会社に行くのがつらいときの原因と対策法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 会社に行くのがつらいときの原因と対策法

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・会社がつらいときの悩みは人それぞれなものの、1人で思い悩むのでなく、改善策を考えることが必要
    ・つらさの程度によって、気分転換によって改善できたり、医療機関への相談で対処できることもある
    ・転職エージェントを活用すれば、若年層での転職も可能性大

会社に行くのがつらいときは、多くの人にやって来ます。つらい気持ちに耐えてばかりいると、ストレスやプレッシャーにつぶされてしまいそうになるのが問題です。会社がつらいと感じたら、すぐにでも何らかの対処をすることが大切。休暇を取ったり、医療機関に相談したり、職場の環境を変えてみるのも一案です。転職という選択肢も踏まえて、会社がつらいときの対処法について紹介します。

◆会社に行くのがつらい…

会社に行くのがつらい、その気持ちが高まってしまうと、仕事に失敗したり、人間関係にも支障が生じたりしてきます。その原因がどこにあるのかについて、まずは探っていきましょう。

・精神的なプレッシャーやストレスが原因

会社に行くのがつらいという気持ちが生じるのは、何らかのストレスやプレッシャーに悩まされているときです。
そのストレスやプレッシャーの原因は、人それぞれ。問題なのは、プレッシャーやストレスを感じているにもかかわらず、それを自分で認められないことにもあります。
プレッシャーやストレスに負けてはならないと、感じていない振りをするようになると、知らない間に心身に負担が積もってきます。

・悩みは人によって違う

仕事に対する悩みは、千差万別です。同じように見える悩みでも、人によって微妙に異なるもの。
それは感じ方の違いでもあり、状況の違いでもあるでしょう。

代表的な仕事に対する悩みには、仕事の失敗や人間関係の難しさがあります。
いずれにしても、対策法は身近にあるにもかかわらず、悩みを深めてしまう人がいるのは、これらがいかに身近な問題かという点に関係しています。

・つらい気持ちが続くようなら、改善する方法を考えましょう

つらい気持ちを我慢によって乗り越えていこうとするのは、避けたいことです。会社は、1人の組織ではなく、仕事に関係する問題は周囲の人と共に解決していくことが必要となります。
より良く改善していくためには、必要に応じて周囲を巻き込みながら、改善方法を模索しましょう。


◆会社がつらい気持ちへの対策法

会社がつらいとばかり思って落ち込み続けているのでは、何の進歩もなく、自分の時間も勿体ないところ。つらい気持ちを改善できるように対策できることについて、紹介していきます。

・つらいという気持ちが軽度な場合や、一時的な場合

つらい気持ちが、まだ軽度であったり、一時的であったりする場合は、モチベーションを高める工夫が功を奏します。有給休暇は、このようなときのためにあるようなものです。
思い切って有給休暇を取得して、リラックスを図るのも対策法の1つ。

遠くに旅行に出掛けなくても、ゆっくり睡眠をとる、いつもは行けない場所にお出掛けするなどといったことでも、気分転換となります。

・つらい気持ちがずっと続く場合

つらい気持ちが長く続いているとき、もう会社に行くのもつらいというときには、医療機関に相談してみるのもよい方法です。
最近では、会社がつらくて医療機関に通うという人も増えているため、相談に乗ってくれる体制が整っているはずです。
必要があれば、休職の相談を上司にしてみることも視野に入れておきましょう。
会社内に、気持ちの相談ができる医師が常駐、あるいは訪問してくる制度を利用できることもあります。

・職場の環境や業務内容が原因である場合

職場環境や業務内容が、つらい気持ちの原因となっている場合は、これらのストレスの原因から距離を置く検討をしてみるのもよいでしょう。
たとえば異動や転職など、もう一度環境を変えることも対策となります。


◆「仕事を辞められない」と思い詰めないで

会社に行くのがつらいと思い詰めてしまう人は、今の仕事を辞められないという責任感が強い人でしょう。あるいは、何かに縛り付けられているような心理状況に陥ってしまっている可能性もあります。
実は、仕事を辞められないというのは、単なる思い込みかもしれません。
一時的にキャリアなどに影響が出る可能性があるとしても、逆に、転職をすることによってさらなるキャリアアップを図れる場合もあります。

・経験の浅い20代は無理をしがち

20代での転職に、ためらいを感じる人もいます。経験が浅いうちに転職しようとすることで、根気がないのではないかと判断されそうな心配が出てくるのです。
それが無理をさせることにつながり、思い詰めてしまうというケースがみられます。
実際には、20代で転職をして、成功をつかむ人もいます。転職先でも、若い世代を育成したいと20代の人材を求めているケースが多々あるため、悲観しないようにしましょう。

・転職は不可能じゃない

経験者採用に限らず、第二新卒のポテンシャル採用にチャレンジしてみる方法も有望です。
キャリアが浅くても、ポテンシャルを見込まれて新卒同等の採用をされる可能性もあります。
転職が無理だと、自分で決めつけてしまうのは惜しい話です。

・ハタラクティブでは若年層の就職、転職をしっかりサポート

ハタラクティブでは、若年層の就職や転職にも対応しています。
サポートが万全な転職エージェントを利用すると、自分では気付かなかったポテンシャルやキャリアを知ることができ、最適な転職先や就職先を見つけられます。会社に行くのがつらくて悩んでいる方は、ぜひ一度ご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ