仕事が決まらない人の特徴とは?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事が決まらない人は、志望動機やマナー、求める条件に問題がある可能性がある

    ・仕事が決まらない時は、自己分析をして自分の適性や価値観を見極めよう

    ・仕事に求める条件を絞り込み、応募社数を増やしてみよう

    ・自分に合った仕事の探し方を選べば効率的に就職、転職できる

仕事が決まらないと悩んでいる人はいませんか?

就職・転職先が決まらないのは、仕事の探し方や、選考での態度に問題がある可能性があります。

理想が高すぎて仕事が見つからない場合、自己分析をやり直し、仕事に求める条件を絞り込む必要があるでしょう。

このコラムでは、仕事が決まらない人にありがちな原因と、有効な対策をお伝えします。

 

◆仕事が決まらない原因

まずは、仕事が決まらない人にありがちな原因を確かめましょう。

 

【目標が曖昧で志望動機に説得力がない】

就職活動の面接で必ずと言っていいほど聞かれるのが志望動機です。

仕事に対して具体的な目標がないと、仕事を決められないだけではなく、志望動機も曖昧なものになってしまいます。

面接官を納得させ、なおかつ興味を引くような志望動機をつくるには、明確なビジョン持ち、仕事を通して何を実現したいかを具体的に示すことが大切です。

 

【仕事に対して消極的】

求職活動を始めたものの、なかなか内定をもらえないと不安になってしまいます。

何社も落ちている場合、「このまま仕事が決まらないのではないか」と思ってしまうのも無理はありません。

しかし「どうせ受からない」と最初から諦めていると、ネガティブな気持ちは確実に面接官に伝わります。

その結果、「この人は消極的だな」というマイナスイメージを持たれてしまいます。

「どうしてもこの仕事に就きたい」という意欲を持って挑みましょう。

 

【身だしなみに気を配っていない】

人は見た目が大切というように、第一印象でその人のイメージが決まると言っても過言ではありません。

就活・転職活動において服装に気をつけることは、非常に大切です。

清潔感を感じさせる着こなしを意識するのはもちろんのこと、靴や鞄などのアイテムも、落ち着いたデザインのものを選びましょう。

 

【緊張しすぎてしまう】

ほどよい緊張感は必要ですが、あまりに緊張してしまうのは考えものです。

大事な場面で失敗したくないというあまり、萎縮してしまっては十分なパフォーマンスを発揮できません。

面接では、普段は明るい人柄なのに極度の緊張で表情が硬くなり、暗いイメージを与えてしまうこともあります。

緊張をやわらげるためには、深呼吸をしたり、事前に笑顔の練習をしたり、、気持ちを落ち着ける工夫をしましょう。 

 

【理想が高すぎる】

応募企業のレベルと自分の能力が見合っていない場合、なかなか内定をもらうことはできません。

もし運よく採用されたとしても、能力がついていかず苦労してしまったら、就職が成功したとは言えないでしょう。

「とにかく大企業」「給料が高いところ」「残業ゼロ」など、条件を欲張りすぎるのも考えものです。

 

【面接での態度が悪い】

面接官に対して、知らず知らずのうちに失礼な態度で接していませんか?

失礼な態度をとったつもりはなくても、小さな声でぼそぼそ話すと印象はかなり悪くなります。面接では相手が聞き取りやすいスピードではきはきと話し、適度にアイコンタクトをとるのを忘れずに。背もたれにはもたれず、背筋を真っ直ぐに伸ばして椅子に座りましょう。

正しい言葉遣いは社会人として身につけておくべきスキルです。面接では、尊敬語・丁寧語・謙譲語を意識して話しましょう。

◆仕事が決まらない時にやるべきこと

ここでは、仕事が決まらない時に実践したいことを紹介します。

 

【自己分析をして自分を知る】

自分の実力や適性にマッチした企業を探すためには、自己分析で自分を知ることが必要です。学生時代や前職の経験を振り返り、自分の好きなことや得意なことは何か、モチベーションが湧くのはどんな時かを分析してみましょう。

やりたい仕事が分からない場合、苦手なことを考えるのも仕事探しのヒントになります。例えば、「同じ作業を続けるのが苦手」という人は、事務職には向いておらず、どちらかといえば広報や企画職向きだといえるでしょう。

就職・転職活動で行き詰った時は、その度に自己分析を行い、自分の適性や価値観を考え直すのがおすすめです。

 

【仕事に求める条件を決める】

漠然と理想の企業を探しても、なかなかこれと思う求人は見つかりません。「給与が良くて、残業がなくて、休日が多い…」。そんな職場があれば良いですが、全ての理想を叶える企業を見つけるのは難しいのが現実です。また、理想を求め過ぎると、自分に合った求人を見落とす可能性もあります。

求人を探す時は、「絶対に譲れない条件」と「妥協しても良い条件」を決めておくのがポイント。仕事選びの基準があれば、何となくのイメージや給与の高さに惹かれて就職し、入社後のミスマッチに悩むのを防げます。

 

【応募数を増やす】

仕事がなかなか決まらないのは、単純に応募社数が少ない可能性もあります。1社受けて結果を待ち、結果がきたら次を受けるというやり方は、内定までにかなり時間がかかります。

就職・転職活動に時間が割けるならそれでも構いませんが、早く仕事を見つけるには複数の企業を並行して受けましょう。複数企業に応募すると、応募企業の特徴を比較できるメリットもあります。

 

【仕事が決まらない原因を家族や友人に聞いてみる】

いくら考えても仕事が決まらない原因が分からない時は、家族や友人にアドバイスを求めてはいかがでしょうか。

客観的に状況を判断できる第三者は、自分で気づかなかった問題点を指摘してくれたり、思いもよらないアイデアを提供してくれたりします。

周りに相談できる人がいないなら、ハローワークや転職エージェントなどの支援機関でアドバイスを求めるのも有効です。

◆自分に合った仕事の見つけ方を選ぼう

就職・転職を成功させるには、求人の探し方も鍵となります。ここでは就職・転職活動に使える手段とそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

 

【求人サイト】

家のパソコンを使って手軽に求人を見られるのがメリット。希望の条件を入力すれば、簡単に多くの求人を探せます。

デメリットは、求人選びから応募、面接日程の調整まで、全て自分で行わなければならないことです。現職があって忙しい人は、プロのサポートが受けられない分負担が大きくなる可能性があります。また、社会人経験が浅く自分のキャリアを客観視するのが難しい人にとっても、プロのアドバイスが得られない点がデメリットになるでしょう。

 

【ハローワーク】

求人サイトと違い、職員に相談しながら仕事を探すことが可能です。全国に拠点があるハローワークは、地元企業はもちろん、全国各地の求人を探せるのがメリット。求人数も非常に多く、幅広い選択肢の中から仕事を選べます。

ただし、ハローワークは空求人が紛れている可能性があることや、窓口が込み合っていると対応までに時間がかかるのがデメリット。平日の夜や土日は開庁していない施設が多いので、働きながら仕事を探すには利用しづらい面があります。

 

プロのアドバイスをもらいながら自分に合った仕事を探したい人は、民間の就職・転職エージェントの利用がおすすめです。

エージェントでは専任の担当者がマンツーマンでカウンセリングを行い、求職者の経歴やスキル、希望条件を考慮した上で、その人にぴったりの求人を提案します。

さらに、面接日程の調整や条件交渉といった企業とのやりとりも代行するので、就職・転職活動が初めての人、現職が忙しい人も安心。

書類の添削や面接対策も受けられるため、選考に通ららないと悩む人にもおすすめです。

 

若年層に特化した就職・転職エージェントのハタラクティブでは、優良企業200社以上の求人をご用意。経験豊富なアドバイザーが丁寧なヒアリングを行い、あなたに合った仕事を提案いたします。

ハタラクティブを使った場合の内定率は、80.4%。内定まで最短2週間の実績があり、効率的に仕事を決めることが可能です。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ