合わない仕事と向き合う方法

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事が合わないと感じた場合、大切なのは合わない理由を明確にすることと、時間を費やす価値があるのかどうか。
  • ・「仕事が合わない」を転職理由にする場合、退職時には正直に伝えるのもあり。面接時の転職理由にするならば「前向きな印象」を与える一工夫を。
  • ・転職するならリスクを理解し、ミスマッチを防ぐことが大切。悩んだときには転職エージェントの活用もオススメ。

合わない仕事を続けるのがつらい……と悩んでいませんか?そんな状況の方に読んでいただきたいのがこのコラム。仕事が合わないから転職したい、でもそれって大丈夫?という悩みにお答えしています。仕事に悩みを抱えている方は必読です。

■仕事が合わないと感じたらすぐ転職していいのか

「仕事が合わない」というのは、社会人がぶつかりやすい悩みのひとつ。どれだけ仕事が好きな人であっても、合わないのかもしれないという悩みをまったく感じたことがない人はごく少数なのではないでしょうか。
それでも、その悩みが長期にわたる場合は考えものです。漠然とした「仕事が合わない」という気持ちに悩んでいる人は、一度その悩みをしっかり分析してみる必要があります。

・「合わない」と感じる部分を明確にする

「経理なのに細かい数字を扱う仕事が向いていない」「事務作業は得意だけど接客がうまくできない」など、具体的に仕事の中でどの部分に「合わない」と感じているのかを明確にしましょう。
改めて考えることで、本当の原因は仕事の内容ではなく、職場の人間関係や給与、労働時間など他の部分であると気づくこともあります。

・「合わない」部分を改善する方法を考える

自分が「合わない」と感じている部分を明確にしたら、それを改善するために働きかけてみましょう。
例えば、合わない部分が業務に関することであれば担当する量をできるだけ減らせないか相談してみる、失敗しない方法を考える……などの改善策を探してみましょう。
もし「合わない」と感じる部分が習熟度の問題である場合、時間が解決してくれることもあります。新しい業務に慣れるまではつらい、合わないと感じることも多いもの。まずは、期間を決めて努力してみることが大事ではないでしょうか。

・退職、転職の決め手は「時間を費やすだけの価値がその会社にあるのか」

上記のようなプロセスを経ても辞めたいという気持ちが大きい場合、「20代の貴重な時間を費やす価値がその会社にはあるのかどうか」というのが最後のポイントです。
もし、「今つらいのを我慢すれば自分は成長できる」「これを乗り越えればやりたい仕事に近づける」といった状況ならば、心身に影響がでない限りもう少し頑張ってみてもよいのかもしれません。
しかし、「この先自分が今の会社でしたいことはない」とはっきり感じる場合は、転職という選択肢を選んでみてもよいのではないでしょうか。



■転職理由で「仕事が合わない」はアリorナシ?

◇退職時

・会社に退職を伝える場合、○○な場合はアリなことも

会社に退職を慰留されそうな場合は、「仕事が合わない」と正直に言ってしまうのも一つの手。
「どうしても合わない」と言えば、無理な慰留に合う可能性が下がります。また、別の部署への異動など、転職以外の道が拓ける場合も。
ただし、「成績や効率はいいけど性格的に向いていない」というような場合は信じてもらえない、慣れれば大丈夫と言われるなどのリスクもあるので、自分のスキルと伝える相手の性格を考えて使いましょう。

◇転職時は

・ストレートに伝えると印象は良くない

面接などで正直に「仕事が合わなかったので転職しました」と言うと、また同じ辞め方をされるのでは?という印象を与えてしまうことも。伝え方に工夫することが大切です。

「前職では○○の業務を中心に行っていましたが、その中で××という業務内容に触れ、そちらを中心とした働き方がしたいと思い転職へと踏み切りました」など、「前職が合わなかった」ではなく「前職よりも新しい仕事の方がもっと興味がある/スキルを活かせる」というようなアピールにしたほうが前向きな印象を与えることができます。また、合わなかった部分は反省点として、どう改善するかを添えられると説得力のある志望動機になります。

どちらの場合も、「会社が悪かった」ではなく、「自分に至らない点があったから」という反省の姿勢を持つことが大切です。



■転職活動を進める前に注意すること

◇転職することによるリスクを知る

とにかく仕事を辞めたいからと、転職のリスクを見て見ぬふりしていませんか?
転職を成功させるには、リスクをしっかり理解した上で活動することが必要です。

・収入が途切れるため経済的に逼迫する
・新しい環境で仕事を覚え直さないとならない
・その会社で積み上げたキャリアが0になる(職歴がまた1年目からになる)
・職歴が増えすぎると転職時の評価がマイナスになる可能性がある

このようなリスクを踏まえて行動に移すことで、後悔しない転職活動が成功する可能性も高まります。

◇転職先でのミスマッチを防ぐためにも。求人探しは慎重に

転職したいと思った理由を分析したら、その原因となる部分を改善できる求人を探しましょう。なんとなくで就職する企業を決めてしまった場合、同じような失敗を繰り返して転職の意味がなくなってしまうことも。
長く続けられる仕事を見つけるためにも、自分が仕事に対して求める優先順位をはっきりさせ、それに則って求人を吟味することが大切です。

◇それでも転職するならハタラクティブへ!

20代の方の転職は不安が多いもの。豊かな経験や専門的なスキルを求められる中途採用の現場では、なかなかうまくいかないこともあるかもしれません。
そんなときに活用していただきたいのが、正社員転職・就職エージェントの「ハタラクティブ」です。

多様な転職エージェントが存在する昨今、せっかくサービスを利用するなら、あなたの強みを活かせるものを選ぶことが大切。ハタラクティブは20代の方を中心とした若年層の正社員就職・転職に特化したサービスなので、あなたにマッチした求人もきっと見つかります。

仕事が合わない、転職したいとお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください!

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ