つらいのは仕事?それとも人間関係?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事がつらいと感じる理由を探ろう

  • ・業務 or人間関係のどちらの理由もまず相談が先決

  • ・異動申請や転職も視野に入れよう

  • ・あくまでも「仕事が第一」という気持ちを忘れずに

  • ・就活アドバイザーを頼ることで解決することもある

「仕事がつらい」と毎日あたまを抱えて悩んでいる人へ向けて発信します。
会社を辞めたい、職場の人間関係がイヤだ、現状のまま続けていくのは難しい…など、悩みは人それぞれです。あなたにとって、何が一番つらいことなのかをしっかりと向き合って解決しませんか?

◆仕事がつらい理由

「つらい」と思う理由はなんですか?、まずは、口に出して言ってみたり、紙に書き出してみたりしましょう。そうすることで、客観的に自分の状況を理解しやすくなります。
(例)
・仕事ができない
・人間関係が良くない
・体力的、精神的に仕事がきつい
・労働環境が悪い(残業、休日出勤など)
・仕事が楽しくない
・苦手な業務がある
・給与面で納得がいかない
・将来が見えない
・社風が合わない
・私生活との両立が難しい
・残業が多くて自分の時間が持てない

上記の他にもたくさんの悩みがあることでしょう。職場の環境が悪かったり、従業員同士のトラブルだったり。
「つらい」と思う理由を探ると、あなたのホンネが見えてくるはずです。そのホンネとしっかり向き合って、仕事に対するつらい気持ちを乗り越えていきませんか?

気持ちに正直になることが、改善への近道です。
では、どのような対処法があるのかを探ってみましょう。


◆解決への道

仕事がつらいと思う原因になっている出来事は何でしょうか?

【業務がつらい】

自分に合っていない仕事を任されている、いまいち業務の内容を理解しきれていない、といった悩みを抱えている場合は、思い切って先輩や上司に相談してみるといいでしょう。
気持ちを伝えないことには誰にも理解はしてもらえません。きちんと話すことで、自分の中だけに秘めていた思いをカタチにします。相談するだけでも、気持ちが少し軽くなることでしょう。
問題解決に向けて動いてくれる先輩や上司に出会えた人はラッキーです。助言のみならず、仕事がうまくいくようにバックアップしてもらえることも。
悩みを相談するときのキーワードは、仕事ができないとは言わない、なぜつらいのかをきちんと説明する、今後どうしたいのかを伝えることです。

自分に合っていない仕事を任されている、という相談をするときは、「自分の力量に合っていない」といったつらい理由を明確に話します。その上で、「現状のスキルに見合った仕事を振り分けてほしい」というような今後の希望もしっかり伝えましょう。

いまいち業務の内容を理解しきれていないことを相談したいときには、「業務の内容がよくわからないので、詳しく教えてほしい」というハッキリとした言葉で相手に伝えます。

ただ「つらいから」という言葉だけでは誰しも理解しがたいものです。まず大切なのは、心の中の思いを声に出して話を聞いてもらうこと。業務に関する悩みは、仕事内容を理解できる同じ会社の人に話すのがベストでしょう。

相談にのってくれる先輩や上司がいない、相談したけれど相手にされないなど、行動に移した成果が得られないときは、会社に異動の申請を出してみるのも一つの改善策です。
違う部署で一から仕事を覚えて、少しずつスキルを磨いていくのも、つらい状況から抜け出すチャンスかもしれません。
ぜひ、新しい自分に出会うための勇気を出してみてください。

【人間関係がつらい】

先輩・上司からの理不尽なパワハラがある、気の合わない人と一緒に働いている、コミュニケーションがうまくとれない、といった悩みを抱えている人はいませんか?
業務をとおして必ず発生する従業員同士のやりとり。避けて通るわけにもいかず、悩みながらも仕事を続けている人も多いことでしょう。
では、この状況を脱するにはどうしたらいいのか…

パワハラにあっている人は、周りの先輩や上司に相談することが先決です。一人で解決するのは難しく、問題がさらに悪化するのを避けるためにも、周りの人に話を聞いてもらうのが望ましいでしょう。
誰を頼っていいのかわからないときには、社内外の相談窓口を頼ってみてもいいかもしれません。

気の合わない人と仕事をしていると、どうしてもイライラしたり、冷たい態度をとったりしがちです。顔や態度に出さずに心の中だけでモヤモヤしている分には、相手や周りに迷惑をかけることはありません。
しかし、自分の中では我慢できないほどのストレスを抱えることになるでしょう。だからと言って、相手や周りに伝わるほどの過度な行動を起こしてしまうと逆に「パワハラだ」と訴えられかねません。
性格の不一致や考え方の相違は誰にでもあることです。対策として、配属先を変えてもらったり、転職したりするのがベストでしょう。

転職は考えていないし、部署異動の希望は出せないという人は、相手への見方をちょっと変えると良い方向へ進むかもしれません。
方法として、相手の長所だけを見るようにする、自分との共通点を探してみる、こういう人なんだと受け入れるなど。相手への見方を変えるのが難しいという人は、自分の仕事に専念したり、未来を見据えて行動したりしてみてはいかがでしょうか。
本来は、仕事をするために出社しているはずなので、人にとらわれずに業務に専念することが、人間関係においては一番の解決策かもしれません。

それでもつらい状況が変わらない人は…


◆転職エージェントを利用する

どうしてもつらくて仕事に行くのさえも億劫になってしまっている、という人にオススメなのが就職エージェントの活用です。
就職エージェントは、求職者一人ひとりの適正や希望に沿ったお仕事を紹介するサポーター的存在。
第三者に悩みを話すことで解決することもあります。
仕事をつらいと思う理由を話して、それを踏まえつつ一番ベストな方法で転職をする、というカタチを取るのもいいのではないでしょうか。

就職はしてみないと仕事のことはわからない、
仕事はしてみないと自分に合っているかわからない、
自分のやりたいことは自分にしかわからない。

あなたの気持ちと真剣に向き合うことが早期解決への糸口になるはずです。
頼れる存在が身近にいないときには、ぜひ就職エージェントを頼ってみてはいかがですか。

当ハタラクティブにも、就職エージェントとして活躍しているプロの就活アドバイザーが多数在籍しています。ほんの小さな悩み相談から人生の転機となる転職支援まで、親身にサポート。悩みにどっぷり浸かった毎日とサヨナラして、あなたの笑顔を取り戻すお手伝いをいたします。

自分の適正を知りたい、悩んでいる原因がわからない、つらい状況を知ってほしい、転職できるのか不安、現状から抜け出したい、将来を真剣に考えたい、といったさまざまな思いをご相談ください。

悩みを抱えた人の転職を全面的にバックアップするために活動している就活アドバイザー。
登録後は、カウンセリングや求人の紹介、履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策、面接日の調整、入社後のフォローなど、すべてサポートいたします。



関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ