安定職である公務員を辞めるきっかけや理由とは?

安定職である公務員を辞めるきっかけや理由とは?の画像

【このページのまとめ】

  • ・公務員を辞めるきっかけは、仕事内容への不満や人間関係の苦悩などのケースが多い
    ・公務員を辞めて一般企業へ転職するメリットは、実力主義で評価される部分と前例に縛られずに仕事が遂行できる可能性があること
    ・公務員を辞めて一般企業へ転職するデメリットは、公務員のような安定した収入を失う可能性や転職癖がつく可能性があること
    ・転職に踏み切れない原因は、公務員試験を受けやっとの思いで公務員になった苦労を、もったいないと感じてしまう人が多いと考えられるため
    ・公務員を辞める決心が固まった場合は、一般企業へ転職する準備をしっかりと行っていくこと

安定職のイメージがある公務員を辞めようと思うきっかけはどのようなことが考えられるでしょうか。
このコラムでは、公務員を辞めるメリットやデメリット、一般企業への転職方法などをご紹介しています。

◆公務員を辞めたい理由やきっかけとは?

公務員は、世間一般から「安定している職業」や「お役所仕事」などのようなイメージを持ったれていると思います。実際、一般企業と違い、よほどのことがない限り解雇されることがなく、年功序列で給料が上がっていくことからそういったイメージをもたれやすいと考えられます。
また、公務員を目指す人は、その職業に憧れや希望を持って試験を受けて見事合格した人もいるでしょう。しかし、いざ公務員になり働いてみると理想と現実がかけ離れていたと感じ、退職する道を考える人は少なからずいると考えられます。

【仕事にやりがいを感じられない】

公務員は、一般企業と違い、あくまでも法令に基づいて慎重に仕事を進めていかなければならないため、何事もその都度上司の決済が必要となります。そういった作業が面倒くさいと感じる人もいるでしょうし、上司に逐一見られていると拘束感を抱く人もいるでしょう。そういったことから仕事へのやりがいを失う人も少なからずいると考えられます。

【人間関係が辛い】

公務員は職業によっては異なりますが、年功序列的な評価や上下関係が厳しい部分が大いにあります。そのため、一般企業では考えられない風習が沢山あり、パワハラやセクハラなどの人間関係問題で苦しむ人も少なくはありません。
また、若いうちは特に、どれだけ頑張ったとしても役職のあるポジションにつきにくい傾向もあります。


◆公務員を辞めた時に考えられるメリットとデメリット

公務員を辞めて、一般企業へ転職した場合、次のようなメリットとデメリットが考えられます。

【メリット】

・一般企業へ転職すると年功序列ではなく実力主義で評価してもらえる
・前例に縛られず新しいことに挑戦できる可能性がある
・前職が公務員ということで、重宝される場合もある

【デメリット】

・公務員というステータスや社会的信用を失う可能性がある
・公務員のような安定した収入を失う可能性がある
・一般企業に就職しても納得行かない場合は、転職を繰り返し、転職癖がつく可能性がある

このように公務員を辞めて、一般企業に転職して良い結果に繋がることや悪い結果になることもあります。そのことを想定した上で、公務員を辞めても後悔しないと思ったら思い切って転職を考えてみましょう。


◆転職に踏み切れない原因は?

公務員になるためには、競争率の高い試験に合格しなければなりません。中には、どうしてもその公務員の職業に就きたくて、合格するまでに何年も浪人し、チェレンジする人もいます。そのため、公務員を退職し、一般企業への転職を踏み切るにもさまざまな思いや不安が考えられます。

・公務員試験に何度もチャレンジし、やっとの思いで受かったので辞めるのはもったいない
・就活をした経験がないため、転職活動を何からはじめていいのかわからなくて不安
・公務員以上に安定した職業を見つけられるか不安

このように、苦労を重ねてやっとの思いで公務員になれた人が多い傾向にあるため、辞めるとなると、今から一般企業への転職活動を始めなければならなくなり、転職方法や年齢制限も大きなハードルとなるでしょう。


◆まずは転職理由を明確にしよう

公務員を辞めたい気持ちが強まっても、一時的な感情から退職するのは危険です。まずは家族や同僚に相談し、しっかりと退職する意思を固めてから上司に退職する意思を伝えましょう。

【公務員を辞めても後悔しない】

せっかく安定した職業に就いたのに、辞めるなんてもったいないと感じる人も多いでしょう。しかし、人には仕事によても向き不向きがあります。その仕事を続けていくことで、精神的・肉体的に疲れてしまい、病気になってしまっては、元も子もありません。そうなる前に、公務員を辞めても後悔しない明確な退職理由を作っておきましょう。

【辞める理由ははっきりとする】

上司や同僚、家族を納得させるためにも、しっかりとした辞める理由を決めておくことが大切です。ただ単に、人間関係が複雑で嫌だとか仕事内容に不満があるといった内容ではなく、より詳細で相手に納得してもらえる退職理由を考えておく必要があります。また、転職先が既に決まっている場合は、その旨を伝えるのも一つの手段といえるでしょう。

【転職活動の準備をする】

そして、転職する際に必要な準備事項があります。

・自己分析や企業研究
・履歴書の作成
・面接対策

転職を希望としている企業や会社がどのような事業を手がけ、今までどのような実績を築いてきたかを知ることは大切です。その上で、そこでしたい仕事を考え、自己分析をしていきましょう。エントリーシートや履歴書の作成も、転職活動の一つの作業なので、丁寧に行っていきましょう。

公務員試験勉強しかしたことがなく、就活をした経験がないので、転職活動は何からはじめていいかわからないという人は、転職エージェントの「ハタラクティブ」を是非ご活用ください。履歴書の作成から面接指導まで、その方に適した職種や適格なアドバイスをして転職活動を全面的にバックアップしています。一度ご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION