広告代理店の年収は高い?具体的な仕事内容や転職するメリットなどを解説!

広告代理店の年収は高い?具体的な仕事内容や転職するメリットなどを解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・広告代理店を含む業界内の平均年収は約518万円
  • ・広告代理店が高収入といわれる理由は大手企業数社の年収が高いから
  • ・広告代理店の仕事内容は大きく分けて「営業」と「プランナー」の2種類
  • ・広告代理店に転職したからといって年収アップするとは限らない
  • ・広告代理店に転職するには自己分析をして応募企業に合った面接対策を行う

広告代理店への転職を考える際、業界の平均年収はいくらか疑問に思う人もいるでしょう。また、広告代理店へ転職する際のメリット・デメリットを知りたい方もいるのではないでしょうか。広告代理店の年収は、日本の平均年収よりやや高めといわれています。
このコラムでは、広告代理店が高年収といわれる理由や、仕事内容を詳しく解説。転職活動のコツについてもまとめているので参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

広告代理店の平均年収

広告代理店を含む学術研究、専門・技術サービス業の平均年収は約518万円です。これは国税庁が発表した、「令和元年分民間給与実態統計調査(業種別の平均給与)18p」のデータをもとにしています。ただし、広告代理店の規模や年齢によって年収は異なるため、平均年収と同じ金額を必ず受け取れるとは言い切れません。広告代理店以外にも比較的高収入といわれている職種を知りたい方は、「高収入の仕事に転職するには?高収入業界・職種の傾向」のコラムで紹介しているのでご参照ください。

広告代理店の年収は日本の平均年収よりやや高め

国税庁の「令和元年分民間給与実態統計調査(2平均給与)13p」によると、日本人全体の平均年収は男女合わせて約436万円でした。上述した業界別の平均年収を見てみると、広告代理店を含む学術研究、専門・技術サービス業の平均年収は、特別多いわけではなく日本人全体の平均年収よりもやや高めといえます。

広告代理店が高年収といわれている理由

広告代理店が高年収といわれるのは、大手企業数社の年収が高いことが理由だと考えられます。しかし、広告代理店の多くは中小企業で、年収は大手の広告代理店よりも低い傾向にあるのも事実です。業界ごとの平均年収は、転職の際の一つの目安として参考にすると良いでしょう。

広告業界の筆頭はインターネット広告代理店へ
近年、インターネット広告代理店が増加しています。インターネット広告代理店は、リスティング広告やSNS広告を制作し、商品の販売やプロモーションを行う会社です。大手の広告代理店に比べると年収は低い傾向に。しかし、インターネット利用者が多いことから、今後さらに増加・拡大する分野といえるでしょう。

広告代理店の主な仕事内容

広告代理店の職種は主に、「営業」と「プランナー」の2種類です。営業の仕事では企業へ足を運び、広告を出すときに自社を利用してもらえるよう提案し、担当者との良好な関係作りを目指します。また、広告制作時のサポートやスケジュール管理を行うのも営業の仕事です。
一方プランナーは、広告の制作を担当します。効果の高い広告になるよう企画し予算を算出したり、媒体ごとの特色を踏まえて実際に制作したりするのが仕事です。また、必要に応じてCM制作会社やイベント制作会社などへ依頼し、広告を完成させます。
広告代理店の業務形態は大きく分けて、「総合広告代理店」「専門広告代理店」「ハウスエージェンシー」の3つです。以下で詳しく解説します。

総合広告代理店

総合広告代理店では依頼主の要望に応えるために、新聞や雑誌のほかテレビやラジオ、インターネットなどさまざまな媒体を利用した広告を制作します。また、豊富な経験と実績がある総合広告代理店は、依頼主からの要望を聞くだけではありません。「どのような広告がより効果的か」を依頼主に提案し、企画から制作までを総合的に行います。依頼主が希望する広告内容に合った媒体を選択、または同時に複数の媒体を連動させた広告を展開できるのが総合広告代理店の特徴です。
なお、総合広告代理店は自社の広告媒体をもっていません。

専門広告代理店

専門広告代理店はテレビや雑誌、インターネットなどの媒体に自社の広告枠をもっているので、それを販売するために営業を積極的に行うのが特徴です。専門広告代理店は、一つの媒体に特化した広告制作を得意としています。そのため、総合広告代理店のような複数の媒体を連動させた広告展開や、広告の総合プロデュースを任される機会は少ないでしょう。

ハウスエージェンシー

ハウスエージェンシーとは、特定の企業の広告を専属で制作する広告代理店を指します。企業の広告宣伝部から、ハウスエージェンシーとして独立・分社しているケースが多いようです。そのため、ハウスエージェンシーは仲介手数料が掛かりません。なお、基本的に一つの企業の広告制作のみを行いますが、別企業からの依頼を受ける場合もあるようです。広告業界の仕事内容については、「広告業界の仕事」のコラムでも詳しく解説しています。

未経験者でも広告代理店への転職を目指せる
広告業界が未経験の人でも、広告代理店へ転職できる可能性があります。そのためには面接の際に、前職でのスキルや経験をしっかりとアピールすることが重要です。ただし、転職を機に年収アップできるかどうかは、業務形態や企業あるいはどのような経験があるのかによって異なります。

広告代理店に転職するメリット・デメリット

広告代理店に転職するメリットは、「やりがいがある」「年収がアップする可能性がある」などが挙げられます。逆にデメリットは、「勤務時間が長い」「企業によってはスキルアップが望めない」などです。以下で詳しく解説するのでご参照ください。

転職するメリット

広告代理店に転職する主なメリットは、以下のとおりです。

・やりがいがある
・流行をいち早く知れる
・年収がアップする可能性がある
・コミュニケーション能力が高まる
・専門スキルを身につけられる

自身が携わった広告が多くの人の目に留まれば、やりがいを実感できるでしょう。また、広告代理店では、自身の仕事の成果を認められると年収がアップする可能性も。デザインやマーケティング、エンジニアなどの専門スキルを身につければ、さらに年収が上がることも期待できます。

転職するデメリット

広告代理店に転職するデメリットは、残業や休日出勤が比較的多い点です。たとえば、納期が迫っているときや依頼主との打ち合せ、あるいは人員不足などの理由で時間外労働をせざるを得ないときもあります。そのため、広告代理店の仕事は「華やかなイメージだったが実際の業務はハード」といったギャップを感じる人も少なくありません。また、転職先の企業や担当ポジションによっては任される業務に偏りがあり、広告業界ならではの専門知識が身につけられないこともあるようです。

「広告代理店に転職=年収アップ」とは限らない
一般的に広告代理店は、今後も成長が期待できる業界といわれています。ところが、需要が少ない広告や媒体が事業の中心になっている広告代理店へ転職すると、年収アップが難しい場合も。転職の際は企業調査をしっかりと行いましょう。
転職活動の際に役立つ情報は、「転職活動の進め方とは?転職を成功させるコツ」のコラムで紹介しているので併せて参考にしてください。

年収アップを目指して広告代理店に転職する3つの方法

年収アップを目指して広告代理店に転職するときは、「スキルに見合った企業に応募する」「応募企業に合った対策を行う」「募集のタイミングを逃さない」の3つが大切です。以下で詳しく解説します。

1.自分のスキルや経験に見合った企業に応募する

年収アップを目指して広告代理店に転職するなら、自分のスキルや経験に見合った企業に応募しましょう。自己分析をして、これまでの仕事で身につけたスキルや資格、成果などを書き出します。転職活動の際に、それらを自己PRとして面接官へしっかりと伝えられるよう、準備しておくことが大切です。

2.応募企業に合った対策を行う

広告代理店に転職する際は、応募企業の調査をしっかりしたうえで面接対策を行うのも重要です。広告業界全体に共通する魅力を伝えるのも大切ですが、それだけでは相応しいとはいえません。複数の広告代理店へ応募するのであれば、「応募企業ならではの魅力」や「入社後どのように貢献したいか」などを企業ごとにまとめましょう

3.求人募集のタイミングを逃さない

広告代理店へ転職を目指すなら、募集が出るタイミングを逃さないよう求人情報をチェックしましょう。中途採用の募集を人材が必要なときだけ行っている企業もあれば、1年のうち決まった時期だけしか行わない企業などさまざまあります。

求人募集のタイミングを逃さず、年収アップを目指して広告代理店へ転職したい方は、転職エージェントを利用するのも一つの手です。若年層に特化した就職・転職サービスのハタラクティブでは、プロの専任アドバイザーが一人ひとりの希望に合った求人をご紹介。また、面接対策や効果的な自己アピール方法などのアドバイスも行います。
サービスはすべて無料なので、ぜひお気軽にご相談ください!

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION