仕事がうまくいかないときはどうする?辞めたい・落ち込む場合の対処法

仕事がうまくいかないときはどうする?辞めたい・落ち込む場合の対処法の画像

この記事のまとめ

  • 仕事がうまくいかない原因は、実力不足や職場の労働環境が悪いことなどが挙げられる
  • 周りと自分を比べたり失敗を過度に恐れたりすると、仕事がうまくいかないと感じやすい
  • 仕事がうまくいかないときは、原因をはっきりさせたうえで対処法を試そう
  • 何をやっても仕事がうまくいかない場合は、転職を視野に入れるのも方法の一つ

仕事上の失敗やミスが続いていたり人間関係が悪かったりすると、何をしてもうまくいかないような気持ちになることもあるでしょう。仕事がうまくいかないときは、原因に合った対処法を知ることが大切です。このコラムでは、仕事がうまくいかない原因やうまくいかないときの特徴、それぞれの対処法を解説。自分の状況や性格と照らし合わせて、今できることを考えてみましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

仕事がうまくいかない7つの原因

仕事がうまくいかないのは、以下のような原因が考えられます。「自分のせい」と思い込むのではなく、うまくいかない原因を明確にしましょう。

1.実力や経験が足りていない

仕事を行うために必要な能力や経験が不足していると、うまくいかない可能性があります。特に新人の場合は、仕事をこなす十分な実力が備わっている段階ではありません。そのため、先輩社員と業務を完了させる時間に差があったり、修正点が多くなってしまったりすることも。入社してまだ日が浅いときは成長段階にいると捉え、失敗やミスをした際は次に活かそうと考えるのが良いでしょう。

2.失敗やミスを振り返っていない

失敗やミスを振り返らずに業務をこなしている場合は、仕事がうまくいかないことがあります。社会人にとって、仕事上の失敗やミスを繰り返さないために工夫することは大切。失敗やミスをしてしまったときは、メモを取ったり先輩や上司へ相談したりしたうえで振り返りを行い、繰り返さないようにしましょう。

3.優先順位をつけていない

優先順位をつけずに仕事を行っている場合は、「納期に間に合わない」「毎日残業をしてしまう」といった状況になるリスクがあります。仕事をするうえでスケジュールを把握して管理することは必要不可欠です。後先考えず行動すれば、仕事が溜まって「うまくいかない」と感じることもあるでしょう。優先すべき業務を後回しにしないよう、タスクの重要度順や緊急度合いを整理して考えるようにしましょう。

自分に合った管理方法を見つけよう

優先順位をつけて仕事を進めるには、自分に合った管理方法を見つけるのがおすすめ。また、ノートやメモに手書きでまとめる方法や、PCでシートを作成して管理する方法など、人によって効率良くタスク整理できる方法や書き方は異なります。自分に適した方法を知るためにも、いくつかの方法を試してみると良いでしょう。

4.職場環境が悪い

「職場の騒音が激しい」「従業員一人ひとりの作業スペースが狭い」など、職場の労働環境が悪ければ、仕事に集中できずうまくいかないこともあります。仕事をするのに十分な労働環境がなければ、集中力やモチベーションの低下を招きかねません。職場の改善したい点がある場合、対策案を持って上司に相談してみることをおすすめします。

5.職場の人間関係が悪い

職場の人間関係が悪いと、「仕事へ行くのが嫌になる」「連携が取りにくい」といった状態になるでしょう。特に、必要なときにコミュニケーションが取れなかったり、パワハラやいじめが横行していたりするといった場合は、仕事に悪影響を及ぼすことが考えられます。職場の状況を改善するためには周囲に頼るのがベターですが、難しい場合には転職を検討するのも一つの手です。

6.集中力が続かない

集中力が続かないと、仕事がうまくいかないことがあります。悩みや心配ごとがある場合、仕事に集中しきれず、ミスしやすくなるでしょう。ミスをしたことに動揺してさらにミスを重ねてしまわないために、「仕事に集中できない原因は?心がけたい3つのこと」のコラムもぜひ参考にしてみてください。

7.自分の適性と合わない仕事を任せられている

自分の適性と合わない業務を任せられている場合、「仕事がうまくいかない」と感じやすいでしょう。他人とコミュニケーションを取るのが苦手なのに接客を任されていたり、事務職希望のはずが営業職に配属されたりするなど、業務内容と適性がマッチしていないと、思うような業績を挙げられないことも。仕事が合わないと感じたら、配置換えの相談や転職を検討する方法をとって、我慢し過ぎないようにしましょう。

特に新人のうちは辛く感じやすい時期があることも

先述したように、新人のうちは仕事をこなす実力が完全に備わっているわけではありません。新人社員である時期は、業務に関することだけでなく、社会人生活の基礎を習得している期間でもあります。失敗から学びを得ようとする姿勢で仕事に取り組むことが重要でしょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

「仕事がうまくいかない」と感じやすくなる7つの特徴

仕事がうまくいかない原因が不明な場合は、自分の性格やメンタル面の特徴を振り返ってみましょう。以下を参考に現在の自分と比較して、思い当たる項目がないか確認してみてください。

1.周囲と自分を比べる

周りの同僚や先輩と比べてネガティブに考えがちだと、仕事がなかなかうまくいかないでしょう。周りと比べてモチベーションを高めるのは良いことですが、「何となく自分のほうが劣っている」「あの人だけ期待されていてずるい」などとマイナス方向へ考えるのは良くありません。仕事よりも人の行動のほうが気になって、業務に集中できない可能性があります。

2.デスク周りが片付いていない

デスク周りの整理整頓が苦手な場合は、必要なものが見つからなかったり、重要な書類を紛失してしまったりするミスをしやすい傾向にあります。大切なものをすぐに取り出せるようデスク周りを整理整頓することで、作業能率が上がるでしょう。

3.失敗を恐れる

「失敗したらどうしよう…」という気持ちが大きく、必要以上に考え込んでしまうと、仕事がうまくいかなくなる可能性があります。失敗するのを避けようと必要以上に考え込んでしまうと、焦る気持ちが生まれてしまうことも。仕事を成功させるためには、失敗ではなく成功するための工夫や対策を実践するのが大切です。

4.完璧主義で理想やこだわりが強い

完璧主義で理想やこだわりが強過ぎると、思うような結果につながらなかったときにひどく落胆してしまうことがあります。仕事をするうえでこだわりを持つのは大切ですが、それにより「仕事がうまくいかない」と感じるなら、理想とするラインを下げて肩の荷を下ろしてみると良いでしょう。

5.面倒なことを後回しにする

面倒なことを後回しにしがちな場合、納期を守れなかったり、周囲にも悪影響を及ぼしてしまったりすることがあります。「この仕事は苦手だから後でやろう」と後回しにしても、いつかはその業務を行わなければなりません。周囲に悪影響を及ぼしてしまうと「やっぱりうまくいかない」とさらに苦手意識は強まる可能性が高いので、優先順位をつけて取り組みましょう。

6.周囲とのコミュニケーションが少ない

同じ職場で働く周囲とコミュニケーションが少ないのも、「仕事がうまくいかない」と感じてしまうときの特徴です。仕事は上司や同僚、後輩などと協力しながら進めていくものなので、周囲とのコミュニケーションが重要なポイントになります。「誰にも頼れない」「どのように声をかけたら良いのかわからない」と自分一人で抱え込んでいると、仕事に支障が出てしまうでしょう。細かい点まで共有漏れやミスがないように、コミュニケーションを積極的に取ることが大切です。コミュニケーション能力を鍛える方法が気になる方は、「コミュニケーション能力とは?スキルを鍛える具体的な方法をご紹介!」のコラムもあわせてご覧ください。

7.NOと言えない

ほかの人の意見や任せられた仕事にNOと言えないと、仕事がうまくいかないと感じる可能性があります。物事を頼まれるとつい引き受けてしまったり、理不尽な言動に何も言えなかったりする場合は、ストレスや疲労を溜め込んでしまうこともあるでしょう。心身の疲労を溜め込むと仕事に集中できなくなるうえ、体調を崩してしまう恐れがあります。自分のタスク状況によっては、物事を断る必要があるでしょう。

仕事がうまくいかないときの7つの対処法

ここでは、仕事がうまくいかないときの7つの対処法をご紹介します。仕事がうまくいかない状況が続くときは、以下の対処法を試してみましょう。

1.うまくいかない原因を洗い出す

まずは、仕事がうまくいかない原因を洗い出してみましょう。ただ仕事がうまくいかないと感じるまま仕事をするより、今後の業務をこなしやすくするためにも、原因を明らかにして対策を講じることが大切です。箇条書きで、うまくいかない原因として考えられる事柄を書き出すのがおすすめ。文字にして可視化することで、自分の状況を客観的に理解できます。

2.誰かに相談する

仕事がうまくいかないと一人で悩んでいるのなら、信頼の置ける友人や職場の同僚、先輩などに相談するのも有効な方法です。誰かに相談することで、自分一人では気づけなかった改善方法にたどり着ける可能性もあります。

3.うまくいったことを考える

先述したように、完璧主義の場合は、理想とするハードルを下げてみましょう。理想のラインに届くまで自分を追い込んだり必要以上にプレッシャーを感じたりすると、焦りや不安を感じやすくなる恐れがあります。自分の理想と結果が違っていても、落ち着いて「うまくいったこと」について考えるのも仕事をするうえでは大切なことです。

4.物事をポジティブに捉える

「どうせうまくいかない」「自分はダメなんだ」といったネガティブ思考を止め、物事をポジティブに捉えましょう。最初からうまくいかないと考えていると、自信のなさが取引先や周囲にまで伝わってしまいます。「きっとうまくいく」「落ち着いてやれば大丈夫」と前向きな気持ちを心掛けるようにしていると、リラックスした状態で仕事に臨めるようになるでしょう。

5.「今は辛い時期」と割り切る

初めて挑戦する仕事や苦手分野の仕事が重なるタイミングなど、仕事がうまくいかないことが重なることもあるでしょう。そのようなときは、「今は辛い時期」と割り切るのも大切です。たとえば、繁忙期にノルマを達成できた一方、閑散期には達成できないのは珍しいことではありません。時期によって目標を細かく設定し直すのも、仕事をうまくこなす方法の一つです。

6.生活リズムを整える

寝不足や疲労から仕事がうまくいかない場合は、生活リズムを整えて睡眠時間を普段よりも多く確保するなどして、体調管理を徹底しましょう。疲れた状態だと仕事に集中できず、注意力の低下からミスを起こしやすくなる可能性があります。自分の健康状態によって適切なケアを行うことも、社会人の基本といえるでしょう。

7.スキルを磨くことに集中する

仕事をするために必要なスキルを磨くことに集中するのも、良い方法です。スキルを磨けば、業務を効率的に進められるようになるため、業績やモチベーションの向上が期待できます。また、自己分析や、周囲に自分の特性や傾向をヒアリングしてみることで、より自分に向いているポジションを見つけられるでしょう。

仕事がうまくいかないときの4つのストレス解消法

仕事がうまくいかないと、ストレスが溜まりやすくなります。ここでは、仕事のストレス解消法を4つご紹介します。

1.気分転換の時間を作る

ストレスが溜まったら、間食やトイレ休憩を挟むのが有効です。ストレスを抱えて仕事をしようとすると集中力が低下しやすいため、思わぬトラブルを招きかねません。たとえば、好きなお菓子やドリンクで一呼吸入れたり、トイレ休憩や深呼吸、ストレッチなどをして、適度に気分転換してみましょう。

2.タスクを整理する

仕事がうまくいかないストレスは、マルチタスクが原因の可能性もあります。やることが多い場合や、どの仕事から手をつければ良いか分からないときは、先述したように、タスクを整理するのがおすすめです。タスクを整理するときは、優先順位を立て、優先度の高いものから順番に並べましょう。そのうえで、いつまでに完了するかを考えてスケジューリングすれば、仕事に取りかかりやすくなります。

3.人の考え方を受け入れてみる

「周囲のせいで仕事がうまくいかない」という考えがある場合は、「そういう考え方・やり方もある」と割り切ってみるのも手です。人によって、仕事の進め方やこだわりは異なります。自分と異なるやり方をする人が気になっても、「仕事だから」と割り切って受け入れると楽になることがあるでしょう。

4.休日は仕事を忘れて楽しむ

仕事がうまくいかないイライラやストレスを、休日に持ち越さないようにしましょう。休日まで仕事のことを考えて心身ともに休まない日が続くと、体調を崩してしまう恐れがあるためです。休日は、仕事から一旦離れて楽しむことやリフレッシュすることに意識を向け、ストレスを発散させるようにしましょう。

毎日のちょっとした時間でできるストレス解消法

休憩中や退勤後など、毎日のちょっとした時間でできるストレス解消法があります。人によってストレス発散になる内容が異なるので、自分が「やりたい」と思えることから試してみましょう。

・美味しいごはんを食べる
・カフェで一息つく
・友人とおしゃべりをする
・休憩中は周りを気にせず仮眠を取る
・公園の緑のなか散歩をする
・趣味(読書、音楽、映画鑑賞、ゲーム、カラオケなど)の時間をとる
・ショッピングを楽しむ
・運動(ジョギングやスイミング、ヨガなど)で汗を流す
・マッサージやエステなどでリフレッシュする
・好きなお笑い芸人を見て思いっきり笑う
・部屋を片付けて居心地の良い空間づくりをする
・夜は早めに就寝する

有給休暇や長期休暇を利用して、好きな場所へ旅行をしてみるのもおすすめです。仕事がうまくいかないときは、自分なりの気分転換法を見つけて上手にリフレッシュしましょう。

ストレスの発散方法をさらに詳しく知りたい方は、「ストレス発散できない人の特徴とは?解消法や予防策も解説!」をチェックしてみてください。

仕事もプライベートもうまくいかないときのNG行動

ここでは、「仕事もプライベートもうまくいかない…」というときにしてしまいがちなNG行動をまとめました。

「自分のせい」だと考える

仕事がうまくいかないときに、「自分に非がないかどうか」を考えて改善策を練るのは良いことですが、「何もかも自分の責任だ」と重く受け止め過ぎてしまうのは避けたほうが良いでしょう。あまりにも思い詰めてしまうと、仕事がうまくいかないばかりか、精神的な負担が大きくなりかねません。失敗を振り返るときは自分を追い込み過ぎず、「どうしたら改善できるのか」を前向きに考えましょう。

すべてを周りのせいにする

仕事がうまくいかない原因を、職場や周りのせいにするのは避けましょう。周囲にミスの原因を押し付けるのは、自分が成長するチャンスを逃してしまいます。「あの人が悪い」と思っても一度立ち止まり、「自分にもできることがあったのでは」と振り返ることが大切です。

仕事のことばかりを考える

プライベートの時間まで仕事のことばかりを考えるのは、避けるのが良いでしょう。どうしても考えそうになるときは、「仕事は仕事」「今はプライベートだから関係ない」と割り切るのをおすすめします。勤務時間とプライベートの時間にメリハリをつけることで、リフレッシュする時間を確保できるため、心に余裕が生まれて仕事がうまくいく可能性があるでしょう。

やけになり暴飲暴食をする

仕事がうまくいかないからといって、暴飲暴食してしまうのも良くありません。普段食べる量以上に食べてしまうと、胃もたれや体調不良を引き起こし、かえって仕事をするのが辛くなる恐れがあります。食事や飲酒は美味しく楽しめる程度にとどめ、やけ食いややけ酒は控えましょう。

仕事がうまくいかず辞めたいときには

ここでは、「何をやっても仕事がうまくいかない」「仕事を辞めたい」と思ったときの対処法をご紹介します。

リフレッシュ休暇を長めに取る

何をやってもうまくいかないときは、一度その仕事から離れてみるのもおすすめです。有給休暇が残っているなら、上司へ長めの休暇を取りたいと相談してみましょう。蓄積した疲労やストレスを解消するためゆっくり休む、旅行の計画を立て思いっきり楽しむ、実家で家族と団らんするなど、自分がリラックスできる過ごし方で休みましょう。

自分を見つめ直す

休暇中は、リフレッシュするだけでなく、自分を見つめ直す良い機会です。心と体を十分に休め、落ち着いたら「今の仕事に適性はあるのか」「これからどうしたいのか」などをじっくり考えてみましょう。

部署異動を申し出る

仕事がうまくいかない状態から抜け出すためには、部署移動をするのもおすすめ。何をやってもうまくいかない場合、仕事の内容が自分に合っていない可能性があります。適性のないまま仕事を続けても、やりがいやモチベーションを保てないことも。自分の適性を知るために自己分析を行い、上司や人事部へ部署異動を申し出てみましょう。自己分析の方法は、「自己分析とは?実施のメリットと就活・転職活動での必要性を解説」を参考にしてみてください。

転職を考える

仕事がうまくいかないときは、転職して新しい環境で心機一転してみるのも方法の一つです。何をしても、仕事がうまくいかないと感じるのは、会社そのものが合っていない恐れがあります。転職する際は、自分の適性を踏まえたうえで、相性の良い会社を探すのがポイント。仕事探しのコツは、仕事の探し方の基本をまとめた「仕事の探し方がわからない人へ!フリーター・新卒・転職など状況別に解説!」のコラムを参考にすると良いでしょう。

転職エージェントの活用もおすすめ

仕事がうまくいかないときは、転職エージェントに頼るのも手。転職エージェントでは、プロのアドバイザーが転職をサポートしてくれます。自分一人の力では見つけられない求人にも出会えるため、「今よりも自分に合った仕事を見つけたい」という方にはおすすめです。

一人での転職活動が不安な方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、20代の就職や転職を希望する方向けに、専任アドバイザーが求人をご紹介。あなたの希望職種や雇用条件、職場の雰囲気まで詳しく聞き取りを行います。さらに、自己分析のサポートや応募書類の添削、面接対策も実施しているので、転職成功率を高められるでしょう。「今の会社ではうまくいかない」「転職して自分に合った仕事に就きたい」という方は、ぜひハタラクティブにご登録ください。

仕事がうまくいかないと感じるときによくあるQ&A

仕事がうまくいかないと感じて、悩んでいる方もいるでしょう。ここでは、仕事がうまくいかないときのお悩みにQ&A方式で回答します。

仕事がうまくいかないのはなぜ?

仕事がうまくいかないのは、経験や実力の不足、劣悪な職場環境、悩みごとにより仕事が手につかないなど、さまざまな原因があります。また、閑散期は売上が伸びにくいように、時期的な要因がある場合も。そのため、必要以上に思い詰めず、仕事がうまくいかない原因を冷静に考えましょう。仕事がうまくいかない原因について詳しく知りたい方は、「仕事ができないのはなぜ?⾟い気持ちの原因や対処法を紹介」もあわせて参考にしてみてください。

30代で仕事がうまくいかないときは転職すべき?

一時的な感情や勢いに任せて転職するのは避けましょう。転職先でも同じ原因で「仕事がうまくいかない」という悩みを抱えることにならないよう、まずは「仕事がうまくいかない」と感じる原因を明らかにすることが大切です。30代の転職については「転職の年齢を徹底検証!年齢別で異なる転職基準とは?」のコラムでも解説しているので、ご一読ください。

仕事がうまくいかないときはどうしたら良い?

仕事がうまくいかないときは、うまくいかない原因を分析する、物事をポジティブに考える、体調管理をするなどの対処法を試すのがおすすめ。なぜ仕事がうまくいかないのか原因を洗い出し、解決に向けて前向きに考えるように心がけましょう。詳しくは、このコラムの「仕事がうまくいかないときの7つの対処法」で解説しています。

退職したくても新人は仕事に慣れるまで耐えるべきですか?

新人はまだ完全にスキルや知識が備わっていない段階であるため、先輩社員や上司よりも「仕事がうまくいかない」と感じることがあります。退職したい理由が自分のスキル不足によるものなのか、労働環境によるものなのかを見極めてから今後の進路を考えましょう。転職に踏み切りたい際は、若年層向け転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。

この記事に関連するタグ