仕事がだるいと感じる3つのパターンとは?その原因と対処法

仕事がだるいと感じる3つのパターンとは?その原因と対処法の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事がだるいと感じるときは「身体的」「精神的」の2つの原因がある
  • ・朝の生活習慣を見直すことで、仕事に行くまでのだるい気持ちを改善できる
  • ・仕事がだるいときの対処法は、モチベーションを上げる工夫が重要
  • ・対処法を試しても仕事がだるいと感じるときは、休むのも一つの方法

「仕事に行くのがだるい」と思う日は誰にでもあります。しかし、その状態が長く続くと心身への負担が大きくなり、仕事に支障をきたすこともあるでしょう。まずは、仕事がだるいと感じる要因を知り、自分でできる対処法を試してみるのがおすすめです。このコラムでは、仕事がだるいと感じる3つのパターンをご紹介。さらに、出勤前、または業務中にできる対処法についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

仕事がだるいのはなぜ?原因は大きく分けて2つ

仕事がだるいと感じるときは、身体的または精神的な原因が考えられます。仕事で大きな負担やストレスを抱えていると、心身に影響が出てくるでしょう。一方で、仕事が単調でやる気が出ない場合にも「だるい」と感じることがあります。まずは、どのような原因が考えられるかを考えてみましょう。

仕事がだるい「身体的な原因」

身体的な原因から仕事に行くのがだるいと感じることがあります。たとえば、業務で重い荷物を運ぶ影響で腰痛があったり、デスクワークで頭痛や肩こりがあったりと業務上の負担が身体的な症状で表れる場合があるでしょう。そのほか、以下のような原因が考えられます。

・朝起きるのがつらい
・毎回通勤ラッシュに巻き込まれる
・デスクワークで目や肩、腰に痛みがある
・力仕事が多く、体力的にきついと感じている
・残業が常態化しているため、十分な睡眠時間が確保できていない
・持病があり、出勤するのがつらい
・生理や妊娠などホルモンバランスの乱れからくる不調

睡眠不足が続いていると自律神経が乱れるため、朝起きられなくなったり、体調不良の原因になったりすることも。また、女性の場合は生理や妊娠などによってホルモンバランスが乱れやすく、仕事に行きたくても体がだるいと感じることがあるでしょう。
持病を含めて、体への負担を強く感じるときに無理をすると悪化する恐れがあります。まずは、上司に相談し、自分の体調に合わせて出勤時間や業務内容を調整できないか検討してみると良いでしょう。

仕事がだるい「精神的な原因」

体に不調がなくても仕事がだるいと感じる場合は、精神的な原因が考えられます。特に、業務内容や職場への不満がストレスとして大きく影響するでしょう。考えられる原因は以下の通りです。

・仕事が単調でつまらない
・横柄な態度のパワハラ上司がいる
・業務内容が合わない
・ミスや失敗が多く苦痛になっている
・クライアント先や顧客に苦手な相手がいる
・職場の同僚とうまくいっていない
・仕事に追われている感じがする
・業務に集中できず、勤務中に仕事が終わらない
・他にやりたいことがある
・転職先が決まっている

上記の例から見ると、仕事へのやる気がないと「だるい」と感じてしまうことが分かります。その場合は、仕事へのモチベーションの保ち方を考えてみる必要があるでしょう。また、職場の人間関係は精神的な負担に直結するようです。実際にどのような要因があるのか、次の項目で解説します。
また、仕事に行くのがだるいと感じやすい人の特徴について知りたい方は、「どうしても会社に行けないのは「出社拒否症状」?症状や改善方法をチェック」の記事もご覧ください。

「仕事がだるい」と感じる3つのパターン

仕事がだるいと感じるときは、「出勤前」「業務中」「人間関係」の3パターンがあります。出勤前の時間帯は身体的にも精神的にも苦痛を感じやすく、仕事に行きたくないと思うことがあるでしょう。しかし、その時間帯を堪えて出勤すると終業時間までしっかり働ける人もいます。
一方で、業務や人間関係に要因がある場合は、その現況から抜け出さないかぎり「だるい」と感じ続けるでしょう。それぞれのパターンごとに原因や対策をまとめました。

1.出勤前がだるいと感じるパターン

出勤前の時間は一日のなかでも「仕事がだるい」と感じやすい時間帯です。主に以下のようなパターンが考えられます。

朝起きるのがつらい

「朝起きられない」「気づいたら二度寝してしまう」という人にとって、時間通りに起きなけならないことに「だるい」と感じるでしょう。また、寝不足や体の不調から朝起きるのがつらい場合もあります。目覚まし時計をいくつもセットしたり、時間差でアラーム設定をしたりなど、自分に合った目覚め方を見つけることが大切です。
また、起きれないからといってそのまま休んでしまうと休み癖がついてしまいます。「家さえ出れば何とかなる」と自分を奮い立たせる気持ちも必要です。

通勤時間が苦痛

朝の通勤ラッシュの時間帯は、電車に乗るだけで一苦労です。「今日もあの電車に乗るのか…」と思うだけで仕事に行くのがだるいと感じるでしょう。また、長時間の通勤時間に苦痛を感じる場合もあります。この場合は、家を出る時間を工夫するのがおすすめです。たとえば、ラッシュ時を避けて早めに電車に乗り、職場近くのカフェでゆっくりするのも良いでしょう。また、車通勤であれば好きな飲み物を買ったり、モチベーションが上がる音楽をかけたりなど、車内の過ごし方を工夫することで気分を変えられます。

休日や連休明けがつらい

休日や連休明けの朝はオンオフの切換えが上手くできず、仕事に行くのがだるいと感じやすくなります。そのため、朝の支度にいつもより時間がかかることもあるでしょう。前日に持ち物を揃えて置いたり、朝食を簡単なものにしたりなど、なるべく朝の負担を減らすのがおすすめです。

2.業務がだるいと感じるパターン

業務内容に不満があったり、プレッシャーが伴ったりすると「仕事がだるい」と感じ、心身に影響が出る場合があります。特に以下のようなパターンがあるでしょう。

モチベーションが保てない

モチベーションとは、やる気・意欲・動機といった目的意識のことです。モチベーションは、仕事をこなすうえで重要な役割を果たします。しかし、業務内容が単調だったり、自分の力量に合っていなかったりするとモチベーションが低下し、仕事がだるいと感じる原因になるでしょう。
また、プレッシャーの大きな業務をこなしたにも関わらず、それに見合った報酬が得られないときや、業績が認めてもらえないときは仕事へのモチベーションが保てません。その状態が長く続くと、出勤するのがつらくなり、ストレスの要因にもなるでしょう。もし、自分で対策を取っても改善されない場合は、部署異動や転職など職場の環境を変える方法もあります。

激務が続いている

激務が続くと睡眠時間やプライベートの時間を確保できなくなり、体調不良に繋がります。そのため、仕事に行きたくないと思う日や体がだるいと感じる日が増えるでしょう。また、人手不足の職場では休暇を取りづらくなり、過重労働のきっかけにもなります。
なかには、休日も仕事のことを考えてしまい気持ちが休まらないという人も。気分転換がうまくいかないと、どうしても仕事が憂鬱になってしまいます。そのまま無理に働き続けると、心身への負担が大きくなり病気を患う要因になりかねません。悪化する前に思い切って休暇を取ったり、転職活動を始めたりする必要があります。

3.人間関係がだるいと感じるパターン

職場の人間関係に問題があると、業務に支障をきたす場合があります。また、ストレスの要因ともなるため、仕事に行くことがだるいと感じるようになるでしょう。人間関係のトラブルでは、以下のようなパターンが考えられます。

相談しづらい

上司や同僚など一緒に働く人に業務に関する質問ができないと、仕事がはかどりません。なかには、入職したばかりで誰に聞けば良いか分からなかったり、聞くタイミングが掴めなかったりすることもあるでしょう。また、聞いても自分で考えるように言われて困ることも。そうした積み重ねから、相談しづらくなり、仕事が思うように進まず「辞めたい」「だるい」と感じる人もいるでしょう。まずは、一度聞いたことはメモを取り、同じことを何度も聞かないように努力することが大事です。また、自分の聞き方を変えることで、相手の反応が変化する場合があります。「どうしたら良いですか」といった漠然とした質問ではなく、「◯◯を▲▲して良いですか」のように具体的な聞き方に変えてみるのも一つの対処法です。

苦手な人がいる

職場にはプライベートでは関わらないタイプの人もいるため、苦手意識が芽生えることもあります。仕事上、どうしても苦手な人と関わらなければならないときは苦痛に感じてしまうことも。常に気を張っているのもストレスの要因となるため、仕事がだるいと感じてしまうでしょう。
また、仕事終わりに飲み会や食事に誘われるのが苦手な場合もあります。もし、業務外の付き合いに負担を感じるのであれば、はっきり断ることも大切です。表面上の付き合いは大事にしつつ、ある程度の距離感を持つと不必要なトラブルを避けることができます。

ハラスメントがある

上司からパワハラやセクハラを受けていたり、同僚や取引先の人から陰湿な嫌がらせを受けていたりする場合は我慢しないで誰かに相談しましょう。長い期間ハラスメントが続くと、ストレスにより仕事へ行けなくなることも。また、トラウマになって再就職までの一歩を踏み出しづらくなる場合もあります。自分の将来を守るためにも、速やかな対処が必要です。

仕事がだるいと感じる原因や対処法についての詳細は「仕事が苦痛なのはなぜ?「つまらない」「暇」と感じる理由とは」の記事でもご紹介しています。仕事を苦痛に感じるときにしてはいけないことも一緒にチェックしてみてください。

「仕事がだるい」ときの7つの対処法

仕事がだるいときは、自分の習慣を見直してみるのが対処法の原点です。朝の習慣や仕事への取り組み方、リフレッシュの仕方など、いつもと少しだけやり方を変えてみると仕事へのモチベーションが変化します。ここでは対処法を7つまとめましたので、参考にしてみてください。

1.朝の習慣を見直す

特に仕事への不満がなく「出勤するまでがだるい」と感じるときは、朝の習慣を見直す必要があります。まずは、自分が一番目覚めやすい方法をいくつか試してみましょう。
目覚まし時計を手の届かないところに置いたり、起きたらすぐに着替えられる準備をしておいたりなど、些細なことから始めるのがおすすめ。ついついテレビやスマホを見て時間がギリギリになってしまうのであれば、朝の時間帯だけでもテレビやスマホに触れないように心がけることも大切です。その代わりに、好きな音楽をかけたり、家を出る5分前の時間にアラームをセットしておいたりなど工夫をすると良いでしょう。
早めに家を出ることができるのであれば、いつもと違うルートで通勤してみたり、カフェに寄り道したりすると出勤までに目が覚めることも。そのほか、朝早めに出勤してデスク周りの掃除や仕事の確認をするなど、自分の時間を持つことで仕事のオンオフが切り替わる場合もあります。

2.1つの業務に集中する

業務内容が多いときや、「早く帰りたい」気持ちが強いときは1つの業務に集中するように心がけてみましょう。まず、自分が今日中にすべき業務に優先順位をつけます。メモ用紙に仕事内容や納期などを書き、終わったものから消していくのもおすすめです。目で見える形で仕事が減っていくと達成感が生まれ、だるいと感じる時間も減ります。

3.こまめに休息を取る

業務に集中できないときや眠いときは、こまめに休息を取って気分転換をするのがおすすめです。自分で仕事に区切りを決めて、水分補給やトイレ休憩など5分ほど休息を取るだけでも気分が変わります。また、だるいと感じる仕事をだらだらと続けるよりも、違う業務を挟むことで集中力が回復することも。仕事の順序や休息のタイミングを工夫してみましょう。

4.業務の進め方を変えてみる

仕事内容に対して「だるい」と感じるのであれば、業務の進め方を見直してみましょう。無駄な動きが多く効率が悪いと仕事へのやる気も低下してしまいます。また、惰性で続けていると業務ミスが増えたり、眠気に襲われることも。「どうしたら効率よく進められるか」「改善点はないか」と考えながら業務を行い、仕事に対するモチベーションを上げることが必要です。
そのほか、モチベーションを維持するためには、小さな目標やご褒美を設定するのもおすすめ。「◯時までに業務をここまで終わらせる」「着手中の案件が片付いたら有給を取得する」など具体的な内容を考えておくと良いでしょう。

5.仕事上の人間関係と思って割り切る

職場の人間関係でトラブルが発生すると、業務に響く恐れがあります。ある程度の距離感を保って接するのも一つの方法です。周りの人に合わせ過ぎると自分のペースが乱れて、仕事に行くのがだるいと感じてしまう要因になりかねません。自分のペースを保って業務を遂行するためには、仕事上の人間関係と思って割り切ることが大切です。

6.信頼できる上司や同僚に相談する

業務や職場環境の悩みは信頼できる上司や同僚に相談してみましょう。もし、相談できる相手が会社にいなければ、家族や友人でも構いません。仕事の悩みは1人で抱え込まないことが大切です。今の自分の気持ちを言葉にすると、何にだるいと感じているか明確になったり、解決への道が開かれたりする場合があります。
ただし、相談する場所に気をつけましょう。新たなトラブルを生まないためにも、社内の人に聞かれて困るようなことは外で軽々しく話すのは控えます。会社の愚痴や業務の相談をするときは自宅や個室が適切です。

7.リラックスする時間を確保する

1人で仕事を完璧にこなそうとすると、気づかない間にストレスが溜まってしまいます。適度な休憩を取ることや周りの同僚に協力を得るなど、仕事中にも一息つける時間を持つことが大切です。心身に負担が重なり、だるいと感じる前にリラックスできる対処法を見つけましょう。
たとえば、睡眠や入浴など、自宅でリラックスできる時間を確保するとストレス発散にも繋がります。また、目元を温めたり、アロマを炊いたりするとリラックス効果が高まるでしょう。帰宅後に好きな音楽を聞いたり、ゲームをしたりなど少しでも自分の時間が確保できると、次の日も頑張ろうと思えるきっかけになります。

仕事がだるいと感じたときは、さまざまな対処法を試すことが大切です。自分に合った方法を探したい方は、対処法についてまとめた記事「「もう働きたくない」と感じる理由や仕事に疲れたときの対処法」「どうしても仕事に行きたくない時はどうする?休みたい理由や対処法を解説」も参考にしてみてください。

仕事がだるくて辞めたい…どうしたらいい?

仕事がだるいときの対処法を試したものの、問題が解決されない場合は仕事を休んでみるのも一つの方法です。「辞めたい」気持ちを抱えたまま無理に働き続けると、さらにストレスが溜まる原因になりかねません。気持ちを入れ替えて、自分らしく働ける方法を探してみましょう。

仕事を休んでリフレッシュする

「仕事がだるい」ことが長期間続いたときは思い切って休暇を取得し、リフレッシュすると良いでしょう。仕事を休む場合は、家で過ごすよりも外に出かけてみるのがおすすめです。
「辞めたい」「どうしよう」と悩むのための時間ではなく、スポーツやアウトドアなど、仕事とは一切関係のない分野に挑戦して気分転換をします。また、この機会に仕事と両立できる趣味や習い事を見つけてみるのも良いでしょう。プライベートが充実すると、それを楽しみに仕事が続けられることも。自分に合ったストレス発散の方法がわかると、今後どんな仕事をしても役に立つはずです。
もし、休息をとっても改善されず、かえって悪化してしまう場合は重度のストレスを抱えている可能性が考えられます。その際は、職場環境を変える必要があるため別の対処法を試してみてください。

部署の異動を申し出る

社内で職場環境を変えられるのであれば、部署異動や出向などを申し出るのも一つの方法です。業務内容が変わることで、仕事へのモチベーションが高まる可能性があります。また、勤務時間などが変化すれば気分も変わり、仕事に行くのがだるいと感じる頻度が減る場合もあるでしょう。自分に合った働き方を見つけるためにも、新しい部署に挑戦してみるのもおすすめです。

改善しないときは転職を考える

仕事を休んでリフレッシュしても「だるい」「辞めたい」と思うときは、転職も視野に入れましょう。ブラック企業やハラスメントなど自分の力では解決できない問題を抱えている場合は、無理に働き続けるよりも転職したほうが有意義な時間を過ごせます。
まず、自分のやりたい仕事や求める環境などを具体的に想像することが大切です。ただし、あまり理想が高すぎると転職の難易度があがることも。絶対に譲れない条件を絞って、優先順位をつけると転職活動がしやすくなります。

「仕事がだるい」と感じ、なかなか改善しない方は、ハタラクティブを利用して転職活動を始めてみませんか。
ハタラクティブは若年層に特化した転職サービスです。プロのアドバイザーがカウンセリングを行い、あなたにピッタリな求人をご紹介します。また、履歴書の添削や面接対策といった転職に関するお悩みも無料でサポート。企業との連絡や日程調整なども代行するので、就業中の方も安心してご利用できます。
この機会にぜひご相談ください。

こんなときどうする?仕事がだるいと感じてしまう人のお悩みQ&A

「仕事がだるい…」と感じてしまい、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。ここでは、想定される仕事がだるい人のお悩みをQ&A方式で解決していきます。

 

仕事がだるいと感じてしまうのはなぜですか?

仕事がだるいと感じてしまう主な原因は、大きく分けて精神的なものと肉体的なものの2つになります。肉体的なものの場合は「肉体労働が体力的にきつい」「残業が常態化している」、精神的なものの場合は「仕事がつまらない」「パワハラを受けている」などの原因が考えられます。詳しくは、このコラムの「仕事がだるいのはなぜ?原因は大きく分けて2つ」をご覧ください。

仕事がだるいと感じるのは主にどのようなときですか?

特に「仕事がだるい」と感じるときは、出勤前や勤務中が挙げられます。出勤前にだるいと感じる場合は「朝起きるのが苦手」「通勤時間がつらい」といった通勤に関する問題、勤務中にだるいと感じる場合は「人間関係が悪い」「仕事が好きになれない」など、業務や職場に問題がある可能性も。このコラムの「「仕事がだるい」と感じる3つのパターン」で詳しく解説しています。

仕事がだるいままだとどのような影響がありますか?

仕事がだるいままだと、モチベーションが低下して業務に支障が出る恐れがあります。たとえば、ミスが増えて職場内での信用を失う、仕事を休みがちになって給料が下がるなどの弊害が考えられます。改善せず悪化してしまうと、プライベートにも影響が出る可能性があるでしょう。詳しくは「モチベーションを上げる7つの方法」をご覧ください。

仕事がだるいときの対処法を教えてください。

仕事がだるいと感じるときの主な対処法としては、「生活リズムを整えて十分な睡眠を取る」「仕事を頑張ったご褒美を設定してモチベーションを上げる」「仕事と割り切り、上司や同僚と一定の距離感を保つ」などが有効です。詳しく知りたい方は、このコラムの「状況別「仕事がだるい」ときの対処法」をご覧ください。

何をしても仕事がだるいと感じてしまう場合はどうすれば良いですか?

きちんと対策をしても「仕事がだるい」が解消されない場合は、職場に自分の力だけでは解決できない問題があったり、自分に合っていない可能性があります。そのような場合は、転職して環境を変えるのも1つの手です。ハタラクティブでは転職の相談に対応しているので、気になる方はこちらからお気軽にご登録ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION