

仕事がつまらないままだと、貴重な時間が無駄になるというデメリットがあります。やる気を持って仕事に取り込めば、さまざまなことが身につき成長できますが、つまらないと思いながら仕事をしていると大きな成果は出ないでしょう。
自分が成長するための貴重な時間を無駄にすることがないよう、つまらないと思っている状態から抜け出す必要があります。

2.仕事で結果が出せなくなる

つまらないと思いながらダラダラと仕事をしていると疲れやすくなってしまいます。やる気を持って仕事に取り組めば、仕事の成果が出てモチベーションも上がり、さらに頑張ろうというエネルギーが湧いてくるでしょう。
しかし、やる気がないまま仕事をしても成果は上がらず、モチベーションも下がってしまいます。モチベーションが下がったままにしておくと、精神的な疲れが溜まり、仕事で結果を出せなくなってしまうでしょう。
仕事で成果が出せなければ、同僚や上司に認めてもらうこともできず、仕事への満足感も下がります。周囲からの評価が下がれば、自己肯定感も下がってしまうでしょう。自分を否定するような考え方に陥り、余計に仕事をつまらないと感じるようになる悪循環が始まります。

3.精神的ダメージが大きくなる

仕事は日常生活の中で最も多くの時間を費やすといっても過言ではありません。そんな仕事をつ、まらないと思いながら取り組んでいると、毎日仕事をするのが憂鬱になってしまいます。
このような状態が長く続けば、精神的なダメージが大きくなってしまうでしょう。場合によっては、うつや出勤困難症といった精神的な病気になってしまう可能性も考えられます。病気の可能性を感じる方は、「出勤困難症の改善方法とは?主な原因や対策方法もあわせて紹介」も一読ください。
また、仕事への興味がなくなることで職場内の人間関係を悪化させることもあるでしょう。
仕事がつまらない、面白くないなど仕事に対して否定的な気持ちを持っていると、同僚に対してそっけなくなってしまいます。同僚に対してそっけない態度をとってしまうことで、同僚との仲間意識も薄くなるでしょう。
同僚から仕事に対して熱意のない人だと思われ、仕事がやりにくくなり、ますます仕事が嫌になってしまうという悪循環に陥る可能性があります。

4.スキルが身につきにくい

仕事がつまらないと思いながら働いていると、スキルが身につきにくいというデメリットがあります。仕事がつまらないと思っているため、仕事に興味が持てず、新しいスキルを身につけたいという向上心が持てないでしょう。
仕事がつまらないというネガティブな感情を持ちながら仕事をすることで、やる気を持って取り組めばもっと成長できるにもかかわらず、自分の可能性を狭めることになってしまいます。

仕事がつまらないと思ってしまう原因

ここまで仕事がつまらないままにするデメリットを紹介しました。仕事がつまらない現状を変えたいと思っても、実際に行動に移せない人は多いでしょう。状況を改善するには、まず仕事をつまらないと感じる原因を究明することが大切です。ここでは仕事がつまらないと思ってしまう原因の中でもよくあるものを紹介するので、自身の仕事の状況と重ねて考えてみましょう。

1.仕事内容に不満がある

仕事の内容が自分と合っていないと、仕事がつまらないと感じてしまいます。もともとはそう思っていなくても、大きな失敗をきっかけに仕事内容が自分に合っていないと感じることもあるでしょう。
ルーティンワークのような、毎日同じ作業の繰り返しをすることが得意な人もいれば、それを苦に感じる人もいるでしょう。工場のように、毎日同じルーティンを繰り返す仕事もあれば、経理のように1か月単位でルーティンを回す仕事もあります。逆に、デザイナーや芸術関係の仕事なら、同じ業務を繰り返すことは少ないでしょう。仕事の性質が自分に合っていない場合は、つまらないと感じやすくなります。

やりがいを感じられない仕事はつまらない
自分の仕事が社会に役立っていることを実感できないとやりがいを感じられず、モチベーションが下がる人もいます。自分の仕事ぶりが誰にも認められなければ、つまらないと感じるのも無理はないでしょう。

2.やりたい仕事が分からない

そもそも、自分のやりたい仕事が分からない人もいます。
やりたい仕事が分からないという人は、与えられた仕事に対して「やらなければならない」「楽しみたい」「楽しまなければならない」という義務感を持っているケースも少なくないでしょう。仕事は、その義務感を消化しているだけになっている可能性があります。心から「仕事が楽しい」と思えることが少なく、必然的につまらないと感じるようになってしまいます。

3.入社前の理想と違った

入社前に抱いていた理想と入社後のギャップを感じ、仕事がつまらないと感じてしまう人も多いようです。
自分が希望していた部署とは違うところに配属されたり、やりたかった仕事と違う仕事をしなくてはならなかったりすると、モチベーションが下がってしまうものです。希望の部署であっても、想像していた仕事内容と異なれば、つまらないと感じてしまうでしょう。

4.人間関係に問題がある

同僚と気が合わなかったり、上司とそりが合わなかったりすると、息苦しさを感じて業務に対してもつまらないと感じてしまうこともあります。職場の人間関係が悪いと、出社することや仕事に取り組むこと自体が嫌になってしまう場合もあるでしょう。

5.仕事の量が多い

仕事の量が多過ぎることが、仕事をつまらないと感じる原因になっている場合もあります。人手が不足していると、一人の社員にかかる負担が増えて残業が増えたり、休日出勤をしたりしてカバーしなくてはならないでしょう。
人にはこなせる仕事量の限界があります。仕事の量が多過ぎることで効率が悪くなり、体力も気力も奪われてしまうでしょう。次第に仕事に対する興味が薄れ、仕事がつまらないと思うようになってしまうのです。

6.待遇に不満がある

仕事の対価は、給与で支払われます。仕事によってやりがいや周囲からの評価を得られることもありますが、給与が少なければ満足できない人もいるでしょう。そのため、給料に不満があれば、仕事がつまらないと感じてしまう人もいます。
もともとの給料水準が低くても、評価が上がったり、勤続年数が長かったりして給料が増えることもあるので、やる気が出る可能性もあるでしょう。しかし、給料が少なく増える見込みもなければ、仕事が楽しくないと思ってしまうのも仕方がないことです。
また、休暇が取りにくくプライベートの時間が確保できないことも、仕事への不満に繋がります。仕事で疲れて休みたくても、休暇を取りにくい環境だったり、休日出勤が多くて休暇日数が少なかったりすると、疲れがどんどん溜まってしまいます。そういった状況が続けば、身体的にも精神的にも参ってしまうでしょう。待遇が悪いと、仕事をつまらないと感じるうえに、やる気や意欲もなくなってしまう可能性があります。自分が「働き過ぎかも…」と思う方は、「働きすぎは病気になる?超過労働時の対処法や過労サインを詳しく解説!」も一読ください。

7.スキルアップできる環境ではない

仕事でスキルアップできないことも、つまらないと思う原因の一つです。
人には向上心があり、成長して人に認められたいという気持ちを持っています。同僚が責任ある仕事をして成果を上げているのを見ると、自分の無力さを感じ、悔しさがこみ上げてくるといったこともあるでしょう。
スキルアップして周囲に認められたいと思っているのに、自分の成長を感じられない環境にいると、ストレスを感じてしまいます。

8.成果が出せずなかなか評価してもらえない

頑張っているのに成果が出せず、なかなか評価してもらえない場合、仕事をつまらないと感じることがあります。周りや会社から評価してもらえないと自己肯定感も低くなり、自然と仕事がつまらないと感じるようになってしまうでしょう。
成果が出せないのは、スキルや能力が足りていないという可能性があります。仕事をこなすスキルや能力を身につければ、成果を上げられ、評価されるようになるでしょう。
また、努力して成果を出しているのに、周囲が気づいていないパターンも考えられます。努力だけでなく、自分の成果をアピールすることも大切でしょう。
今より評価されるようになる方法を知りたい方は、「会社で評価されないのはなぜ?考えられる原因を解説」をご覧ください。

9.ストレスを感じる

大きなストレスを感じている場合にも、仕事がつまらないと感じることがあります。自分の能力が評価され期待されているときに感じる適度なストレスは、モチベーションのアップにつながるでしょう。しかし、過度な期待を苦痛に感じてしまう人も少なくありません。
また、仕事には人間関係や将来に対する不安、仕事内容などさまざまなストレスがつきものです。自分の許容範囲を超える過剰なストレスを溜め込んでしまうと、仕事を楽しめなくなり、仕事がつまらないと感じるようになってしまいます。

仕事がつまらないときにおすすめの対処法

自分が仕事をつまらないと感じる理由を認識したら、それを解決するためには何をすれば良いのかを考えましょう。
ここでは、仕事がつまらないときに取り組んでほしい、おすすめの対処法をご紹介します。

1.目標を設定する

会社や部署が提示する目標とは別に、自分だけの1日の達成目標を掲げてみてください。たとえば、「1日3件の新規契約を目指す」とか「△△の業務の作業時間を短縮する」といった具合です。
仕事で目標を設定するには、ライバルを見るけることもおすすめです。ライバルがいれば「あの人には負けたくない」という気持ちから、仕事に対する意欲が湧いてくるでしょう。また、自然と周囲の人の働きぶりにも目が行くようになるため、職場の人と距離感が生まれるのも解消できます。さらに、ライバルの仕事のやり方を見ていれば、自分の能力アップにつながるでしょう。
自分なりに達成できそうな目標を掲げて、目標に向かって努力することで、仕事を楽しめるようになり、つまらないという感情を抱きにくくなるでしょう。

2.楽しいと思える環境を自分で築く

仕事をつまらないと感じているなら、仕事が楽しくなるような工夫をすることも大切です。
「これができたら自分にご褒美を与える」と設定してみましょう。半日頑張ったらお菓子を食べる、1日頑張ったらお洒落なお店でディナーをする、1か月頑張れたらエステに行くなど、自分の気分が上がるご褒美を用意するのがおすすめです。また、好きなものを身の回りにおいて、リフレッシュしながら仕事に取り組むことも効果的でしょう。
仕事内容に問題がある場合は、改善案を考えるのもおすすめです。仕事が単純作業だったり、時間を持て余したりして仕事がつまらないと感じている人もいるでしょう。その場合には、自分で業務の改善点を見つけ、改善案を上司や同僚に提案してみるといった具合に、自分から積極的にアプローチしてみてください。
無駄な作業を減らす方法や、ミスが多発する作業を正確にする方法などを考えることで、仕事に取り組むことが楽しくなっていくこともあるでしょう。
改善案が認められれば、会社からの評価も上がることも。仕事へのモチベーションも上がり、つまらないと感じることは減るでしょう。

3.何のための仕事かを考える

仕事をつまらないと感じている人は、自分がやっている仕事が、誰に対してどのような効果を期待している作業なのか、改めて仕事の目的を考えてみましょう。
直接関わることができなくても、商品やサービスに対して喜んでくれる人や求めてくれる人がいるはずです。エンドユーザーを想像することは、やりがいを見出すキッカケになるでしょう。

4.楽しい仕事とつまらない仕事の違いを分析する

仕事はつまらないと一蹴するのではなく、仕事の中でも楽しいと感じられる仕事と、つまらないと感じる仕事の違いについて分析してみましょう。仕事をつまらないと感じている人の中にも、「△△の作業だけは楽しい」と思っているケースもあります。
楽しいと感じられる仕事を増やし、つまらないと思う仕事のやり方を見直したり、同僚に手伝ってもらったりして、つまらない仕事に費やす時間を減らしてみましょう。このようにポジティブに行動することで、仕事を楽しいと感じることも増えてくるでしょう。同僚に手伝ってもらった際には、自分の得意分野でサポートすることも忘れないようにしてください。

5.結果を出せるように努力する

努力して結果を出せれば、周りから評価されるようになります。結果が出て周りから評価されるようになれば、仕事に対するモチベーションも上がり、さらに結果が出やすくなるでしょう。
努力すれば結果が出て評価されるということが分かれば、仕事がつまらないと感じることもなくなります。

6.休暇をとってゆっくり休む

自分の時間がなかなか作れないことが原因で仕事がつまらないと思っているなら、休暇を取ってゆっくり休むのも手です。ゆっくりと休む際には、パソコンやスマホから離れて、仕事のことは忘れましょう。
仕事から離れてゆっくり休むことで、仕事をしようと前向きになれる場合もあります。一旦休むことは、気持ちをリフレッシュして仕事に取り組むためにも大切です。

7.仕事だと割り切ってみる

どうしても仕事がつまらないと感じ、面白さを見いだせない場合は、「生活をするためのお金を稼ぐ手段である」と割り切ってしまうという方法もあります。
仕事には嫌なことや面倒なこともあるものです。無理に楽しもうとせず、生きるために必要なことと割り切ることで、案外気が楽になることもあるでしょう。

8.上司に相談する

業務内容に対してやりがいを感じられないときは、上司に相談するのがおすすめです。
上司とはいえ、すべての部下の業務状況や業務に対しての取り組み方・行動を把握できていないケースもあります。また、部下の成長を促すことや基礎となる土台作りを目的に、あえて簡単な作業を中心とした業務を多く与えていることもあるでしょう。
相談する際は、「仕事がつまらないから、別の業務をやりたい」と、自己中心的にならないように注意してください。どのような仕事を通して成長していきたいか、どのようなやり方であれば生産性が上がるのかなど、自分と会社の双方にとってメリットのある提案をすることが大切です。

部署異動も視野に入れる
人間関係や仕事内容が原因で仕事をつまらないと感じているなら、部署異動も検討してみてください。
他部署の同期や先輩の話を聞いて、そこで働いてみたいと思うこともあるでしょう。ただし、「今の部署での仕事がつまらないからほかの部署へ異動したい」という理由だけで行動するのは、おすすめできません。移動先の部署で、どのような仕事をしたいかよく考えて行動することが大切です。上司に相談する際は、部署異動も一つの選択肢として考えていることも伝えると、適切な部署を紹介してもらえることもあるでしょう。

9.会社外の人に話を聞いてもらう

仕事がつまらないなら、会社外の人に話を聞いてもらい、客観的な意見を聞いてみましょう。話をするうちに気持ちが整理されて、次の行動につながる場合もあります。また、会社と関係のない人なら何の遠慮もなく自分の悩みを相談できるでしょう。客観的な意見は、自分一人では気づけなかったことに気づける可能性があるものです。自分では見落としていた原因が分かり、状況が好転することもあるでしょう。

10.プライベートを充実させる

帰宅後の時間や休日の過ごし方などでプライベートを充実させるのも、仕事がつまらないときの対処法としておすすめです。
読書や映画鑑賞、習いごとなど、仕事のほかに熱中できることを探してみましょう。少しでも長くプライベート時間を楽しみたいと思えば、つまらないからとダラダラと仕事をせず、早く終わらせようと頑張って取り組むようになります。仕事に対するモチベーションも上がるため、仕事がつまらないと感じることも少なくなるでしょう。

副業を始める
仕事がつまらないなら、好きなことや興味のあることを活かして副業をはじめてみるのもおすすめです。副業をすることで好きなことや興味のあることで収入を増やせます。給与が低くて不満がある人にも良い方法です。
また、副業で経験を積めばそれが実績を作れます。将来的に転職をすることになっても、その経験を武器に、転職活動を有利に進められるでしょう。副業をとおして自分がやりたい仕事と実際にできることのミスマッチも事前に分かるため、転職におけるリスク回避にも役立ちます。副業の種類や始め方については、「正社員でも副業してOK?会社にバレる理由や働く際の注意点について解説」を参考にしてください。

11.転職も視野に入れる

仕事がつまらない人は、転職を視野に入れるのも良いでしょう。「つまらない現職からとにかく転職したい!」ではなく、仕事がつまらない理由や現状をしっかりと理解したうえで、今の仕事を辞めたほうが良いか考えてみてください。
仕事がつまらないと感じた理由について分析し、理論的に説明できれば、転職活動が上手くいく可能性も十分あります。

仕事がつまらない!NG行動4選

仕事がつまらないと思ったとき、何かしら行動をしようとする方も多いでしょう。モチベーションが下がった状態で仕事をすると、取り返しのつかない大きなミスをする可能性があります。集中力や仕事への意欲、周囲からの評価も芋づる式に下がるでしょう。そのため、行動を起こすことは大切です。しかし、中には逆効果となる行動もあります。ここでは、仕事がつまらないときに行うと逆効果となる行動を紹介するので、注意してください。

1.無理にテンションを上げようとする

モチベーションが下がった状態で仕事をするのは避けるべきですが、無理にテンションを上げようとするのも避けましょう
仕事に関して不満に思っていることや、つまらないと思っていることをごまかして、無理にテンションを上げようとすれば、本心と行動にズレが生じます。
そのままにしておくと、それは大きなストレスになってしまうでしょう。精神的に影響を及ぼす可能性もあります。そのため、仕事をするために無理にテンションを上げる必要はありません。

2.会社の人間に愚痴をこぼす

仕事がつまらないからといって、話しやすい同僚や同期など会社の人間に愚痴をこぼすのは避けたほうが良いでしょう。仕事がつまらないと感じていることを伝えたところで、相手が仕事の状態を改善してくれるわけではありません。また、会社の人間に愚痴をこぼすことで周囲にマイナスイメージを与える可能性もあります。
愚痴をこぼすことで一時的に気持ちがすっきりしますが、根本的な解決にはなりません。仕事の愚痴を言いたいときは、会社外の人に話を聞いてもらいましょう。

3.仕事を休む・手を抜く

仕事がつまらないからと仕事を休んだり、手を抜いたりするのは問題外です。そのようなことをすれば会社の信用を失ってしまうでしょう。手を抜いてダラダラと仕事をすれば成果は上がらず、そのような姿勢で仕事に取り組むあなたを見れば周りからの評価も下がります。
むしろ周りの信用を失い、仕事がさらにつまらなくなってしまうこともあるでしょう。無断で仕事を休んだり、手を抜いたりしても、プラスの効果は期待できません。

4.むやみに転職をする

仕事がつまらないからと、計画性がないまま転職をするのは避けましょう。仕事がつまらないという状況は、転職をしただけでは解決しません。
転職は、今の会社では実現できないことや、理想の労働環境を求めて行うものです。仕事がつまらないという原因を分析し、今の会社で働き続ける問題点を明確にしましょう。転職は、その問題点や自身のやりたいこと、スキルアップができる環境を選ぶ必要があります。

仕事がつまらないという状況をそのままにして働き続けると、貴重な時間を無駄にするだけでなく、精神的にも良くありません。仕事がつまらないと思ったときの原因と対処法を知り、状況の改善を試みましょう。
それでも上手くいかない場合には、転職を視野に入れるのも一つの方法です。「今の仕事はつまらないけど本当にやりたい仕事も分からない」という方は、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは専門の就活アドバイザーが面談を行い、希望や適性を見極めてあなたに合ったお仕事を紹介します。転職するかどうか迷っているという方も、無料で相談いただけますので、お気軽にご連絡ください。

この記事に関連するタグ