仕事が決まらないときの不安解消法は?20代〜30代の就職対策法も紹介!

仕事が決まらないときの不安解消法は?20代〜30代の就職対策法も紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 仕事が決まらない主な原因は、「志望動機に説得力がない」「自己分析が不十分」など
  • 仕事が決まらないときは、自己分析と企業研究を徹底的に行うのがポイント
  • 20代で仕事が決まらない場合は、自分のポテンシャルをアピールしよう
  • 30代以降も仕事が決まらないときは、理想を高くし過ぎないことも大切
  • 仕事が決まらないときの不安解消法は、「理由を明確にする」「思い切って休む」など

「仕事が決まらない…」「対処法が分からない」と悩むときもあるでしょう。仕事が決まらない主な要因は、「志望動機に説得力が足りない」「希望条件が多過ぎる」などです。対処法としては、「自己分析を徹底する」「仕事に求める条件を明確にする」などが挙げられます。このコラムでは、仕事が決まらない状態から転職を成功させるコツや、不安の解消法を紹介。仕事が決まらないのを不安に思っている方は、参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事が決まらない主な5つの原因

仕事が決まらない主な5つの原因の画像

仕事が決まらない主な原因には、「志望動機に説得力が足りない」「転職に消極的」「自己分析が不十分」などがあります。仕事が決まらないときは、以下の項目を見て対策すべき箇所を確認してみましょう。

1.目標が曖昧で志望動機に説得力がない

仕事が決まらない要因の一つは、志望動機の説得力が弱いことです。志望動機は企業に入社意欲を伝える重要な項目。志望動機に説得力がないと、「本当にここで働きたいの?」と思われてしまう可能性があります

説得力のある志望動機を作るには?

志望動機に説得力を持たせるためには、目標を明確にすることが重要です。目標が明確になれば、達成するために今やるべきことが分かります。今自分がやるべきことを実現できる場所が応募企業であることを伝えられれば、説得力のある志望動機となるでしょう。なお、「ほかの企業ではなく応募企業を選んだ理由」を伝えるとより説得力が増します。効果的な志望動機の作り方を詳しく知りたい方は、「採用担当者が惹かれる志望動機。そのポイントとは」をご覧ください。

2.転職活動に対して消極的

転職に消極的であることも、仕事が決まらない要因の一つとして挙げられます。転職活動では、採用担当者に入社意欲や熱意を伝えることが重要です。「内定がもらえるならどこでも良いや」という消極的な気持ちで転職活動をしていると、入社意欲は伝わりづらくなるでしょう。転職活動に気が乗らない人は、まず「なぜ転職活動に対して消極的になっているのか」を明確にしてから、それに応じた解決策を考えてみてください。

3.社会人としてのマナーが身についていない

社会人としてのマナーがなっていないことも、仕事が決まらない要因として挙げられます。たとえば、即戦力を求めている会社のなかには、「入社後に1からマナーを教えるよりも、すぐに業務にあたってほしい」と考える人もいるでしょう。その場合、選考中のマナーが良くないと、採用を避けられる恐れがあります。選考中のマナーに不安がある方は、「面接マナーは大丈夫?転職でマナーが重視される理由とは」をチェックしてみてください。

4.志望企業や業界への理想が高過ぎる

志望企業や業界への理想が高過ぎることも、仕事が決まらない原因の一つです。大企業や有名企業は福利厚生が充実していたり、給与が高かったりする場合が多くて人気が高いため、応募が集中する傾向にあります。その結果、競争率が高くなるのです。仕事が決まらない…と悩んでいる方は、大企業や有名企業にとらわれず、幅広い求人を視野に入れてみてください。

5.自己分析や企業研究が十分にできていない

仕事が決まらない場合は、自己分析や企業研究が十分にできていない可能性があります。自己分析や企業研究が不十分だと、応募企業が求める人物像や自分の得手不得手が分からず、選考で的はずれなアピールをしてしまう場合があるからです。仕事がなかなか決まらない人は、自己分析と企業研究をしっかりと行ったうえで、自分の強みと応募企業の特性を関連付けてみましょう。自己分析のコツが知りたい方は、「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」も要チェックです。

仕事が決まらない状態から転職を成功させる7つのコツ

仕事が決まらない状態から転職を成功させる7つのコツの画像

仕事が決まらないときの転職活動におけるポイントは、「自己分析を徹底的に行う」「仕事に求める条件を明確にする」などです。ほかにも、いくつかポイントをご紹介しているので、以下で確認してみましょう。

1.徹底的に自己分析する

仕事が決まらないときは、自己分析を徹底的に行いましょう。自己分析をすれば、自分の強みが明確になり、より効果的なアピールができるようになります
自己分析をするときは、今までの経験を紙に書き出すのがおすすめです。得意なことや苦手だったこと、好きだったこと、嫌いだったことなどをすべて書き出してみましょう。このとき、経験を通して感じたこともあわせて書いてみてください。「どのような行動をしたときに、どのような感情を抱くのか」を知ることで、自分の特性が分かってくるはずです。自己分析の詳しいやり方は「自己分析のやり方が知りたい!ノートを使った簡単でおすすめの方法をご紹介」でもチェックできます。

2.仕事に求める条件を明確にする

仕事が決まらない…と悩んだら、求人を探すときに「譲れない条件」と「妥協点」を明確にしましょう。たとえば、「残業が月○時間以内であれば、月給○万円以内でも良い」「土日祝休みであれば、家と職場の距離が離れていても良い」といった具合です。妥協点があれば、求人探しの幅が広がるため、仕事が決まらない状態から抜け出しやすくなるでしょう。

3.自分のアピールポイントが活かせる企業を見つける

なかなか仕事が決まらない場合は、「やりたいか・やりたくないか」よりも、自分の強みや特性が活かせるかを重視しましょう。企業の多くは、強みを活かして業務に貢献してくれる人材を探しています。そのため、転職活動では自分の強みと応募企業の共通点を提示し、「自分の強みをどの分野に役立てるか」を伝えることが重要です。自分の強みと企業の共通点を見つけるためには、企業研究が欠かせません。詳しくは、「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」をご覧ください。

4.応募数を増やす

仕事が決まらないときは、応募する企業を増やすのも一つの手です。応募する企業を増やせば、その分内定を獲得できるチャンスが増えます。ただし、応募企業をむやみに増やしてしまうと、一つひとつの選考に力を注げなくなることも。そのため、自分の管理できる範囲内で応募数を増やすのがポイントです。

5.期限を決める

仕事が決まらないときは、転職活動の期限を決めましょう。期限を決めておかないと、いつまでも理想を追い求めてしまい、仕事が決まらない状態を長引かせる可能性があります。転職活動に掛ける期間の目安は3ヶ月前後とされているので、まずは3ヶ月を目安にスケジュールを組むと良いでしょう。

志望先企業に役立つ資格を取得するのも一つの手

仕事が決まらない場合は、応募したい企業の業務に役立つ資格を取るのもおすすめです。応募企業の業務に関連する資格を持っていれば、未経験の職種に応募する場合でも、最低限のスキルがあることを証明できます。

6.就職・転職エージェントを利用してサポートを受ける

就職活動を続けているものの、なかなか仕事が決まらない…というときは就職・転職エージェントを利用してみましょう。エージェントでは、就職・転職活動を上手く進めるためのノウハウを教えてもらえます。たとえば、応募書類の適切な書き方や面接時のマナー、自己分析の方法などです。エージェントによっては、面接の日程調整・労働条件の交渉といった企業とのやり取りや、入社後のフォローをしてくれる場合もあります。

7.職業訓練で就職に役立つスキルを身に付ける

ハローワークの職業訓練でスキルを身につけることも、仕事が決まらない状態から抜け出す方法の一つです。職業訓練では、仕事に必要なスキルや知識を短期間で身につけられます。受講料は基本的に無料なので、経済的な余裕がないときも安心です。職業訓練については、「ニートが受けられる職業訓練とは?受講方法や費用についてご紹介」のコラムで詳しく解説しているので、あわせてご参照ください。

仕事が決まらない20代はポテンシャルをアピール

20代で仕事が決まらない場合は、ポテンシャルをアピールしましょう。経験やスキルよりも、若さやポテンシャルを評価する企業は多くあります。そのため、「仕事をスムーズに進めるために報告・連絡・相談を欠かさない」「仕事の優先順位は、○○を基準にして決める」というように、仕事に取り組む姿勢や物事に対する考え方などのアピールに力を入れてみてください。「経験やスキルがない分ほかの項目で補う」という認識でいるのがポイントです。
なお、20代で仕事が決まらない場合、条件次第では第二新卒枠を狙えます。第二新卒の定義や価値は、「第二新卒とはいつまでを指す?転職成功のコツとおすすめの仕事もご紹介」をご参照ください。

企業が採用したいのはどんな人材?

「自分を客観的に分析できている」かつ「会社の特性に合う」人材は、企業が「採用するメリット」を感じやすいといえます。なぜなら、「自分に何ができるかを正しく判断しており、それを業務に活かしてくれる」と判断されるからです。応募する企業によって必要な能力や求める人物像は異なるので、何が求められているかをWebサイトや会社説明会でしっかりと確認しましょう。

30代で仕事が決まらない場合の対策法

30代の方は、「今までの経験が活かせる仕事を選ぶ」「理想を高くし過ぎない」といったポイントを意識して転職活動をしましょう。

これまで経験したことが活かせる仕事を選ぶ

30代で仕事が決まらない場合は、今までの業務経験やスキルが活かせる仕事を選ぶのがポイントです。30代になると、ポテンシャルよりも実務経験やスキルを重視する企業が増えます。そのため、今までの業務経験を詳しく説明し、即戦力となるスキルがあることを伝えてみてください。具体的なエピソードや数字を用いた実績などを盛り込むのも効果的です。なお、異業種に転職したい場合は、交渉力や課題解決能力など、どのような職場でも通用するスキルをアピールすると良いでしょう。

理想を高くし過ぎない

30代以降も仕事が決まらないときは、理想が高過ぎないか確認してみましょう。応募先に求める条件が高過ぎると、なかなか希望の求人が見つからず、転職活動が難航する恐れがあります。このコラムの「2.仕事に求める条件を明確にする」では、「譲れない条件を決めるのがポイント」と述べましたが、その条件が現状とかけ離れていないか一度確認してみましょう。

30代の就活のコツが知りたい方は、「30代は就職できない?フリーターや未経験でも就活に成功する方法を解説!」のコラムもお役立てください。

今掲げている理想を最終目標にすると良い

理想が高過ぎて仕事が決まらない場合は、今掲げている理想を最終目標にするのがおすすめです。そして、自分が最終的にたどり着きたい目標へ向かうための、中間目標を考えてみてください。中間目標が達成できる企業を探せば、理想をあきらめることなく転職活動を進められます。

仕事が決まらないときの不安解消法

仕事が決まらないときの不安解消法の画像

仕事が決まらないときの不安は、「不安な理由を明確にする」「思い切って休む」といった方法で解消しましょう。詳しい方法は以下で解説します。

なぜ不安なのかを明確にする

「仕事が決まらないことでなぜ不安になるのか」を明確にしましょう。不安な理由をある程度明確にすれば、自分が今何をしたら良いのかが分かります。たとえば、お金がなくて不安な場合は、短期のアルバイトや派遣などで収入源を確保しつつ転職活動をすると良いでしょう。ポイントは、不安な感情そのものにとらわれるのではなく、「不安を作り出している要素は何か」を明らかにすることです。

信頼できる人に相談してみる

仕事が決まらないことで不安や辛差を感じているときは、自分の本音を正直に言える相手に相談してみてください。自分の気持ちを言葉にして出すだけで、スッキリすることもあるでしょう。身近に相談できる相手がいない場合は、ハローワークや就職・転職エージェントの担当者に相談するのも一つの手です。

辛いときは休む

仕事が決まらない状態で不安ばかりが募ってしまうときは、思い切って休みましょう。早く不安をなくしたいからといって妥協点を増やすと、企業選びに失敗する確率が高まります。企業選びに失敗すると、業務や環境が合わず早期離職に繋がることも。そうなると、再び仕事が決まらない不安を抱えることになります。そのため、不安なときは思い切って転職活動をストップするのがおすすめです。

休むときは期限を決めよう

休むときは期限を決めて、その期間は精一杯休むのがポイントです。頭の片隅に「仕事が決まらない」という不安があるままではしっかりと休めません。買い物に行ったり映画を見たりして、自分が一番リラックスできる時間を過ごしましょう。それでも仕事が決まらないことに対する不安が解消できない場合は、「転職活動が辛い!仕事探しがうまくいかない…長期化する理由と解決策」もあわせて確認するのがおすすめです。

仕事が決まらないときの3つの求職方法

仕事が決まらないときの3つの求職方法の画像

仕事が決まらないときは、「求人サイト」「ハローワーク」「就職エージェント」の3つの求職方法を試してみましょう。それぞれの良い部分と悪い部分を以下で紹介するので、選ぶ際の参考にしてみてください。

1.求人サイト

求人サイトは、家のパソコンを使って手軽に求人を見られるのが利点です。希望の条件を入力すれば簡単に多くの求人を探せます。人と対面する機会がないため、「仕事が決まらないけど、なかなか行動に移せない」という人も試しやすいでしょう。しかし、求人サイトを利用する場合、応募や面接日程の調整などをすべて自分で行わなければならないデメリットもあります。

2.ハローワーク

ハローワークは、職員に相談しながら仕事を探せるのがメリットです。また、地元企業だけでなく全国各地の求人を探せるのもポイント。求人数も非常に多く、幅広い選択肢の中から仕事を選べるので、仕事が決まらないときは一度訪れてみることをおすすめします。しかし、平日の夜や土日は開庁していない施設が多いため、働きながら転職を行う場合は少し活用しにくいでしょう。都内のハローワークの開庁時間は、東京ハローワークの「都内ハローワーク・関連施設の開庁時間一覧」をご覧ください。

参照元
東京ハローワーク
東京ハローワークホームページ

3.転職エージェント

転職エージェントは、アドバイザーが転職活動をあらゆる面からサポートしてくれるのが利点。1人で転職活動を進めるのが不安な方に適した求職方法です。一方、転職活動をすべて自分の力で行いたい方には不向きだといえます。

仕事が決まらない場合は、就職・転職エージェントのハタラクティブの利用を検討してみてください。ハタラクティブは、フリーターや既卒、第二新卒など、若年層の転職に特化した就職・転職支援サービスです。経験豊富なアドバイザーがマンツーマンでヒアリングを行い、求職者に合った仕事を提案します。また、応募書類の添削や面接対策などのサービスも、すべて無料でご提供。未経験者が応募できる求人を多数ご用意しているので、異業種への転職に挑戦したい人にもおすすめです。なかなか仕事が決まらない…と不安に思っている方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

こんなときどうする?仕事が決まらないときのお悩みQ&A

この項では、「就職できても長続きしない…」「スキルを身につければ仕事は決まる?」「自分なりに頑張っているのに、仕事が決まらない」といった悩みを解決します。就活に対するモチベーションが下がってしまっている方は、回答を参考にし、就職成功に向けて再度動き出してみましょう。

就職できても長続きしません

なぜ仕事が続かないのかを考えてみてください。「仕事が続かない理由とは?原因と辞めたい状況を打破するポイントを紹介」のコラムで、仕事が長続きしない人の特徴を確認し、当てはまらないか考えてみましょう。また、自己分析を行って自分の市場価値を知り、適性に合う会社に就職することも大切です。

せっかくなら楽しめる仕事がしたいのですが

なにをもって「楽しい仕事」とするかは人それぞれです。条件や仕事内容が自分に合う、同僚と良好な関係を築けている、やりがいが大きいなど、自分にとって「楽しい」と感じるポイントを見つけましょう。「『楽しい』仕事って何だろう?仕事の見つけ方」のコラムもご参考にしてください。

スキルを身につければ仕事は決まりますか?

スキルだけで就職できるとは言い切れませんが、可能性は高まります。企業によって採用条件は異なりますが、「スキル」「人間性」「ポテンシャル」などを重視する企業は多いでしょう。これまでの経歴のなかでアピールできるスキルがなければ、「職業訓練の種類はどれくらい?受講するメリットを解説!」でご紹介している公共職業訓練を受けるのもおすすめです。

自分なりに頑張っていますが仕事が決まりません

就職のプロの力を借りましょう。ハタラクティブでは、ご相談者の特徴や性格に合わせた就職支援を行っています。また、これまでの経歴や持っている資格・スキルを活用できる求人や、キャリアアップが期待できる仕事を紹介することも可能です。サービスはすべて無料で利用できるので、ぜひ一度、お気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ