仕事ができない!辛い気持ちを乗り越える方法とは

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事ができない!辛い気持ちを乗り越える方法とは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事ができなくて辛いのは、ミスが多くて叱られたり周りに迷惑をかけてしまうから

    ・仕事ができない原因別に対処法を考えよう

    ・仕事ができない辛さを乗り越えるには、他人との比較や失敗への恐怖、完璧主義を捨てよう

    ・仕事ができないと感じるのは、仕事が向いていないからかもしれない。そんな人は転職を考えてみては?

仕事が難しかったり、ミスが続いてしまったりすると、自分は仕事ができないと感じ落ち込んでしまう方がいるのではないでしょうか。「仕事ができなくて辛い」と感じ始めると、プレッシャーから大きなストレスにもつながります。

今回は、「仕事ができなくて辛い」と感じる原因と対策についてまとめてみました。

 

◆仕事ができなくて辛い…原因とは?

仕事ができないと辛い思いをしやすく、ストレスを抱え込んでしまう方も多いといえます。

辛いと感じる原因の例として「仕事が終わらず時間がかかること」や「周囲の人に迷惑をかけてしまいやすいこと」などが挙げられます。

仕事をうまく進めることができないと、決められた時間内に仕事を終えることができず、拘束時間が長くなってしまうことも考えられます。

 

また、仕事ができなければやり方を教わったり、失敗したときには助けてもらったりと、なにかと周囲の人の力を借りる機会が増えるでしょう。

仕事の進め方を理解することに時間がかかったり、ミスが続いてしまったりすると、「周囲に迷惑をかけてしまっている」とプレッシャーを感じやすくなる場合もあるようです。

数回のミスであれば、優しく指導を行ってくれていた上司であっても、仕事ができずにミスが続いてしまうと叱られる機会も増えるかもしれません。



◆負のループから抜け出したい!原因別の対処法を考えてみよう

できない仕事を克服するためには、仕事を進めていく上で表れる自身の弱点を分析してみることも1つの方法といえます。

できない仕事が多く、ミスが重なってしまう場合は、効率よく仕事を進めることができていないことなども考えられます。仕事を進める際にはまず、行うべき業務の内容をすべて確認した上で、優先順位を付けることも大切です。

まずは、自分が進めやすい仕事はスピードを重視しながらこなし、残った時間でできない仕事や難しい仕事に取り掛かると効率よく仕事を進めやすいといえるでしょう。

また、ケアレスミスが多い場合は、ミスの内容を把握した上で、自身が間違いやすい部分はどこなのかを考えることが大切です。

ケアレスミスは、仕事への集中力が低下している際にも起こりやすいといえます。ミスなく仕事を進めるためには、休息を適度にはさみながらリフレッシュを行い、仕事への集中力を切らさない工夫を行うことも大切です。


◆辛い気持ちを乗り切る思考法

<人と自分の能力を比べない>

スキルが十分な先輩と自分の力不足を比べ、「自分はできないやつだ」と判断してはいけません。同じように、できる同期と自分を比べるのもNG。

人との比較がモチベーションになる方は別ですが、人と比べて劣等感を抱え込む性格の人は「自分自身の成長や進歩」に目を向けて仕事に取り組むよう心がけましょう。できる同期には追いつけなくても、1ヶ月前の自分よりスキルが伸びたと感じる点があればそれは確かな成果です。

人の成績を見て一喜一憂するのではなく、自分の仕事と真剣に向き合って毎日を過ごした方が、確実な自己成長につながるのではないでしょうか。

 

<失敗を成長の「糧」と考える>

ミスが多く落ち込んでいる方は、誰にでも失敗はあるということを今一度意識してみましょう。ミスをした後に重要なのは、失敗の理由を分析し、再発防止の策を練ることです。

ミスから多くを学ぶ姿勢を持っていれば、失敗経験も決して無駄にはなりません。仕事を続けているうちに、失敗から得た事柄が生きてくる瞬間がきっと訪れるでしょう。

 

<完璧主義にならない>

完璧主義の人はちょっとした失敗で挫折しやすく、少し計画が狂うと立て直しに手間取る傾向があります。

完璧主義は仕事に対してストイックな姿勢であるように見えますが、その反面で柔軟性に欠け、理想と現実のギャップに失望しやすいという欠点があります。

自分は完璧主義かもしれないと思う人は、たとえ目標を達成できなくても自己嫌悪に陥らず、また次の目標を設定すれば良いのだと考えましょう。

仕事の状況や自分の気持ちはその時々で変化するものです。高すぎる理想は自分を縛ってしまう可能性があるため、「10のうち7か8できればい良い」という意識を持つことも大切です。


◆向いていないのかも…転職を考えてみるのも解決策

仕事を効率よく進める工夫を行いながら、周囲のアドバイスを得つつできない仕事に向き合っても、失敗が改善されないこともあるようです。

この場合、仕事ができない原因は「自分の持つ能力と仕事の相性が良くない」ことも考えられます。

そんなときには思い切って転職をしてみるのも1つの方法といえるでしょう。

転職をする際には、企業に入社後、仕事と能力が合わないことに関して悩まないためにも、転職活動を進める上で希望企業との仕事マッチングを行っておくことが大切です。

 

 

「自分の持つ能力と仕事との相性なんて分からない」という場合は、転職エージェントを利用することも1つの方法。

転職エージェントとは、仕事を提案するだけではなく、書類作成から面談の対策まで、転職のステップに合わせてさまざまなサポートを行います。

ハタラクティブは、既卒、第二新卒、フリーターなどの若年層に向けた就職活動支援サービスを行っており、経験豊富な就活アドバイザーがマンツーマンであなたの転職のお悩みに向き合います。すべてのサービスは無料で利用できるので、ぜひお気軽にご相談ください!


関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ