仕事がつまらないときの対処法は?NG行動と楽しむコツ

仕事がつまらないときの対処法は?NG行動と楽しむコツの画像

この記事のまとめ

  • 仕事がつまらない原因は、やりたい仕事ではないことや評価されていないことなど
  • 仕事がつまらないときは、目標設定や周囲の人に相談してみよう
  • 仕事がつまらないときに、愚痴をこぼしたり仕事をさぼったりするのはNG

仕事がつまらないときはモチベーションも上がらず、通勤や人間関係が億劫になるなどして「転職したい」と考えるようになることもあるでしょう。このコラムでは、仕事をつまらないと感じる理由とその対処法を解説します。また、仕事がつまらないと感じても避けるべき行動も紹介しているので、参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

仕事がつまらないときの8つの理由

仕事がつまらないときにはさまざまな理由があります。ここでは主なものを8つご紹介いたします。

1.やりたい仕事ができてない

やりたいことを諦めて始めた仕事やとりあえず就職した職場だと、最初からモチベーションが低い状態であることが予想されます。また、やりたい仕事ができると考え入社した職場でも、それが叶わないこともあるでしょう。そうなると理想と現実のギャップが大きくなっていきます。状況はさまざまですが、やりたい仕事ができていないと、だんだんとつまらなく感じるようになるでしょう。

2.仕事が難しすぎるもしくは簡単すぎる

あまりに難しい仕事を任された場合、自分自身でこなせる容量を超えてしまい、疲弊する可能性が高くなります。この場合は、やりがいを感じるよりも、仕事が辛くなったりつまらなくなったりするでしょう。
反対に簡単すぎる仕事の場合も、やりがいや成長を感じられずにつまらないと感じる可能性が高いといえます。単純作業やルーチンワークは同じ作業を繰り返すため、目標や達成感を抱きにくく「つまらない」と感じてしまう可能性が高いといえます。

3.評価されていないと感じる

自分の努力や能力が正当に評価されていない、評価されないためにやりたいことをやらせてもらえない状況では、やる気がなくなるものです。そのため、仕事がつまらないときが多くなるといえます。

4.人間関係がうまくいっていない

業務自体は上手くいっていても、職場の人間関係が悪いと精神的に悪影響を及ぼすでしょう。職場にギスギスした人間関係があったり、自分が巻き込まれたりしてしまうと、職場の雰囲気が悪くなり、業務に影響を及ぼして仕事がつまらなくなってしまうことも考えられます。

5.勤務環境が良くない

仕事内容に見合った賃金を得られない、残業が多い、休日が少ないなど、労働条件や勤務環境に関する不満も、仕事をつまらないと感じる要因になり得ます。

未経験OK多数!求人を見てみる

仕事がつまらないときの対処法9選

仕事がつまらないと感じたときの対処法は人それぞれです。ここでは、主な対処法を9つご紹介します。

1.自己分析をする

ひとくちに仕事といっても、業務内容はさまざまです。つまらないと感じるものだけではなく、「この業務は楽しい」と思えるものもあるでしょう。業務が楽しいか、それともつまらないかを洗い出すためには、自己分析がおすすめです。仕事がつまらない理由、つまらないと思える業務、楽しいと感じる業務など、細かく紙に書き出してみましょう。自己分析については「自己分析のやり方が知りたい!ノートを使った簡単でおすすめの方法をご紹介」にも書いてあるので、参考になさってください。

2.自分なりの目標を決める

仕事がつまらないと感じたら、自分なりの目標を設定してみましょう。毎日の目標があれば、それを目指して集中でき、達成した時には充実感もあるはず。特に、ルーチンワークや単純作業がつまらないと感じる時は、この方法をおすすめします。

3.周囲の人に相談する

上司や人事に相談することで、配置換えなどの対応をしてもらえる可能性があります。自己分析で「面白いと感じる仕事」「得意と思える仕事」「苦手な仕事」などを洗い出し、具体的に伝えるのがポイント。企業はモチベーションを持ち、生産性のある業務を行う社員を求めているため、生産性が下がっていることを伝えれば悩みが解消される可能性は高いといえます。
また、先輩や同僚に相談することで、共感を得たり対処法を教えてもらったりできることも。ただし、安易に伝えるとネガティブな情報が流れてしまう可能性があるため、信頼できる人に相談することが大切です。

4.スキルアップを目指して勉強する

今の仕事がつまらないと感じるなら、スキルアップやキャリアアップを目指しても良いでしょう。
資格の勉強をすることで毎日が充実すれば、仕事のモチベーションアップにも期待できます。業務に関する資格であれば勉強したことは役立ちますし、資格取得により転職という手段も選択肢として出てくるでしょう。

5.副業を始める

もともと自分が得意であることや、勉強してスキルアップしたことを活用して副業を始めるのも1つの方法です。2017年に「働き方改革実行計画(概要)」が出され、その中で副業・兼業の推進に向けたガイドライン等の策定がうたわれています。
会社の就業規則を確認して、副業がOKであればチャレンジしてみるのもよいでしょう。副業には、収入を増やせるというメリットもあります。副業に関しては、「副業をする会社員が注意したいこと」でも詳しく紹介していますので、参考にしてください。

参照元
厚生労働省
「働き方改革」の実現に向けて

6.プライベートを充実させる

どうしても仕事がつまらなければ、諦めてプライベートを充実させるという方法も。仕事は仕事と割り切り、好きな趣味やスポーツに打ち込んでプライベートを楽しむのも良いでしょう。プライベートを充実させることでストレスが解消されれば、仕事のやる気が戻る可能性もあります。

仕事がつまらないときのNG行動3選

仕事がつまらないときに、ついつい周りに愚痴をこぼしたことがある方もいるでしょう。しかし、愚痴を言うことはあまりおすすめできないNG行動です。それ以外にもNG行動がいくつかあるのでご紹介します。

1.周囲に愚痴を言う

仕事がつまらないことへの愚痴や不平不満を周囲に言い続けることは避けた方がいいでしょう。気持ちは晴れるかもしれませんが、あくまでも一時的なものです。愚痴を言っても仕事内容が変わることはなく、むしろ愚痴を聞かされた相手にマイナスイメージを持たれる可能性も。人間関係にも良くない影響を与えてしまい、その結果、ますます仕事がつまらなくなるという悪循環におちいる可能性があります。

2.仕事の手を抜く

無断で休んだり、ダラダラとした態度で仕事をしたりするのも良くありません。休みたいときは、休暇届けを出してしっかり休むことが大切。そうすることで、気持ちがリフレッシュしますし、つまらなさ脱却のヒントを得られる可能性もあります。
無断欠勤は同僚に迷惑をかける上に、上司からの評価もマイナスになります。上司からの評価がマイナスになれば異動や賃金にも影響が出ることに。その結果、ますます仕事がつまらなくなる可能性が高まります。
無断欠勤のリスクについては、「無断欠勤をしてしまった時の対処法」にも記載しているので、あわせて読んでみてください。

3.無理してポジティブになる

無理してポジティブになろうとすると、自分の気持ちと行動が離れることになり、心身に大きなストレスを与えます。就業に支障を及ぼすこともあるため、無理をせず自然体でいることが大切です。

「仕事がつまらない」を理由に転職するときの注意点

仕事がつまらないという理由で転職を考えているなら、原因をしっかり突き止めることが大切です。また、今の仕事で改善を試みるなど、安易に転職しないこともポイント。気軽に転職してしまうと、原因が改善されていないため短期離職につながってしまいます。

安易に転職をしない

「今の仕事がつまらないから転職する」など、具体的な理由や目標もなく安易に転職するのは避けるべき。転職する前に、今の仕事で改善を試みましょう。自分の意識を変えたり、上司に相談したりと出来ることはあるはずです。それを行っても改善されなければ、職場や仕事内容が合っていないことが考えられるため、転職を検討しましょう。

転職ですべて解決しない可能性もある

転職しても、根本的な原因を解決しないと再び「つまらない」と感じる可能性があります。転職直後は新しい仕事内容や環境も相まって意欲的に取り組めても、慣れてくると「つまらない」と感じてふたたび転職をする…ということも。仕事がつまらないことが原因で転職を考えているなら、「なぜつまらないのか」を理論的に捉えることが大切です。

転職を考えているならプロに相談しよう

退職後の転職活動には経済面での不安があるので、在職中に次の転職先を決めるのがおすすめです。仕事をしながらの転職活動は時間の制約があり難しいと感じるなら、プロの意見を聞いてみるのも良いでしょう。

ハタラクティブなら、企業との連絡代行や面接日程の調整、あなたに合わせた求人のご紹介など、仕事を続けながらでも転職活動ができるようにサポートします。登録、ご利用は無料なので、ぜひお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ