一人っ子の就職活動は不利?地元と県外どちらが良い?おすすめ職種もご紹介

一人っ子の就職活動は不利?地元と県外どちらが良い?おすすめ職種もご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・企業とのマッチ度で合否が決めるため、一人っ子という理由で就職は不利にはならない
  • ・一人っ子の場合、就職先が遠方だと家族に心配され反対される可能性もある
  • ・一人っ子は自由なイメージから、協調性が欠けていると想像されやすい
  • ・一人っ子は、集中力が高く想像力が豊かという特徴がよくみられる
  • ・一人っ子に向いている就職先の職種はエンジニアやデザイナー、営業など

 

一人っ子の方の中には、「就職するのに不利なのでは」「地元を出て就職するのは家族に反対されるのでは」などの悩みを持つ方もいるでしょう。面接で家族構成を聞かれることは少ないですが、一人っ子に対するイメージはさまざま。一人っ子であることに悩む必要はありませんが、自身の特徴を理解して、上手くアピールすることが重要です。このコラムでは、一人っ子の特徴や向いている職種、地元・県外で働くメリットを解説します。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

一人っ子の就職活動は不利?

兄弟姉妹がいない「一人っ子」という理由だけで、就職活動が不利になることはありません。企業は応募者の人柄やスキル、仕事への適性などあらゆる面を判断して採用を決定するため、家族構成を重視することは少ないでしょう。また、「面接での家族構成についての質問は基本NG」で詳しく記載していますが、家族の質問は公正な選考基準という面から避けるべきとされ、「一人っ子かどうか」と聞かれることは少ないです。
しかし、面接中に話の流れで家族の話題になる可能性は考えられます。「一人っ子だと言ってしまって不利になってしまうのでは…」と不安に感じても、基本的に選考基準にはならないので極度に心配する必要はありません。

厚生労働省が調査した「2019年国民生活基礎調査の概況(7p)」によると、児童のいる世帯の46.8%が一人っ子であり、年々増加傾向にあるようです。兄弟姉妹の有無で特定の性格がイメージされることもありますが、就活の合否は個々の人間性や能力、企業とのマッチ度などによって決まるもの。自身に合った仕事を見つけることで、上手くいくでしょう。

 

引用:厚生労働省「2019年国民生活基礎調査の概況(7p)

就職に関してイメージされやすい一人っ子の短所

ここでは、就職に関してイメージされやすい「一人っ子」の短所をご紹介します。一人ひとり性格は異なるものですが、一般的に想像されやすい特徴を把握することで、有効的なアピール方法が分かるしょう。

協調性がないと思われることも

一人っ子は家庭内において、「自身の価値観やペースで育ってきた」と捉えられやすく、協調性に欠けるとイメージされることがあるようです。企業にとって、「周りと上手くコミュニケーションをとりながら仕事に取り組めるのか」といった疑問が生じやすいといえます。

頑固な面がある

一人っ子は、「独自のこだわり持っている」という頑固な印象があるようです。また、何かを始める際も「自分の良いタイミングでしか動かない」という性質を持っていると思われることも。就職において、「仕事でトラブルが起きたとき、臨機応変に動けないのでは」といったマイナスなイメージを持たれやすいようです。

就職で強みとなる一人っ子の長所

一人っ子の長所も人によってさまざまですが、特に自身の信念を持って物事に取り組めるという傾向があるようです。

集中して物事に取り組める

幼少期から自分のペースを大事に物事を行う機会が多く、集中力が高い傾向にあります。特に、興味があることや得意分野に関しては、より神経を集中させて取り組めるようです。就職活動において、「物事に対して熱心に取り組める」という点は評価されるポイントでしょう。

想像力が豊か

一人っ子の場合、子どものころから自身のイメージを働かせて遊ぶことが多く、想像力に長けている傾向があります。また、新しいことを思いつく発想力も持ち合わせている方も多く、就職先で活かせる要素といえるでしょう。

正直である

一人っ子は真っ直ぐにのびのびと成長できる環境があり、裏表なく正直な性格になりやすいようです。社会生活では、人に対して偽りなく誠実に対応することが求められます。素直な性格は、就職活動においてアピールポイントになるでしょう。

参照元
厚生労働省
2019年 国民生活基礎調査の概況(7p)

一人っ子は地元と県外、どっちに就職すべき?

就職の際、勤務地が遠方であれば基本的に引っ越しが必要になります。一人っ子の方が就職で引っ越す場合、「寂しい」「心配」などの理由から家族に反対されることがあるようです。
地元と県外、それぞれにメリットがあります。就職で後悔しないためには、それらを十分に理解して勤務地を選ぶことが重要です。

一人っ子が地元に就職するメリット

一人っ子の方が地元に就職することで、生まれ育ってきた地域に貢献できるというメリットがあります。また、地元にある企業は家族も知っている会社も多く、安心させられるでしょう。
今までどおり実家で家族と生活を送れるため、環境の変化も少なくスムーズに新生活をスタートできます。

一人っ子が県外(都会)に就職するメリット

一人っ子が地元を離れて就職する場合、視野が広がり新しい経験を多く積めます。就職先が東京であれば、一般的に給与が高く、さまざまな業務に関わる機会も多いです。スキルアップしやすい環境といえるでしょう。
また、一人暮らしすることによって、自然と生活力がつくというメリットがあります。今まで家族に囲まれていた生活は一変し、自立心も身につくでしょう。
地方と都市部それぞれの就職するメリットは、「ニートが地方、都市部で就職するメリット・デメリット」でもお伝えしているのでご覧ください。

一人っ子の就職活動をうまく進めるポイント

一人っ子の就職活動を上手く進めるには、先述したような企業が持つイメージを踏まえつつ、自身の強みをアピールすること。自身の適性やを十分に理解し、前向きに就活に臨みましょう。

自己分析を行い一人っ子である自分の性格を理解する

企業によって、一人っ子に対する印象はさまざまです。応募書類や面接で自分の強みをアピールするには、自分の価値観や思考を認識することが重要。自己分析を念入りに行い、長所や短所、得意なことを洗い出してください。自身の性格を十分に理解することで、マッチする仕事が探しやすくなります。また、説得力のある志望動機や自己PRを述べられるでしょう。

選考結果や面接内容に落ち込み過ぎない

就職活動は企業とのマッチ度が重視されるため、応募書類や面接内容に自信があっても不採用になってしまうことも。一人っ子の場合、人によっては「不合格がショックで就活を続けたくない」と感じてしまう恐れがあります。就職先を決めるには、一つひとつの選考結果に落ち込み過ぎないことが大切です。気持ちを切り替えて、前向きに就活を続けましょう。

周りに就職活動の相談をする

一人っ子の場合、年齢が近い身内の就職活動経験者がいないため、すでに社会人として働いている友人にアドバイスをもらうと良いでしょう。「一人で就職活動をすると何がたいへんですか?」にも記載があるように、一人での就活は行き詰まりやすく、第三者に頼ることが大切です。
周りに相談することで、筆記試験や面接に関するアドバイス、仕事の大変さや楽しさといったリアルな話が聞けるため、就活に活かせます。

一人っ子に向いている就職先の職種

一人っ子の特徴や得意なことは人によって異なりますが、一人っ子によくある「集中力」「想像力」といった長所を活かせる仕事があります。
以下に挙げているので、参考にしてみてください。

エンジニア

エンジニアは一人で集中して作業することが比較的多いため、一人っ子の就職先に向いているといえます。今後さらにIT業界の発展が見込まれ、需要が高い仕事です。「パソコンで地道な作業をするのが好き」といった方に向いています。

デザイナー

デザイナーは、物事に没頭して何かを作り出すのが得意な一人っ子の方に向いています。想像力が豊かな人に適しているので、一人っ子の特性にも合っているといえるでしょう。人とのやり取りも必要な業務のため、就職活動の際はコミュニケーションスキルをアピールできると好印象です。

マーケティング

データの分析やリサーチを行い、ニーズに沿ったサービスや商品を作り出すマーケティングは、熱心に物事に取り組める一人っ子の方に向いている職種です。就職先では客観的に数値を読み取るスキルも求められるため、集中して物事に取り組める人にぴったりでしょう。

営業職

コツコツと顧客を開拓する営業の仕事は、継続力のある一人っ子の方に向いているといえます。また、営業は顧客と信頼関係を築くことが求められるため、素直で正直な一人っ子の特性は人の心を開きやすく適しているでしょう。営業は自身で考えて行動することが求められるので、就職活動の際は自己PRでアピールできると評価されやすいです。

 

介護職

一人っ子は両親や祖父母といった年上の人との関わりに慣れている人が多く、介護の現場ではコミュニケーションスキルを発揮できるでしょう。介護は人との触れ合いが重視される仕事のため、就職先では一人っ子の裏表なく誠実な人柄が求められます。

一人っ子の方は、「一人っ子で将来仕事に影響するのでは」「周りに迷惑かけてしまうのでは」など、自身で思いつめてしまうこともあるでしょう。しかし、実際は家族構成が就職活動に大きく影響することはありません。
後悔のない就職先を決めるには、自分に合った仕事を選ぶことです。「どんな業界が合っているのか分からない」「企業選びのポイントが知りたい」と考えているなら、一人で悩まずに第三者のアドバイスを受けるのも一つの方法。
ハタラクティブでは、専任の就活アドバイザーがあなたに合った就職活動の進め方をお伝えします。面接対策や応募書類の添削など、幅広くサポート。ぜひ一度ご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION