仕事が辛い!辞めたい事情と対策色々

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事を辞めたい理由は、やりがいのなさや人間関係のストレス、ノルマのプレッシャーなど
  • ・辛い仕事を解決するには、周囲への相談や業務の効率化が有効
  • ・苦手な人間関係には、自分から働きかけること!
  • ・辞めたい人は今の仕事の辛い点を明確にして、転職に求める優先順位を決めよう

明日も明後日も、これからずっと辛い仕事のために会社に通わなければならない…
そんな風に考えながら、毎日家を出る生活はもう終わりにしませんか?辛い仕事を続けるのは心身への負担が大きく、デメリットしかありません。
コラムを読んで、今の状況を変えるヒントを手に入れましょう!

◆仕事を辞めたい理由は何?

辛い仕事を続けていても、業務の効率は上がらず、やりがいが感じられないばかりか心身の不調を招いてしまうことがあります。就職・転職したばかりという方は、業務内容や職場の雰囲気に慣れるまである程度の辛抱が必要ですが、長期的に辛さを感じ続けているという人は要注意。

心や体が辛い状況のまま、長期にわたって仕事を続けることができるでしょうか?

実際には、将来に渡って辛い仕事を続けるのは現実的ではないため、できるだけ早い段階で仕事の辛さや辞めたい原因を突き止めて、対策を練る必要があります。

仕事が辛い理由は人によって様々ですが、ここではいくつかの例をご紹介していきます。

・業務内容が合わず、やりがいがない
・お金のためだけの仕事が嫌になってきた
・周囲と比べて仕事の出来が悪いと感じる
・残業の長さが辛い
・職場の人間関係がストレス
・職場の雰囲気が悪い
・職場の風土と合わない
・顧客からのクレーム対応に疲れた
・パワーハラスメント、セクシュアルハラスメントを受けている
・怒られてばかりいる
・大きな失敗をして立ち直れない
・勤め先がブラック企業である
・能力や職務に対して給与が少なすぎる
・責任の大きな仕事に日々プレッシャーを感じる
・ノルマがきつい
・業務がルーティンでスキルが身につかない
・今の職場ではキャリアアップが見込めない
・年功序列に不満を感じている

◆「辛い」の解決策を考えよう!

仕事が辛い背景には、様々な理由が存在することがわかりました。ここからは辛さを乗り越える解決策を提案していくので、「これは使えるかもしれない!」というヒントや考え方を見つけてみてください。

【まわりの人に相談してみる】

自分一人で悩んでいると、思考がどんどんネガティブになって新しい発想を導くのが難しくなります。そこで、もし周囲に信頼できる人がいるのなら、悩みを相談して第三者視点でのアドバイスを貰うのがおすすめ。
勤め先がいわゆる「ブラック企業」であると感じるなら、同じ業界・職種の知り合いに労働環境を尋ねることで、自分が置かれた状況がどの程度のものなのか判断できます。
パワーハラスメント等の被害に遭っているなら、会社に設置されている相談窓口や、各都道府県の労働局が設置している相談コーナーを訪ねるのが有効。厚生労働省では、心身の健康相談を受け付けるフリーダイヤルを実施しているので、そのようなサービスを利用するのも良いでしょう。
残業が長時間に及んでいる人は、上司に頼んで仕事の割り振りを見直してもらうという手があります。現在の部署の業務が自分に向いていないという人は、思い切って部署異動を申し出るという方法もあるので、一度上司に相談を持ちかけてみてはいかがでしょうか。

【自分から働きかける】 

辛い状況を改善するためには誰かに頼るのも大切ですが、自から行動すると事態が好転することがあります。
特に人間関係においては、苦手な人に対して自分から積極的にコミュニケーションをとることで相手が心をひらいてくれたり、誤解が解消されるケースがあるので、相手頼みではない自分からの働きかけを意識してみてください。

【業務のやり方を見直す】

残業時間が長くて仕事が辛いという方は、上司への相談と同時に、一度業務の流れを見直してみるのがおすすめ。一日のスケジュールや時間配分、仕事の優先順位を振り返り、効率化できるポイントがないか探ってみてはどうでしょう。さらに仕事の早い先輩や同僚にアドバイスを求めると、新しい視野が開けてくるかもしれません。
仕事のミスが続いて悩んでいるという人は、ビジネスマナーの基本である「報告・連絡・相談(通称ホウレンソウ)」を徹底することで、失敗を減らすことができるでしょう。また、仕事のミスで落ち込んで辛い時、失敗した自分を責めるのではなく、ミスの原因を分析して次に活かす姿勢を持つようにしましょう。失敗について適切に反省することで、辛いと感じる状況が後々仕事の糧になっていきます。

◆それでも辞めたいと思ったら

「できる限り手は尽くしたけど、仕事の辛さは変わらなかった…」
そんな方は、転職活動を成功させて新しい環境での再スタートを切りませんか?
仕事が辛いと感じている人の転職活動のポイントは、「今の仕事のどこが辛いのか」を明確にして仕事選びに活かすことです。例えば、長時間の残業が辛い人は残業の少ない職場、売り上げのノルマが辛い人はノルマのない職種を探すのが転職活動の軸となります。転職では今の状況をしっかり分析して、次こそは自分の理想とする環境を手に入れましょう。

初めての転職活動が不安、もしくは、一度転職に失敗しているという方は、ハタラクティブを利用してみませんか?
ハタラクティブは正社員を目指す高卒や既卒、第二新卒などの若年層に特化した就職・転職支援サービスで、社会人経験が少ない・全くないという方のお仕事探しを強力にサポートしています。
就活アドバイザーが1対1のカウンセリングを行い、転職活動に必要なスキルの棚卸や自己分析をお手伝い。求職者の希望や適性に合わせて、実際に取材を行った企業の正社員求人をご紹介します。
今の仕事や転職に悩んでいるなら、まずはハタラクティブまでご相談ください!

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ