仕事から逃げるのは、いけないこと?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事のミスや多すぎる残業、業務量など、仕事から逃げたくなる原因はさまざま
    ・原因を追求する、改善策を実行する、楽しみを用意するなどの対策をとろう
    ・悩みが解決しないようなら、転職を検討するのも1つの手

働いていると、「仕事から逃げたい」と思ったことがある人は多いのではないでしょうか。
仕事から逃げたくなったときは、自分が置かれている状況を見つめ直し、対処法を考える必要があります。
今回は、仕事から逃げたくなる原因やその対策について解説しているので、悩みを抱えている方は参考にしてください。

◆仕事から逃げることを考える原因

仕事から逃げ出したくなる主な原因として、以下のような項目が考えられます。

・仕事上のミスやトラブルが発生した
・業務量が多すぎる
・残業や休日出勤が多い
・仕事上のプレッシャーが強い
・上司や同僚との人間関係に問題がある
・仕事にやりがいを見出だせない

人によってさまざまですが、これらの要因がいくつか重なって精神的に疲れてしまうというパターンが多いようです。
仕事から逃げたくなってしまったときは、そのままにせず一度自分が置かれている状況と向き合ってみましょう。


◆仕事から逃げたくなったときの対処法

仕事から逃げたいという気持ちが強くなったら、解消のために対策をとる必要があります。
我慢しすぎると、ストレスになって仕事や生活に支障を来してしまうかもしれません。
下記に主な対処法をまとめたので、悩んでいる方は試してみてください。

【逃げたい原因を洗い出して分析する】

逃げたいという気持ちを和らげるなら、一度冷静になって原因を追求してみることが大切です。
漠然としたストレスを抱えたままだと、不安は余計に増してしまうもの。
なぜ「逃げたい」と思っているかを洗い出し、それが短期的なものか長期的なものなのかを分析してみましょう。
もし一過性のものだった場合は、頑張って現職を続けてみても良いかもしれません。

【具体的な改善策を考えて実行する】

原因がわかっても、現状を変えるために何らかのアクションを起こさないままでは解決に向かいません。
もし仕事上のミスやトラブルが原因だった場合はその対策、業務量なら作業の分散や効率化、休暇取得、配置転換の相談など、現状と照らし合わせて具体的な改善策を打ち出し、実行に移してみましょう。

【ごほうびを設定する】

仕事が終わった後に楽しみがあるかどうかで、モチベーションが違ってきます。
たとえば、仕事の後に外食に行く、好きなスイーツを買う、有休を取るなど、うれしくなるようなごほうびを用意してみましょう。
モチベーションを継続するには、仕事の後にリフレッシュの時間を設けることが大切です。


◆限界を感じる前に転職を検討しよう

対処法をいくつか紹介しましたが、無理に頑張り続ける必要はありません。
悩みの原因が慢性的で、自分の力では解決できない、体力的にも精神的にも辛いという場合は、転職して環境を変えることを視野に入れても良いのではないでしょうか。
転職には不安も伴うかもしれませんが、少なくとも今の悩みからは解放され、精神的な負担は軽減されるでしょう。
ただし、転職先でも悩みを抱え続けるようでは意味がありません。
離職を繰り返さないために、自分の適性や条件にマッチする仕事を見つけることが大切です。
自分に合った職場を見つけて現状を改善したいなら、エージェントに相談してみませんか?
ハタラクティブでは、専属のアドバイザーがあなたの適性や希望に合わせてお仕事をマッチングします。
実際に取材した信頼できる企業の求人のみを紹介し、仕事内容の詳細や社風を事前にお伝えするので、ミスマッチで悩む心配もありません。
仕事から逃げたい…と悩んでいる方は、一度ハタラクティブにお問い合わせください。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ