仕事が合わないときはどうすれば良い?状況別の対処法をご紹介します

仕事が合わないときはどうすれば良い?状況別の対処法をご紹介しますの画像

この記事のまとめ

  • 仕事が合わないときに大切なのは、そう感じる理由を明確にすること
  • 自分に合わない仕事を続けることに時間を費やす価値があるのかを考えてみる
  • 「仕事が合わない」を転職理由にする場合、退職時には正直に伝えるのもあり
  • 転職時の面接では、「前向きな印象」を与える転職理由になるよう伝え方を工夫する
  • 自分に合う仕事探しに悩んだときは転職エージェントの活用もおすすめ

「合わない仕事を続けるのがつらい…」と悩んでいる方もいるでしょう。仕事が合わないという悩みを解決しないで働き続けてしまうと、気づかないうちに健康に影響が出たり、将来のキャリアプランが達成できない状態になったりする恐れがあります。悩みの原因を明らかにして次のステップに進むためにも、このコラムを参考にして自分の働き方を見直しましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

仕事が合わないと感じたらすぐに転職しても良い?

「仕事が合わない」と感じて転職するのは問題ありません。より自分に合う環境でスキルアップしたり、キャリアプランを達成したりするためにも、年齢を重ねる前に働く環境を見直すのは得策といえるでしょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

仕事が合わないと感じるよくある8つの理由

仕事が合わないと感じるよくある8つの理由の画像

仕事が合わないと感じる理由として、仕事に関することだけでなく、職場環境や労働条件、結果の評価方法などに関する背景も挙げられます。「仕事が合わない」と感じる原因を分析するためにも、ぜひ参考にしてみてください。

1.やりたい業務ではない

やりたい業務ではないと、自分に合う仕事だと捉えるのは難しいでしょう。入社前にイメージしていた仕事内容と入社後に任された実際の仕事内容に差があると、ギャップを感じて「仕事が合わない」という考えになり得ます。

2.評価制度に不満がある

会社の評価制度に不満を覚えて「仕事が合わない」「結果を出しても意味ない」と思う人もいます。特に、年功序列型の評価制度の場合は、一生懸命仕事に取り組んでも正当な評価を得られないと感じることで、「仕事が合わない」と考えるようになるでしょう。

3.人間関係が良くない

会社に勤めるうえで、周囲とのコミュニケーションは避けられないもの。たとえば、職場の人間関係が良くないことが原因で周囲に助けを求めにくくなると、成長意欲や向上心を持って働くことも難しくなります。その結果、「仕事が合わない」と感じる原因につながります。

4.給与が低い

評価制度に不満がある」と同様に、給与が低いことで「一生懸命働いたことに対して出した結果に対して正当な評価がされていない」と感じる人も多いようです。他社に勤める同職種の友人や知り合いと給与の差が開くことで、「仕事が合わないのでは」という考えになる場合もあります。

5.労働環境が合わない

残業の多さや休みにくさも「仕事が合わない」という悩みに繋がるでしょう。休む時間をしっかり確保できないと、集中力や健康状態にも影響を及ぼすことがあります。疲れやストレスが積み重なった結果、転職して自分に合う労働環境で働きたいと考える人もいるようです。

6.仕事へのやりがいを感じない

仕事へのやりがいを感じないと、モチベーションを保てず「仕事が合わない」という考えになってしまうでしょう。仕事に対する楽しさや面白さを見つけられなければ、目標を持って働くのではなく、ひたすら作業をこなすような働き方になってしまう恐れがあります。

7.結果を出せず実績を積めない

実績を積めない背景は、周囲とのスピード感と合わなかったり仕事に対する苦手意識があったりと、人それぞれ。しかし、実績を積めないことが評価や給与に影響することで「仕事が合わない」「結果を出せない」という悩みが生まれることがあるようです。

8.キャリアビジョンが達成できなさそう

キャリアビジョンの達成が難しそうな状況では、「仕事が合わない」「辞めたい」と感じるでしょう。自分のキャリアビジョンに向かって働き続けられる環境に身を置くためにも、仕事を辞めることを考える人は多くいます。

漠然と「仕事が合わない」と感じるときは?

漠然とした「仕事が合わない」という気持ちに悩んでいる場合は、一度悩みの原因をしっかり分析してみる必要があります。悩みの原因を明らかにして改善しなければ、ストレスを抱えやすくなるでしょう。改善策を立てて実践し、結果を出すための参考に、ぜひご一読ください。

「合わない」と感じる部分を明確にする

仕事のなかでどの部分に「合わない」と感じているのかを明確にしましょう。たとえば、「細かい数字やデータ自体は興味があるけど、実際に扱うとなると向いていない気がする」「事務作業は得意だけど接客はうまくできない」といったように、具体的に分析することが大切です。悩みの原因は仕事の内容ではなく、職場の人間関係や給与、労働時間などほかの部分にあると気づく場合もあります。

「合わない」部分を改善する方法を考える

「仕事が合わない」と感じている原因を明確にしたら、改善策を考えてみましょう。仕事が合わない原因が業務に関することであれば、「担当する量をできるだけ減らせないか相談してみる」「失敗しない方法を考えて実践する」など、取り掛かる次のステップを具体的にすることが大切です。仕事が合わない原因が業務に必要なスキルの習得度合いに関する場合は、時間が解決してくれることもありますが、新しい業務に慣れるまでは「つらい」「合わない」と感じることも多いもの。まずは、業務に慣れることを目標に努力してみるのがおすすめです。

本当にその会社にいたいかを考える

「仕事が合わない」という気持ちがあるときは、今後もその会社にいたいかを考えてみるのも良いでしょう。「辛いけど努力して成長したい」「今を乗り越えれば目標に近づける」という前向きな気持ちもある場合は、仕事を続けるのも手です。しかし、「今の会社で自分がしたいことはない」と感じたり、ストレスや苦痛を抱えていたりする場合は、転職活動するほうが良い可能性も。大切にしたい働き方の軸を明らかにしたい方は、「就活の軸の決め方を解説!考え方や答え方の例文を確認しよう」のコラムもご覧ください。

仕事が合わないときにできる対処法

仕事が合わないときにできる対処法の画像

「仕事が合わない」と感じているとき、その状況を改善するためにできる対処法があります。少しでも自分に合う働き方を目指せるよう、ぜひ参考にしてみてください。

1.実績を積んで得意な業務にする

自分が担っている仕事に苦手意識がある場合、実績を積むことで苦手意識が薄れ、仕事に対して「おもしろさ」を感じられるようになることも。自分の担当業務を得意分野だと捉えられるようになれば、「仕事が合わない」と感じることは改善されるでしょう。

2.資格取得をしてキャリアアップを目指す

資格取得のために勉強して身についた専門的な知識を仕事に活かせれば、30代や40代になる前からキャリアアップしやすくなるでしょう。業務に対する責任を今以上に感じられるようになれば、「さらに専門性を極めたい」という気持ちが芽生えたり、後輩の教育に熱が入ったりすることも考えられます。

3.上司や人事など周囲に相談してみる

上司や人事など、周囲に「仕事が合わないと感じている」と相談してみるのも良いでしょう。前述したように、人間関係や労働環境が影響して「仕事が合わない」と感じている可能性も。第三者からの客観的な意見を聞くことで、新たな視点を持って仕事に向き合えるようになることもあります。

4.休暇中に気分転換する

「仕事が合わない」と不安になったら、長期休暇を取得して心身ともにリフレッシュしてみるのもおすすめ。疲れやストレスの蓄積により仕事へのモチベーションを失っている可能性もあるため、仕事に向き合う前に、休暇を挟むのも一つの手です。休暇中に転職サイトを閲覧したり、転職活動について考えたりすれば、今後のことを前向きに捉えやすくなるでしょう。

5.転職する

自分の努力だけでは改善が難しい場合、転職に踏み切るのも良いでしょう。本当にその会社にいたいかを考える」でも述べたように、現職を続けることに困難を感じる場合には、転職活動をして環境を変えて新たに実績を積むほうが良いこともあります。一人で自分に合った転職活動をするのが不安な場合は、ハローワークや転職エージェントに頼るのもおすすめです。

仕事が合わないと感じてもすぐに辞めるべきではない状況

仕事が合わないと感じても、すぐに辞める必要はない場合があります。「仕事が合わない」と落ち込む前に、できることに前向きに取り組んでみると良いでしょう。すぐに辞める必要はない状況ごとの改善策をいくつかご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

自分の努力や行動で改善できる

自分の努力次第で「仕事が合わない」という悩みを解消できそうな場合は、すぐ転職をするのではなく、状況が改善するように行動するほうが良いでしょう。自分だけの力では改善が見込めないことも、周囲に頼ることで改善を目指せる場合もあります。

待遇には不満がない

「仕事は合わない」と感じていても待遇には不満がない場合、すぐ辞めずにもう少し働いてみるのがおすすめです。待遇の良さをモチベーションとして仕事を続けていれば、そのうち業務を遂行するためのスキルがレベルアップしている可能性があります。仕事内容も待遇も希望どおりという職場に転職するのも簡単なことではないため、焦らずに検討するようにしましょう。

部署移動ができる

部署移動が可能であれば、転職をせずに新たな環境で働き始められるでしょう。業務内容やルールを覚え直す必要がありますが、「仕事が合わない」と感じるストレスからも抜け出せます。会社をすぐ辞めるのではなく、まずは身の回りの環境を変えられるか考えてみてください。

仕事内容に少しでも興味関心があるなら続けてみよう

現在の仕事を少しでも「楽しい」や「面白い」、「やりがいがある」などと感じているのであれば、現職が向いている可能性があります。このような場合、もう少し現職を続けてみるのがおすすめです。勤務期間が短い場合は、仕事の本質が見えていなかったり、慣れていないことで不安になったりしている可能性もあります。いつまで経っても「転職をしたい」という考えが変わらないのであれば、別の道を選んでみてください。

自分に合わない仕事を辞めたほうが良い場合

自分に合わないと感じる仕事を辞めるのが良い場合について解説します。仕事を辞めるかどうか迷っている人は、退職するための基準の参考にしてみてください。

心身が健康な状態ではない

心身が健康でない場合は、健康状態を回復させることを最優先にするのが良いでしょう。心身が健康でないと、仕事への集中力や今後の成長意欲など、あらゆる面にマイナスな影響があるうえ、転職活動も困難になる可能性があります。

状況の改善が見込めない

「改善されなかったが、自分ができる努力をしっかりした」という背景があれば、転職することになったとしても、納得感がある状態で次の仕事探しに移れるでしょう。転職をするうえでも、面接で「状況改善の努力をしたかどうか」という点を重視する採用担当者は多くいます。

会社の経営状況が安定していない

会社の経営状況が安定していない場合には、退職を検討するのがおすすめです。給与や待遇に影響が出たり、その結果ビジネスパーソンとしての向上心を持てなくなったりしている際は、年齢を重ねる前に転職に踏み切るのが良い方法といえます。

将来のキャリアビジョンを達成できない

将来のキャリアビジョンを達成できないことが明らかになった際には、会社を辞めて新たな仕事に就くのがおすすめです。新たな目標を立てることも難しい場合、成長意欲を持って働くことは考えにくいでしょう。

転職理由で「仕事が合わない」は避けたほうが無難

転職理由で「仕事が合わない」は避けたほうが無難の画像

転職時の面接で正直に「仕事が合わなかったので転職しました」と言うと、採用担当者に「また仕事が合わなかったら辞めるのか」「すぐ辞めるような甘えのある性格なのか」という懸念を与えてしまうことも。転職の理由にするなら「前職が合わなかった」という伝え方ではなく、「新しい仕事の業務に興味がある」「スキルを活かせる」といったアピールにしたほうが、前向きな印象を与えられます。また、合わなかった部分の反省点や実行した改善策を添えられると、説得力のある志望動機になるでしょう。
転職理由の言い換えについては、「面接に役立つキャリアプラン例を業界別に紹介」のコラムで詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

転職理由を定める前に今後やりたいことを明確にしておく

説得力のある転職理由を伝えるために、今の仕事を辞めて何をしたいのか明確にしておくのがおすすめです。キャリアビジョンを改めて明確化することで、転職活動を進めるうえでの軸も整理されるでしょう。納得のいく転職活動をしたい方は、「面接ではポジティブな転職理由を伝えるべき?適切に言い換える方法とは?」のコラムもあわせてご一読ください。

転職は不安が多いもの。豊かな経験や専門的なスキルを求められる中途採用の現場では、なかなかうまくいかないこともあるかもしれません。そのようなときは、若年層向け正社員転職・就職エージェントのハタラクティブがおすすめです。多様な転職エージェントが存在する昨今、せっかくサービスを利用するなら、あなたの強みを活かせるものを選ぶことが大切。ハタラクティブは、プロの専任アドバイザーが求職者一人ひとりに合った仕事をお探しします。「仕事が合わない」「転職したい」とお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

仕事が合わないときに関するQ&A

ここでは、仕事が合わないときに関するよくある疑問にQ&A方式で回答します。転職回数や自分に合う仕事の見つけ方などにも触れて解説していますので、ぜひご覧ください。

仕事を辞めるべきかが分かりません

働き続けることで心身の健康や将来のキャリアビジョンにマイナスな影響がある場合は、早めに退職するのが良いでしょう。退職するための必要な手続きやマナーは「退職のタイミングとは?必要な手続きについても解説」でも詳しく解説していますので、ぜひご一読ください。

仕事が合わないのを理由に何回も転職するのはありですか?

「仕事が合わない」という同じ理由で何回も転職すると、次第に職探しが難しくなるリスクがあります。転職回数が多い状態での職探しに不安がある場合は、「転職回数は何回までが許容範囲?転職が多い人の対策法とは」のコラムもぜひ参考にしてみてください。

仕事を辞めたいけど自分に合う仕事が分かりません

自分に合う仕事が分からない場合は、プロのアドバイザーから意見をもらうのがおすすめです。若年層向け転職エージェントのハタラクティブは、マンツーマンで一人ひとりの転職をサポート。自己分析から選考対策まで無料で支援しますので、お気軽にお問い合わせください。

会社側が合わないと感じたら派遣社員はもう仕事をもらえないですか?

会社によって規定は異なるため、不安なことがあれば質問してみると良いでしょう。または、解雇の恐れがない正社員就職を目指すのも手です。派遣社員と正社員の違いが気になる方は、「派遣社員とはどんな働き方?フリーターとの違いと正社員をおすすめする理由」もあわせてご覧ください。

この記事に関連するタグ