給料が少ない原因を解明して給与アップする対策法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 給料が少ない原因を解明して給与アップする対策法

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・平均年収より給料が少ないと感じる感覚は、人それぞれに違う
    ・給料が少ない理由は、業界や職種・スキル不足・給与の不満を相談しないなどがあげられる
    ・転職で給与アップする秘訣は、年収高水準の会社を狙う・インセンティブ制度・福利厚生の充実度

働く日本人の平均年収は、国税庁によって定期的に調査がなされ、発表されています。平均年収より自分の年収が高いか低いかは、一目瞭然ですが、平均年収はあくまでも全体的な平均ですから、厳密には世代や職種、業種などによっても異なってきやすくなります。

平均年収より自分の年収が高いからといって、安心できるかどうかは別の話になります。もっと年収をアップしたいと思う人がいても、欲張りではないと言えるでしょう。

給料が少ないのには、何らかの原因があります。給与アップを図りたいと思ったら、現在の給料を生んでいる原因を追究し、給与アップの対策法を検討することも大切といえます。そのためには、転職を検討してみるのも1つの方法です。

◆日本の平均年収はどれくらい

日本人の平均年収を国税庁が発表した2015年・民間給与実態統計調査を参考にしてみると、男性で521万円、女性で276万円となっています。
男女合わせての平均は、420万円。これは、男性の平均年収が全体の平均年収を上げていると伺えることにもつながります。
正社員の場合の平均年収を見てみると、485万円。非正規社員の平均年収は、171万円と格差を付けられています。

平均年収と同等、あるいは平均年収以上の収入があれば、十分といえるのでしょうか。
実は、年収1000万円の人でも、貯金ができなかったり、収入に満足しきっていないというケースもあります。
給料が少ないという感じ方は、人それぞれの金銭感覚から生じるのです。
えば、生活に困ったとき、貯蓄ができないとき、同年代の知り合いよりも給与が低いことを知ったときなど、自分は給料が少ないと感じやすい傾向があります。

平均年収は参考にはなりますが、自分が満足のいく給料を得られるかどうかは、個人によって大幅に違ってきます。





◆給料が少ない理由を解明

なぜ、給料が少ないと感じてしまうのかには、いくつかの理由があります。
個人の感覚とは別に、第三者から見ても給料が少ないと判断されやすい理由について、紹介します。

・正社員でない

国税庁が発表した平均年収からもわかるように、正規社員と非正規社員とでは、平均年収が雲泥の差ほどあります。
3倍近くもの差があることからして、正社員でないことが給料の低さにつながっているのは大きな理由になりやすいといえるでしょう。

・給料が全体の平均より低い業界や職種で働いている

業界や職種によって、給料が平均的に少ない場合もあります。特に給料が少ない傾向があるのが、サービス業。
給料を高くしたいと思ったら、全体の平均よりも給料が高い業界や職種に就くことも、対策法の1つです。

・基本的なビジネススキルの不足

専門的なビジネススキルを持っていると、給料が高くなる可能性があります。逆に、基本的なビジネススキルも持っていないようでは、給料は低くなりやすい傾向があります。

給料を下げられるとまではいかないとしても、いつまで経っても給料が上がらないといった事態になりがちです。

・昇給につながらない仕事をしている

会社が求めている仕事をしていない、評価基準に到達していないなどの理由で、昇給につながらないケースもあります。
スキルを磨く意欲はあっても、現在の業務に直結していないのでは無意味です。

業績を上げて昇給するためには、会社から評価されるようなことをする必要があります。

・給与に不満があっても相談や交渉をしない

給与に不満があるにもかかわらず、上司などに相談をしないのも昇給につながらないケースです。
給料は、交渉をすることによって上がる可能性があります。

もちろん、それなりの努力は必要ですが、交渉しないことによって現状に満足しているとみなされる場合もあります。





◆転職で給与アップする秘訣

転職をすることで、給料をアップすることも可能な場合が多くあります。
場合によってはこれまでの給料より下がってしまう可能性がありますが、給料アップを目的として転職に成功する秘訣もあります。

・年収水準が高い企業へ転職する

年収の水準が高い企業への転職を狙ってみるのは、効果的です。
年収にバラつきがある企業ですと、自分の年収も低くなってしまう可能性があります。全体的に年収水準が高い企業であれば、高給で雇用してもらえる期待があります。

・実力主義の職場、インセンティブのある職場に転職する

実力には自信があるという場合、実力主義の会社に転職するのも有効な方法です。
特に、インセンティブの制度がある会社の転職すると、実績を上げるほどに給料をアップしていけます。

・福利厚生が充実している会社への転職

給料という形での昇給にはならなくとも、福利厚生が充実した会社に転職することで、実質的に給与アップとなるケースもあります。
例えば、住宅手当が充実しているとすれば、住宅分の生活費を浮かせることが可能になりやすいです。

これにより、給与は変わらずとも、生活費を減らして余裕をもたせることができるのです。

給与以外にも、ワークライフバランスの取りやすさや働きやすい職場環境に目を向けることも大切です。仕事選びの方向性に迷ったら、弊社ハタラクティブへ相談をしてください。給与が低いといった悩みにもカウンセリングで対応します。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ