会社で評価されないのはなぜ?考えられる原因を解説

会社で評価されないのはなぜ?考えられる原因を解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・会社で評価されない原因は勤務態度に問題がある可能性がある
  • ・会社で評価されない人は「受け身」「自己満足で仕事をしている」という特徴がある
  • ・会社で評価されない状況に納得できないのであれば転職を視野に入れるのもおすすめ

「会社で評価されない」と感じている方に、どのような原因が考えられるか解説します。会社で評価されていないという気持ちは仕事へのモチベーションに影響するため、どうすれば正当な評価が得られるかについてもまとめました。
会社の上司や人事が高く評価するポイントについても紹介しているので、正当に評価されていないと感じている方におすすめのコラムです。

会社で評価されない6つの理由

会社で正当に評価されないと感じる原因には、「.数字で評価しにくい仕事をしている」「自分に対する期待が大きい」などが考えられます。ここでは会社で評価されない6つ原因をまとめました。一生懸命に仕事をしているつもりなのに、上司や人事から評価されないと、ストレスが溜まることでしょう。しかし、なぜ会社で正しく評価されない理由を把握し、自分の考え方や行動を少し変えるだけで、状況を変えられるかもしれません。以下より6つの原因を見ていきましょう。

1.数字で評価しにくい仕事をしている

会社で評価されない場合に理由の一つに、数字に表れない仕事をしている可能性が考えられます。
たとえば営業職であれば、契約を◯件取った、売り上げが◯万円だったという成果が数字として表れるもの。しかし事務職やクリエイティブ職などでは数字として成果が表れにくい傾向にあります。ルーティンワークをこなしている場合には、さらに成果が目に留まりにくくなります。
評価の基準があいまいな職種に就いている場合、
自分よりも成果を上げていないように思える人が昇進したり昇給したりすると、自分は会社で評価されないと感じる方もいるでしょう。

2.自分に対する期待が大きい

会社で正当な評価をされないときは、そもそもの周囲からの期待が大きい可能性があります。
華々しい経歴や職歴を持って就職や転職をした場合、周りの期待はどうしても高まるもの。期待通りの、あるいは期待以上の働きをしてくれるに違いないと考えるかもしれません。
普通の会社であれば評価される程度の結果を出していても、ハードルが上がってしまっているため正当に評価されないことはあります。

3.一つの仕事にこだわり完璧主義になっている

会社で評価されないのは、一つひとつの業務に完璧主義であることが原因かもしれません。
一つの作業にこだわって没頭しすぎてしまい、複数の仕事をバランスよくこなすことができず、上司や同僚からの評価を下げてしまう場合があります。
職種にもよりますが、会社では一つの仕事だけに集中していれば良いという状況はあまり生じません。バランス良く、仕事に優先順位をつけてこなしていく人が評価される傾向にあります。

4.努力の方向が間違っている

会社で正当に評価されるためには、自分に何が求められているかを把握し、それに合わせて努力することが求められます。努力していても、方向性が間違っていれば評価されません。
たとえば、社内でチームのリーダーを任せているとします。リーダーは成果を上げること以外にも、部下を教育し監督することやチームワークを高めること、リスクマネジメントを行うことなどが求められるでしょう。一人で多くの結果を出しても、部下の教育やチームでの業務をおろそかにしていれば評価はされない可能性が高いです。
自分のポジションや立場に何が求められているかをしっかり把握することで、会社内で評価されやすくなります。

5.報・連・相ができていない

会社で評価されない人は、報告や連絡、相談ができていないことが少なくありません。
上司の評価を上げたいのであれば、報・連・相は必須です。上司はこまめに報・連・相をしてくれる部下を評価する傾向があります。部下がこまめに報告や相談をしてくれれば、現状が把握しやすくなり大きなミスを防ぐことにつながるからです。
何でも上司に尋ねながら業務を進めるのはよくありませんが、報・連・相を怠ると会社内で評価されなくなってしまうかもしれません。

7.与えている印象が悪い

会社で正当に評価されていないと感じる場合、自分に問題がある場合もあります。
上司や同僚の印象も影響します。仕事で結果を出していても、悪態をつく、人当たりが厳しすぎるといった職場の空気を乱すような態度でいると、評価されない可能性が高いでしょう。
そのほか、協調性がない、ビジネスマナーに欠けているなどのマイナス要素があると、評価が下がることがあります。

会社の評価制度に問題がある可能性も
会社で正しく評価されていないと感じる場合、会社の評価制度に問題がある場合もあります。
明確な評価基準を設けていない会社では、人事評価が上司の価値観に左右されてしまうこともあるでしょう。もっと悪質な会社では、会社側がそもそも社員を正しく評価するつもりがない場合もあります。

会社で正しく評価されない理由についてもっと知りたい方は、さらに詳しく書かれたコラム「仕事の頑張りを正しく評価されない理由とは?」もご覧ください。

会社で評価されない人の3つタイプ

先述した理由とは別に、会社で評価されない人には「受け身」「自己主張ができない」「自己満足で仕事をしている」といった特徴あります。以下の3つのタイプに当てはまっていないかチェックしてみましょう。

1.受身タイプ

言われたことや頼まれた仕事はそつなくこなしますが、自分から動くことがない人。与えられた仕事をしているだけでは、人の上に立つような仕事は任せられないでしょう。また、マニュアル通りの仕事しかできない人も同様です。

2.自己主張ができない

自身がなく、発言を求められても自分の意見を言えないタイプ。うまく周りに合わせているつもりでも、周りの意見に頼っているだけでは、責任のある仕事を任せてもらうことはできません。また、影でどんなに気を回したり頑張ったりしていても、それが伝わっていなければ意味がありません。「誰かが見てくれているはず」ではなく、直接評価を下す上司に、自分の働きをアピールすることが大切です。

3.自己満足で仕事をしているタイプ

自分ではきちんと仕事ができていると思っているのかもしれませんが、仕事は自分のためにするのではなく、会社の利益になってこそ。自分の仕事が誰かの為になっているかどうか、一度考えてみましょう。あきらかにやる気のない人はもちろん評価されませんが、「自分ではやっているつもり」の人も評価は低くなりがちです。

会社で評価されるためどうしたら良いかを知りたい方は、「会社で評価される人が持っている特徴とは?」もご覧ください。

会社で評価されないと感じるときの5つの対処法

会社で評価されないと感じる場合は成果にこだわったり、上司との信頼関係を築いたりなどの努力が必要です。どうでもよいと感じてやる気を失ってしまうとさらに評価が下がる恐れがあり、悪循環に陥ってしまう可能性もあります。働きに見合った正当な評価を受けるために行える対処法を5つ見ていきましょう。

1.成果にこだわる

会社で正当に評価されるために、成果にこだわることは一つの方法です。仕事に対する努力も評価の対象となるものの、やはり目に見える成果は評価に直結する大きな説得力を持つでしょう。
成果が数字になりにくい部署の場合、どのように業務を効率化できるか、使いやすいシステムを導入できるかなどについて考え、提案していけば成果として評価の対象となるかもしれません。

2.上司との信頼関係を築く

上司との信頼関係を築くことも、正当な評価を受けるのに必要な要素です。
会社で正当に評価されていないと感じると、上司に対してネガティブな感情が芽生えるかもしれません。しかし、上司の立場で考えれば、自分に悪感情を持っている部下を高く評価することなどないでしょう。会社内で正当に評価されるためには、上司や同僚との人間関係を円滑にしておくことが重要です。
相手にしっかり敬意を払い、的確なコミュニケーションを取ることで正しい信頼関係を築けます。上司との信頼関係は仕事にもよい影響を与えるので、普段から仕事上のコミュニケーションを心掛けましょう。

3.職場の雰囲気を改善するよう努力する

会社で正当に評価されるためには、職場の雰囲気をよくする努力が必要です。人事評価と職場の雰囲気はあまり関係ないように思えるかもしれませんが、実は密接なかかわりがあります。
細かい心遣いや気配りによって職場の雰囲気をよくする努力を払うと、他の人からの評価が上がっていくでしょう。いつも笑顔で仕事をしていれば、他の人から信頼も得やすく、その先で評価につながることもあるでしょう。

4.レスポンスを早くする

会社で正しく評価されていないと感じる場合、レスポンスを早くすることで評価を改善できる場合があります。上司からの頼まれごとや質問になるべく早く答える、メールは早めに返すといったアクションを心がけましょう。もちろん、中身の伴わないレスポンスは評価に繋がりません。すぐに答えられない場合は適当な返事をするのではなく、「◯日までにまとめます」などのように伝えましょう。返事を早くすることは、すぐに実践できる対処法なのでおすすめです。

5.正当に評価される会社に転職する

会社に正当に評価されるための努力をしても、結果が伴わないことはあります。評価の基準や求めている働き方は会社によって異なるため、十分な実力を持っていても評価されないことはあり得るのです。そのように感じているのであれば、会社や仕事自体が合っていないことも考えられます。
今の会社の評価制度に不満がある方は、評価される職場に転職してみるのも一つの手です。転職すれば、自分を正しく評価してくれる会社に出会える可能性もあります。
もちろん、一度は成果を出すよう努力したり人間関係を築くよう努力したりする必要がありますが、改善が見られないのであれば、転職を検討してみましょう。

自分自身に問題があるのか、会社の評価制度が合っていないのか判断できないという人は、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、若年層に特化した転職エージェントで、経験や知識が豊富な転職アドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行います。一人ひとりのケースについて親身になって相談にのってくれ、転職が必要かどうかという段階から相談に応じます。
また、ハタラクティブがご紹介するのは事前に取材を行い、職場の雰囲気や仕事内容などをきちんと把握している企業のみ。企業とのやりとりも全て代行し、入社前に疑問や不安もクリアにするため、入社後のミスマッチを防ぐことができます。
自分を正しく評価してくれる会社で働きたいと感じている人は、ぜひハタラクティブをご利用ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION