履歴書の志望動機はどう書く?効果的な書き方やポイントを例文つきで解説

履歴書の志望動機はどう書く?効果的な書き方やポイントを例文つきで解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事意欲が伝わるような履歴書の志望動機は、採用側が知りたい情報につながる
  • ・論理的で要点よくまとめた志望動機を心掛け、文脈がバラつかないように気をつける
  • ・履歴書の志望動機の書き方は職種や業界、未経験などによってパターンが異なる
  • ・履歴書の転職理由の書き方は、志望動機と一貫性のある内容にする
  • ・志望動機の書き方のポイントは、具体的な内容を挙げて自分の強みをアピールする

転職時、履歴書の志望動機の書き方に迷うという方も多いのではないでしょうか。志望動機はほかの応募者と差別化し、自分の強みや魅力を応募企業にアピールできる重要な項目です。採用担当者に意欲が伝わるような書き方をマスターして、選考に臨みましょう。
このコラムでは、履歴書の志望動機の書き方やポイント、注意点などを詳しく解説。パターン別の例文も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

志望動機に込めた企業側の意図とは?

志望動機は、企業側が「自社を志望する応募者がどのくらいの熱意を持って応募してきているのか」「自社が求めるものに合った人材かどうか」を見極めるための項目です。そのため、応募者と企業側双方によって非常に重要な意味を持つものだといえます。
まずは、志望動機欄が果たす具体的な役割について理解しておきましょう。

仕事に対する意欲があるか

その名の通り、業務に対してのモチベーションの高さや志望度の強さを伝えることが、志望動機欄の主な役割。企業側は仕事に対する意欲から、志望度の強さをチェックしています。
また、自社ではならない理由が含まれているかどうかも大きなポイントのようです。

応募者の考え方や価値観が社風と合うか

自社の事業方針や社風とマッチするかは、組織運営を考える上でも非常に大切なこと。一緒に働きたいと思ってもらえるような内容や伝え方になっているかも注意したいところです。
働くうえで大事にしていることや、仕事に対する価値観が伝わるような文章を心掛けると良いでしょう

求める能力や経験があるか

企業側は業務に対応できる能力や経験があるかどうかも、志望動機から判断しているようです。
実際に自分の能力が、仕事などで発揮できた体験談や具体的な実績を取り入れることで、説得力のあるアピールポイントにもつながるといえます。

論理的に考えて伝える力があるか

要点をまとめて理論的に伝える力があるかどうかが、評価基準になることもあるようです。文脈がバラバラであったり、一貫性のない内容の志望動機にはならないように注意しましょう
相手は数多くの応募者による履歴書をチェックしている面接官。読んだ時にわかりづらさを感じるだけでも、マイナス評価をされてしまうことがあるようです。
企業側の意図や目的については、「志望動機はなぜ聞くの?会社側の意図と書き方を知ろう」の記事でも詳しく解説しています。こちらもぜひチェックしてみてください。

履歴書に書く志望動機の書き方6つ

企業に熱意を伝えるためにも重要な志望動機ですが、実際に履歴書の志望動機を書く場合はどのような内容を記載すれば良いのでしょうか。ここで履歴書に書く志望動機の書き方をいくつか挙げてみましたので、参考にしてください。

1.転職に至るまでの経緯と理由

転職するキッカケになった経緯や理由を箇条書きにしたり、ストーリーにしたりしながら、しっかり伝えられるようにしておきましょう。「なぜその会社なのか」という理由を示すことは、採用側にとって応募者の人柄を知る判断材料にもなります
企業によっては、一次面接・二次面接と選考が進む段階ごとに、転職理由を繰り返し質問する可能性も。事前に準備ができていないと、回答しているうちに矛盾してしまう可能性もあるため注意が必要です。また、今までの経験だけをアピールをするだけではなく、その企業で働きたい理由や、熱意が伝わるような内容も意識しましょう。

2.応募企業の魅力

企業のどこに魅力を感じているのかは、企業側にとって応募者の考えや価値観を知ることにもつながります。企業の情報をしっかりと確認したうえで、働きたいと思った魅力について書くことも、志望動機を構成するヒントになるでしょう。

3.仕事における強みや興味関心

業界や職種未経験の求人に応募する場合は、仕事に対しての自分の強みや興味関心などを志望動機でアピールするのも良いでしょう。自分の性格やこれまでの経験から仕事に活かせるポイントを記載し、応募企業の仕事に対する強い興味関心を持っているという気持ちを伝えます。

4.自分が考える将来のキャリアビジョン

「この会社なら自分が描いているキャリアビジョンを実現できる」といった、将来の目的をアピールする志望動機にするのも良いでしょう。たとえば、自分の将来の夢と応募企業の業務内容や商品、サービス、社風などの魅力がマッチしていることを具体的に伝えられれば、ほかの応募者との差別化にもつながります。

5.自分らしさを伝えるエピソードや情報

就活生であればアルバイト経験や学生時代に、教訓として得たものがあれば志望動機にするのも良いでしょう。
転職者の場合、前職で培った経験が活かせるようなエピソードがあれば、採用担当者に入社後のイメージをしてもらいやすくなります。

6.自分がどのようにして応募企業に貢献できるか

志望動機には、自分がどのようにして応募企業に貢献できるか、具体的なスキルや実績などを記載しましょう。企業の特徴と自分の能力や経験をしっかり把握していなければ、貢献できるポイントを具体的に示すのは難しいといえます。
ここで役立つのが、就活または転職活動の最初の段階で行う自己分析や企業研究です。洗い出した情報を整理して、企業側に評価してもらえるような情報を中心に組み立てましょう。
実際に志望動機を書くときのフォーマットを知りたい方は、「志望動機書とは?フォーマットはあるの?書き方を解説」の記事もあわせて参考にしてみてください。

履歴書の志望動機に使える例文

志望動機で意識したい内容や、構成について紹介しましたが、実際にはどのような志望動機があるのでしょうか。ここではいくつかのシーンを想定して、例文を挙げてみました。

同業種×異職種へ応募する場合<経験者>

前職ではソフトウェア会社のヘルプデスクに従事しており、ヒアリング力と提案力を磨いてきました。相手がどのような点に困っているのか、不満を感じているのかを聞く点については、貴社が今回募集されている技術営業の仕事でも役立てることができるのではないかと考えています。
また、業界に先駆けて△△分野の製品開発をするなど、商品力の高い貴社であればお客さまに幅広い提案ができる点で強いやりがいを感じられるのではと思い、応募させていただきました。

異業種×異職種へ応募する場合<経験者>

前職ではリラクゼーションサロンの店舗展開に関するプロジェクトや、プロモーション企画に携わってきました。マーケティングやプランニングの基礎知識は今回応募した営業職の業務でも活かせるのではないかと考えています。営業職としての業務経験は未経験ですが、これまでのスキルやコミュニケーション力を活かし、可能性を広げていければと思っています。

業種も職種も未経験の場合

幼少期より憧れていた、アニメの世界に携わることのできる職務に就きたいという想いがあったため、就職を決意しました。その中でも貴社のWEBコンテンツを、最先端のビジョンで発信していくという姿勢に将来性を感じ、ぜひ働きたい!という思いから応募した次第です。未経験なことも多いかもしれませんが、何事にも積極的に取り組み、吸収していきたいと思っております。

同じ職種に転職する場合

前職ではシステム開発会社でシステムエンジニアとして仕事に従事しており、小規模なシステム開発プロジェクトのリーダーとして複数のプロジェクトを達成してきました。しかし前職では大規模システムの構築までは手掛けていなかったため、これ以上のキャリアアップは望めない状態でした。そんな折、独自の大規模システムの開発を行っている貴社の求人を知り、応募いたしました。貴社ではこれまでの経験を活かして現場を動かし、ゆくゆくはサブリーダー、プロジェクトリーダーとしてプロジェクトを牽引していける存在になりたいと考えております。

第二新卒として転職する場合

前職では出版社の商品管理に従事していましたが、Excelで管理を行っており、IT化の必要性を強く感じておりました。また、独学でVBAの商品管理システムの作成を行ったことで、システム開発に興味を持ちました。貴社では未経験者のチャレンジも歓迎されており、プログラマーの経験のない自分でも商品管理システムの開発に従事できることから応募いたしました。前職の経験も活かしてプログラマーとして成長していき、貴社に貢献したいと考えております。

一度離れた職種に戻る場合

前職は父親の介護が必要になったことから退職し、しばらく介護を行っておりました。去年父が施設に入居したことをきっかけに、介護生活の中で心の支えとしていた本をPRする書籍広告の仕事にどうしても携わりたいと考え、応募いたしました。前職でも法人営業として10年のキャリアを積んでいます。書籍広告の強みを顧客に伝え、業績を上げられる広告営業職になれるように邁進していきたいと考えております。

履歴書の志望動機の書き方とは?思い浮かばないときの考え方のコツを紹介!」の記事でも複数の例文を紹介しています。こちらもあわせてぜひチェックしてみてください。

履歴書の志望動機の書き方で注意しておきたいこと8つ

志望動機の書き方や例文などを紹介してきましたが、志望動機を書くうえでいくつか注意しなければいけないポイントがあります。ここからは履歴書の志望動機の書き方で注意することを紹介していきますので、参考にしてみてください。

1.理念に共感する理由を書く

志望動機には応募企業の理念に共感していることを盛り込むようにしましょう。企業理念への共感を志望動機に盛り込むと、自分の価値観と企業理念がマッチしていることを伝えられます
ただし、企業研究が不足していると理念の内容を正しく理解できておらず、企業への関心が低いと判断されてしまう可能性もあるため注意が必要です。企業の情報をしっかり集めて、「なぜ・どこに共感したのか」を自分の言葉で具体的に説明できるようにしましょう。

2.消費者目線だけで終わらせない

自分が昔から好きな化粧品メーカーや食品メーカーなどに応募した場合、どうしても応募企業の商品のファンという目線で志望動機を書いてしまうケースがあります。しかし、消費者目線だけでは志望動機の書き方としては不十分です。
どれだけ応募企業の商品が好きかという内容だけでなく、「自分の経験やスキルを活かして企業にどのような貢献ができるか」「応募企業に自分がどれだけ相応しい人材か」といったアピールへつなげることが重要です。

3.他人任せなスタンスは避ける

志望動機では、他人任せと捉えられるような書き方にならないように気を付けましょう。
謙虚な姿勢や真摯さを伝えるために「貴社で学ばせていただく」といった表現で志望動機を書く人もいますが、これだけでは自分本位な表現になってしまいます。また、「成長できそうだと感じました」も受け身の姿勢という印象を与えるため、避けたほうが無難です。
マイナスな印象を与えないためには、これまでの経験やスキルを伝えたうえで、「貴社で新しいスキルを身につけていきたい」「初めての業務にもどんどん挑戦していきたい」など、仕事に対する意欲をアピールしましょう。

4.一貫性を持たせる

志望動機は、転職理由と一貫性をもたせましょう。内容が薄かったり矛盾が生じていたりすると、「本当に自社に入りたいのか」と疑われてしまうことも少なくありません。
「前職では成し得なかったことが貴社で実現できると思ったため、志望しました」といったストーリーがあると伝わりやすくなります。その際、「前職では成し得なかった理由」「前職ではどんな努力をしてきたのか」なども具体的に説明しましょう。これまでの経験やスキルを関連させると、しっかりとした軸のある志望動機になります。

5.待遇面以外の魅力も書く

志望動機では、応募企業の事業内容などに照らし合わせて書くようにしましょう。
志望動機が給料の良さや制度などの待遇面ばかりになっていると、応募企業ではなく待遇にのみ興味があるように捉えられてしまいます。また、ほかに待遇が良い企業があればすぐに辞めてしまうのではないかと思われる可能性も。もちろん待遇の良さは応募企業を選ぶ重要なポイントですが、志望動機が意図するものとは異なるため、避けたほうが無難です。

6.企業規模だけの記述は避ける

志望動機では応募企業の業務内容や仕事内容にも触れ、自分の経験やスキルがどのように活かせるのかという内容を含めるようにしましょう。応募企業の企業規模や業界内でのシェア率が魅力で応募するという場合もあります。しかし、志望動機が応募企業の企業規模に関する内容だけになっていると、結局のところ応募者が入社後何ができる人材なのか分かりません。
どんな経験を活かして会社に貢献していきたいか、どんな仕事に携わりたいかなど、自分自身の強みをしっかりアピールしましょう

7.退職を前提にしない

志望動機に自分のキャリアについて記載するケースもありますが、「貴社でスキルを身につけ将来的には起業したいと考えております」といったような、退職前提の書き方はマイナスの印象を与えてしまいます。企業にしてみれば、最初から辞めるつもりで入社されても困ってしまうでしょう。

8.記入欄の7割以上を目安に書く

履歴書の志望動機は記入欄の7割以上が目安です。あまりに少な過ぎると、志望動機に書くことがない志望度の低い応募者だと思われてしまう可能性があります。そのため、あまり小さ過ぎない文字で記入欄の7割以上を目安にし、丁寧に記載するようにしましょう。

基本的な志望動機の組み立て方や具体的な伝え方など、何から手をつけたらいいか分からない…とお悩みの方は、転職エージェントに相談してみるのもおすすめです。
若年層向け転職エージェントのハタラクティブでは、丁寧なカウンセリングによって一人ひとりに合った求人をご紹介しています。また、履歴書や志望動機の書き方についてのアドバイスや添削など、マンツーマン体制で実施。面接対策もあるので、自信をもって転職活動に挑めます。
サービスの登録・利用料は無料です。就職や転職活動で悩んだら、ぜひハタラクティブをご活用ください。

多田健二

監修者:多田健二

就活アドバイザー

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A