29歳職歴なしは手遅れじゃない!フリーター・ニートが就職成功する鍵は?

29歳職歴なしは手遅れじゃない!フリーター・ニートが就職成功する鍵は?の画像

この記事のまとめ

  • 職歴なしの29歳が就職するメリットは、安定した収入や社会的信用が得られること
  • 職歴なしでの正社員就職は34歳が一つの区切りなので、29歳はまだチャンスがある
  • 職歴なしの29歳が正社員就職を成功させるコツは、自己分析や企業分析を徹底すること
  • 履歴書には「職歴なし」と書くのを避け、アルバイト経験をうまくアピールしよう
  • 職歴なしの経歴に不安がある29歳の人は、就職エージェントを活用するのがおすすめ

「29歳で職歴なしだと就職は難しい?」と悩んでいる方もいるでしょう。職歴なしの29歳フリーターや無職のニートも、正社員として就職することは可能です。しかし、就職は年齢を重ねるほど難易度が上がるため、早めに行動を始めましょう。このコラムでは、29歳で職歴なしの方が正社員就職するメリットや就職を成功させるコツを解説。フリーターやニートにおすすめの求人の探し方も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事あるのかな?
  • 自分と同じような人はどうしてる?
  • 資格は取るべき?
経歴にかかわらず、ゼロからサポートします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

職歴なしの29歳が正社員就職すべき理由

職歴なしの29歳が正社員就職すべき理由の画像

職歴なしの29歳が正社員として就職すると、「安定した収入が得られる」「責任のある仕事をとおして成長できる」「社会的信用を得られる」などのメリットがあります。この項では、職歴なしの29歳フリーター・ニートが正社員になったほうが良い理由について解説するので、参考にしてみてください。

1.安定した収入が得られる

職歴なしの29歳が正社員就職するメリットは、安定した収入が得られることです。正社員の給与は月給制である場合が多く、毎月の収入が保障されています。また、会社によってはボーナスがもらえたり、定期的に昇給のチャンスがあったりすることも。金銭面や今後の人生の心配をせずに過ごせるのは正社員の大きなメリットといえるでしょう。正社員の収入が知りたい方は、「正社員の平均給料はどれくらい?フリーターとの差は?年齢別の給与も紹介」をチェックしてみてください。

正社員との生涯賃金の差はどれくらい?

独立行政法人 労働政策研究・研修機構の「ユースフル労働統計2022 生涯賃金など生涯に関する指標(正社員317p、非正規社員336p)」によると、学校を卒業後、60歳までフルタイムで働いた場合の生涯賃金(大卒・大学院卒)は以下の通りです。

【正社員】男性 1億6,000万円、女性 1億2,000万円
【非正規社員】男性 2億6,000万円、女性 2億1,000万円

男性は1億円、女性は9,000万円もの差があります。働いた期間は同じにもかかわらず、これだけの差があることからも、正社員になったほうが良いといえるでしょう。

参照元
独立行政法人 労働政策研究・研修機構
ユースフル労働統計 ―労働統計加工指標集―

2.責任のある仕事をしながら成長できる

責任のある仕事をして成長できるのも、職歴なしの29歳が正社員就職するメリット。正社員は非正規社員に比べて給与が高い傾向にあるので、責任のある仕事を任される場合が多いようです。職歴なしの29歳のなかには、責任のある仕事をすることに抵抗を感じる人もいるでしょう。しかし、責任が伴うぶん、仕事を終えたときに大きな達成感を得られたり、スキルが身についたりします。

3.社会的信用を得られる

正社員として就職すると、社会的信用を得られます。正社員は会社が身分を保証しており、安定した経済力もあるからです。社会的信用が得られると、住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードなどの審査に通りやすくなります。将来的に住宅や自動車の購入を考えている職歴なしの29歳は、正社員就職を検討してみてください。

4.30歳になると採用ハードルが上がる

20代と30代では採用市場における印象が異なり、職歴なしでの就職はハードルが高くなります。20代は若手として、将来性に期待しての採用が多いです。一方、30歳になると職歴やスキルなどが求められ、即戦力になれるかをチェックされます。また、30歳以降は歳を取るごとにアルバイトでも採用されにくくなり、選択肢が狭くなっていくでしょう。

5.無職期間が長いと就職は厳しくなる

アルバイトは正式な職歴とはならないため、フリーター期間が長いと「無職期間が長い」と見なされるでしょう。「大卒フリーターの割合は?就職活動の進め方やおすすめの職種もご紹介」のコラムで解説しているように、フリーター期間が1年を超えると正社員移行率は下がります。特に女性のフリーターは、1年を境に60%から40%以下へと大きく下がるのが実態です。

正社員就職にデメリットはある?

職歴なしの29歳が正社員になるデメリットは、「人間関係に縛られる」「自由な時間が少なくなる」「やりたくない仕事もやらなければならない」などがあります。フリーターやニートから正社員を目指す方は、正社員のメリットだけでなくデメリットも加味して、後悔しない選択をしてください。
正社員になるメリット・デメリットは「正社員のメリット・デメリットとは?派遣や契約社員についても解説!」で詳しくまとめています。
未経験OK多数!求人を見てみる

職歴なしでの正社員就職は29歳がラストチャンス?

職歴なしでの正社員就職は29歳がラストチャンス?の画像

職歴なしのフリーターやニートの正社員就職は、34歳が一つの区切りといわれています。前述の通り、30歳になると採用ハードルが上がる傾向にあるものの、厚生労働省の「若年者雇用対策の現状等について(14p)」では、フリーターやニートの年齢が15〜34歳と定義されているからです。そのため、その基準をもとに未経験者枠の募集を34歳以下に制限している企業が多く、29歳にはまだチャンスがあります。

また、厚生労働省の「労働経済分析レポートNo.1『正規雇用へ転換した方の特徴と影響』」によると、2017年における男女・年齢別の正規雇用転換者比率(非正規雇用から正規雇用になった人の割合)は以下のとおりです。

正規雇用転換者比率(男女・年齢別)
 男性女性
平均9.2%3.4%
15~24歳14.9%6.4%
25~34歳14.6%8.0%
35~44歳12.7%4.5%
45~54歳9.3%2.2%
55~64歳5.9%1.4%
65歳以上3.7%0.0%

引用:厚生労働省「労働経済分析レポートNo.1『正規雇用へ転換した方の特徴と影響』(2p)

正規雇用転換者比率は男性が15〜24歳、女性が25〜34歳で最も高く、その後は減少する傾向があります。30代後半からは選考でマネジメントスキルを求められることも増えるため、職歴なしでは採用してもらえない可能性が高いでしょう。若いほどポテンシャルや就業意欲が評価されやすいので、職歴なしの29歳は「30代前半までは大丈夫」と思わず、早めに行動を起こすことが大切です。
職歴なしの20代が正社員になるための方法」では、職歴なしの20代が就職する方法を紹介しているので、ご一読ください。

参照元
厚生労働省
第1回 今後の若年者雇用に関する研究会資料
労働経済分析レポート

29歳職歴なしが就職を成功させる5つのコツ

29歳職歴なしが就職を成功させる5つのコツの画像

この項目では、職歴なしの29歳が正社員就職を成功させるコツを解説します。以下のポイントを参考に、就職活動を進めてみてください。

1.自己分析や企業分析を徹底する

職歴なしの29歳は、自己分析や企業分析を徹底しましょう。自己分析をしっかりと行えば、自分の強みが明確になり、どのような仕事に向いているのかが分かります。また、就職活動においては企業分析も欠かせません。「企業がどのような人材を求めているのか」を知らないと、的外れなアピールをしてしまう可能性があるからです。「自分の強みを企業のどの業務に活かすのか」を上手く伝えられれば、採用してもらえる確率は高まるでしょう。

就職活動のコツは「就職軸」を決めること

職歴なしの29歳が就職活動をする際は「就活軸」を決めましょう。就活軸とは、企業選びをする際の基準です。働き方・勤務場所・福利厚生など、ある程度の基準を定めておくと、応募企業を絞りやすくなります。就職軸の詳しい決め方については、「就活の軸の決め方を解説!考え方や答え方の例文を確認しよう」で解説しているので、ぜひあわせてチェックしてみてください。

2.職歴が重視されない業界・職種を選ぶ

29歳職歴なしの就職活動は、職歴がさほど重視されない仕事を選ぶのがおすすめです。たとえば、接客・販売職では職歴がなくても、コミュニケーション能力や「人と接するのが好き」といった人柄で採用される可能性があります。また、介護業界やIT業界は需要が伸びているため、職歴なしでも熱意があれば就職に成功しやすいでしょう。
29歳ニートが就職するコツ!職歴なし・無職から就活を成功させるには?」のコラムでも狙い目の仕事を紹介していますので、こちらも併せてご覧ください。

マニュアルありの求人もおすすめ

29歳職歴なしで初めて正社員に挑戦する場合、仕事を覚えられるのか心配する人もいるでしょう。そのような人は、「マニュアルあり」「ルーティンワーク多め」といった仕事から始めるのもおすすめです。求人サイトの「仕事内容」の欄にそのような記載をしている求人があるので、チェックしてみましょう。

3.「フリーター・ニート・未経験OK」の求人を選ぶ

正社員就職を目指す職歴なしの29歳は、「フリーター・ニート・既卒OK」や「未経験歓迎」の求人を選びましょう。フリーターやニートなど、職歴なしの求職者を歓迎している会社は、入職後の成長を期待して採用する場合が多いようです。そのほか、「新店舗オープン」や「業務拡大」といった理由で、早めに採用したい事情があることも。そのため、職歴なしの29歳でもポテンシャルをアピールすれば、正社員就職できるチャンスは十分にあります。ただし、常に求人を出している会社や、好待遇過ぎる仕事はブラック企業の恐れがあるため注意が必要です。

「即戦力になれる人」と書かれた求人は避けるのが無難

求人に「即戦力になれる人を求めています」と書かれている場合は、職歴なしのフリーター・ニートが採用される可能性が低いでしょう。そのような求人では、同業界・同職種での実務経験を求めており、アルバイト経験では不十分と見なされます。アルバイトでよほどの実績を残していれば採用される可能性もゼロではないですが、よほど稀なケースでしょう。

4.「職歴なし」の理由を用意しておく

職歴なしの29歳は、面接に備えて「29歳まで職歴なしだった理由」を考えておきましょう。採用担当者は、職歴なしの理由を聞くことで、働く意欲があるのか・入社後は長く働いてくれそうかなどを判断します。そのため、反省すべき点は反省し、今後はどのような意識で業務に取り組みたいのかを前向きにアピールしてください。なお、面接や履歴書内で嘘をつくと「経歴詐称」となり、内定取り消しにつながることもあるので避けましょう。

5.就業意欲やコミュニケーション能力をアピールする

29歳・職歴なしの状態で就職活動をする方は、面接で就業意欲やコミュニケーション能力をアピールするのがおすすめ。厚生労働省の「平成30年若年者雇用実態調査の概況『6 フリーターについて』」によると、企業がフリーターを正社員として採用するときに最も重視するのは、15~34 歳・35~44 歳ともに「職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神」だからです。次いで、「マナー・社会常識」「コミュニケーション能力」が重視されます。

フリーターの正社員への採用選考にあたり重視した点
 職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神マナー・社会常識コミュニケーション能力
15~34歳68.7%59.8%52.5%
35~44歳64.0%52.5%46.0%

引用:厚生労働省「平成30年若年者雇用実態調査の概況(2p)

ただし、35歳以降は「業務に役立つ専門知識や技能」および「業務に役立つ職業経験・訓練経験」なども重視されるようになります。そのため、職歴なしの29歳は今のうちに行動を起こしましょう。

参照元
厚生労働省
雇用の構造に関する実態調査(若年者雇用実態調査):結果の概要

面接は清潔感のある身だしなみで向かおう

面接に行く際は、髪型や服装を清潔に整えるのも就職成功のコツ。就職活動においては、第一印象で合否が左右するといっても過言ではないからです。面接にふさわしい身だしなみが知りたい職歴なしの29歳は、「フリーターの正社員面接でよくある質問は?ふさわしい服装についても解説」を参考にしてみてください。

職歴なしの29歳フリーターは履歴書をどう書く?

29歳職歴なしだと、履歴書の職歴欄に書ける経歴がありません。職歴欄に記載するのは正社員の経歴で、アルバイトは正式な経歴と見なされないのが一般的です。しかし、空欄で提出すると選考通過率は低いでしょう。この項では、29歳で正社員経験なしの場合、履歴書をどう書けば良いのか解説します。

アルバイト経験をアピールする

履歴書の職歴欄にアルバイト経験を書き、うまくアピールにつなげましょう。応募先企業と同業界・同職種のアルバイト経験は、評価される場合もあります。また、応募先企業と関連のないアルバイトでも、ビジネスマナーやコミュニケーション能力をアピールすれば評価の対象になるでしょう。
そのほか、リーダー経験があれば「責任感が強そう」と好印象を持たれたり、3年以上続いたアルバイトがあれば「早期離職はなさそう」と思ってもらえる可能性があります。

短期のアルバイト経験を書くのは避ける

3カ月未満で辞めてしまったアルバイトは、履歴書に書かないのが無難です。短期のアルバイトではスキルが身についておらず、アピールにつながりません。また、早期離職を懸念される恐れもあります。アルバイト経験が複数ある場合は、アピールにつながるアルバイトのみを記載するのがおすすめです。

「職歴なし」とは書かない

「アピールできるアルバイト経験がない」「短期のアルバイトしか経験していない」という場合でも、「職歴なし」とは書かないようにしましょう。履歴書に「職歴なし」と書くと、選考に通過できる可能性は極めて低くなります。このような場合は、短期のアルバイトも記載して構いません。少しでもアピールできるポイントを見つけて、意欲を示すのが大切です。

職歴なしの29歳ニートは履歴書をどう書けば良い?

アルバイト経験がないニートの人は、履歴書の職歴欄に「職歴なし」と書くしかありません。その分、志望動機や自己PR欄で「今後はしっかり働きたい」という意欲をアピールしましょう。面接では、これまで働かなかった理由を問われる可能性が高いです。「就職が不安だった」といった正直な気持ちを話しても良いですが、今後に向けて前向きな回答を用意するのが重要なポイントになります。「ニートの履歴書の書き方を例文つきで解説!就職活動を成功に導く方法とは?」のコラムで、具体的な書き方を解説していますので、参考にしてみてください。

【男女別】29歳職歴なしで正社員就職した人の体験談

この項では、「29歳・職歴なし」の状態から正社員就職を成功させた人の体験談を紹介します。

E.O さん(29歳・女性)時給950円 → 月給25万円

私は調理師免許を持っており、以前はレストランで正社員として働いていました。しかし、激務に耐え切れずに3ヶ月で退職。その後はアルバイトで生計を立てていましたが、中学時代に仲のよかった友達と再会したのをきっかけに、もう一度就職したいと思うようになりました。夏休みに旅行の計画をしているときに、友達はボーナスを使って行くつもりだというのが分かったからです。
アルバイト勤務の私にはボーナスがなく、友達に置いていかれてしまう気がして、急いでハタラクティブに登録しました。29歳で再就職は厳しいと思っていましたが、アドバイザーさんから資格や職種経験をアピールする方法を教わったり、何度も面接の練習をしたりしたおかげで、すぐに病院直営の給食調理員として正社員就職できました。

K.R さん(29歳・男性)時給1,200円 → 月給27万円

自分は高校卒業後ずっと同じアルバイトをしていましたが、同級生がみんな結婚し、焦りを感じ始めていました。ただ、高卒で非正規雇用だと結婚費用を稼げないので、婚活の前段階として就活を始めました。29歳・職歴なし・高卒という経歴に自信がなかったのですが、ハタラクティブは高卒フリーターの就活を手伝ってくれると聞いて、早速登録しました。
面談を通して、担当のアドバイザーが自分の武器として見出してくれたのは、長年続けた警備員の経験でした。体力がないと続けられない仕事なのですが、それを認めてもらえたことが嬉しかったですね。面接では、その丈夫さを買われて流通会社から内定をいただきました。きついこともあるけれど、周りのスタッフはみんな良い人だし、仕事は楽しいので、高卒・職歴なし・29歳という状態からでも挑戦してみて本当によかったです。

T.S さん(29歳・男性)時給1,000円 → 月給22万円

大学時代から旅行が好きで、居酒屋のバイトで旅費を貯めては海外を放浪し、お金が底を突くと帰って来てまたバイト、その繰り返しでした。それがライフスタイルだと思っていたし、若いころは楽しいだけで良かったのですが、気づけば30代目前の29歳。今までさんざん好き勝手やってきたし、ここでけじめをつけようと思ったものの、29歳・職歴なしで受けられる求人がなかなか見つからず。そんなとき、たまたまハタラクティブの存在を知り、登録してみました。
面談では担当の方が親身に相談に乗ってくれ、今働いている旅行会社の求人を紹介してくれました。書類の書き方から面接の対策まで、自分一人では気づかないようなことをアドバイスしてもらい、心強かったですね。今は海外旅行のツアープランニングをしています。大好きな旅に関わる仕事で、これまでの経験も活かせているし、あのときハタラクティブに登録して正解でした。

みんなの就職エピソード」では、上記以外の体験談も紹介しているので、あわせてご参照ください。

職歴なしで就職するのが不安な29歳へ

職歴なしで就職するのが不安な29歳への画像

「それでもやっぱり職歴なし・29歳という状態で就活するのが不安…」という人もいるでしょう。しかし、職歴なしのまま年齢を重ねると後悔する恐れもあります。以下を参考にして、将来について考えてみてください。

そのまま「職歴なし」でいるほうが危うい

先述した「職歴なしでの正社員就職は29歳がラストチャンス?」で述べたとおり、職歴なしの29歳が就職を先延ばしにすると、正社員になれるチャンスはますます減っていきます。今勇気を出して行動を起こさないと、いざ就職しようと決めたときにはもう手遅れになってしまうことも。「新しい挑戦に不安はつきもの」と割り切り、正社員就職に向けて一歩踏み出してみましょう。

仕事は慣れればできるようになる

職歴なしの29歳のなかには、「仮に就職できても仕事についていけるか不安」と考える人もいるでしょう。しかし、大抵の仕事は慣れれば必ずできるようになるので、心配する必要はありません。初めから完璧にできる人は少ないので、焦らず、目の前の仕事を着実にこなしていきましょう。

就活しながら資格を取得するのもアリ

職歴なしの状態で就活することに抵抗がある方は、就活しながら資格を取得するのがおすすめです。応募先企業に役立つ資格であれば、面接で効果的なアピールになる可能性があります。資格の難易度が高く、29歳のうちに取得できない場合でも、勉強している旨を伝えれば評価してもらえることも。ただし、会社によっては資格の有無を評価基準にしていない場合もあるので、資格取得だけにこだわらないようにしましょう。

「30歳職歴なし」になる前に就職する方法

この項では、29歳職歴なしの状態から正社員になるための、具体的な方法を紹介します。「29歳職歴なしでは就職できないのでは…」と不安を感じている人は、以下の方法を試してみてください。

アルバイトから正社員登用を目指す

職歴なしの29歳は、アルバイトから正社員登用を目指すのも良いでしょう。アルバイトの採用面接は正社員よりも難易度が低い傾向にあるので、気になる企業に入社できる可能性が高まります。ただし、正社員登用制度を導入している会社であっても、必ず正社員になれるわけではないので注意が必要です。正社員登用制度の有無だけでなく、実績があるかどうかもきちんと確認しましょう。

求人サイトで情報チェックを欠かさない

求人サイトは、自分のタイミングでいつでもチェックできるのが魅力です。「未経験歓迎」「経歴不問」といった条件を指定すれば、該当の求人を見られます。また、多種多様な求人が掲載されているため、世の中にどのような仕事があるのか調べるのも可能です。29歳職歴なしの場合、幅広く求人を探すのも大事なポイント。求人サイトをこまめにチェックして、自分に合いそうな仕事を探してみましょう。

ハローワークに登録する

就活をサポートしてもらうために、ハローワークに登録するのもおすすめです。ハローワークは求人紹介のほか、書類添削や面接練習といったさまざまな就活サポートを行っています。また、職業訓練の相談もできるので、「就職前にスキルを身につけておきたい」という人は検討してみるのも良いでしょう。ハローワークで紹介する求人は地域の中小企業が多いので、地元で働きたい人に向いています。

1人で悩まず就職エージェントに支援してもらう

「29歳・職歴なし」という経歴に自信がない人は、就職エージェントを利用し、アドバイザーに支援してもらいましょう。就職エージェントは、求人紹介や応募書類の添削、面接対策、企業とのやり取りなどを行ってくれます。エージェントによっては入社後もサポートしてくれたり、書類選考免除の求人を用意していたりするので、自分に合った就職支援を見つけてみてください。

29歳・職歴なしでも応募可能な求人を見つけたい方は、ハタラクティブに相談してみませんか?
ハタラクティブは、フリーター・ニート・既卒といった若年層の支援に特化したエージェント。未経験歓迎の求人も多数ご用意しているので、職歴なしの方や未経験の仕事に転職したい方も安心してご利用いただけるサービスです。一人ひとりに適した求人の紹介はもちろんのこと、職歴をカバーする応募書類の書き方や、面接でのアピール方法などもお教えします。登録・利用料はすべて無料なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

職歴なし29歳の正社員就職に関するQ&A

ここでは、正社員就職を目指す職歴なしの29歳が抱えるお悩みを、Q&A方式で解決します。

「30歳職歴なし」は手遅れになる?

就職が難しい側面はありますが、手遅れではありません。「職歴なしでの正社員就職は29歳がラストチャンス?」で解説したように、34歳を一区切りとする見方もあるため、30歳ならチャンスがあります。「30歳職歴なしのニート・フリーターは正社員になれる?就職成功のコツは?」のコラムで、30歳職歴なしでの就活対策について解説していますので、ご一読ください。

29歳職歴なしで公務員になれる?

公務員試験に合格すればなれます。公務員は経歴不問で、誰でも挑戦可能です。ただし、年齢制限があり、国家公務員の場合は30歳までとする試験が多いので注意が必要です。また、地方公務員も30歳前後を上限とする試験が多く、自治体・職種によっては29歳は受験できない場合もあります。「大学中退者も公務員になれる?面接の突破方法や給料事情をご紹介!」のコラムで、公務員の実態について詳しく解説していますので、ご覧ください。

29歳職歴なしの大卒より職歴ありの高卒のほうが就職に有利?

会社にもよりますが、29歳・職歴なしの大卒よりも職歴ありの高卒のほうが選考で有利になる可能性が高いでしょう。なぜなら、中途採用では、学歴よりも実務経験を重視する会社が多いとされているからです。「大卒でも不利なのに、29歳・職歴なしの高卒はどうなるの?」とお悩みの方は、「高卒者の中途採用は厳しい?おすすめの仕事や正社員就職のコツを紹介!」をご参照ください。

職歴なしの29歳も就職すれば人生変わる?

職歴なしの29歳が正社員に就職すると、安定した収入を得られる・責任のある仕事を任せてもらえる・社会的信用を得られるなどのメリットが生じます。そのため、人によっては「人生が変わった」と感じることもあるでしょう。正社員就職をして少しでも状況を変えたい方は、就職支援サービスのハタラクティブにご相談ください。

この記事に関連するタグ