サービス業とは

サービス業は、日本標準産業分類のひとつで、品物ではなく形にないもの(サービス)を提供する業務のことを指します。

「サービス業とは何?」と聞かれたら、接客業を思い出す人も多いかもしれません。しかし、サービス業は接客業よりさらに広い意味で使われているようです。

サービス業は、個人や企業が求めるサービスを提供することで対価を得て、利益を上げていきます。

イメージしやすいものであれば、レストランなどの飲食業や旅館やホテルなどの宿泊業などが挙げられるでしょう。

そのほかにも、人に癒やしを提供するリラグゼーションサービスや、人と企業を繋ぐ人材サービス、ブライダルサービス、自動車整備業、広告業なども含まれるようです。

【サービス業の仕事】

次に、サービス業にあたる仕事の例として3つご紹介していきます。

・ホテルスタッフ

ホテルスタッフは、主にお客さまに対して様々なサービスを提供します。

主にフロントやコンシェルジュ、ドアマン、ベルパーソンなど担当業務が分かれており、チームワークを活かして業務を行います。

ホテルでは、お客さまの大切な時間を快適に過ごしてもらうためにサービス提供を行うのが目的です。

特に資格などは必要ではありませんが、マナーや礼儀作法を身につける必要があるでしょう。

・人材サービス

人材サービスは、仕事を探している人と採用したい企業を結びつけるビジネスを指します。

人材派遣事業に限らず、求人広告事業、職種紹介事業、アウトソーシングなど、自社で展開できることが特徴です。

コンサルタントとして働く場合は、クライアントの重要な情報に関わるため、強い責任感とタフな精神力も必要となるでしょう。

・自動車整備業

自動車整備業では、主に自動車の修理やメンテナンスを行います。

主に国家資格が必要な自動車整備士が活躍されています。

仕事内容としては、大きく分けて点検整備、緊急整備、分解整備(オーバーホール)などが挙げられます。

【サービス業の分類】

サービス業は、技術サービスや生活関連サービス、娯楽業、複合サービス業、専門サービス業、情報・広告業などに分けられます。

主なサービス業をそれぞれ分けてご紹介いたします。

<技術サービス業>

・機械設計業

・計測業

・獣医業 など

<生活関連サービス>

・冠婚葬祭

・理容、美容業

・洗濯

・浴場

・旅行業 など

<娯楽業>

・スポーツ施設提供業

・公園、遊園地

・映画館

・競輪場 など

<複合サービス>

・協同組合

・郵便局 など

<専門サービス業>

・税理士事務所

・法律事務所 など

<情報・広告業>

・情報サービス業

・興行業

・広告業 など

「サービス」とは、もともと第一次産業、第二次産業の後に生まれた第三次産業を指すものとして使われてきたため、サービス業の捉え方は様々で一律の定義は存在していません。そのため、サービス業に含まれる職種や業界は多岐にわたっています。

今後、日本のような経済大国では、消費者が求めるサービスもさらに多種多様になると考えられるでしょう。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

関連記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

19卒乗り遅れた

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ