仕事がつらいときの原因や対処法とは?転職する場合の注意点も解説!

仕事がつらいときの原因や対処法とは?転職する場合の注意点も解説!の画像

この記事のまとめ

  • 仕事がつらいと思う原因には、人間関係や労働環境などへの悩みが挙げられる
  • 仕事がつらいと感じる原因を明確にしたうえで解決策を考えよう
  • 仕事がつらいときの対処法は、「他者に相談する」「気分転換を図る」など
  • どうしても仕事がつらい場合は、異動願いや転職を検討するのも一つの方法
  • 仕事探しや転職活動に悩んだら、転職エージェントを活用するのもおすすめ

「仕事がつらい」と感じ、転職すべきかどうか悩んでいる人もいるでしょう。仕事がつらいときは、まず原因を探ることが重要です。そのうえで、現状を改善するにはどうすれば良いかを考えると良いでしょう。このコラムでは、仕事がつらいと感じる主な原因を解説。仕事がつらいときの対処法や転職する際の注意点なども紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事がつらいと思う主な5つの原因

仕事がつらいと思う原因には、さまざまな事情があります。以下では、仕事がつらいと感じやすい主な原因を5つ挙げました。

1.人間関係が良くない
2.仕事が思うようにこなせない
3.仕事内容に対する給与額が少ない
4.労働環境が悪い
5.仕事の将来ビジョンが描けない

仕事に対するつらい気持ちを解消するためには、まず原因を把握することが大切です。上記それぞれについて以下で説明していくので、自身の現状を把握するための参考にしてみてください。

1.人間関係が良くなくて仕事がつらい

職場の人間関係が良くないと、働くのがつらいと感じたり、出勤自体が億劫になったりすることがあるでしょう。基本的に仕事をするうえで人との関わりは欠かせません。「仕事をする=職場の人間関係に悩まされる」という状態が続けば、仕事がつらいと思ってしまう可能性があります。

2.仕事が思うようにこなせなくてつらい

「どうしても苦手な業務がある」「体力的・精神的に仕事がきつい」など、自分なりに努力をしているのに仕事が思うようにできないことも。自分の能力に問題がある、周りに迷惑を掛けて申し訳ないと自己肯定感が下がれば、仕事がつらいと感じやすいでしょう

3.仕事内容に対する給与額が少なくてつらい

給与額が少ないと感じ、仕事にポジティブな気持ちを抱けない人もいるようです。たとえば、「現在の仕事・役職に対する給与額が見合っていない」「同年代の友人・知人と比べて自分の収入が明らかに低い」などが考えられます。現状への疑問や不満が湧くことで、仕事がつらい状況になる場合があるでしょう。

4.労働環境が悪くて仕事がつらい

仕事がつらいと感じるのには、労働環境の悪さが原因になっていることもあります。残業や休日出勤が常態化していると私生活との両立が難しくなり、自分の時間を十分に確保できません。心身の休息を図ったりリラックスしたりする時間が持てないと、仕事のストレスも溜まりやすくなるでしょう。

5.仕事の将来ビジョンが描けなくてつらい

将来のビジョンが描けないことも、仕事がつらい原因になり得ます。「今の会社ではキャリアアップが難しい」「長く働いてもスキルアップが見込めない」など、仕事の目標が持ちにくい環境に悩む人もいるでしょう。そのほか、やりたいと思う仕事が別である場合も、今の仕事に対するモチベーション低下につながると考えられます。
仕事がつらくて出勤したくないと悩んでいる方は、「仕事に行きたくない時はどうする?主な理由や対処法を解説!」もあわせてご参照ください。

「仕事がつらい」と思うのは甘え?

「仕事がつらい」と感じるのは珍しいことではありません。厚生労働省の「令和3年 労働安全衛生調査(実態調査)(【個人調査】13p)」によれば、「今の仕事や職業生活に不安やストレスを感じる事柄がある」と答えた人の割合は53.3%と半数以上を占めています。仕事がつらいのは甘えだと断定する前に、自身が抱える現状の問題を究明し、それを解消するための具体的な手立てを考えてみましょう。

参照元
厚生労働省
令和3年 労働安全衛生調査(実態調査) 結果の概況

仕事がつらいときに最初にやると良いこと

仕事がつらいときは、最初に「自分は何がつらいのか?」を特定しましょう。そのうえで、つらいと感じる原因が解決できることなのかどうかを考えます。以下で詳しく見ていきましょう。

仕事がつらい原因を明確にする

仕事がつらい原因を明確にするため、現在の仕事で抱えている悩みや不満などを洗い出してみてください。紙に書き出すと今の問題点を顕在化できるのでおすすめです。客観的に自分の状況を理解しやすくなり、「なぜ仕事がつらいと感じるのか」が見えやすくなるでしょう。

仕事がつらい原因の解決方法を探る

仕事がつらい原因をクリアにできたら、解決方法を探ります。現在抱えている問題が「自分で解決できることなのかどうか」を考えてみましょう。たとえば、「仕事でよく注意される→PC入力のミスが多い→タイピングのスキルアップを目指す」のように、自分の取り組み方次第で現状を改善できそうなこともあるはず。反対に、自分の努力や工夫だけでは解決できそうにない問題で仕事がつらい場合は、「第三者の手を借りる」「転職する」などの検討も必要になるでしょう。

仕事がつらいときの対処法6選

仕事がつらいときの主な対処法としては、他者に相談してみたり、気分転換を図ってみたりする方法があります。以下を参考に、自分の状況や性格に合った対処法を取りましょう。

1.上司や先輩に仕事について相談してみる

「自分に合っていない仕事を任されている」「いまいち業務の内容を理解しきれていない」といった悩みで仕事がつらい場合は、思い切って職場の先輩や上司に相談してみると良いでしょう。問題解決に向けて動いてくれる先輩や上司であれば、助言に加え、仕事がうまくいくようにバックアップしてもらえることもあります。悩みを相談するときのポイントは、「なぜ仕事がつらいのかを相手が理解しやすいように説明する」「今後どうしたいのかを伝える」ことです。

2.仕事の異動を願い出てみる

「相談にのってくれそうな先輩や上司がいない」「相談したけれど相手にされない」など、自分だけでは解決が難しいときや行動に移した成果が得られないときは、会社に異動の申請を出してみるのも一つの方法です。異なる部署で一から仕事を覚えて少しずつスキルを磨いていけば、仕事がつらい状況から抜け出せる可能性があるでしょう。

3.家族や友人に仕事の悩みを聞いてもらう

家族や友人に仕事の悩みを聞いてもらう方法も有効です。自分をよく知る第三者であれば、自分の性格や行動傾向を踏まえたうえでのアドバイスを期待できるでしょう。また、誰かに話すだけでも心が楽になり、仕事がつらいという気持ちが軽減することもあります。

4.仕事から離れて気分転換してみる

仕事がつらいときは、いったん働くことから離れて気分転換するのも良いでしょう。「好きな音楽を聴く」「運動をする」「旅行をする」など、自分がリラックスできることをするのがおすすめ。本を読んで、自分とは異なる他者の考えや価値観に触れるのも効果的です。一度気持ちのリセットを図ることで視野が広がり、仕事を前向きに捉えられるようになる可能性があります。

5.「なんとかなる」と気楽に構えてみる

仕事に過度なプレッシャーを感じているなら、「なんとかなる」と気楽に構えてみることも大切です。責任感が強いのは良いことですが、「絶対に失敗できない」「周囲に迷惑は掛けられない」と必要以上に自分を追い込んでしまうと、仕事がつらいと思う原因になってしまいます。一人で抱え込み過ぎず、肩の力を抜いて仕事に取り組んでみると良いでしょう。

6.転職を検討してみる

自分なりに対処してみたものの、仕事がつらい状況を改善できないときは、転職も視野に入れてみることをおすすめします。ただし、現在抱えている問題を曖昧にしたままで仕事を変えると、転職先でも同じような悩みや不満を感じてしまうリスクも。次項で転職する際の注意点を確認し、後悔しない転職を目指しましょう。

「仕事がつらい」と転職する際の注意点

どうしても仕事がつらいと感じて転職する場合は、以下のような点に注意が必要です。

転職が給与ダウンにつながる可能性を考慮する

転職したからといって、必ずしも給与や待遇が今よりも良くなるとは限りません。仕事を変えればキャリアが途絶えるため、転職先で一から実績を積むことになります。経歴や能力が十分なら高待遇で採用されることもありますが、そうでなければ転職が収入ダウンにつながる可能性があるでしょう。
「給与が低い」「もっと収入を上げたい」という思いから仕事を変えたい方は、今の職場で給与やキャリアアップが望めるかといった点も踏まえたうえで転職を検討するのがおすすめです。「転職するメリット・デメリットとは?エージェントを使う利点も解説」もぜひ参考にしてみてください。

仕事がつらい原因を明確にせず転職するのは避ける

仕事がつらい原因を明確にせず転職するのは、できるだけ避けたほうが良いでしょう。前述したように、仕事を辞めたい理由が曖昧なまま転職すると、次の職場でも同じ問題に悩まされる恐れがあります。転職を決断する前に、「なぜ仕事がつらいのか」「今の問題は転職で解決するのか」を考えてみましょう。転職してから「やっぱり前のほうが良かった…」とならないためにも、今の仕事で状況を打破する方法を探ることも重要です。転職を成功させるポイントについては、「第二新卒が転職成功するには?転職活動のポイントもご紹介」をぜひ参考にしてみてください。

仕事がつらいと悩んだらエージェントに相談してみよう

「仕事がつらい…」「転職したいけど、仕事が見つかるか不安…」と悩んでいる人には、就職・転職エージェントの活用もおすすめです。就職・転職エージェントでは、求人紹介や包括的な就職活動のサポートが受けられます。プロのアドバイザーが仕事にまつわる悩みや不安をヒアリングしたうえで、求職者一人ひとりに合った仕事を提案してくれるのが魅力です。

就職・転職エージェントのハタラクティブにも、経験豊富なプロの就活アドバイザーが多数在籍。マンツーマンで丁寧なヒアリングを行い、あなたにぴったりの仕事をご紹介いたします。選考書類の書き方や面接対策などもプロの視点でアドバイスするので、転職活動に不安がある方も安心です。「仕事がつらい現状から抜け出したい」「自分の適性が知りたい」「今後のキャリア形成に悩んでいる」など、仕事に関して悩んでいる方は、ぜひ一度ハタラクティブへご相談ください。

この記事に関連するタグ